いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
<   2011年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
今年のパスクワは・・・
今年のパスクワのお休みは、バスクで食い倒れてきました。emoticon-0157-sun.gif

c0005092_22521276.jpg



c0005092_2305262.gifバスクつーのはスペインの自治州のひとつで、どの辺かというとこのあたり。→

バスクと言えば、バスク地方の分離独立を目指す民族組織 (というか、実質テロ組織?)「バスク祖国と自由」、通称ETA で有名なバスクですが、街自体は別に危ない感じは全くなく、フランスに近いだけにかえって洗練されてるし街も綺麗な印象。

ただ自治州ということで、ここもカタルーニャと同じく公用語はバスク語とカスティッリャーノ(いわゆるスペイン語)の2種類、そして地名表記や看板などはバスク語が多い。
ということで、書いてあることとかがさっぱりわからず。。。emoticon-0106-crying.gif

それを言ったらカタルーニャもそうなんだけど、バスク語ってのはいわゆるラテン語起源の言語ではないらしく、単語なんかがスペ語に全然似てないのが多く、本気でわからない。
たとえば「バスク」って単語も、スペイン語では「Vasco」なのに、バスク語では「Euskadi」というらしく、書いてあっても何の事だかわかんなかったり。emoticon-0155-flower.gif

で、なぜ今回バスクなのかと言うと、今までイタリアもフランスも食がおいしいのはやっぱり南でしょ と思ってたけど、どうやらスペインに限っては南ではなく北らしく、「食はバスクにあり」と言われるほど美食で有名なのだとか。
そんでもってここはピンチョス発祥の地でもあるらしく、美味しいピンチョスの食べ歩きができるらしい。emoticon-0136-giggle.gif

ということで、2泊3日で食い倒れに行ってまいりました。:)

結論から言うと、ものすごーく美味しかったよかったです、バスク。
そして、本当に食い倒れました。
2日目の夜中は、食べ過ぎておなか痛くなって目が覚めたほど。emoticon-0114-dull.gif
でも写真の整理がまだなので、とりあえずこちらから。

More
[PR]
by maccarello | 2011-04-27 23:47 | エスパニョーラへの道 | Trackback | Comments(2)
Pasqua / Pascua
c0005092_23551894.jpg最近更新回数が増えた理由のひとつは、PCが6年以上使ったVAIOちゃんから新しい子に変わってさくさく動くようになったから。:)
やっぱり新しいPCはストレスが少なくていいわぁ~。
データ移すのが大変だけど。。。TT

ところでこの週末、ヨーロッパ(だけじゃないか)はパスクワ(イースター=復活祭)です。

そういや去年のこの時期は日本だったので、スペインでのパスクワは今年が初めて。

イタリアのパスクワではコロンバという鳩(には見えないけど)の形をしたケーキが定番ですが、スペインは何かしら~と思ったら、これと言ってとくにそれっぽいのも見つからず。
スーパーではイタリアと同じく卵の形をしたチョコレートや、これまたこの時期よく見かけるリンツのウサギのチョコが大量に売られてました。

しかし、こちらのスーパーのリンツうさぎの売り場では、イタリアでは見たことなかったこんなものが置かれてました。

c0005092_23552044.jpg


でかっ!

胸元に写ってる子供が、うさぎに食べられてるみたいだし。(←宣伝の看板がうさぎの重みで押しつぶされてる)

でかすぎて耳が折れちゃってるのは残念だけど、かわいいなー、欲しいなぁ~。
ちなみにこのサイズのはさすがに売り物じゃないと思うけど、高さ30センチくらいのぬいぐるみは売られてました。
10ユーロくらいだった欲しい と思ったけど、確か20ユーロ以上したので断念。。。

ちなみにこの売り場の奥には、ばったもん(?)うさぎチョコも売ってました。

c0005092_23551868.jpg


こっちのが断然安いけど、イマイチかわいくない。。。

そういやなんでパスクワにウサギなんだろう?

余談だけど、
[PR]
by maccarello | 2011-04-22 00:24 | エスパニョーラへの道 | Trackback | Comments(4)
運転免許切り替え
これまただいぶ前で去年の話ですが(最近こんなんばっかりだ^^;)、、、
運転免許証をスペインのものに切り替えました。

イタリアの時は、国際免許があったのと、切り替えずにすむ方法があるってんで、結局イタリアの免許への切り替えしてませんでした。
だってイタリアの免許に切り替えると、日本の免許をイタリアに渡すことになるんですけどね、これがかーなりの確率で手元に戻ってこないって話を、さんざん聞いてたから。
それに日本の免許がないと、日本帰った時に運転できなかったり、身分証明に使えなかったりしてなにかと不便。

スペインの場合も日本の免許を渡すのは同じだけど、こちらは免許センターみたいなところが預かってる感じらしく(?)、一時帰国などで日本の免許が必要なときはスペインの免許と交換してもらえ、またスペインに戻ってきたらスペインの免許と交換してもらえる ってことだったので(ただし有料、7Euroとか言ってたかな?)、なんとなく安心感が高い。^^;

