いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
タグ:La procedura (手続き) ( 8 ) タグの人気記事
運転免許切り替え
これまただいぶ前で去年の話ですが(最近こんなんばっかりだ^^;)、、、
運転免許証をスペインのものに切り替えました。

イタリアの時は、国際免許があったのと、切り替えずにすむ方法があるってんで、結局イタリアの免許への切り替えしてませんでした。
だってイタリアの免許に切り替えると、日本の免許をイタリアに渡すことになるんですけどね、これがかーなりの確率で手元に戻ってこないって話を、さんざん聞いてたから。
それに日本の免許がないと、日本帰った時に運転できなかったり、身分証明に使えなかったりしてなにかと不便。

スペインの場合も日本の免許を渡すのは同じだけど、こちらは免許センターみたいなところが預かってる感じらしく(?)、一時帰国などで日本の免許が必要なときはスペインの免許と交換してもらえ、またスペインに戻ってきたらスペインの免許と交換してもらえる ってことだったので(ただし有料、7Euroとか言ってたかな?)、なんとなく安心感が高い。^^;

っていうか何よりも、国際免許の期限が切れたので切り替える以外に手がなかった というのが正確なとこだけど。:p

ということで手続き。

必要書類を集め終わったのが年末ぎりぎりの12月30日。
手続きのためにバルセロナ交通総局とやらへ行くと、そこには長蛇の列が・・・。

入口の人に、これこれの用事で来たんだけど と聞いたら、この列に並んで ってことだったので仕方なく列に並ぶ。
30分くらい並んで中に入り、最初の受付に行って、必要書類を出して用件を言ったら、、、

「それ、ここじゃないわよ。隣の建物行って」

とのこと。

がーん。T_T

一応入口の人(最初に聞いたのとは違う人)にも確認したら同じこと言われたので、今やっと入ってきたドアから出て隣の建物に行くと、そこはがーらがら。
あっという間に手続き済んで、免許は約1か月半~2か月で自宅に送られてくるとのこと。

とは言っても正月挟むし、もうちょっと遅くなるかなー と思いきや、1か月くらいで無事送付されてきました。

スペイン、すっご~いっ!038.gif

ということで手に入った免許はこちら。

c0005092_0244439.jpg


裏に運転できる種類が絵で描かれてて、なんだかかわいい。:)
ちなみに有効期限は、手続きした日から10年でした。
長いのね~。

しかし、実は日本の免許が今年の2月で期限が切れていて、それ日本に持って帰っても使えないしってことで、この前日本に帰った時に「どーしたらいいですかねー?」と免許センターに相談し、失効手続きとやらをして、日本の免許ももらえました。:)

ということで、晴れて日本とヨーロッパ両方の免許を持てたけど、日本では車持ってないし、バルセロナも公共交通機関が充実してるので滅多に運転しないんだけどねぇ~。:p

全然かんけーないけど、イタ語でもスペ語でも肉のことをカルネって言うんですが、スペ語では運転免許などのこともカルネって言います。
正確には Carne' で最後の「ネ」にアクセントが付いて違う単語ではあるんだけど、カルネ(免許)って言われるたび肉の塊が頭に浮かびます。。。

手続きに必要な書類はこちら。
[PR]
by maccarello | 2011-04-21 03:00 | エスパニョーラへの道
スペイン居住許可書申請
居住許可証(イタリアで言うところの滞在許可証)の申請に警察へ。

イタリアは入国7日以内に警察で申請とのことだったけど、スペインは入国1ヶ月以内とのこと。
予想はしてたけど、警察へ入るとそこには大勢の人・・・、ざっと見たところ50人くらいの人が椅子に座って待っていて、一体何時間かかるのやら という感じ。
しかしこれはまだ序の口、実はここに入りきれない人が裏に設置された簡易待合室に待ってるとの事でそちらへ回される。そしてそこにも既に50人近い人たちが。。。

これ、ホントに今日中に終わるの?

