いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
<   2008年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
イタリア病の教訓
c0005092_1501584.jpg「イタリア病の教訓」  松本 千城 (著)  洋泉社
名目としては、「イタリア経済停滞の構造を理解し、その教訓から日本が学べることは何かを探る」ということのようですが、実際には「イタリアの政治と経済ってこんなにめちゃくちゃ~」といったことを暴露している本。と、私は解釈しました。^^;

筆者は在イタリア日本大使館勤務の方。
経済を扱った話ですが、データに基づく解説とグラフの多様、堅すぎない文体のおかげでとてもわかりやすく、あっという間に読めます。
たまに出てくる筆者の体験談、当たり障り無く書かれていますが、「勘弁してくれよ、イタリア・・・」感がうっすらにじみ出ていて、そこもちょっと面白い。:)

経済衰退の理由を探る過程で出てくる、イタリア人のメンタリティーや日常の話については、「あー、そうそう、わかるわかる」ということ満載で、おそらくほとんどのイタリア在住日本人が感じていることを、よくぞ簡潔にまとめてくれました! という感じ。

2007年7月に出版された本なので、ベルルスコーニ政権からプローディ政権に移ってイタリアはどう変る/変ったか といった内容も載っています。
コンクルージョンとして、プローディ政権になってイタリア経済は再生の方向へ進むのでは・・? ということだったのですが、、、

そのプローディ政権は、先週末に崩壊してしまいました。。

うーん、、、どうなる、イタリア?

この本の中で、小泉元首相の演説の一説「進化論を唱えたダーウィンは『この世で生き残るのは変化に対応できる生き物』という考えを示した」という部分が引用されてますが、私には、イタリア経済(というか国力?)衰退の原因は、この一文に全て集約されているような気がしてなりません。。
個人的には、いっそユーロから離脱し、先進国という分不相応な肩書きも捨て、ブータンのような超保守的国家への道を歩んだ方が、この国にとっては幸せないのではないだろうか と結構本気で思う今日この頃だったりもします。
[PR]
by maccarello | 2008-01-30 01:59 | イタリアーナへの道 | Comments(0)
お皿の値段
c0005092_1532691.jpg先日スーパーでお皿が特売されてたので買おうとしたら、同じところに重ねてあるのに値段がビミョーに違ってました。(大きな文字の数字→)
どれが正しいんだ?と思って全部見たら、全部それぞれバラバラ。
もしかしてこれって違うモノ?と思ったけど、見たところこれといって違いはないし、重ねてみても同じ物っぽい。
お店の人に、これって全部同じものですよね?と訊いたら、「あぁ、値段が違うから?重さによって値段が付いてるからバラつきがあるのよ」とのこと。

イタリアってお肉や野菜などの食べ物は基本的に量り売りですが、まさかお皿までとは。。。

このお皿、見た感じ手作りって感じじゃないし、つか見るからに工業製品だし、これって同じに作れない品質の悪さを誇示してるようなものなのでは?
それに、一個一個重さ測って値段つける手間と人件費を考えると、均一料金にしたほうがいいような気がするんですけどねぇ~。。。何かそれ以上の利点があるのでしょうか?

なるべく値段の近いものを選んで買いましたが、最低1.20euro、最高で1.37euroの違いがありました。一番安いのと高いのとでは、中に入る容量にどれくらい差があるのか調べてみたかったです。
[PR]
by maccarello | 2008-01-26 01:59 | イタリアーナへの道 | Comments(2)
フライドポテト・ピッツァ
c0005092_1562265.jpgある写真を探してHDの中を彷徨っていた時に出てきた写真。
今までイタリアで食べたイタリア料理の中で、最もジャンク率が高かったものではないでしょか。
フライドポテトがトッピングされたピッツァ。

なんて名前かは忘れましたが、ちゃんとしたピッツェリア、というかそれなりにおいしいピッツァを出す店で出てきたものです。
見るからに美味しくなさそうですが、実際おいしくなかった気がします。少なくとも、見た目によらず意外といけるじゃん!という感想はなかったかと。。
これが許されて、パイナップル乗せピッツァが許されないのがわからない。

