いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
<   2009年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
存在意義と価値観
えーと、最初に言っておきます。
今日の話はイタリアとはまるで関係ないうえ、私のことを直接それなりによく知らない人には何のことだかわけわかんないと思います。
あ、唯一イタリアに関係あることと言えば、この方にお会いしました。:)


モノにはそれぞれ存在意義ってーもんがあると思うんですよ。

c0005092_1115647.jpg


車のバンパーは、車体や乗ってる人を守るために存在してるので、こういう使われ方は正しいんだと思います。
でも、バンパーの細か~い傷に神経質になる人を、おかしいとか悪いとかは思いません。
だって人にはそれぞれ価値観というものがあり、モノに対する価値観っていうのは人それぞれ違ってあたりまえ。

何十万円するバッグや服を買ったり、うん十万かけてエステに通ったりって人の価値観と私の価値観は違うけど、どっちがいいとか悪いとか、どちらが正しくてどちらが間違っている って話ではないかと。

とごちゃごちゃ書いてますが、結局何が言いたいかというと・・・

私にとって、人生とは楽しむために存在し、お金とは使ってこそ価値のあるもの。

だから、、、
[PR]
by maccarello | 2009-02-25 01:52 | 寄り道 | Trackback | Comments(13)
ニュースの反応
中川さんの辞任のニュースと共に、例の映像がイタリアのニュースでも散々流れたようで、朝からいろんな人に「ニュース見た!?」と聞かれました。

って、実は恥ずかしながらこのニュース知らなかったんですねー、ワタシ。
なのでネットで映像見てみました。

あらまぁ~。。。

あまりにみんなが大笑いで話を振ってくるから、「あー、恥ずかしい。。。」と言ってたら(だってそれ以外言葉見つからないし。。)、、

「またふざけて~、なーにが恥ずかしいのよ、あんなのイタリアじゃぁしょっちゅうよ!」

という反応がほとんど。

で、みんな必ず聞いてくるのは、「それであの人は何を話したのか」 ということ。

ちろっと映像を見た限りでは、そんな暴言を吐いたわけではなく(G20とか言ってたけど)、問題は態度 って言うとちょっと御幣があるけど、あのいかにも普通じゃない喋り方の方だと思ってたんですけどね、どうもイタリアの人たちは「あの場で何かとんでもない暴言を吐いたから辞職になったんだろう」と思ってるようで。

「ちょっとおかしいことも言ってたけど、そんな汚い言葉とか暴言を吐いたわけじゃないよ、問題はあの喋り方でしょ」 と言うと、「嘘よ~、それだったらイタリアなんてあんな喋り方の人いっぱいよ、それにベルルスコーニなんて酔って無くても暴言吐きまくりだしー。それだったらイタリアの政治家なんてひとりも残れないわよ~」とのこと。

今回のG7、イタリアだったってのが彼の敗因かもねぇ~。。。

と思ってみました。
[PR]
by maccarello | 2009-02-19 02:58 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(24)
やっぱり春はまだらしい。。
先々週末、もう春だわぁ~ と思っていたのに、その次の金曜日の朝、起きて窓を開けたら雪が積もっていた。。。
c0005092_3214841.jpg


この辺り、ちょっと山の方に上がると下界とは気温が3-4度違ったり天気も違ったりします。下界は晴れて天気がいいのに、山の上から降りてきた車の屋根には5cmくらい雪が積もってたりして、帽子かぶってるみたいでちょっとおかしい。

この日は私の車にも一応雪が積もっていた。
c0005092_322893.jpg


寒いの嫌だ~ と言いつつも、雪が積もった風景を久しぶりに見て浮かれ、写真撮りながらふらふら出歩いてたら、、、、風邪ひいた。。。TT
[PR]
by maccarello | 2009-02-17 03:30 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(7)
Cioccolato o Cioccolata?
イタリア人って、チョコレート好きは女性より男性の方が多い気がする今日この頃。

c0005092_53123.jpg


日本だと、チョコに限らず甘いもの全般苦手で、甘いもの食べると気持ち悪くなる なんて私には理解不能なこと言ってる人も多かったけど、少なくともイタリアでそういう男性にあったことってない。
甘いものはあんまり好きじゃない とか言いつつ、食後にフツーにティラミスとか食べてるくらいだから、前出のような日本人男性の比ではないのでしょう。

