いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
<   2007年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
エトナ山
c0005092_295658.jpg後ろで煙を吐いてるのがエトナ山です。
これってまだ活火山だっけ?とか思ったら、近いところでは2002年、2004年にも噴火したばかりだったんですね。
標高3,300メートルの山ですが、車で行かれるのは約2,000メートルまでで、それより上はFunivia(ロープウェイ)かジープのようなバスで上れます。3,000メートル以上はガイドの付いたツアーのみだそう。

c0005092_2101043.jpgお値段は、2,500メートルのとこまで25ユーロ、3,000メートルのところまで40ユーロ。
高っ!ぼったくり!! と思ったけど、ここまで来たら一応上ってみたいし ということで2,500メートルまで。でもここまで上ったからと言って何があるわけでもなく、一面溶岩だらけ。後は小さいバールと土産物屋があり、山のふもとの町カターニャなどが見わたせます。
上から見るとところどころ緑が生い茂っている部分が見えて、あの部分は溶岩が流れなかったんだな~ とか、ここは大昔に流れて復活中なんだな~ というのがわかります。また溶岩の間から草がちらちら生えている部分などもあり、自然の強さを感じてみたりして。

c0005092_210227.jpgジープのようなバスが通るので、一応道のようなものはあります。なのでこのぼったくり価格に納得いかなければ歩いて上ることも可能です。実際歩いて上ってる人、マウンテンバイクで上ってる人(しかもちゃんとチャリ漕いで) など、ちらちらいました。中にはミニスカートのねぇーちゃんまでいましたが、500メートル上るのに1時間以上はかかると思います。
さすがに2,500メートルまで上るとかなり空気が涼しいです。が、その涼しさにだまされうっかりタンクトップのままうろうろしていたら、下山したころには肩が真っ赤になっててヒリヒリして大変でした。TT ちなみにこの日の気温は夕方6時の時点で45度。。。ここってアフリカ?
いつの間にか右肩の一部が小さなかさぶたのような色になっていて、どっかにぶつけたか?と思ってたら数日後にそこから皮がむけはじめました。もしかして、焦げてた?

c0005092_2103325.jpgふもとの町に降りる途中、何度か被害にあった家の跡を見ました。
その一方、新しく建設中のホテルなんかもありました。またいつ噴火するかわからないような状態なのに、よく建てるよなぁ~ と思うんだけど、どういうつもりなんでしょう。
過去の大噴火の際にはふもとの街にまで溶岩が流れたそうで、ところどころに大きな溶岩が残っています。この辺りに住む人は大変だろうなぁ~ と思ったけど、この噴火のおかげでこの辺りの地はブドウ作りに適していて、上質のワインが造られるのだとか。
うーん、そんなこと聞くと、危険を承知でこういうところに住むのもいいかも と思ってしまう。
びみょぉ~。
[PR]
by maccarello | 2007-06-30 02:15 | イタリアーナへの道
タオルミーナ
c0005092_21294047.jpgレッジョ・カラーブリアからトラゲット(フェリー)に乗って、シチリア初上陸!
って、今まで全然知らなかったんですが、めっちゃくちゃ近いんですね、イタリア本土とシチリアのメッシーナ。カラーブリアからのフェリー乗り場に向かう途中、ずっと横に見えるあの地はなんだ?岬か?と思っていたところが、実はもうシチリアでした。
船酔いするかなぁ~ と憂鬱になっていたけど、酔うヒマもないくらい、20分くらいであっという間についてしまいました。

この写真はシチリア側から撮ったものだけど、フェリー乗り場の横で釣りしてるおっちゃんの後ろにぼんやりと見える地は、既にイタリア本土のレッジョ・カラーブリアです。これってもしかして、泳いで渡れるんじゃないか?無理??
昔むかし、シチリアがまだカルタゴのものだったころ、お互いの住民はこんな風に相手の国を観ていたのかなぁ~ と思うとなんだか不思議です。

c0005092_21295562.jpgメッシーナに上陸するも、そのままさくっと通過してタオルミーナへ。
ここはヨーロッパでも屈指のリゾート地らしい。街自体は丘の上にあるんだけど、そこまでは車が入れない(入れるけど駐車場がない)ので少し下の駐車場に車を止めてバスで上がります。