これとは全然関係ないですが、おかげ様で胃痛は治ったんですが、間髪いれずに風邪ひきました。喉の痛みを経て、今は鼻水鼻づまり絶好調。鼻から脳みそ出ちゃって何もする気になれず。。そんな時に再びはまってしまったのがこちらのページ。これの本が出てたら欲しい。。。
[PR]
by maccarello | 2008-01-24 02:09 | イタリアーナへの道 | Comments(6)
ナポリのゴミ その2
c0005092_2222889.jpg連日TVのニュースを賑わせているナポリのゴミ問題。なんか日本でもこの話題が取り上げられたようで、何人かからメールでこの話題を振られました。
全く持って「イタリアの恥」ってヤツでしょうか。ってイタリア首相もこんなようなコメント出してた気がしますが。。

このゴミ問題、私が最初に知ったのは去年の春でした。その時たまたま電車の中に落ちてる新聞を見て、なんじゃこりゃ?と思ったのを覚えてます。それが未だに解決してないのか と思ったんですが、よくよく聞いてるとこれ、別に今に始ったわけでもなく、もう何年も前からの問題のようですね。

前回もちらっと触れてたようですが(覚えてなかったけど)、この問題にはマフィアが絡んでるので一筋縄ではいかない という話。
でも、ゴミとマフィアってどう絡んでるの?
ナポリのゴミとかけてマフィアと解く、そのココロは・・・ 分別が無い。 なーんてのじゃなくて?(あ、ダメ?^^;) #ちなみに以前読んだ新聞によると、ナポリのゴミ分別実施率は約5%らしい。

そこで先日の宴会で隣の席になった友人に、マフィアが絡んでるってどう絡んでるのか をしつこく聞いてみました。
彼曰く、「ゴミっていうのは、お金になるんだよ」 とのこと。
じゃぁ家のゴミ持ってっていいよ って言ったら、そういうことではないそうで。(当たり前だ)
要するに彼曰くこういうことらしい。

 1. ゴミが出る
 2. 処理する業者が名乗りを上げる
 3. そこにはマフィア絡みの業者が入ってる
 4. 市(?)はマフィア絡みの業者を選ぶ
 5. その業者はあっという間に潰れるか、存在してもは機能しない
 6. ゴミを回収しても処理する場所がないのでそのまま放置
 7. 今の状態

ということらしい。
お金は 4→5 の過程で動くのでしょう。

更に、

8. おいおい、困ってんだろ?ウチがやったるよ と他の業者が出てくる

しかしここもマフィア絡みで、しかも足元見て料金吊り上げてくる→4に戻る。

ということらしいです。(もちろんこんな単純な話だけではないでしょうけど)
なんで4でその選択肢を選ぶ訳?と聞くと、政府もマフィアには逆らえない と。
そう言われちゃうと、この問題の根本ってものすごーく根深そうで、ヨソモノの私がどうこう言っても仕方ないのかな~ という気になります。
イタリアに住んでみるまでは、マフィアなんて昔の話でしょう?と思ってたけど、少なくともナポリではただの昔話ではないようで。。。

でもね、せめてゴミの分別がきちんとされていれば、街にここまでゴミが溢れかえったり、船にゴミ積んでサルデーニャに運んだりする必要も、もしかしたらなかったんじゃないなー という気がしなくもないんですよね。
燃やせるものは、何も埋めなくてもどっかで燃やしてくれたかもしれないし。
そもそもナポリに限らずイタリア人全体的に、公共マナーに対する意識って低いと思うんですよ。家の外装なんかは別ですが(まぁ家は個人のモノだし)、道にタバコの吸殻やゴミを平気で捨てる。犬の糞も道でさせてそのまんま。お店のトイレの使い方も相当汚いし。
ゴミだって、分別してなくても捨てちゃえば誰がやったかわかんないし みたいな感じであまり真剣に考えられてないのかなぁ~ と。
なんだかこういう公共マナーに対する意識の低さを、マフィアにうまく利用されちゃってるような気もしなくもないんですよねぇ。。
せっかく綺麗な自然と世界遺産に恵まれてるのに、もったいないな~ と思ったりもするけど、こーいうなんだかなーってところがこれまたイタリアをイタリアたらしめている部分でもあるので、なんだかビミョーなところです。。。
[PR]
by maccarello | 2008-01-22 02:49 | イタリアーナへの道 | Comments(0)
カナリーノ
c0005092_1555097.jpg数日前から胃が痛みます。特に空腹時。
初め、ついに胃がイタリア化して胃拡張になり、お腹の空き過ぎで胃が痛いのかと思い、お昼ご飯をがっつり食べたら、そこから更に痛むようになってしまいました。。

周りの人に「胃が痛い」と訴えたら、Canarino(カナリーノ)を飲みなさい と作ってくれました。カナリーノとはイタ語で鳥のカナリアのことですが、別にカナリアを煎じたお茶ってな訳ではなく(当たり前だ)、レモンの皮を削って熱湯に入れたレモン皮茶みたいなものでした。 
吐き気や不快感を抑えるのに効くのだとか。
色がカナリア色になるから、こういう名前なのかな?