でもイタリアだと男性に限らず女性でも、基本的にチョコはビターが好き って人が多い。(そのくせイタリアのドルチェって必要以上に甘いのが理解不能。。)
個人的にはビターよりミルクチョコ、ミルクチョコよりホワイトチョコの方が好きな私はかーなーりー邪道モノ扱い。。 でも好きなんだからしょーがないじゃーん ってことで。:p

写真のチョコは、ピサにあるお友達推薦のお店(名前わからん。deBondt?)で買ったチョコ。
実はこういう一個売りされてるような高級感漂うチョコってほっとんど買ったことないので、お会計する時結構どきどきしました。
日本だと一個何百円ってするのあるじゃぁないですか、こーいうの。
でもこちらは1個1ユーロするかしないかくらいで、お味もデリケートでとてもおいしかったです。:)

というのもこちらのブログで、日本だと1個千円するチョコが・・・ なんて記事を読んでびびったのでした。そんな世界もあるんですねぇ~、びっくり。。。
私なら1ッコ千円のチョコ6つもらうなら、それなりのワイン1本くれ って感じですが。
#って、もらう立場じゃないし。。。- -;

c0005092_531871.jpg


ちなみにバレンタインデー、由来はイタリアの San Varentino から来てるそうですが、イタリアではもちろんチョコレートを贈るような習慣はありません。
日本では女性が男性にチョコレートを贈るんだよー というと、イタリア人男性からは「日本って国はなんてGentilezza(上品さ)に欠けた国なんだ。。」と非難轟々。
元々日本のバレンタインデーって、普段奥ゆかしい女性が云々・・・ ってことだったと思うんだけど、そういうのもイタ人に言わせれば男性の不甲斐無さに通ずるのだそうで。:p
ま、それはともかくとして、こんなんなのでイタリアでは2月14日過ぎてもチョコレートが安売りされないのが悲しいのでした。。

あーところでタイトルの Cioccolato o Cioccolata? ですが、チョコレートは男性形女性形、どうやって使い分ければいいのでしょ?とたまに悩みます。
今はテキトーに、どっちでもでいいんでしょうか?> 有識者の方々教えてください~。
[PR]
by maccarello | 2009-02-14 05:20 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(7)
天気にまつわる言い伝え・検証
前に、『2月2日に雨が降ると冬は終わり春になる』 らしいって話を書いたけど、結構それは当たっている気がしたこの週末。

c0005092_4172867.jpg


日曜日、この冬初めて外に洗濯物干しました。058.gif

この日はイマサラ部屋の大掃除をしてたんだけど・・・
[PR]
by maccarello | 2009-02-12 04:34 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(5)
部屋の鍵
c0005092_30355.jpgこちらの部屋のドアの鍵って、日本みたいにドアにくっついてるんじゃなくって、こうやって取り外しのできる鍵が刺さってて、それを回して閉める ってものが多いです。

だんだん慣れてきちゃってるけど、日本から遊びに来た友達に、なんで?と聞かれることが多いような。。。
家は古いからね と思ってたけど、新しく家を建ててるイタ人友達と話してても、鍵はこういう方がいい とのこと。
「だって、部屋の外から閉めたい時に困るじゃない」ってことなんだけど、外から部屋の鍵を閉めたいシチュエーションが思いつかない。

だいたいイタリアってそれじゃぁなくても基本部屋のドアは開けっぱなしのことが多く、人の家に行くとベッドルームなんかもドアが開いてるか閉まってても半分。さらにこれ、トイレでもそういうところは多い。これって部屋の中に人が居る時も同じらしく、部屋のドアってのは基本的に閉めないものらしい。
そういやこの前4-5人で話してたときに、トイレに入って用をたしているときにドアを閉めるかどうか という話題が出て、なんとその場に居た全員、家族しかいないときはトイレのドアは閉めない と。

えええええーーー!!!

