いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
<   2007年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧
もらって嬉しい日本食材
下のコメントで質問があったのですが、書き出したら長くなったのでネタにしてしちゃいます。^^;

お土産にもらって嬉しい日本食材、私の場合ずばり「おいしい日本酒」かも。:)
でもたぶんこれは食材とは言わないので置いといて、先のミラノのような日本食材が簡単には手に入らないよな田舎に住んでいる身としては、基本的には何をもらっても嬉しいですが ^^;、和食の基本調味料、醤油・酒・みりん で言うと、「みりん」が最も手に入りにくいのでみりんは嬉しいですねー。
醤油は一応キッコーマンのものがスーパーで売られてますし(高いしたぶん made in japan じゃない)、お酒は白雪1升瓶(ちなみに17ユーロ)なんかが中華食材屋さんで手に入ることがありますが、今よりも都会に近かったリボルノでも、みりんはフィレンツェまで行かないと売ってない という話でした。
みりんなんか砂糖やハチミツで代用すりゃいいじゃん と私も当初思っていましたが、ところがどっこい、みりんがあるのとないのとでは大違い。
コク全然違います!
みりんがこんなに偉大だったとは、イタリアに住んで初めて知りました。

基本調味料 と言えば「だしのもと」や「こんぶだし」などの粉末状のもの、これも純日本モノを扱ってない店では見たことがないです。軽いし小さいんだから輸入してくれよー と思ってたけど、そういう問題じゃなくて使う人がいないんでしょうね、日本人以外。^^;

そして日本人の基本食材、お米。
これはさすがに重いし、最近まで自分で持ち込んだこともなく、こっちで売られてるお米だってわりといけるじゃん とずっと思ってましたが、久しぶりに本物の日本米をいただいて食べたら、あまりにおいしくて涙でそうになりました。
なんと言っても甘味全然違います。
よくイタリア人に、日本人は白米なんてあんな味のないものよく毎日食べてるね と言われてましたが、日本のお米はちゃんと味があるのよ! と言いたい。
でもさすがにキロ単位では無理なので、この前はスーツケースの隙間埋めに、ビニール袋に小分けにしてちょっとだけ持ってきました。

それと、純和食じゃないけど重宝しているのが「ごま油」、「オイスターソース」「トリガラスープのもと」。これで中華の幅がぐっと広がります。特にごま油は偉大!

後もらってうれしかったのは、「ふりかけ」「ゆかり」「炊き込みご飯のもと」「お茶漬けのもと」「カップラーメン」「青じそドレッシング」「そうめん」「ふえるわかめ」「即席漬物のもと」など。
ご飯に味付けるものや、それ+こちらの材料で作れるもの ってのが多いのかなぁ。あとさっぱりしたもの。^^; だってイタリア、さっぱりしたものないんですもの。。。
でもどれもこれもやっぱり定番ですね。

逆に持って来てはみたものの、意外と使わなかったのが、「すしのこ」「寿司太郎」「どんぶりモノのもと」「からあげ粉」など。これらは基本調味料があれば、作ったほうがおいしい ってのもあってあまり使わなかったりしました。

それと、思いのほか嬉しかったのが、日本のチョコレートやスナック菓子。
もちろんこっちでもチョコレートなんかはいくらでも売ってますが、やっぱり日本のチョコは味がデリケート。たまに食べると感動もんです。スナック菓子もこっちのって塩味かトマト味、コショウ味 って感じでバリエーション少ないので、ポテチなんかである「焼き鳥味」「バター醤油味」とかは嬉しいです。

と、つらつら書き連ねたら止まらなくなってしまいました。
結局、なんでも嬉しいってことなのかも。:)

