いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
<   2007年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
恒例行事?
c0005092_132963.jpg新宿の高層ビル街。
すごいなー、こんな高い建物久しぶりに見た と思って思わず写真撮っちゃいました。
しかもにょきにょきたくさん建ってるし。しょっちゅう地震のある国なのに、すごいねぇ~、、、と、すっかりおのぼりさん。
大学時代はこんなところに毎日通ってて、こういう景色が日常だったのに、思えば遠くへ来たものだ・・・ と、平日のオフィス街をスーツ姿で忙しそうに行き来するサラリーマンに紛れて黄昏る場違いなワタシ。

でも別に黄昏るためにこんなところへ来たわけではなく、ちゃんと目的があったわけです。
それは、歯医者。
定期健診&歯のお掃除のつもりで来たはずなのに、あれ?虫歯ありますよ という歯医者さんの無情な一言のために、1日2回、その後は帰国日前日まで連日通うはめに。。。
飛行機何時ですか?とか聞かれたので、もしかして帰国当日も通えってこと?TT
あああ、自分のせいとは言え、かわいそうなワタシ。ぽべら め。。。
[PR]
by maccarello | 2007-09-30 01:22 | 祖国への道 | Comments(4)
日本
c0005092_1041970.jpg先週末から一時帰国で日本に居ます。
スーツケースの中、自分の荷物はワンピース一枚と下着1セットのみで、後は全部お土産なのに重量26キロ超。。。用事ついでに見送りに来てくれた友達が中身見て「Che bello!(かっこいー)」と爆笑してました。。

約一年ぶりの日本で、今までの海外連続滞在自己最長記録でしたが、思ったほどの衝撃もなく、日本に着くなりなんの違和感も無くあっさりとけこめました。しめしめ。
まぁ、30年以上住んでいた国だしね と意味も無く勝ち誇った気になってたんですが、数日の間にところどころでイタリアナイズされてる自分も発見してみたりして。
例えば、、

シャワーの水圧が強くて痛い。4件ほどのお宅でシャワー借りましたが、どれもこれも強い、痛い。日本のシャワーの水圧ってこんなに強かったっけ。つか、イタリアのシャワーの水圧が弱すぎるんでしょうけど。。

たばこを吸い終わってポイッと道に捨て、慌てて拾いに戻ること数回。イタリアでタバコのポイ捨てってみんなフツーにやってて、捨てずに持ってると、それを拾う人の仕事がなくなるから捨てろ とか言われたりするんですよね。

自販機でモノ買おうとして小銭が無い時、お札使うとどーせまたおつりでないしなぁ~と躊躇する。けど日本じゃまずちゃんとおつりでるんですよね。

店に入った時やコンビニなんかのレジでお金払う時、「こんにちは」って挨拶しそうになる。イタリアってこういうシチュエーションの時必ず「ボンジョールノ(おはよう)」とかって挨拶するからそのクセがついてるらしい。

車乗ってて道曲がった後にドキッとする。まーこれはありがちか。

ずっと下痢してます。たぶん水が変わったせい。。。

食べても食べてもお腹すく。そして日本食ってさっぱりしてるからいくらでも食べてしまう。やばい、絶対太ってる。。。 でも今回ビリーズ・ブート・キャンプをもらったから、帰ってから痩せればいいや。でもホンの10分ほどやっただけで既に太ももの裏とお腹がビリー痛。本当にやるんだろうか、、


ところで最近飛行機のセキュリティーが厳しくて、液体を手荷物として持ち込めないって話なので、ペットボトルの水も友達に押し付けて準備万端でイタリア出国したわけですが、香港でのトランジットの時に周りの人が皆、化粧品などを透明なジップロックに入れて手に持ち、係りの人に見せているのを見て、そーいや私、化粧水とか数種類の液体、手荷物バッグの中にそのまま入ってるわ と気がつきました。
っていうか、どうしてそんな状態でここまでこれちゃったんだろう?さすがイタリアン・セキュリティー。あまあまですね。
しかしさすがにここでは無事通過できないだろうなぁ、香港だしなぁ。でもジップロック持ってないし、もう中身捨てるしかないかなぁ~ などとぐるぐる考えながらX線に通したら、、、 そのまま通過できました。あれ?そんなもん?
[PR]
by maccarello | 2007-09-27 10:32 | 祖国への道 | Comments(6)
セルフ会計機
c0005092_1525311.jpgピサのイーペルコープ(大型スーパー)でこんなもの見ました。
自分でお会計する機械です。
普通の会計機と同じように、ディスプレイの前に商品をかざして値段を入れていきます。
そんなの簡単にインチキできるのでは?と思ったら、初めにかごを手前に置き、会計機を通した後にある袋に入れ、その合計重量が合わないとアラームがなって人がやってくる という仕組みになってるようです。
へ~、なるほどねー。