という一抹の不安を抱えつつ、番号札を取って待合室に入る。
一緒に来てくれた手続き会社のスペイン人も、2時間以上は待つだろう と言ってるし、イタリアの時は、ド田舎で順番待ってる人も10人くらいだったにも関わらず、自分の番が来るまで2時間とかよゆーでかかってたので、この人数を裁くのに一体どれだけの時間がかかることやら・・・015.gif
でも大都会バルセロナだし、仕方ないよなー と諦めて待つ。

それでもちゃんと屋根の付いた場所に椅子を用意してくれて、座って待たせてくれるだけスペインってばとっても親切。イタリアは、警察署の外の椅子もなければ屋根もないところ(要するにただの外)で何時間もただ待たされてるだけ。真冬なんかはどれだけ辛いことやら。。TT しかも番号札なんか無いから、自分の前後の人の顔をちゃんと覚えていないと、横入りされたり順番飛ばされたりするし。。。--;

外の待合室で持ってきた本読んだり、一緒のスペイン人と話したりしている間に、中の待合室に移動できる順番が来たので行ってみると・・・、さっきまで埋まっていた窓口前の待合室の椅子はガラガラ。
え?もう全員裁いたの?
とびっくりしているうちに自分の番になり、5分もかからず手続き終了。

警察に入ってから出るまでの時間、ちょうど1時間くらい。

スペイン、すごい!! 038.gif

ということで、居住許可証の申請はあっさり終了。
後は銀行で15ユーロの税金(?)払って、この日もらった半券持って1ヵ月後に取りに行くだけ だそうです。
これだけ外人の多いバルセロナで、たったの1ヶ月で居住許可証が出るってのにもびっくり。
しつこいようだがイタリアでは、ド田舎だったのに申請してから受け取るまでに半年くらいかかったし、ローマなんかの大都会だと、申請してから受け取るまでに1年以上かかるとかって話もよく聞くし。(ちなみに有効期限1年なんですけどね、要するに受け取ったときには期限切れてるそうで。それってどうなの?)

ということで、やっぱりスペインはイタリアよりも全然機能していることを実感しました。056.gif
[PR]
by maccarello | 2010-06-01 23:20 | エスパニョーラへの道
VISA取れました
いろいろご心配頂いておりましたが、やっとこさVISAが出たことが水曜にわかり、木曜に大使館まで受け取りに行き、金曜日の本日出発することになりました。(っつーかここだけ展開速すぎ・・・。)

ということで、またBCN行って来ます。
ちゃんと個々に連絡する時間なくてごめんなさい~。040.gif
会いましょう って言ってながら時間がとれなかったお友達、ごめんなさい~040.gif
メールやコメント返事も放置でごめんなさい~。040.gif 040.gif
また落ち着いたらまとめてしますのでお許しを~040.gif 040.gif 040.gif

なんか数日前からまたアイスランドの火山灰が飛んでるらしいですけど、無事に着きますように~。
[PR]
by maccarello | 2010-05-14 01:37 | エスパニョーラへの道
VISA申請

c0005092_054273.jpg予定より5日遅れて書類が届いたので、必要書類を全部揃えてスペイン大使館へVISA申請。

イタリア大使館でVISA申請する時は、入り口や窓口の人がイタリア人だったりしたけど、スペイン大使館はみんな日本人だったのでスペイン語を使う必要がなくてとても助かりました。
そんでもって中で順番待ってる人に日本人は0で、スペイン人というより南米人っぽい人ばかり。

???

申請自体は滞りなく終了。
受け取りまでは2-3週間とのこと。

もうあんまり信用してないけど~。:p
[PR]
by maccarello | 2010-04-28 23:18 | エスパニョーラへの道
スペインVISA取得への道
先週、かれこれ5ヶ月間待ち続けていた、VISA申請時提出書類の7番『スペインの県当局発行の家族同居許可』ってのが出たらしい。。。

イタリアの労働許可が出るまでにかかったのが6ヶ月、スペインのこれが5ヶ月。
スペインとイタリア、結局ミソもクソも一緒って感じかも。:p
モノは違えど、たかだか書類1枚出すのになんでこんなに時間がかかるのか。。。
なんでって、仕事が遅い&仕事してない に他ならないんでしょうけど。

で、それが数日前にUPSで届くはずだったんだけど、、、

アイスランドの噴火の影響で、未だ届かず。。。054.gif

自然災害だから仕方ないとは言え、なんだかなぁ~。。。

*        *        *

同じくVISA申請時提出書類の5番、健康診断書ってのをもらいに大使館から紹介された某病院へ。
受付で事情を話すと、「検査、しますか?」と聞かれる。 ・・・??
10分ほど待合室で待ち、順番が来て問診室に入ると先生が、「コレラとかペスト、精神疾患など大丈夫ですよね」とか言いながら、スペイン大使館指定の(コレラやペスト、精神疾患などの)健康診断書に、病院の名前と住所書いてハンコ押してくれる。これでお値段5,250円也。