あ、そうだ、それより何より今まで日本から持ってきてもらって一番嬉しかったのは、食材じゃないけどずばり「便座カバー」でした。
もうこれは本当に本当~に重宝してます。すでにこれ無しの生活は考えられません。TT
O型かU型かがわかればそのままイタリアの便座でも使用可能なので、特にこれからの季節、お土産に悩んだ方はぜひ「便座カバー」をお勧めします。:)
[PR]
by maccarello | 2007-11-30 03:01 | 祖国への道
戦利品
c0005092_3253869.jpg先日用事があってミラノへ行ってきました。
と軽く書きますが、ここからミラノは決して近くなく、500キロは軽く超えてると思います。

ミラノはもう10年くらい前に観光で行ったのが最後なので、ドゥオーモくらいは見たいな~ と思ったけど、用事があったのが街の中心地じゃなかったのと、観光するよな時間はとてもなくって、なーんも見ずに帰ってきました。。。

しかしそんな時間の無い中、日本食在の品揃えも豊富 という韓国食材屋さんにはしっかり行ってみました。ミラノでこの手の店に入ったのは初めてですが、やっぱり日本食材を売ってる田舎の店と比べると、ものすごーく品揃えが充実してます。
なんてったって、モノが日本のものそのものです。
だいたい田舎の店で売ってるのは、味噌や米酢なんかにしても日本製ではないので、当然パッケージも日本語ではなく味も微妙に違うし、日本語が書かれてあるものだとしても、日本で見たことないですけど、これ ってヤツばかりなのですが、ここにあるのは日本で使っていたのと同じ品。
醤油、酒、みりん といった基本調味料はもちろんのこと、インスタントラーメンや冷凍食品、納豆(冷凍)まで売ってます。
あああ、目移りする~ と思いながらも、時間が15分くらいしかなかったので、とりあえず目に付いた欲しいものをばばっと籠に入れ、欲しかった土鍋を見つめるも100均で売ってそうなモノなのに15ユーロ(2,500円くらい?)もするので諦め、お会計。
これらに加えて片栗粉や韓国海苔で合計30ユーロ弱(5千円弱?)。

店に入った時点で浮かれまくってしまったけど、よく考えるとこの金額は私の普段の質素な生活からすると結構な出費のような。。
まぁ、幸か不幸かこういう店にしょっちゅう行かれるわけではないので、いいとしましょう。
[PR]
by maccarello | 2007-11-27 03:31 | 祖国への道
風邪
c0005092_1433257.jpg風邪をひいてしまったようです。。
朝はなんともなかったのに、昼にかけてどんどんくしゃみと垂れる鼻水の量が増えていき、熱はないものの鼻のかみすぎで鼻の下が痛くなり、午後にはとうとう我慢できず友達から薬をもらって飲みました。
もらった薬は「タキピリーナ」というもので、本来は熱のある風邪の時に飲むものらしいですが、他にないなら仕方がない ということで。

この薬を飲もうとしていたら他の友達数名が、「熱あるの?熱がないならこれじゃなくてアスピリーナを飲みなさい」とアドバイスしてくれました。
ん? アスピリーナ? アスピリーナってアスピリンでしょ?いわゆるバファリンとかの。それって頭痛とかに効くものじゃなくて? と言っても、大丈夫、風邪にも効くから と。
風邪と言ってもくしゃみと鼻水だけなんですけど。関節痛もないし。と言うも、「大丈夫、あれは風邪にも効くのよ」と。
風邪って言うか、鼻水にも効く? と聞いても、「大丈夫」を繰り返すのみ。しかもこれ言うの、一人や二人じゃありません。結構な人数に言われました。

マジっすか?
本当にアスピリンで、鼻水が止まるんすか?