っていうか何よりも、国際免許の期限が切れたので切り替える以外に手がなかった というのが正確なとこだけど。:p

ということで手続き。

必要書類を集め終わったのが年末ぎりぎりの12月30日。
手続きのためにバルセロナ交通総局とやらへ行くと、そこには長蛇の列が・・・。

入口の人に、これこれの用事で来たんだけど と聞いたら、この列に並んで ってことだったので仕方なく列に並ぶ。
30分くらい並んで中に入り、最初の受付に行って、必要書類を出して用件を言ったら、、、

「それ、ここじゃないわよ。隣の建物行って」

とのこと。

がーん。T_T

一応入口の人(最初に聞いたのとは違う人)にも確認したら同じこと言われたので、今やっと入ってきたドアから出て隣の建物に行くと、そこはがーらがら。
あっという間に手続き済んで、免許は約1か月半~2か月で自宅に送られてくるとのこと。

とは言っても正月挟むし、もうちょっと遅くなるかなー と思いきや、1か月くらいで無事送付されてきました。

スペイン、すっご~いっ!emoticon-0137-clapping.gif

ということで手に入った免許はこちら。

c0005092_0244439.jpg


裏に運転できる種類が絵で描かれてて、なんだかかわいい。:)
ちなみに有効期限は、手続きした日から10年でした。
長いのね~。

しかし、実は日本の免許が今年の2月で期限が切れていて、それ日本に持って帰っても使えないしってことで、この前日本に帰った時に「どーしたらいいですかねー?」と免許センターに相談し、失効手続きとやらをして、日本の免許ももらえました。:)

ということで、晴れて日本とヨーロッパ両方の免許を持てたけど、日本では車持ってないし、バルセロナも公共交通機関が充実してるので滅多に運転しないんだけどねぇ~。:p

全然かんけーないけど、イタ語でもスペ語でも肉のことをカルネって言うんですが、スペ語では運転免許などのこともカルネって言います。
正確には Carne' で最後の「ネ」にアクセントが付いて違う単語ではあるんだけど、カルネ(免許)って言われるたび肉の塊が頭に浮かびます。。。

手続きに必要な書類はこちら。
[PR]
by maccarello | 2011-04-21 03:00 | エスパニョーラへの道 | Trackback | Comments(2)
アンドラ公国
これまたかーなり時間が経っちゃったけど、アンドラ公国に行ってきました。

c0005092_23422814.jpg


More
[PR]
by maccarello | 2011-04-18 23:41 | 世界制覇への道 | Trackback | Comments(3)
はぽん。
ちょっくら日本に帰ってました。

c0005092_22512280.jpg


今回は家の用事で帰ったので、誰にも連絡しなくてごめんね~。>お友達

いろいろ用事があったのでばたばたしてたけど、今年もちょっとだけでも桜が見れて嬉しかったです。

c0005092_22513990.jpg


今回はスイス航空を使ったんだけど、(たぶん原発事故の影響で)チューリッヒ→成田便が直前でキャンセル、振り替え便はチューリッヒ→香港→成田 で、香港で乗務員の入れ替えと給油をしてました。
家から家までおよそ24時間コース。遠い~。

本当はアリタリアとかがよかったんだけど、アリタリアもエアフラも満席ということでチケット取れず。
この時期に満席ってどーいうこと?
ちなみにスイス→日本の便、お客さんはがーらがら。
そして、満席だったはずのアリタリアは、フライトキャンセルになってました。^^;

FAさんに、「東京でしょ?水が無くて買えないって聞いてるけど、水持って行く?」とか言われ、2リットルのペットボトルの水をもらったけど、東京着いたら別にフツーに水ありました。
やっぱり外国に伝わってる情報って結構いい加減?

帰りの便も変更になって、成田→名古屋→チューリッヒ。

c0005092_22515323.jpg


おかげで富士山を上から見れました。:)

More
[PR]
by maccarello | 2011-04-16 23:17 | 祖国への道 | Trackback | Comments(4)
サマータイム
ヨーロッパは先週末からサマータイムになりました。
日本との時差は現在7時間。
バルセロナは、夜8時でもまだうっすらと明るいくらいです。
おかげで電気をつけなくても夕食の支度(の前半は^^;)ができるので、これってやっぱり節電になってるのかー などと思ってみたんだけど、その分今はまだ朝が薄暗いので、朝電気を点けてたらあんまりかわらないか。:p

今までサマータイムって、切り替わりの日に時間間違えないかとドキドキする って程度にしか考えてなかったけど、節電という観点から見たら(っていうかこれがそもそもその目的?)、もう数ヶ月もしたらイタリアでは9時、スペインだと夜の10時頃まで明るいので、やっぱりちゃんと節電になってる気もします。

日本でも電力不足回避の為に、サマータイム導入検討 というニュースの見出しを見たんだけど、どうなるんでしょう?
日本はヨーロッパより夜ご飯の時間が早いので(スペインの夕食って10時とかだし・・・)、その時間に電気を点けなくてもすむようになれば、多少の節電にはなるのかなー とは思うけど、そもそも日本ってそこまで日が長くないし、夏の電力消費の最たるものはエアコンだと思うと、あんまり意味ないのかなぁ。

