いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
<   2006年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧
Novaレッスン5回目-最終日
ということで本日もまたNovaと歯医者の日。
Novaのサマー・キャンペーン・レッスンは5回目の本日にて終了でした。
Novaのレッスンは最後だけど、歯医者通いはまだまだ続きます。診察券の裏の予約日を書く欄は早くも埋まりそうな勢いです。これ全部埋まったら、治療代1回タダ ってキャンペーンでもやっててくれないかなぁ。。。TT

今日はまたしても生徒ひとりのマンツーマン・レッスン。らっきぃ~。
本日のお題はCondizionale(条件法って文法)でした。本当は苦手は接続法をやりたい気もしたけど、接続法は今度受けるイタ検3級の範囲外のようなのでまぁいいか。 条件法は今まで使ってはみていたものの、これってホントにあってるの? と全然自信がなく、ボソボソっと早口でごまかして使っていたところだったので^^;、ちゃんと覚えるいい機会になりました。

レッスン後はやはり、今後のレッスンの勧誘。
このレッスンを受ける前に聞いていたウワサなどからNovaに対する評価は(勝手に)低かった私ですが、実際やってみたら結構楽しいし言うほど悪くないのでは? と思うようになりました。ただ、今のところ一度習った文法を復習 という授業のみなので、知識ゼロの状態から始めたらどうか というのはなんとも言えませんが。(知識ゼロでも日本語一切禁止の授業らしいので)
しかし、カクカクシカジカで長期でやるつもりはないんですのよ~ とお断りしたところ、今なら入会金の5万円免除で20回49,800円ってキャンペーンもやってますよ と。これだと1レッスン当たり2,490円で結構お得そう。ぐらつくワタシ。うーん、営業上手。
っていうかさ。だったらサマー・キャンペーン申し込み前にこれ教えてくれたら、初めからこっちやることも考えたのに。。。 ってところが営業上手なんだけど。。。

しかしこの日、Novaサマー・キャンペーン料金全額分以上の金額を歯医者様に納めてきた身としては(保健外治療だもんで、、)、お得と言っても簡単に出せる金額ではございません。
っていうか、Novaよりも歯医者がキャンペーンやってくれることを切に望みます。。。
[PR]
by maccarello | 2006-08-28 23:55 | イタ語ぺらぺらへの道 | Trackback | Comments(0)
母国語に対する誇り
イタリアでの授業中の話。
その時のクラスメイトはフランス人、イギリス人、日本人(私)とイタリア人(先生)。
何かの話の流れで、イタリア語でフォーク、ナイフ、スプーンはほにゃらら。他の国は?って話になり、「フランスではほにゃららら。日本はなんて言うの?」 と聞かれ、「フォーク、ナイフ、スプーン。英語と一緒」と答えた。
すると突然フランス人の子が語気を荒げて、「なぜ日本語を使わないの?そんな言葉をわざわざ英語で言うなんて変よ!あなた達には母国語に対する誇りはないの?!」と。。
普段決して感情が荒いわけでもないフランスギャルに突然責められ怯む私。
するとイタリア人(先生)までもが、「そうよおかしいわ!」と。。
「い、いや、これらは元々日本にはなかったものだから、日本語もないの・・」と内心かなりドキドキしながら答えたら、「あ・・そうなのね、ごめんなさい。知らなかったわ。。」と申し訳なさそうに謝るフランスギャル。(つかこの理由ってあってるのか?)