しかし、一般的に機械に弱いイタリア人。
未だ駅の切符売り場でも、便利な自販機を使ってる人はごくわずか(しかもほとんど外国人だったり、外人の私に使い方を聞いてきたり・・)で、みんな長~い列に並んで切符を買ってる というのに、こんなもの受け入れられるのか? と思ったら、やっぱりこの機械のところはガラガラに空いていて、普通の会計のところに長~い列が出来ていました。
これが日本だったら、ものめずらしさもあってセルフ会計機の方に列ができそうなものですが。

このセルフ会計機は2台だけでしたが、この機械のすぐそばにはこの機械の使い方などを説明する専用の人がひとり控えていました。
これってもしかして、もう一台普通のお会計ラインをあけたほうが、客のさばきも早くて人件費的にも効率よいのでは?とか思ってみたりしたけど、この国でそんなこと考えてはいけないですね。^^;
[PR]
by maccarello | 2007-09-20 02:13 | イタリアーナへの道 | Comments(3)
「いつ頃」の表現方法
イタリア人と話してて、前々から不思議に思ってたことのひとつに、時期の言い方 があります。
以前こういうことがあってね・・・ って話をする時、それがいつ頃かを表現するのに日本人だと、というか少なくとも私は「何年くらい前に・・・」という言い方をするんですが、イタリア人でこういう表現をする人ってかなり少ないです。
どうやって言うかというと、「19**年に・・・」「200*年に・・・」とその年を言います。
で、人にもよるけどかなりの確立で、その年の正確さにこだわる。
話の内容的に、それが1998年でも1999年でもどっちでもいーよ って時でも、「えーと、何々があったのが1998年だからやっぱりこれは1999年の・・」という感じ。それは決して世界情勢の話とかではなくて、友達が事故ってさ~ みたいなものすごく個人的な話でも一緒です。

話をしててこの「ミッレノベチェント・・(19**年)」が出ると、それがどれくらい前のことなのか感覚的にわからず、とっさに頭の中で今の年から引き算してしまいます。
初めの頃は、ん?それって何年くらい前ってこと?とつい聞き返してたんですが、そうすると今度はイタリア人の頭の中が?ってなるようで、今が何年だから・・ と声に出して引き算を初め、、、 と、いつの話か が論点でもないのにものすごく時間がかかってしまうことがわかり、今ではこっそり頭の中で引き算して何年くらい前なのかを確認するだけにしてますが。

なんでしょう、私にとっては今現在が中心で、昔の話は今から遡って何年位前 って感覚なんですけど、イタリア人の中心っていつでもキリスト紀元(西暦1年?0年ってないんですよねぇ、確か)なのかなー と思ってみたりします。さすがヴァチカンのある国。って、そういう問題じゃぁないのかなぁ?
[PR]
by maccarello | 2007-09-18 02:23 | イタリアーナへの道 | Comments(3)
ボルゲリ
夏、リボルノにいる間に行ったもうひとつの観光地、ボルゲリ(Bolgheri)。
観光地なんだか避暑地なんだかワインの産地なんだかよくわからないけど、ここはとにかくワインで名前をよく聞いてはいたものの、未踏の地だったので連れてってもらいました。
つーかこんなに近かったんですね、リボルノから。。

こーんな糸杉の並木道を通ってずんずん行くと、
c0005092_1263557.jpg


こんなところに突き当たります。この中がボルゲリの街。
c0005092_1264774.jpg


小さいけどかわいい。こーいう街並をみると、ヨーロッパに居るんだなぁ~ という気になります。
c0005092_132234.jpg


周りの景色もいい感じ。天気もいいし、のどか~です。
c0005092_1272957.jpg


イタリア、田舎の方に行くと小さくてかわいい街はたーくさんあるのですが、やっぱり観光客のほとんど来ない地方と観光客の多いトスカーナとの違いは、『街がどんなに小さくても寂れていない』 ということかも。と今回思った。
おみやげ物屋さんのディスプレイひとつとっても、かわいらしくてやる気が感じられます。
c0005092_1275010.jpg