街はそんなに大きくなさそうで、確かに見晴らしとか景色とかいいんだけど、目抜き通りの両側はお土産もの屋さんとレストランばかり。外人さんも多そうで、それなりにオシャレな格好してる人も多い中、ズルズルのチノパンにツッカケでダラダラ歩く私らは、なんとなくお呼びじゃない という感じだったかも。。。

c0005092_21301967.jpgお目当てだったギリシャ劇場の遺跡は、この日ここでやっていた映画祭のイベントで使われるとかで、入り口で門前払い。。TT
この日泊まったホテルの人によると、エンニオ・モリコーネ(ニューシネマ・パラダイス等の音楽の人)のコンサートがあり、夜の11時過ぎればただで入れるぞ とのことで忍び込もうとしたけれど、夕食に入ったレストランで出てきた殺人的な量のパスタとイワシ・フライを食べたら動けなくなり、もういいか~ って気になって結局ギリシャ劇場は観れませんでした。

c0005092_2130725.jpgところでこのタオルミーナってのは、リュック・ベッソン監督の「グラン・ブルー」や「ニューシネマ・パラダイス」の舞台だったはず。
どちらも好きな映画で何十回と観ているはずなのに、、、その舞台がどこだかわからない。。。

今回の旅行は行き先をまるで決めないまま出発し、全てが行き当たりばったりだったので、何も下調べしてない上に、出掛けに思い出して鞄に入れてきたガイドブックも、読まぬまま車の中に忘れてきて調べることもできず。。。
う~む、せっかくこんな遠くまできたのに、それがちょいと残念だったかも。
[PR]
by maccarello | 2007-06-28 20:25 | イタリアーナへの道
イタリア足の裏
イタリアで未踏の地だった、くるぶしより先の地へ行ってきました。
くるぶし辺りと足の裏、つま先、その先のシチリア初上陸。:)

そんなところまで簡単に行かれていいなぁ~ と思われそうですが、家からつま先まで車で7時間以上。たぶん日本からハワイに行く方が簡単だったと思います。
全行程ほんの数日で、各地ホントに撫でただけ って感じだったけど、少しは北部~中部とは違うイタリアが観れたかな と。
写真が大量でまだ整理してないですが、ぼちぼちと、紹介してみようかと思います。

とりあえずはつま先、レッジョ・カラーブリアのトロペアのビーチ。

c0005092_15592977.jpg

[PR]
by maccarello | 2007-06-27 15:18 | イタリアーナへの道
蚊取りグッズ
c0005092_20342022.jpgやっとアレルギーの季節が過ぎた と思ったとたんに風邪をひき、目のかゆみが喉の痛みに変っただけじゃん という日々を過ごしてましたが、その風邪もようやく治り、家の窓を思いっきり開けられるようになりました。

そしたら、、、新たなる問題が。
それは、「蚊」。

寝ている間に蚊に刺されまくり、いたるところが痒くて夜中に何度も目を覚ます日々。。。手や足だけでなく、顔まで何ヶ所も刺されてます。TT
かと言って窓を閉めっ切りにしてると暑くてたまらないし、さすがに寝る時は閉めるけど、それまでに進入してきている蚊にさされまくり、朝起きると体中かきむしった後が・・・。

イタリアは蚊が多い とは聞いていたけど、以前住んでたリボルノはここまでひどくなかったけどなぁ~。やっぱり田舎だからかなぁ~。。。TT
やっと鼻づまりが治って、夜中も連続して眠れるようになったと思ったのに、今度は蚊のせいでまともに眠れないんじゃやってらんない と、蚊退治グッズを色々購入してみました。

