いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
<   2009年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
アドリア海側ビーチの下見
今年は何かと来客が多いんですが、来月遊びに来てくれるお友達を連れて行く海を選定中。

本当は去年下見に行って感動したトレミティ諸島に行こうかと思ってたんだけど、ここから出るフェリーって確か朝9時半くらいが最終で、早起きしないと行かれないってのがちょっと苦痛。。。(弱)

地中海側に住むイタリア人はよく「アドリア海側の海は汚くてダメよ」と言ってたんだけど、確かに地中海側に比べるとアドリア海側の海ってイマイチ「水がキレイ~」という印象が無い。
私の住んでるところも一応ブルーフラッグ(キレイな海認定旗?)が立ってるんだけど、やっぱり地中海側と比べちゃうと、そこまでのモンか~?という感じ。
地中海側は岩場が多いのに比べてアドリア海側は砂浜が多く、砂が舞ちゃってパッと見に水がきれいに見えないだけかもしれないけど。(確かに水自体はキレイだし。。)

アドリア海側に住むイタリア人に言わせると、レッジョ・カラーブリアとかには負けるけど、それでも「ここはキレイ!」ってところもあるわよ とのこと。
わりと近いところだと、Portonovo(ポルトノーボ)、Sirolo(シローロ)、Numana(ヌマーナ)はキレイ って話をよく聞いていたので、それではってことで、この前の週末に下見に行ってみました。

んだけど、この週末、この辺りは大雨。
でもまぁ下見だし ということで、雨にも負けずビーチの下見。。。

まずは友達一番のお勧め、ポルトノーボ。

c0005092_0262977.jpg


うーん、雨が降っててよくわからない。。。

それに友達の話曰く、ここはビーチまで車では行かれなくて、崖の上から歩いて降りると、そこに小さいけどキレイなビーチがある ってことだったんだけど、ここまで車で来れちゃったし、なんかイメージと違う。

と思ってたらこんな看板発見。

c0005092_0264350.jpg


おお、これでしょう。
そしてこの看板の先を見るとこんな感じ。

c0005092_026568.jpg


おお、まさしくここに違いない! んだけど、雨降っててやっぱりよくわからない。。。
それに雨の中傘さして降りるようなところでもなさそうなので、とりあえずここの下見はここまで。

次はそっから10キロちょい離れたシローロ。

c0005092_027819.jpg


ロンプラによると、ここはアドリア海側屈指のリゾート とのことだけど、やっぱりここもビーチまで車では行かれず上から見ただけ。
確かに水はキレイそうだけど・・・ やっぱり雨がふっててよくわからない。
c0005092_0272220.jpg


たぶん、この砂浜の先を歩いて崖の下に行かれるような気がするなぁ~。。
ってか歩いてすぐ降りられたんだけど、もう寒いは雨だわでそれすらする気になれず。。

お次はそのすぐ先のヌマーナなんだけど、ここはなんだかフツーのビーチで、これなら家の近所と変らない ということで写真も撮らないうちに却下。

ということで、3ヶ所下見はしてみたものの、雨が強くて評価するに至らず、結果ゼロ。。。

ダメじゃん。。


やっぱり早起きしてトレミティか?
[PR]
by maccarello | 2009-06-27 00:58 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(5)
青じそ(リベンジ)成長記録 0週目
あのですねぇ~。。。

自分で言うのもなんですが、私ってばあんまり、どーんと落ち込んだりしない性質だと思うんですけどね、まぁ落ち込んでも、酒飲めば忘れる っていうか。

でもね、今回は、結構へこんでいますよ。。。

去年の夏からずっと夢に見ていた、屋上でビールと枝豆!の夢が、あろうことかこんな展開になるなんて。。。

ナスってところでも結構ショックだったんですけどね、でも100歩譲ってナスだったとしても、まだまぁ食べられるし と気持ちの切り替えもできますが、、、

ワルナスビ って。。。
雑草 って。。。
毒性あるって。。。
駆除対象 って。。。

はぁ~。。。T_T

かわいさ余って憎さ100倍 とはまさにこのこと。
このまま黒いビニール袋に入れて、道にある大きなゴミ箱に捨てたい衝動が・・・。

でもまだ、『棘が無い』というのがせめてもの救い。
まだ、枝豆になる可能性はゼロでは・・・ ない???
(お願い、誰かこれって枝豆だよ って言ってぇ~ T_T)