なんだかなぁ~。。。

という感じで、VISA取得まではまだまだ先が長そう。。

...
[PR]
by maccarello | 2010-04-24 02:01 | エスパニョーラへの道
警視庁レポート

c0005092_133385.jpg警視庁に行ってきました。

中では渡哲也さんみたいな人達が緊張の面持ちで走り回っているのかと思いきや(と言ったら古~い って言われた。。。今は警視庁と言えば織田裕二なの?)、なんかフツーの区役所みたいな雰囲気で拍子抜け。

でもさすがは警視庁、まず一般道から門を通って中に入る時、門に立っている警官に用件を言わないと通してもらえません。
最初行った時は雨も降ってたし、警察の人は端に立っているだけだったので会釈して普通に通ろうとしたら、さっ と目の前に立ちはだかり、穏やかだけど目だけは笑ってない表情で「ご用件は?」と聞かれてびっくり。
口調はすごく丁寧で穏やかなんだけど、有無を言わせぬ迫力があって、ここで挙動不審なことしようものなら次の瞬間には地面にねじ伏せられてそう~ みたいな緊張感。
こういう隙の無さみたいなのって、イタリアにはなかったよなーとヘンなところに感心。警察も裁判所もなーんか隙だらけで緊張感がないっつーか、そういやイタリアの警察に滞在許可書のことについて聞きに行ったら、「今度一緒に晩御飯行くなら、その時詳しく教えてあげる」とか言われたことありましたね。なんかもう緊張感とか以前の問題でありえねー。

話戻って警視庁、門を通って建物に入ると、受付で名前や住所を書き、身分証明書も提出します。
その後勝手に警視庁の中に入ることはできず、受付まで用事のある課の方が迎えに来て、その人に連れ立たれて用事のある課まで行き、帰りも受付までその人が送ってきてくれます。要するに、ひとりでふらふら中見て回ることは許されないのです、残念。

受付横の待合室でコワモテの刑事さんが迎えに来るのを想像してドキドキ待っていたら、現れたのはふつーのおばさん、またはふつーのおじさん。特に最初に対応してくれた女性はとってもフレンドリーな感じで、相談にも親切に対応してくれ、ホント区役所とかに居る気分でした。^^; でも指紋取る人はにこりともせずちょっと怖かったけど。。。

関係ないけどこれは警視庁の対面にあった法務省。建物かっこいー。
c0005092_14268.jpg


これが見えてきたとき目の前にあった警察庁(←警視庁とはまた別)の警備の人に、あの建物何ですか?って聞いたら、「放送大学」と言われたんですが、、、なんで?「ほう」しかあってませんけど。しかも漢字違うし。056.gif



ところで何しに警視庁行ったのかというと、スペインのVISA申請書類の4番「無犯罪証明書」というのを取りに行ってきました。

3ヶ月前、スペインに行く前にこの書類は既に申請していたんだけど、この有効期限は発効日より90日。
だけど申請書類の7番を待っている間(つーか未だこれ出てないし)にその90日ってのは過ぎてしまったので、取り直し。。。

同様に、イタリアの無犯罪証明書も再申請。
イタリアに住んでた時は、住んでた県の裁判所に行って申請し、翌日には受け取れたんだけど、住んでない今となっては・・・ どーしたらいいの?

ってことで、まずは日本のイタリア大使館に電話で相談(対応はイタリア人)。
そしたら、「書類で申請できるはずだけど、詳しくは住んでた県の裁判所に聞いて」と言われたのでそこへ電話。
そしたら今度は、「それはここではできない、ローマの裁判所に聞いて」 と、
予想はしてたけどやっぱりたらいまわし015.gif
ちなみに、どこそこに聞いて というだけで、そこの連絡先を教えてくれるわけでもないのでそこから自分で調べなきゃいけない。。

で、ローマの裁判所の電話番号を調べる前に、もしや? と思って在バルセロナのイタリア領事館に電話してみたところ、とおーーーっても親切に詳しい情報を教えてくれました038.gif
電話で事情を説明したら、マドリッドのスペイン大使館のページから必要な情報が載ってるページを探してくれ、電話口で一緒にWebを見ながら、申請は郵送でも受け付けてくれて、送付先はローマのどこそこ、問い合わせの電話番号はここに書いてあって・・・ と、そりゃーもう丁寧に説明してくれました。感涙~T_T。
声からしてまだ若い女の子のようだったけど、イタ語の発音からしてたぶんスペイン人。
やっぱりスペインにはイタリアとは違ってサービスってものが存在するのねぇ~ と目頭が熱くなりました。