と叫んだのは私ひとりだった・・・。
人によっては、うんこの時は閉める とか、本当はプライバシー欲しいとちょっとは思うけど・・ って人もいたけど、基本ドアを閉めないのが普通っぽい。
ちなみにこの話をしてたのは、14歳から45歳くらいまでの全員女性。

「うんこの時も、家族だけならトイレのドアを閉めたことは一度もない」と胸を張って言い切る友達(イタとドイツのハーフ)は、ドイツ人の父親が「家族の間に秘密は必要ない。家族は常にお互いが何をしているか知ってるべきだ。」といつも言っていた とのこと。
基本的な考え方には同意するけど、娘がいつうんこしてるかまで知ってる必要はないと思うのだよね、お父さん。。015.gif

確かにこっちの人、家族じゃなくてもドア開けっ放しでトイレ入ってる人たまにいるし、イタリアに長く住んでる日本人でもそうだったりして、そういう場面に遭遇すると結構びびります。
まぁ、トイレの個室に一緒に入って人の目の前で用を足すのも普通のことらしいから、ドアなんて閉めなくてもなんとも思わないのかなぁ~。。。


でね、初めの話に戻るけど、そんなんだったら余計、部屋のドアを閉めて外から鍵を閉める必要がどこにあるんだろう と思うわけですよ。
っていうかもう、鍵どころかドアもいらないのでは?
[PR]
by maccarello | 2009-02-10 03:24 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(16)
お腹が痛い。。
といっても今度は中身じゃなくて外側。筋肉痛です。。。

先日トイレで出したいものが出せない時、腹筋が弱いと出したいものを出したい時に出せない なんて話を昔聞いたのを思い出しました。
日本に居る時はイタ語の先生モニカの勢いに流されて、スポーツジムで1日3時間コースとかで運動してた時期もあったけど、イタリア来てからほっとんど運動してないので、少しは運動しなくちゃなー とか思っていたら。。。

日本語教えてる生徒さんでダンスの先生やってる人が、ダンス教室で無料レッスンがあるからおいでよ~ とメールしてきたので、友達を誘って行ってみました。
内容はダンスというより、日本のスポーツジムでやってたよーな音楽に合わせて踊るっつーか運動するっつーか、ビリーのもうちょっとゆっくり版 ってヤツなんですけどね、たかだか1時間だったけどもうすっかり全身筋肉痛。。。TT

インストラクターはこの教え子さんなわけですが、彼は日本語習うくらいですから日本の音楽とかも好きで、この時使われてた音楽も半分くらいは日本のポップス。
さらに日本好きイタ人の定番、アニソン。
しかも古い。
それも、かーなーり古い。
イタリアくんだりまで来て、『鋼鉄ジーグ』の主題歌に合わせて腹筋やって翌日動けなくなってる自分って、どうなんだろう?TT

めちゃくちゃワタクシゴトですが。。。
[PR]
by maccarello | 2009-02-07 03:49 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(14)
Made in Italy
c0005092_2235461.jpgイタリアもご多分に漏れず Made in China のものは相当多く出回ってます。
それでも食べるものはまだまだイタリアのモノが多いみたいだけど、特に安い洋服類はもうほとんど中国製かその他のアジアや東欧製のもの。
それはメルカート(マーケット)なんかでも一緒なんだけど、少し前から洋服のメルカートであからさまに「Made in Italy」と大きく書かれたコーナーを見るようになりました。
そこに吊るされてる服を見ると、作りはとても安っぽく、お値段もとても安い。
で、売ってる店の人を見ると、ほぼ確実に中国人。

イタリア人もついに中国人に使われるようになったのか?