c0005092_4171183.jpgさて、既に話題にも上らなくなった、悪ナス豆と共に蒔いた青ジソですが、やっぱり芽は出ませんでした。
そんな私を不憫に思ったお友達の旦那さんが、こんなものを送ってきてくれました。:)

ありがとうございます~

枝豆はとりあえず友達の庭に譲渡するとして(だってそっちの方が信用できるし。。。 あ、でもこれって私が蒔いたのと同じ品種だ・・・)、青ジソとネギは早速蒔いてみました。


c0005092_4172626.jpgじゃん。

緑の方が青ジソで、茶色い方がネギ。
蒔いた直後なので、写真見ても面白くないんですけどね。。

ネギ、こんな小さいのじゃダメかしら?
でももう蒔いちゃったしね。
そんなに大量に採れても困るので、まぁこれくらいで。


c0005092_4174131.jpg種の袋の後ろを読むと、発芽するまでは新聞紙で覆え とのことなので、覆ってみました。
こんな感じであってるの?

前回蒔いた青ジソの説明書にはそんなこと書いてなかったんだけど、それが敗因だった?
(敗因はたぶん1年以上前の種だったからだと思うけど)

ということで、突然変異した(?)枝豆の悲しみを乗り越えるために、こちらの成長記録もはじめてみます。


っていうかね、こっからもまたワルナスビが出てきたら と思うと、実はこの新聞紙あけるの恐いんですけど。。TT
[PR]
by maccarello | 2009-06-25 04:40 | 祖国への道 | Trackback | Comments(5)
枝豆成長記録 10週目
c0005092_221617.jpgナス疑惑の浮上しているうちの枝豆たちですが、おかげさまで見る度に大きくなって、ちゃんと育っております。(ナスかも知れないけど)

種の入ってた袋には確か、2-3ヶ月で収穫 って書いてあったと思うんだけど、気がついてみたらもう10週目ってことは、2ヶ月過ぎてるんですよね。。。(ナスだから?)

先行して蒔いてたイタ人友達のところでは、既に実をつけた との報告が。
でも、ちっちゃいって言ってたけど。
間引きしなかったからじゃない? って言ったら、でもたくさんあるもん って言われた。
ま、本人が満足してるならいーですが。
っていうか、どんなに小さくても、ナスじゃないだけ羨ましい。。


とか思いつつ、ウチの子達の様子を見てみたら・・・
おや?こんなものが、、、

c0005092_223160.jpg


ぬおおおおお。
これってもしかして・・・実?!?!
もしかしてもしかしてこれが、枝豆(もしくはナス)になるのでしょうか?

よく見るとほらほら、こんなにたくさん!!(ちょっと興奮)

c0005092_224594.jpg


でも、、、
これだけだったら一瞬で食べつくしちゃいそうだなぁ~。。。(ナスだったら大収穫だけど)



c0005092_225910.jpgところで今回私が蒔いた種はこんなもの。

どっからどーみても、枝豆って書いてあると思うんですけどねー。
テキトーなイタリアで蒔いたから、テキトーにナスに突然変異したのかなぁ?
おかしいなぁ~。。。TT


そうそう、ここに来て(っていうか今更?)強力な助っ人(?)出現。
日本に何度か行ったことのあるイタ人友達に以前から、枝豆育ててるんだー って話をして、たまに成長過程を話してたんだけど、なぜか今頃になって急に、