まずは、虫除け効果があるという黄色いキャンドル。外に椅子だしてるパブなんかでもよく置いてあるけど、これって効果あるんか?と思っていたら、やっぱり効果なし。
開けた窓のとこに置いてても、その上をすぅ~ っと蚊が入ってきます。
次は蚊取り線香。イタリアの蚊取り線香は黄土色してたと思ってたけど、最近は日本のように緑色のもあるようです。よくみると、こちらは蚊だけでなく蝿にも効く と書いてあるので迷わずこちらを購入。しかし、部屋にニオイが染み付く上、この煙で喉が痛くなって私の方がやられる始末。
最後はベープのようなコンセントに刺して使うもの。こちらはさすがに効果ありました。
使った初日は朝までぐっすり。やっぱり文明の利器よねぇ~ と思っていたら、差し込むカードの有効時間が短いのか、ちょっと早めにつけておくと夜中のうちに効果が切れるらしく、明け方耳元をかすめるぶぅ~ん という音で目を覚ますように。。。
むごぉ~!! 寝かせろぉ~!!!
と蚊に叫ぶも虚しく。。
つかこれって殺虫効果があるんじゃないの?蚊を寄せ付けないだけで、効果がある間、蚊は他の部屋に非難してるのか?

あぁ、日本の網戸が恋しい・・・。
と思ったら、こちらにも網戸みたいなものは存在するらしいです。(友人談)
ということで、週末は網戸を探しに行って来ようと思います。
っていうか、蚊にはこれが効くよ という秘策(?)をご存知の方はぜひ教えてください、お願いします。(結構深刻)
[PR]
by maccarello | 2007-06-21 20:25 | イタリアーナへの道
レンタル・スクーター
c0005092_1830439.jpgこの前ローマでこんな車を見かけました。
なにこれ、かわいい。つか、欲しい。

初めは何かの宣伝カーなのかと思いましたが、よく見ると車体には「Rent Scooter」と書いてあります。これってもしかして、バイク?と思って中を覗くと、ものすごーくシンプル。
バイクに張りぼてつけた感じです。
これ、レンタルされてるってことでしょうか?

この車体に大きく書かれているBICI BACIという文字。(とイタズラ書きのような"&")
BICIはBicicletta(自転車や2輪車)、BACIはキスって意味です。
これ、どっかで見覚えあるなぁ~ と思ってたら、街の至るところにミケランジェロの「アダムの創造」をパロったような看板があって、気になっていたものでした。
数ヶ月前に来た時はなかった気がするけど、気が付かなかっただけなのかなぁ。

ローマは街がそれなりに広くて、歩いて周れなくもないけど徒歩だけだとかなり疲れます。バスや地下鉄もあるけど、行きたいところにピンポイントで行ってくれるわけでもないし。という時に、自転車やバイクは便利だろうな~と思います。でもローマって7つの丘からなる街と言われるだけあって、自転車はちょっと大変かも。
今度ローマに来ることがあったら、絶対この車(つか3輪車?)借りたい!と思ったけど、ホームページを見てもレンタル車の中にこんな車ありませんね。。やっぱりこれってただの宣伝カーなのかしら。
使わなくなったら売ってくれないかなぁ~。。。
[PR]
by maccarello | 2007-06-19 19:42 | イタリアーナへの道
アジのたたき
c0005092_0251158.jpg日曜日、用があって知人に電話したら、ボートで魚釣りしてるとこでした。
アジとサバが一匹ずつ釣れた というので、そりゃぁもうアジのたたきしかないでしょう~ とそそのかし、まんまとおこぼれに預かる。うしし。
その時一緒に居たイタリア人に、今朝釣れた魚を生(Pesce crudo)で食べるけど来る?と聞いたら、「ぉうぇ~。。。」と言われてしまった。
君らにとっちゃぁ魚を生で食べるのは奇怪かも知れないけど、そんな言い方しなくても。。。T_T
ちなみにアジの顎が割れてるのは、短期なイタリア人が抜けなくなった針を無理やり引き抜いたからだそうで、奇形ではありません。

