いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
イタリアvsスペイン ~コーヒー
c0005092_18201736.jpgスペインでも、一般的にコーヒーと言えば所謂エスプレッソ(スペ語でカフェ・ソロ)が飲まれるようです。

フランスもコーヒーが有名だし、イタリア、フランス、スペインのヨーロッパ3大ラテン国のコーヒーの種類や味ってのは、どれもみんな似たようなものだろうと、何の根拠もなくなんとなーく思ってました。

・・・んですが、

フランスはホンの1日の滞在で1度しかコーヒー飲まなかったからあんまりよくわからないけど、スペインに関していうとですね、実際にはイタリアのそれとは、全然違いました。。。


コーヒーに関して言えば、これはもう明らかに、

 049.gif イタリア >>> スペイン 050.gif

で、イタリアの方がダントツ美味しい!!

上の写真はスペインのモノですが、イタリアでコーヒー飲み慣れてる人にはわかるかもだけど、1杯の量が多い、一口で飲み干せない。なので薄い。そのせいなのか、イタリアのようにちょっと粘着性のあるトロッとした感じはなく、サラサラで味自体も薄く、砂糖を入れた時にゆーっくりじーっくり沈む感じがないのが多い。(←イタリアでは一般的に、美味しいカフェは砂糖がゆっくり沈むと言われる。)
イタリアで言うところの Lungo(ルンゴ=Long)みたいな感じかなぁ。ってLungoなんてまず飲まなかったからよくわからないんだけど。

バル(イタで言うところのバール)なんかを見てると、イタリアと同じようなエスプレッソ・マシーン使ってるんですけどね、何故か100%の確率で、薄く量が多いものが出てきます。
イタリアに居る時に社食の業務用エスプレッソ・マシーンでよくカッフェを入れてたんだけど、コルト(=短い、要するに濃い)やルンゴ(=長い、要するに薄い)を選べるボタンがあったりするので、スペインでは基本ルンゴで入れるのが一般的なのかもしれないけど。

でもまぁ、イタリアのあの少量の味の濃いカッフェに慣れてない人はあれが苦くて飲めないというし、そういう私も始めの頃はちょっとびっくりしたしキツかったし、日本のイリーやセガフレッドで飲んでもスペイン程度に薄いのが出てくるから、世間一般的にはこのスペインくらいのが標準なのかも。
それにこういうのって好みだし、決してスペインのコーヒーが美味しくない ってことではないんですけどね。(と、今更フォロー^^;)
でもあのイタリアのバールで飲めるカッフェは、家のマッキネッタ(モカ)でも作れないのでやっぱりイタリア行くと真っ先に飲んでしまいます。。

ところでところで、この「エスプレッソ」という名前。
これってイタリア語の Espresso だと思うんだけど、イタリアでもスペインでもこのコーヒーは一般的にこんな名前では呼ばれてないんですが(観光地のお店が観光客に対して確認の為に言うのは聞くけど)、一体どこで命名されて、どこで使われてる名前なんだろう?
イタリアでもこのコーヒーが出来た当時は、こうやって呼ばれてたのかなぁ?
[PR]
by maccarello | 2010-02-19 23:03 | エスパニョーラへの道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