「それはもしかしてあれか?fagioli(インゲン豆)みたいだけどもっと短くってもっと太くって、一房の中に2、3個しか中身が入ってないヤツか!?」

と。

「そうそう、枝豆~」 とか言ってたら、

「それは緑色してて、中身だけ食べるやつか?」 (だからそうだって言ったじゃん)
「あの、豆みたいなヤツか?」 (だから豆だってずっと言ってるじゃん)
「塩をかけて、冷やして食べるヤツか?!」 (だから前にそうだって言ったよねぇ)
「ビールと良くあって、すんごくおいしいヤツ?!」 (だからそう言ってるじゃん、何度も)
「日本に行った時、○○で食べたヤツか?」 (いや、それは知らないけどさ。。。)

なんでそれを早く言わないんだっ!! (いや、ずっと言ってたし・・・)

「あのすんごーくおいしいヤツだろ?
もぉ~、あのメラビリオ~ゾ (英語のmarvellous)なヤツだろ?(ホントにキス飛ばしてるし)
オレもあれは大好きだ、なんでそれを早く言わなかったんだ、オレも育てたい!!

と、話しながらどんどん顔が近づいてきて興奮状態。

っていうかさ、ずっと言ってたじゃん。。。
聞いてなかっただけだろ、人の話。。- -;

家の庭にも蒔くから、残ってるの全部くれ!!!

ということで、そりゃープランターより庭の方がよく育つだろ(しかも私世話しなくてもいーしー:p) ということで、未開封のものを含め、残ってた種を全部譲渡。(一部ナスかも知れないけど)
しかもこの彼、大学は農学部出ててそーいうことに詳しいらしい。
翌日早速、どういう土質の部分にどうやって蒔いたかをこと細かく話してくれて、その1週間後には既に芽が出てるとのこと。(それ、一部ナスかも知れないけどね。。)

う~ん、素晴らしい!!

もしウチの子達がナスであっても、これで枝豆にビールの夢は実現か?!
[PR]
by maccarello | 2009-06-24 02:19 | 祖国への道 | Trackback | Comments(10)
ヒマワリ
早いもので、もうひまわりの季節らしい。(ついでに去年のひまわり一昨年のひまわり写真)

c0005092_0243292.jpg


ひまわりは満開なんだけど、天気が悪くてなんだかどよーんとした写真になってしまって残念。。
この週末から中部イタリアは雨の上に寒くって、今朝なんか気温が16度。山の方は13度。

なんだか今年のイタリア、暑くなったり寒くなったりで体調崩しそう。。

ひまわりの後ろに写ってるのはロレート(Loreto)ってとこの教会のクーポラ。
この写真だと全然よさが伝わらないけど、夜になってライトアップされるとすんごくキレイです。
ここは前のローマ法王、ヨハネ・パウロ2世がお気に入りでよく来ていたところらしく、何があるかというと立派な教会と、その中には黒いマリア像。
私は霊感とか全然ないのでよくわかりませんが、そういうのある人には、ここは何か感じられるものがあって、なかなか寒気のするところらしいです。

そういや年に一度、マチェラータって街からこのロレートまでの36キロだかの距離を、夜通し(夜9時頃出発、朝着らしい)歩いてロレート詣でする っていう宗教行事があるんですが、それがちょうど先週末でした。
毎年参加してる知り合いが何人かいて、一緒に行く? と誘われたけど、ちょっと興味はあるものの私ってばキリスト教徒でもないし、だいたいそんなに長時間歩けない というよりそんな長時間お酒抜きで夜通しイタ人と喋り続けるのはきっと苦痛なのでお断りしました。^^;
だって絶対たくさんのイタリア人に、「あなたクリスチャンなの?」って聞かれて、違うのになんで参加してるの?あなたの宗教は何?とかって話から、日本の宗教は、日本人の宗教観は・・・ みたいな話を色んな人相手に何度もすることになりそう ってのが想像つくんですもの。。。
[PR]
by maccarello | 2009-06-23 01:33 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(11)
検索ワードの疑問
前から不思議に思ってること。

エキサイト・ブログって、管理者画面でこのブログへのアクセス「検索ワード」上位10個がわかるんですけどね。

もうかれこれ1年以上前からだと思うけど、このブログ、「検索ワード」のトップが常に「リモンチェッロ 作り方」なんですよね。
他にも10位以内には「リモンチェッロ レシピ」とか同意のモノがいくつか。

以前リモンチェッロの作り方を載せたから ってのはわかるんだけど、、、この検索ワードでのアクセス数がだいたい毎月200前後あるんですけど、これって平均すると1日6-7アクセス。。。

日本には、リモンチェッロを手作りしたい人がそんなにたくさん居るんでしょうか?