せっかく来たのでもちろん飲むでしょ ということでボルゲリのワイン。もちろんとてもおいしかったです。車でなければもう何杯かおかわりしたいところでした。。
c0005092_1284644.jpg

[PR]
by maccarello | 2007-09-15 01:38 | イタリアーナへの道 | Comments(0)
玉ねぎ
c0005092_1541032.jpgイタリアに来て初めて知りましたが、玉ねぎって色んな種類があるんですね。
日本で普通に売られてるような茶色い皮のモノはもちろん、皮が白いの、赤いの、赤くてラグビーボールみたいな形したもの、中身もちょっと赤いの、小さいの・・・ と、どれがどう味が違うのかあまりはっきりわかってませんが、色んな玉ねぎが食べられるのは、玉ねぎ好きにはたまりません。
どれくらい玉ねぎが好きか っていうと、比較対照がおかしいのはわかってるけど、お寿司よりも好き。寿司屋とおいしい玉ねぎダンボール一箱だったら、迷わず玉ねぎ選びますね。

ってなわけで、スーパー行くととりあえず玉ねぎ探しちゃうんですが、この前こんな小さな玉ねぎをみつけ、かわいくて思わず買ってしまいました。


c0005092_1543315.jpgどれくらい小さいかというと、これくらい。
皮を剥くのが面倒くさかった。。。
中の芯は、オリーブの種抜き使って簡単に抜けましたが。

で、これ皮剥いて、さてどうしよう・・・ と。使い道考えてから皮むけ って感じですね。

で、結局、、、
[PR]
by maccarello | 2007-09-11 02:18 | イタリアーナへの道 | Comments(4)
ひまわり
c0005092_112910.jpgめちゃくちゃ季節感ないんですが、数ヶ月前に撮ったひまわりの写真。
載せるの忘れてたので、今更載せてみたりして。あはは。

ひまわりと言えばスペインのイメージだったけど、イタリアも結構ひまわり畑(?)あります。
こうやって群生しているのはなかなかの迫力。これらはどうやらひまわりオイル用らしいです。



c0005092_11453.jpgひまわりって8月の花っていうイメージだったけど、この写真撮った7月頭の時点で、すでにうなだれてるのが多かったです。「向日葵」 と書くくせに、なんとなく日の光を避けてるような感じでした。さすがに暑すぎ?

ちなみにイタリア語でひまわりは「Girasole(ジラソーレ)」。Gira (原型:Girare)=周る、Sole=太陽 で、そのまんま ですね。

ちなみにこのひまわり畑、、、
[PR]
by maccarello | 2007-09-08 01:16 | イタリアーナへの道 | Comments(4)
c0005092_20503457.jpg今週入ってからなんだかとても寒いです。9月にイタリアに居るのは初めてですが、イタリアって冬が終わると春を飛び越していきなり夏 って思ってたけど、秋も無いの?

寒いのは嫌だけど、ひとつ嬉しいのは、夏の間悩まされていた断水が終わるだろう ということ。6月中旬辺りから、週に3~4日は夜10時半ごろから断水、週末土日のどちらかは丸一日以上断水・・ という生活でしたが、夏が終わって観光客も帰れば水も出るだろう と。
更に飲み水も、実はちょいと苦労してました。
飲み水、昔はミネラルウォーター買ってましたが、安いとは言え毎日使うものなのでそれなりに消費するし、何より買って持って帰ってくるのが重い。
ということで、私は家から徒歩10秒ほどのところにある水道から、いつも飲み水もらってきてました。
これ、どうやら山から降りてくる湧き水だとかで(?)、おいしいです。しかもタダだし。街によるのかも知れないけど、わりと至るところにこういう水道があって、イタリア人もよくこういう水道から水汲んでます。

c0005092_20505019.jpgそれがこの夏、断水が始って以降、こんな感じで蓋されちゃってたんですねぇ。。。
見ると他の水道もことごとくこんな感じで使えなくなってました。観光客に水まわす為に、そこまで住民に苦労を強いなくても、、、TT