しかし、アジのたたき と言ってもイタリアの魚屋に持っていったところで3枚おろしになどしてくれるはずもなく(下手したらぶつ切りにしてオリーブオイルかけられかねない・・)、私は元々魚が特に好きだったわけでもないので、実はこの歳になるまで魚をさばいた事がたったの一度もないのです。

目の前には、つぶらな瞳で横たわる生魚。。
うぅ~む、どうしよう・・・。

料理しちゃう手もあったけど、せっかく釣りたての新鮮な魚なのに、火を通すのはもったいないし、アジのたたき食べたいし。。。

ということで、人生初のアジ3枚おろしに挑戦してみました。(自慢にならん)
たまたま先日仕入れた日本の料理本にアジのさばき方が載っていたので、本を凝視しながらなんとか初3枚おろし成功。中骨を抜く骨抜きなんてーもんは当然ないのでペンチで代用。^^;

c0005092_0252614.jpgで、イタリア産アジのたたき。
形が悪いのはご愛嬌。初め皮剥く時に向きを間違えて、一枚形が崩れてしまったのでした。しかし、見た目はイマイチですが味は最高でした。
日本に居たら絶対自分で魚さばこうなんて思わないだろうし、なんだってまた外国に来てまでこんなことやってんだろ と思いながらも、食欲という原動力のすごさに我ながら驚く今日この頃。
こういう点だけはイタリア人になりつつあるかも・・?
[PR]
by maccarello | 2007-06-12 00:38 | 祖国への道
リモンチェッロの作り方 続き
c0005092_0373010.jpg
1週間後はこんな感じになってました。
(ここまでの過程はこちら
最初、たまに冷蔵庫の奥で発見される、既に原型を思い出せないものに似ていて、大丈夫か?と思ったんですが、こんなもんらしいです。


c0005092_0374365.jpg
水を用意します。
水の量はアルコールと同量。
アルコールが入っていた瓶を使って計ると便利らしい。
この水を鍋に入れておきます。

c0005092_037581.jpg
砂糖(グラニュー糖)を用意します。
メモリの位置から想像つくかと思いますが、かなりの量です。
これが全部お腹の中に入るかと思うとちょっと恐いです。

c0005092_0381622.jpg
先ほどの水に砂糖を全部加えます。
加えたばかりだとこんな状態。

c0005092_0382953.jpg
これを極弱火にかけ、砂糖が焦げないよう常にゆっくりかき回しながら砂糖を溶かします。

c0005092_0384784.jpg
最終的にはこんな感じ。
水の濁りがなくなって、綺麗な透明になります。
鍋の底に砂糖が残らないよう、全部溶かしきったら火を止めて少し冷まします。

c0005092_039015.jpg
1週間置いたレモン漬けアルコールを濾します。

c0005092_0391661.jpg
その上から先ほど溶かした砂糖水を全部加えます。

c0005092_0393186.jpg
はい、できあがり。

c0005092_0395640.jpg
瓶に詰めて保存しましょう。
アルコール度数47.5%なので、冷凍庫に入れても凍りません。
出来上がったばかりが一番甘くて口当たりも軽く、保存期間が長くなるほど苦味が増すそうです。


c0005092_046774.jpg
最後にマエストロからリモンチェッロ・スクールの卒業証書もらいました。:)
[PR]
by maccarello | 2007-06-09 00:52 | イタリアーナへの道
リモンチェッロの作り方 前半
リモンチェッロ・スクールに行ってきました。
なーんて、お友達のお家で教わっただけなんですが、せっかくなので、ご紹介。
材料の分量はこちらから。


c0005092_0392270.jpg
レモンを用意します。
できればソレントやシチリアのものがいいらしい。
写真じゃ比較対象がなくてわかりにくいですが、日本で売られてるレモンの1.75倍くらいは大きいです。

c0005092_0393960.jpg
このレモンの皮をピーラーで薄くむきます。
マエストロ(先生)曰く、白いところが入っては絶対ダメ だそうです。白い部分が入ると出来上がりが苦くなるそう。