好みでこれにハチミツとか入れてもおいしそうですが、このままでも結構いけます。
でもレモンの皮なんかで と実はあまり期待してなかったんですが、これが結構効きます。飲んだ後は痛みがだいぶやわらぎ、おかげ様で今はほとんどよくなりました。
こういう民間療法って実は侮れないですね。以前インドで下痢・発熱・嘔吐した時も、薬飲んでも効かない(というかすぐ吐いちゃって体に残らない)時、「下痢にはバナナだ、バナナを食え」というインド人の言葉にすがったところ、なんと見事に下痢がおさまったのでした。あ、汚い話で失礼。

ところで周りの人曰く、胃が痛むのはウィルスで、今流行っているんだ とのこと。
確かに周りで胃痛+下痢または嘔吐で倒れてる人多数。それって何の薬飲んだらいいの?と聞くと皆、「薬は必要ない。数日胃にやさしいもの食べてれば治る」と。
えー、ウィルスだったら尚のこと薬が必要なんじゃないの?とか思うのですが。。
友達の親は胃痛に加えてげろげろ吐きまくっていたそうですが、それでも薬はのまずに胃にやさしいもの食べてたら3,4日で治った とのこと。うぅ~む。。。
以前鼻水たらしてる時に即座に具体的な薬を紹介してくれた人に、胃が痛い時は普通どんな薬飲むの?と聞いたら、う~ん、、、としばらく考えた後、「無い」という答えが返ってきました。胃が痛い時は、胃にやさしいものを食べてれば十分 と。

まじっすか?
もしやこの国に、胃腸薬って存在しないんですか?
日本人なんて、宴会に備えて常備してる人までいるのに。。

逆に日本の友達に「胃が痛い」というと、まず返ってくるのが「ストレスじゃない?」ということ。でもこちらでそんなことを言った人、ひとりもいませんでした。
ストレス=胃痛 って考えは、イタリアにはないんですかねぇ。っていうかこんなゆるゆるな国ではストレスなんてたまりようがない?

もうひとつ勧められたのが、ヨーグルトがいい説。
「activiaってヨーグルトがあるんだけど、あれがいい。あれ食べるとすぐにう○こでるからすぐに買って食え」と。
っていうかあのぉ~、便秘でも腸が痛いのでもなく、胃が痛いんですけど・・ と言うも「でも出してないんだろ、activiaを食え。すぐに出るぞ」の一点張り。
胃ってここだよね?それはこの辺りの腸が痛い時の問題じゃない?と言うも、「そういうことには詳しくない」と。 いや、詳しいとか詳しくないとかいう問題じゃなくて、、、常識なのでは?と思うも、実は胃と腸の区別が付いてないイタ人って意外と多いことが判明。小学校の理科でやらないのか?
更に、「そーいえば俺も運動したあとこの辺りが痛くなるぞ。なんか運動したんじゃないか?」と。
そ・れ・は、筋肉痛だろっ!
[PR]
by maccarello | 2008-01-19 02:25 | イタリアーナへの道 | Comments(9)
上と下
Tiramisu` (ティラミス)の話で思い出したけど、このsu (上) とgiu`(下)。
どうも使い方がよくわからないことがあります。

それは、「Ci vediamo su/giu`」(上/下で会いましょう) という時の、上と下の判断基準。
例えば建物の上の方の階に居て、「じゃぁ後で建物の入り口で落ち合いましょう」っていう時に「Ci vediamo giu`(下で会おう)」と言うとか、「じゃぁ後で山の方の家で会いましょう」っていう時に「Ci vediamo su (上で会おう)」と言うのはわかります。物理的に上下がはっきりしてるので。

でも電話で待ち合わせの話をしていて、じゃぁ後でそこで落ち合おう という時とか、今話してるのと同じフロア内のどこかで落ち合おう という時など、物理的に上も下もあまりないじゃん っていう時に、su を使っていいのか giu` を使っていいのかが分からないのです。
イタ人友達と話してると、su だったり giu` だったりするので何らかの区別はあるようなんだけど、それがわからない。
確率5割だし と試しに賭けでどっちかを使ってみるも、言い直されたりして。。TT