うーん、悪いけど、信用できない。。
だってイタリア人、ニベアが虫刺されや火傷に効く とか思ってるもんなぁ。
ということで、これらのアドバイスはあっさり無視して、結局もらった風邪薬飲みましたが。

ところでこちらのティッシュというのは、日本のように薄く柔らかいものではなく、どちらかというと紙ナプキンのようなものです。ポケット・ティッシュも、紙ナプキンのようなものが折りたたまれて入っている というもので、日本のように中央からどんどん取り出せるような形もしていません。
それに厚手なのでひとつに10枚しか入ってなく、風邪の時に日本の感覚で使ってるとあっという間になくなってしまい、お財布にもやさしくありません。
というのもどうやらこちらでは、ティッシュというのは一度使ってすぐ捨てる使い捨てではなく、何度も使うものらしいです。
なんとなく日本式に慣れていると、一度鼻かんだティッシュを手元においておく というのにも抵抗があり、私はもっぱらトイレットペーパーを使い捨てにしてますが、先日イギリス人の女性と話をしている時に、ちょっと驚くことがありました。

彼女も風邪気味だったらしく、話しながら何度となく鼻をかんでいたのですが、ふと気づくと、ティッシュで鼻をかんでいない間は、手元にそのティッシュが見当たりません。
いちいち捨ててるわけでもないし、ポケットにしまってる素振りもなかったけど、あのティッシュは一体どこに行ってるんだ?と思ってなにげに注意して見ていたら、、、。
鼻をかんだティッシュを、左手の袖口から腕に突っ込んで、セーターの袖のところにしまってました。

・・・着物?

その場に居たイタリア人数名は別に気にするでもなかったようなので、これって結構一般的なことなんでしょうか?
誰かに、元気~? と腕とか組まれたら(外人そういうことしがちだし)、腕にしまった半液体状のものがぐにゅ~ と・・(以下自粛) とかってないのかなぁ?
以前アメリカ人が噛んでたガムを口から出してぺとっ っと机にくっつけ、しばらくたってからまたそれを口の中に入れたときもびっくりしましたが、結構それに匹敵する出来事のような。。

いやー、異文化っつーのは楽しいものですね。(と無理矢理まとめてみる)
[PR]
by maccarello | 2007-11-24 01:58 | イタリアーナへの道
栗饅頭
c0005092_215553.jpgこの前作った栗の茶巾絞り風が、実はお砂糖少な過ぎたみたいで今ひとつお菓子っぽくなかったんですね。でももうみんな形作っちゃったし、どうしよう・・・ ということで、これを包んだお饅頭を作ってみました。皮はちょいと甘めにして。ちなみに中身はオーブンで焼く前のもの。

っていうか和菓子なんて作ったの初めてだ。
お饅頭って、家でも作れるものなんですね。知らなかったよ。
でも分量適当だったし、こんな感じで包んでみたものの、本当にお饅頭になるのかな~ と半信半疑で蒸してみたら。。


c0005092_2153227.jpgなんとかきれいに膨らみました。
っていうか膨らみすぎてくっついてしまった。

しかし、蒸してる途中で覗いたら、真っ白でいい感じに膨らんでたんだけど、更に蒸して蓋開けたら、、、表面に茶色いブツブツが。。。 ホントに表面だけで、中は普通に白いんだけどな~。
なんか病気っぽくて気持ち悪いんだけど、これってなんで? TT
[PR]
by maccarello | 2007-11-22 02:32 | 祖国への道
c0005092_23127.jpg既に遅いけど、栗の季節です。
スーパーにも大体1キロ4ユーロ前後くらいから置いてあって、栗好きとしてはついつい大量に買ってしまいます。が、栗って皮を剥くのが大変なんですよね。。。

それでも以前は食べたい一心で頑張って剥いたけど、なんか今回は大量に買ってはみたものの、皮剥くの面倒だなぁ~ と数時間お湯につけっぱなしにしておきました。
でもこのまま置いておいても誰も剥いてくれないし と重い腰を上げて皮剥き出したら、なんとすんなり剥けるじゃないですか。外の鬼皮だけでなく、中の薄い皮も、ものによってはぺりぺりぺりっ と手でも剥ける感じ。
お湯につけておくと剥きやすい とは聞いてたけど、日本の栗はお湯につけたところでここまで簡単には剥けなかったけどなぁ~。種類が違うせいでしょか。確かに味も、日本の栗より軽くてあっさりした感じです。