それに、サマータイム導入にあたって時計を内蔵して動いてる多くのモノのソフト変更なんかを考えると、相当大変そうだし投資額も大きそう。
イタリアなんて1年中夏時間のままの教会の時計や、そもそも夏時間でも通常時間でもないでたらめな時間を刻んでる時計が街中にあふれてても、誰も文句も言わなきゃ困ってない ってのもすごいけど、日本だったらそうはいかないだろうし。
停電でもないのに動いてない電車の案内板や、信号なんかも壊れて動いてなかったり、赤と青同時に点灯してるのとかよく見るけど、これも日本だったらありえないですしねぇ。。。

エアコン消費が抑えられるのが一番節電になるんでしょうけど、日本の夏の湿度の高さを考えると、エアコン消しましょう っていうのもなかなか難しいですしねぇ。
それでも、会社やデパートなんかはキンキンに冷えすぎて、寒いってところも多かったけど。

その点、ヨーロッパは湿度が低いので、夏でも日陰に入ったり、日が落ちると途端に肌寒いくらいになるので、エアコンの需要が日本よりは断然少ないです。
バルセロナなんかは大都市なのでかなり普及してるけど、以前住んでたイタリアの家にはエアコンはおろか、扇風機すらなかったし。
友達の家でも、エアコン見たことってほっとんどなかったですね。。。
それでも、日中家に居ない時は窓を閉め切って、太陽の光と外の暑い空気を入れないようにしておけば、そんなに家の中は暑くならないんですよね。日が落ちてから空気入れ替えたら、涼しい風が入ってきて十分過ごせる というか。
まぁ、日中家に居ると、確かに汗かくくらいには暑いし、夜も暑くて寝苦しいような日もゼロではないけど、冷たいシャワー浴びれば汗も引くし、日本のような湿気がない分かなり過ごしやすい っていうのは大きいかも。

なので、エアコンはある程度仕方ないかなーとは思うけど、日本は電気が多くて明るいなー というのは、こっちに慣れてくるとちょっと感じます。

このページからリンク張られてる、NASAが公開してる夜の地球って画像をみると、確かに日本は明るい。。。

ヨーロッパはあまり蛍光灯を使わないってのもあるんでしょうけど、あまり明るくしてると眩しいと文句を言われるくらい。
そう言われてから意識してみると、確かに日本は室内が眩しいって感じるくらいに明るいかも。こういうのって慣れなのかなぁ。
日本人と西洋人の目の色の違いのせいもあるとは思うけど、ヨーロッパって意外と室内は暗く、ホテルやレストランもそうだけど、人の家に行ってもやっぱり暗い。
初めのうちはなんか暗いな~と思っていたけど、ずっと居ると慣れてきちゃうもんです。

それと、外灯も少ない気がします、ヨーロッパ。
高速道路なんかは、私の知ってる限りバルセロナでは外灯ゼロです。点いてないんじゃなくて、そもそも外灯自体が無い。
イタリアも、はっきり覚えてないけど外灯ないなー、暗いなーと思ってたので、ゼロもしくは限りなくゼロに近かったかと。

初めはちょっと恐いけど、反射板がついているので一応それで道は見えるので、これも慣れなのかも。
以前、東名高速を東京から大阪方面に走ってると、御殿場過ぎたあたりから急に暗くなって恐いなーと思ってたので、外灯ゼロにするってのはさすがにやりすぎかもしれないけど、もうちょっと少なくしたりもできるのかなぁとは思わなくもない。
そう考えると、サマータイム導入よりも、効果的な節電方法ってあるんだろうなぁ。

先日、ブルガリア人の友達と日本の計画停電のことを話してたら、ブルガリアもちょっと前までは計画停電ってのが普通にあったのだとか。
1日2時間くらい、夜になると電気が使えなくなるらしく、そういう時は家族そろってひとつの部屋でろうそくつけて、一緒に居るんだそうです。
当然TVなんかもつかないので、そういう時はみんなでロウソク囲んでいろいろ話をしたけど、そういう時間が持てるのは楽しいし、家族の絆のためにもいいことだったと思う って言ってました。

実際今の計画停電を体験してないので、その不便さを知らずにこんなこと言うのも困ってる人には失礼だとは思うけど、そういう考え方もあるなー と思い知らされた感じです。
モノは考えよう?

なんかだらだら書いてしまったけど、今日中にやらなきゃいけないことが色々あるんだけど、そこからの現実逃避 ということで、失礼しました。。。emoticon-0155-flower.gif
[PR]
by maccarello | 2011-04-01 21:24 | エスパニョーラへの道 | Trackback | Comments(0)

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
↑ こちらに非公開コメン..
by maccarello at 13:57
マジか! なんか、のり..
by ぴろり at 10:50
ぴろりくん: イマサラ..
by maccarello at 09:26
あー、なんかひまわりの種..
by ぴろり at 23:37
永ともさま: こんにち..
by さばぇ at 03:19
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
人気ジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