でも考えてみると、日本の上下の基準もよくわからないことがあります。
例えば電車の上り/下り、子供の頃は、都会に向かうのが上りで田舎(失礼)に向かうのが下り と思ってたけど、この基準に従うと静岡から大阪へ向かう場合だって上りになるわけだけど、そういうわけではないし。更に言うと山手線、同じところをぐるぐる回ってるのに、上も下もあったもんじゃない気がするんだけど、一応上りと下りはあるわけです。

などと考え出すと、イタ語の上下もこれといってちゃんとした基準はないのかなぁ?でもそれってどうやって考えたらいいんだろう。慣れるしかない?
[PR]
by maccarello | 2008-01-17 02:06 | イタ語ぺらぺらへの道 | Comments(5)
ティラミス
c0005092_2284490.jpg先日のパヴェシーニと並んで今凝っているのが、マスカルポーネ・チーズ。
あんまりチーズは好んで食べないのですが、これをしょっぱくないクラッカーのようなものにつけて食べたらおいしくてはまりました。

日本に居る頃はわりと高嶺(高値?)の花でなかなか買えなかったけど、こちらだと250グラム2ユーロくらいから売ってます。メーカーによって結構味が違うので、色んなメーカーのを買ってどこのが一番おいしいかを一人で勝手に調査中。ここのがおいしいよ ってのあったら教えてくださーい。

しかし先日、安売りに負けて500グラムのモノを買ってしまい、さすがにこれは多すぎただろう と、パヴェシーニもあることだしティラミス作ってみました。

ティラミスの作り方って、生クリームを入れたり入れなかったり、全卵使ったり、卵黄しか使わなかったり、卵白はメレンゲにして加えたり・・ と色々流派があるようですが、今回は生クリーム無し、メレンゲ入り で、砂糖はかーなり控えめ、マスカルポーネはかなり多め(消費が目的だし)で作ってみました。おかげでマスカルポーネの味が濃い割には、口当たりは比較的軽めにできたけど、きっとイタリア人にこの甘くなさはNGなんだろうなー。。。

ところでつい最近知ったんですが、このティラミスという名前の意味。
Tira mi su (私を上に引っ張って) から来てるんだそうです。(え?常識?)
と言っても物理的に引っ張って ってわけではなく(転んだ時は言葉通りに使えると思うけど)、「私の気分を盛り上げて」とか「私を元気付けて」みたいな感じで、「気分的に引き上げて」って意味で使われ、お菓子の名前はこっちの意味から来てるそうです。へぇ~・・・ ってこれも有名?
いやー、つい最近まで全然知らなかったんですけど、ネットで検索すると当然のように書かれていて、実は常識だったんですかね、これ?^^;

でもって、これを知って納得した「ティラミス」のアクセントの位置。
ティラミスの正しいアクセントは「ティラミ」と最後の「su`」にあって、ティラミスと日本風に頭にアクセントを置いて発音すると、こちらではかなりの確率で通じなかったりするんですねー。というのを身を持って悟ったのも実はわりと最近だったりして。情けな~。。

しかしティラミス、昔は大好きだったんだけど最近あの甘さと量にちょいと負け気味です。
気分は上がるけど、胃がずっしりどっしり下がった気になるっつーかで、最近お店ではとんと食べなくなってしまいました。しかも気分だけでなく体重も比例して上がりそうですし。。 こってりした甘さはともかくとして、せめてあの攻撃的な量を半分くらいにしてほしいなぁ~、イタリアのドルチェ。。
[PR]
by maccarello | 2008-01-15 02:47 | イタリアーナへの道 | Comments(3)
パヴェシーニ
c0005092_2243858.jpg
最近お気に入りのお菓子、Pavesini(パヴェシーニ)。

イタリア人ってよくビスケット類をコーヒーや紅茶、ワインなどの飲み物に浸して食べるんですが、私はどーもこの食べ方って汚らしくて、自分がやるのも嫌だし人がそうやって食べてるのを見るのもすごーく嫌でした。

でも先日友達の家に遊びに行ったときに、他の友達がこれをそうやって食べていて、おいしいからやってみろ としつこく言われて嫌々試してみたら、これがもーーーおいしいっ!そのまま食べてももちろんおいしいんですが、液体に浸すと半分溶けたようになって、更においしい。もうそれ以来病み付きです。えぇ、もちろん飲み物に浸して食べてます。:)(調子いぃ~)