で、作ったものはこちら
[PR]
by maccarello | 2007-11-20 02:20 | イタリアーナへの道
モストラ
c0005092_273956.jpgこの前ローマに行った時、以前こちらで紹介されてて気になっていたToccare il tempoというモストラ(展示会)を見てきました。

日本人のアーティストさん っていうのも興味あったし、こんな場所でやってる ってのも興味を惹かれたし、幸いとってもよい天気だったし。

実際観てみたら、ちょっと思っていたのとは違って、実は個人的にはちょっとびみょ~ な感じだったんですが、まー元々私はこの手のアートに造詣が深いわけでもないので、簡単に言うとよくわかんなかった って感じです。あはは。 (情けな~)

ま、せっかくなのでこちらからお写真を。
[PR]
by maccarello | 2007-11-17 02:54 | イタリアーナへの道
Vino Novello
c0005092_2323376.jpg確か先週の土曜日がNovello (ノベッロ=新酒) 解禁日だったかと思います。
思います ってーのは、実は解禁日前から随分と出回っているのがわかったので、いつが解禁日か は私の中であまり重要ではなくなってしまったのでした。^^;

更にここのとこちょいと忙しくて大きいスーパーに行かれず、Novelloの瓶がずら~ と並ぶ姿をまだ見ていません。
それはちょっと残念なのですが、前回の経験から後1ヶ月も待てばそれらは値段がぐーんと下がって叩き売られる(Novelloは年内に飲みきらないと縁起が悪いらしい)のを知ってしまったので、すぐに買わなくてもいかなぁ~ と思ってました。

でも友達から、Novello飲んだ?今年もうまいぞ ってな話を聞くにつれ、やっぱり買うかな~ と思っていたところへ友人から 「行きつけのとこにNovello買いに来てるけどいるか?」という電話。迷うことなく「もちろん!」と返事をして先日入手しました。
ここのNovelloは去年飲んで美味しかったのでまず間違いないし、ここで作ってるオリーブオイルも使ってますが、これがまた美味しい。ワインのラベル(ただの紙だけど)に「Agribiologico」と書かれているのも、よくわからないけど悪酔いしなさそう。(すげーいい加減、まるで根拠無し)

もちろんグラスの後ろに見えてるのがそのボトル。醤油じゃありません。
5リットル8ユーロです。
通常のNovelloが1本3ユーロ前後なのを考えると、お値段もとってもお得。
そして今年もおいしかったです。:)
「本当に1本でいいのか?」って何度も確認されて「1本で十分」って答えたけど、やっぱりもう一本頼めばよかったかも。。
[PR]
by maccarello | 2007-11-15 02:59 | イタリアーナへの道
c0005092_2382923.jpg雨の日、ひときわ大きい傘が2本立てかけてありました。
この写真じゃわかりにくいけど、普通の傘の1.5倍くらいはある感じです。
ここにあるってことは知り合いのもののはずなので、何これ大きい~ と広げて見てみようと思ったら、、、 周りにいた友達数人が一斉に「広げちゃだめ~!!」と騒ぎ出しました。

なんじゃ?
よほど大事にされてる傘なのか? と思い、じゃぁ ともう一本の方を と広げてみようとしたら、これまた「うわー!やめろ~!!」と大騒ぎ。

??? って顔してたら、イタリアでは室内で傘を広げるのは「Porta sfortuna」(不幸をもたらす)な事なんだとか。
へー、知りませんでした。
でもさぁ、塗れた傘乾かすのって、どうするんでしょう?
[PR]
by maccarello | 2007-11-13 02:54 | イタリアーナへの道
ぞーさん
c0005092_1174261.jpg忘れていたわけじゃぁないんだけど、数ヶ月前に中古でギターを買ったまま、全然使ってませんでした。
使ってない というより、使いたくても使えない、早い話が弾けないわけです。
もう10年以上、っつか下手すると20年近く前から、ギター弾けるようになりたい と思いつつ、夢叶わず。
イタリア来る前にギター何台か処分して、もう2度と持たない と思ったはずなのに、凝りもせずにまた手に入れてしまった。。そしてこれまたいつものように、コードブックも買ってみたけど、やっぱりFで躓きそこで終了。