それともどなたか特定の方が、毎日6-7回リモンチェッロ作るたびに、レシピ検索してここに来てるのでしょうか?

リモンチェッロなんて、私イタリア旅行に来るまで存在すら知らなかったのに。
そんなに有名なもんなんですかね?
知ってても、あんまり手作りしてみようと思ったこともなかったんだけど、そんなに手作り意欲をそそられるものなのか。。。

うーん、疑問~。

こっから先はひとりごと
[PR]
by maccarello | 2009-06-20 01:09 | 寄り道 | Trackback | Comments(3)
世界の大観光地で日本のカレーを堪能するシリーズ第3回・バルセロナ編
c0005092_3251044.jpg既に飽きまくってるスペインネタですが、ほとんど義務(って何に対する?)で投稿。

という意味ではこのシリーズも似たようなものかも。
やってる本人は既に飽きてきてるのに、なんとなく義務感でやってみる という。。。(なんのこっちゃ)

でも今回は旅行先と言えども人の家なので反則。
ということで、フツーのカレーじゃなくてスープカレー。

スープカレーって一時期日本で流行ったけど、実は食べた事ありませんでした。

だって、高いんだもん。。

カレーのくせに、レトルトでもなんかすんごい値段がついてませんでした?
なんでこんなのが流行ったのか、一体これはなんなのか もよく知らなかったけど、どうやら発祥は北海道らしく、北海道に住んでた友達が作ってくれました。
なので、相変わらず作り方はわかりません。

普通の日本のカレーのような粘度はなくってサラサラ。
でもそれ言ったらインドのカレーだってサラサラなんだけど、それとはちょっと違う感じ。
インドのカレーって日本のカレーのように小麦粉は使ってないんだろうけど、なんだかスパイスの入れすぎで若干の粘度が出てる って気がするんだけど、これはそういう感じでもなくて、なんだろう、悪く言うと水っぽい というか、名前の通りスープのようなカレーでした。

おいしかったんだけど、甘口じゃなかったので辛かった。。。TT
[PR]
by maccarello | 2009-06-19 03:48 | 祖国への道 | Trackback | Comments(2)
日本の味@スペイン
以前は海外旅行に醤油を持っていく人の気が知れない とかナマイキな事思ってたけど、そんな人たちにひれ伏して謝りたい今日この頃。
イタリアもスペインも、食べ物が美味しい国の代表になりえると思うけど、そんな国に居ながらもやはり日本食の魅力には勝てず。

っていうかね、もう歳とともにどんどん”毎食オイルたっぷり料理”がキツク感じるのと、普段観光地とは無縁のところに住んでるのでまともな日本食屋ってーのが近くにないんですが、こういう大観光地に行くと日本食屋が目に入るんですよねぇ~、やたらと。
しかもちゃんと日本人がやっていて、そして美味しいときたもんだ。
あぁ羨ましい。

ってことで、相当な率で和食を食した今回のスペイン旅行。
どれだけ需要があるのかは不明だけど、せっかくなのでご紹介。

あ、でも一応スペインらしい料理もちゃんと食べたんですよ。パエリアとか。
c0005092_1561494.jpg


って、何故か食べ終わった写真しかない。。のは人のカメラで撮ってたからだな。。。

お店紹介は需要が少なそうだからこっから。
[PR]
by maccarello | 2009-06-18 02:31 | 世界制覇への道 | Trackback | Comments(3)
旅行に役立つ(かもしれない)スペイン語
やっとスペインネタは終わったかと思いきや、実はまだ続きます。(しつこい)
いや、正直本人も飽きてるんですけどね、もう写真も整理しちゃったし文も書いちゃったので、もったいないから(?)出してみちゃおうかと。


