いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
Parador(パラドール)
これまた随分とご無沙汰してましたが、1か月にわたる来客ラッシュが終わったと思ったら季節はすっかり秋。
なんてことは気にせず、さらっと夏の写真をUPしてみたりして。

1か月ほど前のまだかろうじて夏の頃に、初めてパラドールっつーものに泊まってきました。:)

c0005092_0424932.jpg


More
[PR]
# by maccarello | 2012-09-30 09:11 | エスパニョーラへの道 | Trackback | Comments(3)
離乳食はじめました
#なんか「ヱビスはじめました」みたいだ。

c0005092_903530.jpg


はじめました と言ってももう2か月近く前なんですが、早いもんでもう離乳食。

日本だと、まずは10倍がゆから始めて、徐々に野菜を追加して って感じだけど、スペインだとまずはシリアルから。
シリアルと言っても粉末状のモノで、粉ミルクに混ぜて哺乳瓶で飲ませます。

スペインに居ると言っても両親共日本人の純日本人だし、いずれ日本に帰ることを考えるとやっぱりお米に慣れて欲しいからおかゆから始めたいな~ と思いつつも、この便利さにあっさり負けてシリアルから始めてしまいました。^^;

というか、まだ離乳食とか考えだす前の4か月検診の時にこれを言われ、ちょっと早くない?と思って5カ月検診の直前から始めたんですが。

で、その後5カ月、6か月、7か月検診とやってきて、小児科の先生に毎回離乳食の進め方を言われるんだけど、やっぱり日本の本なんかで見るのとはかなり違う。

こっちで言われたのは、

満4ヶ月~
 粉ミルクにシリアル混ぜたのを1日1回

満5ヶ月~
 フルーツ。りんご、梨、モモ、オレンジ をミキサーでがーっと混ぜたものを1日1回。
 量は200㏄くらいで、もっと食べられるなら300㏄までOK
 シリアルも1日数回

満6ヶ月~
 朝食: ミルクにシリアル
 昼食: えんどう豆、ジャガイモ、玉ねぎ、にんじん、ネギ などの野菜に牛肉や鶏肉。
     それにハーブとオリーブオイルをちょっと垂らしたもの。
 おやつ: フルーツ
 夕食: ミルクにシリアル

満8ヶ月~
 白身魚も食べさせてOK

日本だと肉と魚の順序が逆だけど、やっぱりこれは肉食だからか?
それにフルーツの量もなんか多いし、6か月でいきなりオリーブオイルってのもちょっとびっくりだし、ハーブって・・・ うちにあるハーブなんてパセリくらいだよ。。。

日本だと初めての食材は必ず1日1種類、まずは一口から与えて様子を見て量を増やす って言われてるけど、こっちではそんな注意は無し。
全部混ぜてミキサーで潰せばOK らしい。

さらに日本だと、食材は必ず加熱して ってことなので、フルーツも多少加熱してたんだけど(潰しやすいし、甘みも増すし)、それをスペイン人の子持ちの友達に言ったら「フルーツを加熱?!」とすんごくびっくりされました。
初めはその方がアレルギーのリスクが軽減されるらしいし と言っても、でもフルーツを加熱するなんて・・・アリエナイ~という感じ。
で、フルーツは何あげてるの?と聞かれ、上にあげたモノを言ったら、「桃?桃ってアレルギー多いのよ。スペイン人で桃アレルギーって結構いるわよ。」とのこと。

うーんそれって、初めから加熱もしなきゃ、いきなり大量に与えるからでは?056.gif


まぁ、こーいうのって国によっても、先生によってもいろいろ違って、何が正解かわからないけど、やっぱり日本人だし日本風に という思いと、かと言って先生いい人だし完全無視も失礼だし ということで、結局日西まぜこぜで進めてるかんじで、これまたいいのか悪いのか?