9月に入って以降、これらの水道が使えるようになった と聞き、見ると確かに多くの水道に蛇口が戻ってきてました。よしよし。
しかし、私が使ってる近所は未だ蓋されたまま。。 もしかして、忘れられてるの?
[PR]
by maccarello | 2007-09-06 20:26 | イタリアーナへの道 | Comments(4)
マネキン
今回初めてヴィアレッジョ(Viareggio)というところに行ってきました。
リボルノから車で30分くらいの海沿いで、地中海側にはちょいと珍しく砂浜が広がっていて、リボルノでは見かけない観光客で溢れ、夜は海沿いのディスコが朝までやっている という、いわゆるリゾート地だそうです。それなりに高級リゾート地らしく、フェラーリ目撃率が高かったです。

以前リボルノに住んでた時、夏になるとヴィアレッジョのDiscoteca(ディスコ)へ行こう と誘われましたが、まるで興味無いので結局一度も行きませんでしたが、今回も海へ行くでもなくディスコへ行くでもなく、夕方にちょいと街をぶらつく というだけの、なんだか間違った滞在方法だったかもしれません。ということで写真も無し。

c0005092_18252684.jpg来るお客さんも外人さんが多いのでしょう。みんなきれいな格好をしてるし、リボルノでは見かけないような美男美女が多い。並ぶお店もリボルノでは見かけないような高級ブランドが多くて、ウィンド・ショッピングしてるだけでも楽しめます。

ところで前から思ってたんですけど、、、 この国のマネキン、特に子供のマネキンや人形の顔が、猛烈にかわいくないです。


c0005092_18234664.jpgっていうか恐い。。。

イタリア人の本物の赤ちゃん、ここまで恐い顔してんのか?
子供の頃からオトナっぽい顔してる子供は確かに多いけど、これってどうなの?

思うに、眉毛の薄さがチンピラっぽさを醸しだしているのではないかと。心なしか、「ぁに見てんだよぉ~」と言ってるようにも見えてきます。
そう思うと、この白黒(紺?)ストライプのマフラーや帽子も、囚人服に見えてきたりして。。。

やっぱりイタリア人の美的センスって、よくわからない。
[PR]
by maccarello | 2007-09-04 19:42 | イタリアーナへの道 | Comments(2)
連続放火
7月以降、私の住んでる近辺で火事が多発してました。
イタリア人曰く、夏はここらに限らず火事が多い とのことだったので、暑いし乾燥してるから自然発火か、タバコのポイ捨てが多いからそれが原因か?と思ったら、どうやら放火らしいです。
それぞれ車で30分くらいの範囲のところで1晩に3件も放火があったら、日本だったら連続放火として大ニュースになりそうなもんだけど、イタリア人の反応は結構あっさり。

こちらの家は日本のように木造住宅じゃないので、家が燃えて人が亡くなる ということもないからか、山が燃えてその煙や灰で迷惑よ~ みたいなノリ。
それで、犯人は捕まったの? と聞くと、「そんなの無理よー。火事ってことは全部燃えちゃうんだから、証拠も何も残らないし、見つからないわよ。」と。

えええ~。。。
そんなん、あり?

日本だったら、放火だろうが事故だろうが、出火元はどこで何が原因で ってことは、火事の数時間後にはニュースで発表されてたと思うけど。。
そう思うと、やっぱり日本の警察ってすごいのかも。
いや、イタリアの警察がダメ過ぎなのかもしれないけど。

更に、「もしタバコのポイ捨てが原因だったとしても、それが故意かそうじゃないか なんてわからないし」 と。

・・・え?
もし故意じゃなかったら、罪じゃないんすか?

最近この辺りで起こっている火事は、ガソリンだかが使われているそうなので完全に故意の放火 という見方らしいですが、一説によると、猫にガソリンかけて火をつけて、山に放すのだとか。。 。 ひょぇ~!!!!!
最近日本も旧人類の私には理解不能な犯罪も多く、たまにイタリアでそんなニュースが取り上げられると、日本人は何故そんなことをするんだ?とか聞かれるけど、イタリア人だって変らない気が。。。

頭おかしい人がやってんのよ とか言ってるけど、そんな頭のおかしな人が捕まりもせずにうろうろしてるのって、、、恐くないんですかねぇ~。。 っていうか私、恐いです。。。
[PR]
by maccarello | 2007-09-01 01:35 | イタリアーナへの道 | Comments(0)

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
↑ こちらに非公開コメン..
by maccarello at 13:57
マジか! なんか、のり..
by ぴろり at 10:50
ぴろりくん: イマサラ..
by maccarello at 09:26
あー、なんかひまわりの種..
by ぴろり at 23:37
永ともさま: こんにち..
by さばぇ at 03:19
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