去年初めてスペインに遊びに行った時は、現地在住の友達が基本案内してくれたので結局スペイン語なんてほっとんど覚えなかったんだけど、今回はグラナダ以外は独りということで、イヤでも自分で喋らないといけないわけでした。

元々、言葉が通じないところでなんとかやっていくのが海外旅行の醍醐味と思ってたクチだけど、歳とともに、更にイタリアで言葉の通じるラクさを味わってしまうと、言葉が通じない というのはそれなりにストレス。

でも、いいのか悪いのかスペインはイタリアと違って英語がかなり通じる。
どっちかってーと私の英語の方がヤバイでしょ って感じなんだけど、一応イタ語かじってるし(?)、できりゃぁなんとか現地語で乗り越えたい というヘンなチャレンジ精神(?)が出て、解かりもしないのに大事な話以外は無理矢理スペイン語で通そうとするワタシ。
英語できるスペイン人にとってはいい迷惑 って感じだったろうけど、本人がやりたいんだから仕方が無い。(?)

ということで、これさえ知ってりゃなんとかなるな と身を持って体得した(?)スペイン語をご紹介。
これらのフレーズのみで、移動手段も宿泊先も行き当たりばったりで、なんとかアンダルシアとマドリッドを観光してバルセロナまで戻ってこれたので、これさえ知ってりゃスペインは観光できるかと。(ホントかよ?)

 ・ウナ カニャ (生ビール一杯)

これはねぇ、もう何回口にしたかわかりませんね。
とりあえず店に入ったらこれ言っとけ というくらい重宝したスペイン語。
友達と別れる寸前、最も大事なフレーズを ということで教わったものですが、これがまー、重宝することこの上無し。とりあえずこれさえ知ってりゃ酒が飲める ということで、酒好きの方には最も大事な一言かと。

ちなみにスペイン語でビールは「セルベッサ」と言うらしいんですけどね、これがトイレを表す「セルビシオン」とこんがらがって、どっちがどっちがわからなくなるんですよね。
以前スペイン語圏のペルーに行ったとき、店に入って「トイレひとつ」と頼んだり、トイレの場所知りたいのに「ビールは?」と聞いちゃったり と混乱を招いたので、このカニャって単語の方が何かと安全。

これ以外は借りた「地球の歩き方」の後ろに載ってたスペイン語フレーズを参考にテキトーにアレンジしたものなので、間違ってるかもしれないけど。:p

 ・コモ セ バ アラ エスタシオ~ン? (駅にはどーやって行くんすか?)

イタ語わかる人には想像つくかもしれませんが、Como se va alla estacion? = Come si va alla stazione? ですね。
っていうかこんなに似てるならいっそ同じにして欲しい。。
「駅」の部分を「広場(プラザ)」なんかに代えれば応用範囲が広がって役立ちました。
質問できても答えがわからない と思われるかもしれませんが、そこはジェスチャーで乗り越えましょう。:)

 ・ティエネ ほにゃらら? (ほにゃららある?)

Tiene ってイタ語でも「持ってる?」として使えなくもないのでわかりやすい。
でもイタ語ノリで「ティエーネ」と「エ」にアクセント置いて言ってたんだけど、どうやら「ティエネ」と平坦に言うのが正解らしい。
ティエネ マッパ? (地図ある?= 地図ちょーだい) って感じで、これも何かと役立った一言。

 ・パラ どこそこ? (どこそこ行く?)