ただ、ヨーロッパに住んで早8年目、こっちの食事にもだいぶ慣れてきてるはずだけど、個人的には何がキツイって同じ味のモノをずっと食べ続けないといけないこと。
まずはプリモの皿を完食しないと次のセコンドの料理が食べられない というのが、たまにならいいんだけどいつもだと結構キツイ。
一皿の量が多いってのもあるかもしれないけど、一皿食べてる間にその味に飽きてきちゃうんですよねぇ~。。。で、プリモ残してセコンド食べると、今度はそっちに飽きてきて、あーさっきのプリモ今食べたい と思ったり。
こっちの人は飽きないのか?と思うけど、こーいうのも、赤ちゃんの頃から一皿料理に慣れてるせいか?と思ったり。

なので、できるだけ食材全部まとめてミキサーにかけておしまい ではなく、何種類かの味を順番に食べさせたいなー と思ってしまうんだけど、そんなことしてたら自分たちの食事に加えてベベの食事も1日2回作るから、なんだか一日中食事作ってるようになっちゃってこれはこれでかなり大変。
他のママさんたちは、どうやってるんだろう?

そしてベベはというと、今のところ調子よく食べてくれるのは助かるんだけど、なぜか食べながら足をバンバン上下に動かしてはしゃぐので、スプーン持った手を蹴り上げられて食べ物が飛び散ったり、最近口を閉じてブーと破裂音(?)を出すのがマイブームで、それを食事中にやるので私の服や周りが汚れてもう大変。。。
そんなこんなで、食事の後はなんだかもうヘトヘト・・・015.gif

そしてもちろん、本人の口の周りもぐちゃぐちゃ~。

c0005092_913744.jpg


今まで小さい子のいる友達の家に遊びに行って大量の洗濯物を見て、こんな小さい子が増えただけでなんでそんなに洗濯物が増えるんだ?と不思議だったけど、その理由がわかりました。。。
[PR]
# by maccarello | 2012-08-04 09:24 | ... | Trackback | Comments(10)
花火屋の謎
先日書いた花火屋さん、その後やっぱりシャッターが開いてるのを見ないんですが、ふと、シャッターに張り紙がしてあるのを発見。
近寄って読んでみると、

「2013年6月まで休業」

と書いてありました。

やっぱり1年に1度、サン・フアンの時期にしか開かないらしいぞ、このお店。

その1か月だけで、営業してない残り11か月分の店の家賃も払えるほどの売り上げがあるってこと?
それとももともと自分の持ち物で、店舗の家賃はタダなのかな?
店を営業してない間の11カ月って何やってんだろう?普通のサラリーマンだったりして?
それとも副業が必要ないくらい、がっぽがっぽに儲けられるのか?たかが花火の売り上げで。

謎は尽きないなぁ~。

つーかそんな美味しい商売があるなら私もやりたいなぁ。。。
[PR]
# by maccarello | 2012-07-12 23:40 | エスパニョーラへの道 | Trackback | Comments(3)
La boda

あっという間に1ヶ月以上前の話になっちゃったけど、お友達の結婚式に出席してきました。

c0005092_22595489.jpg


初めはだんなさんにベベを見ててもらって私だけ行く予定だったのが、ちょうど出張にあたったためベベ連れで出席。

やっぱりベベ連れじゃぁ迷惑かな~ と思うも、ダンナさんの知り合い関係を除いて、こちらでできた初めての友達だったし、出席連絡もしちゃってたので友達に確認してみたところ、他にも赤ちゃんいるし全然大丈夫! とのことだったので、泣いたりしたら途中で出ればいいや と思って出席してみました。

今回は教会式じゃなくていわゆる市役所でやる役所式で、このタイプの式に出るのは初めてだったのでどんなのなのか楽しみにしてたんだけど、新郎がオペラ歌手ってことで、なんと会場は世界遺産になってる某音楽堂!

普通の役所婚ってのは体験できなかったけど、モデルニスモ建築の会場で、新婦入場は新郎の歌うオペラにあわせてとか、教会並みに雰囲気のある式でした。:)

教会式じゃないので、神の元にうんたら ってーのはないんだろうけど、じゃぁ代わりにどんなことするの?ってのが興味あったんですが、友達はドイツ人、旦那はスペイン人 というかカタルーニャ人ということで、式はドイツ語とカタルーニャ語で進行。。
どっちもわからん私は何言ってんのか全然わかりませんでしたとさ。:p

抱っこ紐に入って出席したベベですが、他にも似たような歳の子が2人いて、その子たちは途中でぎゃーとか泣きだし、ママが慌てて授乳しだしたりして結構大変そうだったんだけど、幸いうちのベベは式中ずっと寝ててくれてメノマーレ。