前回の日本帰国前に知っていたら、お土産は全員これになっていたことでしょう。
ティラミスの土台に使われることもあるようなので(一般的にはこれではなくSavoiardiというフィンガービスケットらしい)、もしかしたら日本でもソニプラ辺りで手に入るかな?
見かけた方、ぜひ試してみてください。
[PR]
by maccarello | 2008-01-12 02:28 | イタリアーナへの道 | Comments(4)
冷凍寿司
c0005092_1513345.jpgピサのエッセルンガというそれなりに大きなスーパーで見つけました。
こんなのあるんですねぇ、お寿司の冷凍食品。
箱に書かれた説明を読むと、エビやマグロ、イカ、サーモン、すり身などの12個のお寿司が入っているそうで、お醤油とわさび(写真右端の方に写ってる緑色のサイコロみたいなヤツ?)、ガリ、さらには木のお箸付き だそうです。
お値段は確か6ユーロ前後でした。日本円にして千円くらいでしょうか。
ものすごーく興味あったけど、友達と「絶対おいしくないよね。つか自分達で作ったほうがおいしいし安上がりじゃない?」という結論に一瞬で達し、試しませんでした。

ところでこれ冷凍なのはいいんですが、これどうやって食べるんでしょう?
イタリアって日本ほど電子レンジが普及してないし、あったとしても上手に解凍できる機能がついてるとは思えない。自然解凍を待てるほどイタリア人が気長にも思えないし。
結局はよくわかってないイタリア人に、レンジでチンチンに温められちゃったり、フライパンで焼かれちゃったり って状態で食べられて、「お寿司って、おいしくな~い」というイメージだけが残ってしまったりして。。。 と思うと結構悲しい。
[PR]
by maccarello | 2008-01-10 01:56 | 祖国への道 | Trackback | Comments(4)
イタリアの年越し
c0005092_214174.jpg一昨年の年越しは旅行でローマだったので、ローカルな地での年越しは初めてでした。
と言っても何をするでもなく、友達の家で友達の作ってくれたご飯を食べつつ、他の友達からもらった醸造所から譲ってもらったという5リットル・ワインを飲みつつ、ひたすらだらだらしてただけなんですが。。

こういうのは地域や街によって違いがあるのかもしれませんが、リボルノではナターレ後から昼だろうが夜だろうが関係なく、ドンドンバンバンと、花火なんだか爆竹なんだかが鳴っていて、大晦日に近づくにつれてその頻度も上昇。
別にこれはどっかの団体がやっているわけでもなく、個人が道でやってるんですが、その音が結構大きい。
そしてピアッツァ(広場)脇にはこんな感じで花火を売る屋台が出ていました。

そしてもちろん、年明けの瞬間にその盛り上がりは最高潮。
友達の家のベランダから見てたんですが、年明け瞬間からそこかしこで花火があがるあがる。
花火と言っても日本のドラゴンみたいのから、ドン・バーン と空にお花が咲いちゃう系の花火まで、みんなバンバンあげちゃってます。
見てると周りの家のベランダからも、シャンパンのしぶきが上がっていたり、色んな花火が打ち上げられていたり で、各家のベランダが煙でモクモクしてます。

しかし、上がっているだけならいいんですが、どうも見てると水平方向や地面に向けてロケットみたいな発射系(?)の花火打ってたりする人もいて、その下を見ると車が止まっていたり人が歩いていたりするわけなんですが、、、

っていうかこれって、危なくないの?


聞くと毎年年明けは、この年越しの花火で腕失くした子供のニュースとか、どこどこで怪我人何人 とかってニュースをやってるのだそうです。
日本も毎年、餅で喉を詰らせて・・ ってニュースやってる気がするけど、そんな感じなんですかねぇ?だんじり祭りみたいなノリですか?
[PR]
by maccarello | 2008-01-08 02:21 | イタリアーナへの道 | Comments(0)

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
↑ こちらに非公開コメン..
by maccarello at 13:57
マジか! なんか、のり..
by ぴろり at 10:50
ぴろりくん: イマサラ..
by maccarello at 09:26
あー、なんかひまわりの種..
by ぴろり at 23:37
永ともさま: こんにち..
by さばぇ at 03:19
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