しかしよく考えたらこれ、初めて自分でお金払って手に入れたギターだったりします。(今までのは全部もらいもの。^^;) それに、誰にも弾かれないまま放置されてる楽器というのはやはり可哀想。。


c0005092_118371.jpgといういうことで、この前の日本帰国の際にこんな本を買ってみました。
サブタイトルの「DVDとパワー・コードでガンガン弾ける」ってのも、右下の「あっという間にマスターできる!」という吹き出しも、おまけにこの表紙の絵も、ものすごーくベタでアヤシイし、ギター弾く人に見せるなり「めっちゃ邪道」と一言で切り捨てられたけど、苦節20余年、もう邪道だろうがベタだろうが気にしません。

とはいえ、そんなに簡単に弾けるようになるならとっくになってるよ とか思いながら本見て遊んでたら、ホントにあっという間に Smoke on the water のイントロが弾けました。おおお、このキャッチ・コピーは嘘ではなかったのか。
つかあのイントロってこんなに簡単だったの?っていうか、今までまともにコードの押さえ方覚えないとギターって弾けないって思ってたけど、もしかして違うの?
目からウロコってーのはまさにこういうことを言うのでしょうか。ギターと出会って早20余年、初めて一筋の光が射した気になりました。(うるうる)
が、この話をギター弾く人にしたら、「で、ソロは?」と。
そうか、ギタリストにとってのメインはイントロ・リフではなくギターソロだったのか、、、。イントロごときで満足している場合ではないのかもしれない。


c0005092_1182150.jpgところでこのZO-3(ぞーさん)、こうやって置くとホントに象に見えてかわいい。

でもこれ、こちらの日本人づてに買ったんですが、日本以外でもこの名前(型番?)の意味が伝わるんですかねぇ?そもそもこれって日本以外でも売られてるんでしょうか?
[PR]
by maccarello | 2007-11-10 01:46 | 寄り道
焼売
c0005092_2103588.jpgイタリアで作る日本食シリーズ第?段、焼売。

餃子の皮ができるのなら、焼売の皮だってできるのでは? と思い出したら作ってみたく というかむしょーに食べたくなったので作ってみました。 わりと満足。ちなみに写真は蒸す前。

作るにあたってレシピをネット等で調べましたが、結局わからなかったのは、餃子の皮と焼売の皮って成分的に何が違うの? ってこと。
焼売の皮の方が薄い、形が四角い ってのはわかっても、材料の違いは??
結局自己流で作ってしまいましたが、餃子の皮と変えたポイントは、

 ・粉の配分は強力粉:薄力粉=5:5 (餃子は9:1)
 ・ごま油を入れない
 ・熱湯ではなく水を混ぜて作った

くらい。
薄力粉が多いせいか、成型時に台にくっつきやすかったり切れやすかったりしたので、次回はもう少し強力粉多めでやってみようかと。それとも単に水が多かっただけか?

それと、初めはめんどくさいので皮を四角く切らずに丸のまま作ってみたら、、、全然焼売に見えなかったので、面倒だけど一個一個包丁で四角に切りました。
で、切った部分が余るんだけど、打ち粉にまみれて固めになってるので、あんまり大量には元のタネに戻せないし、戻すと再びこねなきゃいけなくて面倒だし、、、 と。この余った部分を別の何かに使えないかも検討の余地ありなのではないかと。

って、一体何に燃えてんだかなぁ。。。
[PR]
by maccarello | 2007-11-08 02:14 | 祖国への道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