余談だけど、こっちの人ってその辺で割とフツーに授乳しててたまにびびります。
↑のように背に腹はかえられない!みたいな場合はわからないでもないけど、地下鉄の車内やスーパーの売り場の通路で立ったまま とか、授乳ケープとか使うでもなくぽろっと胸出してフツーに授乳してて、見てるこっちが焦ったり。(スーパーなんて、授乳室とかちゃんとあるんだけどねー)
つーてもビーチに行ったらみんな胸なんてフツーに出してるし、胸どころか下まで脱いじゃってる人もいるんだから、授乳で胸出すくらいたいしたことじゃないのかな って気になってくるあたりがもう日本標準から外れてる気がしてちょっと自分が恐い。。

c0005092_2303140.jpg


話戻って、その後のフィエスタ(いわゆる披露宴)へ移動するタクシーの中でお腹空いてギャン泣きし、タクシー運転手さんをびびらせたものの、その後ご飯食べたらご機嫌だったので、このまま寝てくれるかな~ と期待してたんですが、、、。

なんとなく予想はしてたけど、こっちの披露宴って、とにかく長い。
初めにホテルの屋上でアペリティーボがあったのはいいんだけど、それがいつまでたっても終わらない。
8時半くらいに始まり、やっと食事の会場へ移動したのが10時半ごろ(もちろん夜の)。
だいたいベベはいつもこれくらいの時間に寝るので、披露宴会場に入ってベビーカーをゆらゆらしてたら寝そうになったんだけど、、、
そのまますぐに食事が始まるかと思いきや、友人知人の出し物が始まって食事はお預け。
これまた新郎がオペラ歌手ってだけに、その友人知人の出し物ってのがオペラや楽器演奏なわけです。

歌や演奏自体はさすがにみなさんプロなだけのことはあり、こんなすごいのタダで聴けちゃうなんてすっごくラッキー!ってくらい素晴らしいものだったんだけど、なにせオペラだけに声が良く通り、♪てぞ~ろ~~ なーんて高音で歌われたりすると、ベベが眠りを妨げられて泣きだし・・・。

食事が始まった後も(優に11時過ぎてた・・・)、とっかえひっかえいろんな人が歌うので、うとうとしかけたと思うと歌やその後の拍手で起こされ を繰り返し、眠いのに寝れなくてもうぐずぐず。
結局その状態が夜中の2時くらいまで続き、友達や同じテーブルのおばちゃんなんかがとっかえひっかえ抱っこしてあやしてくれるもぐずり続け、さすがにベベに悪かったな~ と。。。

そして周りを見ると、やっぱり他の赤ちゃんも同じように眠いのに寝れずぐずってて、両親にとっかえひっかえ抱っこされあやされ、その隙にもう片方が食事食べるって感じでした。
そんでもって、フィエスタ中ご機嫌ではしゃいでた、もうちょっと大きな子達はこんな感じ。

c0005092_231048.jpg


日本だったら「子供がかわいそう」って知らないおばちゃんに怒られそうだけど、そこはスペイン、誰も何も言わない というか、そもそも悪いとも思ってないだろうし、この子の親(たぶんドイツ人)も一度ちらっと様子見に来ただけで、その後はフィエスタが終わるまでほったらかし。^^;
さすがは大人の都合優先のヨーロッパ。

そしてそのままフィエスタはダンス会場と化し、会が終わったのはなんと夜中の3時半。。。
帰る頃には、翌朝の朝食のテーブルセッティングが始まってました。^^;
日本の披露宴のように、新郎新婦の退場なーんてもんはないので、ケーキカットの後(つーてももう夜中2時過ぎ)くらいから徐々に帰っちゃう人とかいましたけどね。

ということで、イタリアと同様、スペインの披露宴も7時間コースでした。
7時間ってヨーロッパ標準なの?
日本人にはさすがにちょっと長すぎ~。
それに加えて何が悲しいって、自分のグラスに注がれたCAVA、白ワイン、赤ワイン達を目の前にしながら飲めなかったこと。T_T
せめてお酒が飲めてたら、7時間なんてあっという間だったかも。:p
[PR]
# by maccarello | 2012-07-06 23:37 | エスパニョーラへの道 | Trackback | Comments(6)
サン・フアンと「ほーら泣きやんだ!」
なんだかすっかり月一でしか更新してないのに、その1回がこれだけじゃぁなんなので^^;