その後、念のため(だって相手はイタリアだし)ローマの裁判所にも電話して、郵送での申請方法を確認したところ、諸々の必要書類と一緒に10ユーロ(または同額の日本円でも可)を現金で入れて送って とのこと。

 「え、封筒に現金を直接入れて送るの?」

と聞いたら、

 「外から見えないように隠してね。」

との返事。

いや、そういう問題じゃなくて、、、いまどき現金を直接封筒に入れるのって・・・。
しかも、自分の名前は○○だから、宛先にこの名前書いて自分宛に送るように とのこと。

 『・・・それ、がめる気でしょ?』

と瞬時に思った自分がなんだか悲しかったけど、同じく長年イタリアに住んでた日本人の知り合いに話したら、

 「それ、絶対がめられるでー。」

と即答されました。。

やっぱりイタリア在住経験者のイタリア感って、こんなもんよね。。。015.gif

結局、モノは試しと言われたとおりに10ユーロを入れて送ってみて、あまりに音沙汰なかったら友達に頼んで代理申請してもらおう と、ハナから信用してなかったんだけど(ひでー)、、、

なんとびっくり、書類を送って2週間ほどで、無事送られてきました。038.gif
しかも、現地で同じモノ取った時は合計20ユーロくらいかかった書類なのに、送料含めて10ユーロで済んでるって、、、どういうこと?

やっぱり謎が尽きないわぁ~、イタリアって。。。056.gif

でもよく見ると、前回現地で取った時には張られていた収入印紙が張ってない。。。ってことはやっぱりあの10ユーロはがめられたの??

う~ん、やっぱり謎だぁ~。
まぁ、書類は無事手に入ったからどーでもいいけど。:p

こっから先は自分用の覚書き。
[PR]
by maccarello | 2010-03-12 01:30 | エスパニョーラへの道
VISAマスターへの道?
意外とびっくりされるけど、配偶者が海外在住だからと言って、ほんじゃー私も~♪ と簡単に外国に住めるわけでは、もちろんないんですね。
180日間に90日まで というVISA免除のイワユル観光でなら滞在できますが(今回私はこれで滞在中)、外国人である以上、長期滞在するためにはVISAっつーもんを取らなきゃいけないわけです。

ということで、VISAの苦労再び。。。057.gif

思い返せばVISAってのもいろいろ取った気が・・・。
観光VISA(中国3回、インド、ネパール)に始まり、イタリアの就学VISA、労働VISAと取ってきて、今回がスペインの家族VISA。

でも、駐在員の家族VISAなんてあっという間に出るんでしょ?
とよく聞かれるし、私もそう思ってたんですけどね。どうやらそういうわけではなさそうで。。
これがアメリカなんかだと、さくっと手続きがすんでVISA取れるようですが、いくらイタリアより先進国と言えどもここはスペイン、ラテンの国。
ネットなんかで調べると、「1年かかりました」なーんて書き込みが。。T T

それってさー、イタリアとあんまり変わらない?

ちなみにイタリアの労働VISAの時、私は約6ヶ月かかってます。
ただ他の人達の話を聞くとこれでもかーなり早い方で、1年とか1年半とかザラでした。
ってな話をすると、何でそんなに時間かかるわけ?と驚かれますが、そんなこたー私が知りたい って感じですね。まぁ、日本のお役所仕事でも、書類一枚出すのに半年とか一年以上かかるものなんてまずないでしょうから、驚かれても当然ですが。

一般的に「VISA」って一言で呼びますが、今までの経験から、言ってしまえばVISA自体は申請さえしちゃえば別に大変でも時間がかかるものでもないです。
VISA自体は基本的に日本国内にある対象国大使館が出すので、いくら大使館と言ってもそこはニッポン、仕事はそれなりに速い。
だいたいこの間パスポート預けちゃうので、1年以上パスポート取られたまま ってのもありえない話だし。
観光VISAはお金さえ払えば1週間くらいで出るし(ネパールに至ってはネパールの空港でお金払ってその場でパスポートにVISAシール貼ってもらったし)、イタリアでさえ学生VISAで1週間、労働でも2週間で出ました。
ただこれも国によって違うかもしれないので一概には言えませんけど、イタリアでこの速さなら、これ以上遅いってことは少なくともヨーロッパの国では無いのでは?と淡い期待。