正確にはこの訳は間違ってるんだろうけど、バスとか電車乗って行き先確認する時にこれ言ってたら通じたのでおそらくOKかと。
「パラ」はイタ語で言うところの per、英語の for らしい。

うーん、これくらいかなぁ~?
ってなんか少ない気もするけど、ほとんどこの4つの定型文のみで旅行してきた気がするなぁ。。。

後は、グラシアス(ありがとう)とか、オラ(イタ語のチャオ)とかそんな程度。
こんな程度でも、バールのオヤジと片言で会話して、2-3ヶ所のバールでビールおごってもらったりしてきたたくらいだから、きっとこれさえ知ってりゃスペインは旅行できるに違いない。:)

あぁ、そうそう。後は、

 ・ベンゴ デ ハポン  (日本から来ました)

と笑顔で言っておけばとりあえずなんとかなるらしい。(友人談)

More
[PR]
by maccarello | 2009-06-17 02:34 | 世界制覇への道 | Trackback | Comments(2)
刺身の季節
ここんとこ週末になると天気が悪かったこの辺りですが、この週末は雲ひとつない快晴。
イタリアは、もうすっかり夏です。

c0005092_082115.jpg


外に干した洗濯物があっという間に乾いて気持ちいいので、なんでもかんでも洗って干したくなってしまい、1日に何度も洗濯しちゃったりして、まったくなにやってんだか。。。



c0005092_085441.jpgさて、夏と言えば海。
海と言えば釣り。
釣りと言えば刺身。

ということで、今年初めてのおすそ分け。

アジが2匹とサバっぽいのが1匹。



c0005092_092411.jpgこのサバもどき、いつももらうサバとは背中の模様が違うし、去年一度だけもらった(推定)サワラとは顔つきが違う。

誰なんでしょう?

と思ってさくっと検索。
こちらのページによると、ノルウェー・サバ?



c0005092_094550.jpgとりあえず3枚おろし。

イタリアに来るまで魚なんておろしたことなかったけど、自分で言うのもなんだけど、かーなり上達した気がします、3枚おろし。
最初の頃は1匹おろすだけでも台所が血だらけになり、まるでスプラッター。。 おろした身もぐちゃぐちゃで魚に申し訳ないくらいだったけど、最近では大して血も出さず、内臓も破らずにきれいに取り出せるようになりました。
いやー、人間いくつになっても成長するものですねぇ~。


c0005092_010564.jpgおかげで食べられる部分も増えたようで、定番のアジのたたきもなんだかすごい量になってしまったような。。。(ちなみにこの量はひとり分じゃないです。)

本当はこれに青じそが添えられるはずだったんだけど、肝心の青じそは未だに芽も出ず。。。TT



c0005092_0102236.jpg推定ノルウェー・サバは、味噌煮にしてみました。

賞味期限の切れた乾燥ゴボウがあったので使ってみたら、思ったより大量にあって、サバよりゴボウがメインみたくなっちゃったけどまぁお愛嬌。:)

ということで、ご馳走様でした。
次回のおすそ分けも楽しみにしております。:)



全然まったく関係ない話。。。
[PR]
by maccarello | 2009-06-16 01:53 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(6)
枝豆成長記録 8週目
時間の進みがおかしいと思われるかもしれませんが、それは1時期更新してなかったからで、実際は先週末が8週目で今週末が9週目です。

c0005092_21748.jpgおかげさまで間引き後の枝豆は順調に育っております。
ちょっと葉っぱの色が紫っぽくなってるところがあるのが気にはなるけど、枝豆の葉ってこんなもん?

先週間引きした時よりも明らかに葉っぱも大きくなってるし、背も高くなってっるし。:)
そしてよく見ると、先週間引きした時には存在していなかった、小さく白いものが・・・



c0005092_2171815.jpgおおおおお。

これってもしかして花?! 花?!?!

いゃ~ん、私が植物を種から育てて花を咲かせることができるなんて!
いやー、人間やる気になればなんだってできるんですね。
求めよ、さらば与えられん。

うーん、ビール&枝豆の夢実現近し!?
[PR]
by maccarello | 2009-06-13 02:49 | 祖国への道 | Trackback | Comments(14)

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
↑ こちらに非公開コメン..
by maccarello at 13:57
マジか! なんか、のり..
by ぴろり at 10:50
ぴろりくん: イマサラ..
by maccarello at 09:26
あー、なんかひまわりの種..
by ぴろり at 23:37
永ともさま: こんにち..
by さばぇ at 03:19
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
人気ジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