先週末は私が少し前から恐れていたSan Juan というカタルーニャのお祭りの日でした。
何を恐れていたかというと、去年書いたけど、この日は一晩中爆竹と打ち上げ花火の音がありえないほどうるさい。
自分だけならまだしも、今年はベベが居るわけで、あの大爆音の中で寝てくれないんじゃないのか、寝たとしてもうるさくて途中で起きちゃうんじゃないのか、眠いのに寝れなくてぐずり泣きするんじゃないか とかとか思うと、不安で憂鬱で。。。
あ、ちなみに去年サン・ホアンって書いてあるけど、サン・フアンが正解ですね。不安なだけに。え”?

うちの近くに、「6つ買うと3つの値段!」とだけ看板にでかでかと書かれてる店があるんですが、この店、いっつも閉まっていて、一体何を6つ買ったら3つの値段になるのかずーっと気になってました。
したっけ、このサン・フアンの日の少し前に店が開いているのを目撃!
外から覗いてみると、カウンターがあって、その後ろになんか商品が積まれてるのはわかるんですが、それがなんだかイマイチわからず、かと言って狭~い店なので入ってみる勇気もなく、、、

そのうちこの店の前に行列ができるようになり(毎日ここ通るから嫌でも見える)、一体なんなんだ と思ったら・・・、なんとここ、花火屋さん。

サン・フアンの時にならす爆竹や打ち上げる花火(みんな素人なのに結構立派なのを打ち上げる)を買うために行列作ってるらしく、並んでるのは何も子供ばかりではなく、いい年したおっさんとか結構居るし。。。

まぁ、地元のお祭りですからね。
仕方ないんですけどね。。。

っていうかこの店、もしかしてこのお祭りの時に開けるためだけに店構えてるの?
さすがにそんなことはないだろうとは思うけど(でもサン・フアンの後またずっと閉まってるように見えるんだけど)、少なくとも冬の間はずっと閉まってるようだけど、それで商売なりたってるのがすごい。

そんなこんなでなんだかげんなりしたまま迎えた当日前夜なんですが、実はちょっと予想はしてたけど、夜になっても結構静か。
というのもこの日はユーロ・カップのスペインの試合があったからで、試合中はたまに外で爆竹なったりするものの、去年と比べたら比較にならないくらい静か~だったので、この隙にベベを寝かせることにあっさり成功。:)
勝ち残ってくれてありがとう、スペイン! (でも決勝ではイタリアを応援したい気も・・・)


そうそう、数か月前にベベが寝ない~ と書いたんですが、その後徐々に昼夜の区別がつき、だんだん短時間で眠れるようになり、今ではお風呂→ご飯 の後、夜10時ごろには割とあっさり寝てくれて、そのまま朝6時半~7時くらいまで寝てくれるようになりました。
しかも、お風呂→ご飯の後、お休み~ って言ってベッドに置くと、そのままひとりで寝てくれることも!ううう、感涙 T T

もちろんいっつもではないんだけど、あの頃のような寝かしつけるのに1時間とか2時間とかかかって、寝かしつけてるうちに次の授乳時間になっちゃったよ・・・ みたいなことはすっかりなくなりました。
あああ、これが成長と言うものなんでしょうか、、、こんな日が来るとは・・・ と結構まじで感動、感涙。T_T

ちなみに寝かすのが夜10時って遅くない?って思われそうですが、だってこの時期のスペインったら夜10時でもまだうっすら明るいんですもの。しかも夕方5時前は日が強すぎて散歩にも連れ出せない感じ。郷に入っては ってことで。

で、こんなにあっさり寝るようになったは、ある程度はこちらのおかげ。
「赤ちゃん 寝ない」でググってる時に見つけて、かーなり興味があった「ほーら泣きやんだ!」というCDを日本から入手してみました。

これ、何かと言うと、妊婦さんの子宮の中にマイクを入れて録音した音を使って作った曲なんだそうで、赤ちゃんがお腹の中で聞いていた音と同じなので落ち着いて泣き止むし、その後寝る というもの。

ホントに効果あるんか~?っていうのもそうなんだけど、どんな音なんだろう?っていうのに興味があったので。
で、どんな音だったかと言うと、それほどびっくりするような音でもなく、少しくぐもった感じの、フィルターかけたような音。
聴いてて不快な感じは全くなく、というか、聴いてるとこっちが眠くなります。^^;
あと、妊婦さんの心音も入ってるってのもいいのかも。

効果のほどはどうかと言うと、謳い文句のように これをかけるとすぐ泣き止む ってことはうちの場合はさすがにないんだけど、眠いのに寝れずにぐずってるって時にこれかけて抱っこして揺らしてると、10分くらいで寝てくれたり、夜はこれかけてベッドに置くと一人で寝たりすることもあるので、それなりに効果はある気はしています。
使いだしたのが5ヶ月くらいだったから、もっと月齢低いともっと効果あるのかも?