じゃぁ何にそんなに時間がかかるか というと、VISA申請に必要な書類を揃える事。
もっと言うと、対象国が発行するVISA申請に必要な書類、これの申請をしてから発行されるまでの時間が長い。長すぎる。。
私が半年待ったのも、イタリア労働局(?)から発行される「労働許可証」にあたるもの。
これが無いとVISA申請ができないため、これを受け取るまでに半年以上待ちました。
イタリア相手に家族ビザ申請用書類を集めたことないのでわからないけど、どなたか経験者いたらどれくらいかかったか教えてください~。

今回は労働じゃないのでそんなに時間かかんないかと思ってたんですけどねー、こればかりはやってみないとわからないですけど、なんでもいいから早く出てくれることを祈ります。。。

こっから先は覚え書き
[PR]
by maccarello | 2009-12-02 23:57 | エスパニョーラへの道
イタリアの洗礼
c0005092_320733.jpg#ものすごーく長文です。

外国人としてイタリアに住む為には、「滞在許可証」というものが必要です。もうすぐこれの有効期限が切れるので、先日延長手続きのために警察署へ行ってきました。
それに先立ち警察署から、持参するものと予約時間の書かれた案内の手紙が送られてきていたのですが、私の予約時間という欄には 10:06 と書かれていました。

10時でもなく、10時10分でもなく、10時06分・・・ ですか。。

何事も時間通りに行かないこのイタリアで、あえて06分という細かい時間を指定しているということは何か時間ぴったりに事を進められるための、よほどの新兵器が導入されたということか?と微かな期待を持ちつつ、時間の10分ほど前に着いたのですが、、、。

そこには、並ぶでもなくただ窓口に群がる外国人の集団。

私には10時6分っていう細かい予約が入ってるはずなので、このグループとは違うのか?とこれまた微かな望みをかけて他の窓口で聞いてみると、そっちの外人用窓口へ行け とのお言葉。。 はぁ、やっぱり。。。

見ると他の外人さん達の手にも、私のと同じ警察署から送られてきた手紙が握られています。仕方ないので同じように群がって、今居る人を覚えながら待っていたわけですが(そうしないと後から来た人に軽く横入りされる)、警察署からの手紙には手続きに必要な持参する書類なども書かれているはずなのに、外国に滞在する為に当然必要なはずの「パスポートのオリジナルがない」だの「滞在許可証のオリジナルは○○の手続きで預けたまま手元に無い」だの、そんな話ありえねーだろ! ってな事言ってる人達にそれぞれすんごーい時間がかかっていてます。
待ってる途中、たまに行くケバブ屋のおっちゃん達に会って声かけられたので、彼らの約束時間を見せてもらったら、それぞれ、10時17分、10時39分。と、これまためちゃくちゃ細かい時間。

・・・もしかして、1分刻みですか?

どう考えても一人の処理に20分近くかかってるんですけど。
っつーかこの細かい予約時間に一体どんな意味があるんでしょうか?

そんなこんなで2時間近く待ってやっと自分の順番が来たと思ったら、手紙には書かれていなかった、○○と△△って書類は持って来てるか?持ってきてないならそれを持って2時間後にもう一度来て と。

・・・まじかよ。
そんなん必要だったら手紙に書いとけや。。。 (とは口に出して言えないんだけど・・)

しかし、その書類を持って2時間後に改めてきたら、また初めから同じように並びなおすはめになることは目に見えてます。更に今対応してくれてる人が居なくて同じことやり直した挙句、その書類は必要ない とか言われる可能性も大いにあるし、もっと悪いと、予約時間は10時6分なのになんでこんな時間に来るんだ、今日は予約で一杯だか他の日に来るように と言われることだって、ここイタリアなら充~分充~~~分に考えられます。
幸い家から警察署は徒歩3分なので、10分以内に持ってくるから待ってて! と雨の中家まで走って書類を取りに行き、再び手続き続行。
結局終わったのは約束の時間から3時間以上は経っておりました。

このイタリアという国で、時間通りに事が進む新兵器が導入されることなんて、一生無いに違いない と、改めて感じた1日でした。
とは言え、イタリア滞在最大の関門と言われる(?) 滞在許可証の申請がとりあえず無事に済んで、まずは一安心。

と思うも束の間、やっぱりここはイタリア。そう簡単にいくはずがなかったのです。T T

後日談はこちら。。
[PR]
by maccarello | 2007-12-11 03:36 | イタリアーナへの道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