と一瞬思ったんだけど、たぶんそうではなくって、少し前に何人かの方々のブログで紹介されてた、TVのドキュメンタリーの内容を思い出しました。

イタリアの有名なデザイナーズ・ブランドなどの工場はもちろんイタリアにあるんだけど、そこで働くのは全員中国人。
中国人が工場に住み込みで、朝晩もしくは朝昼晩交代で働いていて、その工場内はまるで中国にある中国の工場そのもの。イタリア国内にある工場で作っているのでそれはもちろん Made in Italy と言えるわけですが、たぶん「Made in Italy」という響きからこの光景は想像できないだろう といったもの。

これらの一連の記事を読んだ時(残念ながらTV番組自体は見逃した)、イタリア人もなかなかうまいこと考えるなー、さてはナポリ人か? とか思ったんだけど、おそらくそのアイデアを利用し発展させたのが中国人ではないかなー と。

この辺りも不景気で工場が次々と閉鎖され、その工場を買っているのが中国人なのだとか。
きっとそうやって買い取った工場で、中国で作っているのと同じデザイン・品質の服を中国人が作り、「Made in Italy」を売りにしてイタリアのメルカートで売ってるんだろうなー と。
ブランド物の話はそれでも会社自体はイタリアのもので、デザインなんかはイタリア人なんだろうけど、この場合はもうそこにイタリア人のデザインも技術も管理も何も入ってはいなくて、ただ場所がイタリアってだけ。
これまだイタリアの内情が見える位置に居るからわかるけど、例えばこうやって作られたモノが日本で売られてたら、まさかそんな事情は想像できないと思うんですよね。
だって洋服なんかで「Made in Italy」って付いてたら、やっぱりどこかで『イタリア人がひとつひとつ手作り』 とまではいかなくても、少なくともイタリア人のおばちゃんたちが楽しそうにお喋りしながら作ってる光景を思い浮かべちゃうし、その製品にイタリア人が一切絡んでいない とは、思わないと思うんですよね、私だったら。(それがいいかどうかは別として)

日本の企業が中国生産にどどっと移行したとき、設計もライン管理も日本人がやってる と頭でわかってはいても、「中国製」ってだけでなんか一瞬品質を疑っちゃう時期があったけど、それを逆利用した感じなのかなー と。
やっぱり中国人、頭いいなぁ。

まぁ、イタリア人の実態を知ってしまうと、個人的には工業製品なんかはいっそ「Made in Italy」よりも「Made in China」の方が安心できる気はするけど。:p

こういうのってあくまでイメージなんでしょうけどね。
いまや「Made in Japan」だからって日本人が作ってるとは限らないでしょうけど、やっぱりどこかで日本人の品質管理が入ってる というイメージから、多少高くても品質に対する安心感を買う っていうのはあるので、いつか「Made in Japan」ってブランドに対しても、この「Made in Italy」と同じようなことが起こったら、なんか悲しいなぁ~。
[PR]
by maccarello | 2009-02-05 03:01 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(10)
天気にまつわる言い伝え その2
この週末に会ったイタリア人にことごとく言われたこの言い伝え。

「2月2日に雨または雪が降ると、もう冬は終わり。天気がいいと、その後30日間は天気が悪い。」

のだそうです。
で、今日の天気は小雨でした。
ってことは、もう冬は終わるのでしょうか?
暖かくなるのは嬉しいけど、2月の頭に冬が終わるってのもなんだか早過ぎないか?

でも暖かくなれば暖房代も減ってうれしいなぁ~。
ということで、期待を込めて(?)、ちょっとトップの写真も変えてみた。:)

似たようなのでミラノでは、「2月1日に雪が降ると、その後7日間は雪が降る」ってのもあるそうです。
で、昨日2月1日、ミラノは雪だったらしい。
もう冬は終わるはずなのに、ミラノではあと6日間雪 ってのもなんか矛盾してる気もするけど、、、まぁいっか。056.gif

前にも似たようなの聞いたけど、イタリア人ってこういうの好き?
[PR]
by maccarello | 2009-02-03 02:44 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(2)

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
↑ こちらに非公開コメン..
by maccarello at 13:57
マジか! なんか、のり..
by ぴろり at 10:50
ぴろりくん: イマサラ..
by maccarello at 09:26
あー、なんかひまわりの種..
by ぴろり at 23:37
永ともさま: こんにち..
by さばぇ at 03:19
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