私が買ったのはディズニー曲集だったけど、いろいろ種類が出てるようなので他も聞いてみたいところ。

で、話もどってサン・フアン。
予想通り試合が終わるなり外ではバンバン爆竹がなり、どーんと花火が上がり・・・ って感じで、あー起きちゃうかな~ とドキドキするも、なんと夜中一度も起きずにそのまま朝まで寝てくれました。
あの騒音の中で寝れるのは、それはそれですごいけど。


うーん、、、。
話にまーるでまとまりがないけど、着地点を見失ったのでこのまま終わります~。^^;
[PR]
# by maccarello | 2012-06-30 02:40 | エスパニョーラへの道 | Trackback | Comments(4)
ユーロ2012
ユーロカップ準決勝が始まりましたね。

ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガルの戦いなわけですが、ひとつ前の試合でドイツじゃなくてギリシャが勝ってたら、まさにPIGSの戦いでちょっと面白かったのに と失礼な(?)こと考えてるのは私だけじゃないと思うんだけどどーだろう。。。
[PR]
# by maccarello | 2012-06-28 05:23 | 寄り道 | Trackback | Comments(2)
鬼のパンツ
どーでもいいちょっとした衝撃話をふたつ。

衝撃ひとつめ:

日本の友達が送ってくれた日本の童謡集DVDを見ていたら、フニクリ・フニクラの曲が「鬼のパンツ」って題名で入っていた。

♪おにーのパンツはいいパンツー
 つよいぞー つよいぞー
 5年はいても破れない
 つよいぞー つよいぞー 
 100年はいても破れない
 つよいぞー つよいぞー ♪

って感じ。

すごいな、このパンツ。
ちょっと欲しいぞ。053.gif

そしてサビの部分は、
 
♪ はっこおー はっこおー 鬼のパンツ

と ひたすら明るい。

フニクリ・フニクラ、いつの間に童謡になったんでしょ?
でもって誰が付けたのこの歌詞?楽しすぎ。058.gif


衝撃ふたつめ:

パパにそっくりー と言われまくってるうちのベベですが、
とっても地味なところで、まつ毛だけは私に似て長いんじゃない~?と密かに思ってたんですけどね、、、
先日バスで一緒になった同じくらいの年ごろのスペイン人の赤ちゃんの顔を覗いたら、ほうきみたいなわっさわっさのまつ毛をしてて怯みました。

その後うちの子の顔を見たら、あれ?まつ毛無いんじゃない?ってくらいの差。056.gif

うっかり、うちの子まつ毛長いと思わない~? とかこっちの友達に言わなくてよかった。

昔ネパールに行ったとき、現地の人と日本の話をしてて、「富士山って知らない?日本一高い山で標高3700以上もあるんだよ~」 と、エベレストの見える景色の中で言ってしまったことがあったけど、あれも恥ずかしかったなあ~。。。

。。。
[PR]
# by maccarello | 2012-05-28 16:36 | ... | Trackback | Comments(10)
初節句
特になにってわけではないけど、日本とスペインやイタリアでは常識が違うな~と思うことはそりゃー多々あるわけで、そんな違いにもだいぶ慣れてきた8年目の海外生活なわけですが、それでも久しぶりに驚いたことがありました。

当然と言えば当然なんだけど、子育てに関する考え方や常識も日本とこちらではいろいろ違って、細かいところだと、家では靴下履かせない方がいいという日本と、常に靴下を履かせてるスペイン(裸足で連れ歩いてると知らないおばちゃんに怒られる^^;)、泣いたらすぐさま相手をする日本と、放っておけばいいっていうスペイン、赤ちゃんと添い寝する日本と、絶対同じベッドで寝ないスペイン とかとか。