c0005092_0395467.jpg
使うアルコールはこちら。
写真じゃ汚くて見えないですが、度数95%です。
左端には火気注意の絵が描かれています。

c0005092_0401748.jpg
これを先ほどのレモンの皮に入れます。
1本750ml全部使います。

c0005092_0403327.jpg
これにラップをかけて5日~1週間ほどおきます。
つけておく日にちが少ないほうが、出来上がりが軽いようです。
軽いと言ってもアルコール度数は同じなので、口当たりが軽いということでしょう。

c0005092_0404620.jpg
皮を剥かれたレモンは、絞って肉料理にかけたり、ジェラード作ったりと有効利用するそうです。




続く。
[PR]
by maccarello | 2007-06-07 01:13 | イタリアーナへの道
共和国建国記念日
c0005092_0204979.jpg6月2日のイタリアは、共和国建国記念日(Festa della Repubblica)でした。
ちょうどローマに居たのですが、コロッセオ~ベネチア広場の道でパレードが行われてました。
パレード中はすごい人であんまり近づけず、遠くから眺めてるだけでちょっと残念でしたが、パレード終了後にこの道を通ったら馬糞がたくさん落ちてて臭かったので、遠くから見てて正解だったようです。


c0005092_021627.jpgパレードが終了した後この道はすごい人ごみだったのですが、テレビカメラに囲まれた一群がこちらへ向かってくるので誰かと思い覗いてみたら、なんとプローディ(現イタリア首相)でした。彼の政策云々ってのは全然わかりませんが、とりあえず有名人見ちゃったよ~ ってことでミーハーに浮かれてたら、その後更に多くのテレビカメラに囲まれた一群に遭遇。
今度は誰かと思ったら、ベルルスコーニ(前イタリア首相)でした。
おおっ と思って見ているうちにこの一群に巻き込まれ、いつの間にかものすごく近くまで押し流されてしまい、とりあえずシャッター押してみたら思いっきり写ってました。あは。

小泉さんも阿部さんも生で見たこと無かったけど、こんなところでイタリアの新旧首相を一度に見れてしまうなんて、私ってばやっぱりイタリアに縁がある?などと勝手に勘違いしつつ、単純に有名人見た嬉しさで後日友達にこの話をすると、皆一様に顔をしかめて「そりゃー見ないほうがよかったよ」とのこと。どちらもあまり人気ないんですかねぇ、国民に。
でも冷静に考えたら、一国の首相を半ばアイドルみたいに扱うのって日本くらいかもしれませんね。別にビジュアル的に見て嬉しい感じでもないですし。^^;
[PR]
by maccarello | 2007-06-05 00:45 | イタリアーナへの道
イタリアとスペイン その2
前にも何度か書いたけど、イタリアとスペイン、いくらなんでもイタリアのほうがまともに機能してるんだろう と思っていました、イタリアに住んでみる前までは。
その後友達から聞いた話なんかもあり、だんだんスペインという国に対する印象が変わってきてましたが、朝日新聞のページでこんなニュースを見つけました。

労働ビザ発給を大幅短縮 スペイン外相が麻生外相に表明

中身を見ると(以下引用)

スペインでの労働ビザは発給に約3カ月、家族の滞在許可もさらに半年ほどかかり、日本政府が改善を求めていた。スペインは近年の経済発展で国内総生産(GDP)世界8位、日本企業も155社進出しており・・(以下略)


労働ビザ発給に約3カ月。
すごいじゃないですか、スペイン。
既にめちゃ早ですよ、イタリアに比べたら。

イタリアで労働ビザ、早くて半年、遅いと1年以上 です。
どうせ改善求めるなら、イタリアにも求めていただけないでしょうかねぇ、日本政府。
でも経済発展してない国には企業も進出しないから、関係ないのかしら。。TT
[PR]
by maccarello | 2007-06-02 03:35 | イタリアーナへの道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