スペインって書いたけど、これってどうやらヨーロッパ というか欧米に通じる考え方で、イタリア人もスペイン人と同じような感じだったし、フランスの本とか読んでも同じ感じだったし、たぶんヨーロッパの他の国も似たり寄ったりかと。

で、そんな中でも最大級に驚いた話。

妊娠、出産して、なにが一番キツイかと言ったら、もちろん禁酒。
スペイン人なんかは出産経験のある人でも、「ワイングラス一杯くらい平気よ~」とか、「お酒ダメだって医者が言ったの?じゃぁ医者替えた方がいいわよ」とか言ってくるけど、やっぱりねぇ~。。。

たま~に舐める程度に飲んだりしたことはあったけど、やっぱりグラス一杯のワインは怖いし、だいたいびくびくしながら飲む酒は美味しくない。
妊娠・出産で禁酒してた飲み友達の中には、もう前みたいに飲める自信がないとか、がぶがぶ飲みたいと思わないって言ってた子も居たけど、私は以前のように飲める自信もありゃぁ、時々ムショウに あー浴びるように飲みたい!と思うわけです。

ってな話を、もうすぐ出産ってころに、ドイツ人、スコットランド人、チェコ人の友達(全員子無し)としてたんですけどね。

「でも産まれたら飲めるようになるんでしょ?もうすぐじゃない!」と言う友達に、いやいや、それが実は授乳中もダメだし、授乳中の方がダイレクトに出るから余計ダメらしいよ なーんて話をしてたら、誰かが、

「えー、でも赤ちゃんにも飲ませるでしょ?」

と。
へ?何を?

したら他の友達が、

「あーそうそう、おしゃぶりでねー」

と。

ん?何の話?

「私なんかよくウィスキー飲まされたらしいよー」
「えー、私はビールだったよー」

と。

ちょっとちょっと、何の話??? と思ってよくよく聞いたら、
なんと赤ちゃんの時に、こうするとよく寝るから という理由でお酒におしゃぶりをちょこっと浸したものをくわえさせて飲ますのだとか。

うっそー!アリエナイ~!!005.gif

とひとり大騒ぎするも、ここに居た私以外全員、私の国でもフツーにやるよー、だってホンのちょっとだよ、ちょっとだけ と、いたってフツーのことみたい。

日本の感覚だと絶対絶対NG というか、そんなことしてるの見られたら、知らないおばちゃんにものすごい剣幕で怒られそうなんですけど。。。

したっけひとりの子が、「でもホントはよくないと思う。だって私がウィスキー嫌いなのは、赤ちゃんの頃に飲まされたせいだと思うもの」と言ってたけど、いやいや論点はそこじゃないと思うのですが・・・。056.gif

恐るべし、欧州人。。。


ということで(って関連ないけど)初節句。

男の子の節句と言えば、五月人形や兜、こいのぼりなわけですが、当然そんなものはこちらでは手に入るわけもなく。
かと言って何もないのもなんかかわいそうだし、スペインだから五月人形の代わりにリヤドロの人形とか買っちゃったりして?なーんて思って半分冗談で調べたら・・・

なんと、リヤドロの兜や人形なんてもんがあってびっくり!!

70ユーロ(7千円)くらいだったら買っちゃう?って思ったけど、実際のお値段はなんとその50倍 ^^; で、当然そんなもん買えるわけもなく。(つーかリヤドロ自体に興味ないし:p)

c0005092_21285997.jpg


ということで、ペーパークラフトの兜と鯉のぼりで形だけお祝いしてみました。
今回のお料理は、鯛のお頭付き(今回は尻尾あり!でも背ビレとヒレはやっぱりなかった)に、ちらし寿司とあさりのお吸い物(それは女の子の節句では?という突っ込みは無しで)。

#来年の節句では、お酒飲みながらお祝いできますようにー001.gif
[PR]
# by maccarello | 2012-05-22 21:23 | ... | Trackback | Comments(9)

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
↑ こちらに非公開コメン..
by maccarello at 13:57
マジか! なんか、のり..
by ぴろり at 10:50
ぴろりくん: イマサラ..
by maccarello at 09:26
あー、なんかひまわりの種..
by ぴろり at 23:37
永ともさま: こんにち..
by さばぇ at 03:19
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