その後先生が「最近イタリアも若い子がやたら英語を使いたがるけど変。」と言うと「フランスもそういう若い人がいるけどもっと母国語に誇りを持つべきだわ」と。。 ってフランスギャルだってまだ20才そこそこの若い子だったんだけど。
フランスは知らないけど、私の知る限り、イタリアで普通の会話に英単語が出てくることって日本に比べたらものすごーく少ない。
フランスでは英語で話しかけると相手が理解してても答えてもらえない。なぜなら彼らはフランス語に対するプライドが高いから、英語なんかで話しかけられると腹が立つらしい なーんて話をよく聞いたけど、これって結構本当なのかも? と思った。

この場はうまく逃れたけど、日本で英語第2公用語論 なんてのがあったり、TVでもふつーの会話中に「それって日本語で言っちゃなんか問題あるの?」ってな単語まで英単語に置き換えられて使われてるのがばれたら、いったい何時間説教されることやら。。。
でもこの一件は、なんだかとてもカルチャーショックを受けて印象に残ってる出来事です。


イタリアではイタリアに住んでる以上イタ語が話せて当然 という目で見られた。英語で通す日本人のことを、彼らはイタ語を勉強するべきだ と私に言ってきたイタ人もいた。個人的には仕事で仕方なく数年住んでるだけの人に、そこまで要求するのもどうかなぁ~ と思ってしまうのだけど、彼らにはそうは思えないのかなぁ。それってやっぱり誇りの問題もあるんだろか。
日本に住んで何年にもなるのにちっとも日本語を覚えようとしない外人って結構いるし、そういう人相手に得意でもない英語でコミュニケーションをとろうと頑張る日本人ってなんて親切なんだ と思ってたけど、こーいう態度も「母国語に対する誇りがない」と見えるのだろうか?

しかしこう改めて日本語に対する誇りがないのか? と問われると、正直私は考えたこともなかったかも。国に対してではなく、言葉に対する誇りって、、、 逆に彼らがなぜそんなに母国語にたいして誇りを持てるのかが知りたいかも。
[PR]
by maccarello | 2006-08-27 23:55 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(19)
Novaレッスン4回目
なんかすごい勢いでNovaに通ってるようですが、それはすごい勢いで歯医者に通ってるからなんですね。歯医者とNovaは徒歩3分なので、歯医者とNovaの予約はワンセットで入れてあるのです。

本日は初めて男の先生でした。
この髪型(っていうかたぶんスキンヘッドかハ○)はおそらく初回のレベルチェックの時の人だろうと思うのですが、出だしから思いっきりテンションが高くてびびりました。
そういえばレベルチェックの時もいかにもイタリア人っぽいノリのよさで楽しかったんだけど、この日は歯医者で歯を3本削られた後で弱ってたこともあり、このテンションにちょっとついていかれませんでした。ごめんよ、先生。

ということで、本日の授業はイマイチ身が入りませんでした。
先生のテンションのせいではなく歯のせいなんですけどね。。。とほほ。
[PR]
by maccarello | 2006-08-25 23:58 | イタ語ぺらぺらへの道 | Trackback | Comments(0)
単語本
久しぶりに単語本を買ってみました。
今まで使っていた『使える・話せる・イタリア語単語』ってのは収録語数2000語だったんですが、そろそろもうちょっとたくさん入ってるやつも欲しいかも・・・と思っているところに6500語入ってるこの『プログレッシブ単語帳 日本語から引く知っておきたいイタリア語』を見つけたので買ってみました。
じゃぁ前の本に載ってる2000語全部覚えたんかい と言われると、そういうわけでもないんだけど、、、ま、まぁ気分転換ってことで。。^^;

実際6000語もいらなくて、4000語くらいのでちょうどいいかも と思ったけどそういうのは見つからず。でも前の単語本に比べて3倍以上の単語が収録されてるのに、本全体の大きさ・厚さは大して変わらないし、今回のもカテゴリー別にまとまっていて使いやすそうです。

せっかく買ったのでさっそく使ってみたい ということで、本日話題の惑星を調べてみました。

  水星・・・Mercurio
  金星・・・Venere
  地球・・・Terra
  火星・・・Marte
  木星・・・Giove
  土星・・・Saturno
  天王星・・・Urano
  海王星・・・Nettuno
  冥王星・・・Plutone

ちなみに地球と金星のみ女性名詞。 紛らわしいなぁ。。。
[PR]
by maccarello | 2006-08-24 23:56 | イタ語ぺらぺらへの道 | Trackback | Comments(4)
Novaレッスン3回目
Novaのサマートライアル(あれ?毎回名前変わってる?)の3回目。

今日はこの文法 というのはなかったけど、1組の~ と およそ~くらい って言い方。

  un paio di ... 1組の~
  una decina ... およそ10
  una quindicina ... およそ15
      :
  un centinaio ... およそ100
  un migliaio ... およそ1000


おお、なんか昔習った気がするぞ。
でもいつも、circa(およそ)とかpiu` o meno(だいたい)とか使っててこーいうのは実地で一度も使った覚えがない。^ ^;

というわけで、これらを使った練習。
このお店には何がどれくらいある? 「えーと、服が30着・・ じゃなくて30着くらいの・・」と、手元に書いたばかりなのに実際使い慣れない言い方って口から出てこない。。TT

ところで今回までのレッスン3回とも先生は女性だけど毎回違う人。Novaの先生って女性が多いのかしらん?
その先生から最後の質問。「私はいくつに見える?」 その後「答に気をつけてね」 と。。
うひゃー。 実際40前後?と思ったけど外人ってふけて見えるし・・・ ということで「およそ30歳」と答えておきました。私っておとな~ :D
[PR]
by maccarello | 2006-08-23 23:36 | イタ語ぺらぺらへの道 | Trackback | Comments(0)
英語の必要性
というわけで英会話スクールを探してますが、そんな中の一件、路上キャッチをきっかけに説明を受けに行った某スクールの話。

勧誘の人は日本語ペラペラ、アメリカ育ちのインド人。。
ここは会話だけでなく文法にも力を入れていて、メソッド的には結構気に入った。けど、短期集中という料金形態がなくチケット制で、最低でも期限1年間で100時間約35万円 というもの。
もう、この時点でここはナシだろ とほとんど思っていたけど、勧誘インド人は、毎日通えば1ヶ月で100時間を消化するのは可能だ と言い出した。 って、そりゃちと無理矢理じゃねーか?学校の決まりで1日4時間までしか受けられないっていうし、だいたいそんなに予約を入れられるか という問題もあるし。そもそもそんな詰め込みでほんとに身につくんか?
ただ内容的には結構気に入っていたし、途中解約すれば残金払い戻し可能 というのを聞いて、気持ち的にぐらつくワタシ。。
そんな時、う~ん、、、 と考える私に向かって勧誘インド人が力強く言った言葉。

「これからは国際化の時代、英語は絶対必要です。英語が喋れれば世界中どこに行っても困ることはないですよ。英語は世界の共通語だから、英語が話せれば世界中どんな国の人ともコミュニケーションがとれます。」

このセリフを聞いた瞬間、この学校に対する関心が一気に冷め、やーめたっ と思いましたね。たぶん彼としては、決めかねてる私の背中を一押しするとどめのセリフのつもりだったんでしょうけど。

だってこれって、思いっきり 『嘘』 じゃない?

「英語は絶対必要」って、そんなの人それぞれじゃない?日本という国で暮らしていて、英語が喋れないと生活できない人ってどれくらい居る?だいたい国際化って何?英語が話せても伝える中身がなけりゃ意味ないし、逆に中身があれば伝える手段は英語に限らないんじゃない?
「英語が喋れれば世界中どこに行っても困ることはない」っつのはもう絶対ウソだろ。日本語の通じる日本で暮らしていても、困ることってたくさんあるんだけど。。
「英語は世界の共通語」っつのも誰が決めたの?ビジネスユースにしたって、最近じゃ中国語やスペイン語の方が役に立つ仕事も多いと思うけど。
「英語が話せれば世界中どんな国の人ともコミュニケーションがとれる」って、おめー世界中の国で試したんかい?と聞きたい。
今までの経験からも、英語がまるで通じないとこなんてそれなりにあるし、それでもコミュニケーションが取れないということはない。そもそもこれって語学力の問題ではなくコミュニケーション力の問題じゃないか?共通言語があってもコミュニケーションとれない人っているし。

こーいう英語至上主義的なこと言うヤツは、中国の片田舎に行って英語も通じず筆談もできず、壁のないトイレの使い方を聞くこともできず困り果てて漏らしてしまえ と呪いをかけたくなります。

英語の必要性が叫ばれて久しいけど、外国語なんてしょせんはツールであって、必要な人が必要な分だけやればいい ってもんじゃない? と私は思っている。
それを、英語が出来なきゃ社会人として失格 みたいな前提で話を持ってくるってのはいかがなものかと。おめーのその視野の狭さが社会人として失格だよ と思うのは私だけでしょうか?
そりゃできないより出来たほうが得な場面はあるだろうけど、それってエクセル使える、楽器が弾ける、泳げる ってのと同レベルで、それによって仕事や趣味の幅が広がるかもしれないけど、できなくても別に人生終わらないし って程度のものだと思うんだけど。

まぁ、相手も仕事だから ってのはわかるけど、若い人なんかはこんな薄っぺらい営業文句で「やっぱ英語やらなきゃ」って思って入っちゃう人もいるんだろうなぁ~。。

と、怒りに任せて書きなぐったらすごく長くなってしまったけど、単なる愚痴です。失礼しました。。。
[PR]
by maccarello | 2006-08-22 11:53 | 世界制覇への道 | Trackback | Comments(7)
英会話スクール
c0005092_14532311.jpgちょいと訳あって、自由な時間がかなりある生活をしております。
普通いい歳した大人になってこんな境遇になることはあまりないので、ここはひとつ8月中旬出発で1ヶ月くらい英語留学でもしてみるか と思い立ってマルタを調べていたのですが、時間があることが決定したのが7月末で、当然飛行機のチケットが取れるはずもなく、、、

しかもその頃歯医者に行ったら、週2~3回ペースで数ヶ月通わなければならないことが判明。。TT という情けない理由も重なって、マルタ行きはあっけなく断念しました。
ちなみに写真左のビルが歯医者(のあるビル)。正面は母校。

しかし歯医者に通うだけの毎日も悲しいので、留学できないならいっそスクールに通うか と思い立ち、最近英会話スクール探しがてら、無料体験レッスンってのをよく受けています。
なんでイタ語じゃなくて英語なんだ というと、イタ語を始めてから恐ろしい勢いで英語力が落ちていて、元々低かったので下がり始めたらあっという間に底に着いてしまい、ちょっとなんとかしたいな~ と思った次第。
また、イタ語喋った後の英語、英語喋った後のイタ語 ってのが全く出てこなくて、この2つの切り替えをうまくできるようになりたい というのもあり、同時進行でやってみるのはどーだろう と。
でもこれ、失敗したらどっちも下降しそうでちょっと恐い。^^;

しかし、今まで探したこともなかったので知らなかったけど、英会話スクールって星の数ほどありますねぇ~。。 すごいわ、これ。
こちらの条件は、期間は1ヶ月。苦手な文法と発音を中心に、スムーズでなくてもいいから正しい文法で喋れるようになりたい ということ。 なので、ネイティブ英語をたくさん聞いて自然に身につける とか、間違ってもいいからとにかく喋る というメソッドのところはパス。
というのも、何件か見学しレベルチェックテストをやって出た結果はどこもだいたい一緒。
『ヒアリングとコミュニケーション力はOK。ただし文法とボキャブラリーに問題有り。』
はい、その通りです。自分でもわかってます。。。T_T

実はこの前Novaでやったイタ語のレベルチェックの結果も似たような感じだったのでした。
9段階レベルのうち、項目によって4~6と差が大きく、挙句にゃ、コミュニケーションはとれてるんだけど、知ってる文法と語彙の範囲でなんとか話しちゃうから、何をわかってないのかよくわからなかった・・・ とのこと。。

今までコミュニケーションが取れてりゃいーじゃん と思ってたけど、ちょっと難しい話・びみょーなニュアンスの話になると、思いを上手く伝えられないもどかしさを感じていたのも確か。やはり勢いだけでは限界があるなぁ~ と。。
とりあえずイタ語も英語ももう一度基本をしっかり身に着けよう というのが当面の目標。
どっかいい学校ご存知の方、情報ください。^ ^;
[PR]
by maccarello | 2006-08-20 17:04 | 世界制覇への道 | Trackback(1) | Comments(2)
イタリア語検定
c0005092_251645.jpgさんざん悩んだ挙句、やっぱり受けることにしました。
実用イタリア語検定3級。

って、アンタ、留学までしといて3級かぃっ! って感じだけど、実は3級持ってません。。。
ちなみにイタ検3級は英検2級レベルだそうです。

留学数ヶ月前に1度受けた時はヒアリング・筆記 共に合格最低点まであと2、3点 だったんだけど、正解したのも半分以上は野生の勘だったし、そもそも作文半分くらいしか書けなかったので、落ちて当然だったんだけど。
今回は、あの時よりも少しはレベルアップしていることを祈って再チャレンジ。 でも、今回落ちたらかなり情けないなぁ~。。 と思って「イタリア語検定3級突破」という本を買ってみました。
過去問はとりあえず今度買えばいいや と思ってやめたら、日伊学院で申し込みした時にタダでくれました。5年くらい前のだけどラッキー。

実はダメ元で2級も併願してみようかと思って本屋で過去問を見てみたけれど、知らない文法たくさんあって即玉砕。。 遠過去とか大過去とか習ったことないし。。
いつかは2級くらいまではとってみたいな~ と思ってるけど、先は長そうだなぁ~。。。
[PR]
by maccarello | 2006-08-18 23:52 | イタ語ぺらぺらへの道 | Trackback(2) | Comments(8)
Novaレッスン2回目
ノバのサマーレッスン2回目。
昨日のコメントに書いたのが効いたのか(?)、今日は私を含め生徒2人でのレッスン。
考えたら当たり前なんだけど、生徒さん同士でも会話できるんですね、お茶の間レッスン(TV電話でのレッスン)って。。^^;。 先生が登場する前、ここで会話をするべきなのか?など勝手がわからずちょっと戸惑ったけど、レッスンの最初にはお互い自己紹介をする時間もあって、なかなか新鮮な感覚で楽しめました。

前回はマンツーマンだったので先生に「何を勉強したい?」と聞かれ、自分の希望を言ってそのレッスンをやったけど、今日は「~をやりましょう」と先生が提示した内容のレッスン。
そしてそれがまた私の苦手なとこだったので(つか得意なとこなんてあんのか?)、ラッキー と思いつつも結果はボロボロ。。TT

一番戸惑ったのが、先生も生徒同士もLeiを使った敬語でレッスンを進めること。
主語がLei (彼女)なので私じゃないな と思って問いかけを無視してしまったり、普段敬語でなんか喋りなれてないのでとっさに活用がでてこなかったり。。
でも普段使ってなかっただけに、いい練習の機会になったかも。

ということで、新しい環境っつのは、なかなかいろんなことが学べて楽しいざます。^^
[PR]
by maccarello | 2006-08-17 23:58 | イタ語ぺらぺらへの道 | Trackback | Comments(2)
物価
日本人には、イタリアの物価ってどうなの?と、イタリア人には、日本の物価ってどうなの?とよく聞かれます。 ユーロに変わる前までは、イタリアのが全然安い!と言えたのですが、最近は一概にそうでもないようで、、

ユーロになってから、給料は変わらないけど物価は倍になった とイタリア人はよく言っておりました。確かにリラの頃に行った時よりも、全体的に高いな~ とは思いました。
外食したら2~3,000円くらいは軽くかかるし、生活用品も日本より質が悪い割には値段は日本と同じくらいします。洋服類は、安かろう悪かろう で、ユニクロなどのような、安いけど品質もそこそこ っていうのがあまりないような。2,000円ちょいで買ったサンダルは、3日履いたら靴底が取れてしまい、それを直すのに2,000円かかり、そして1週間後にまた靴底とれる みたいな。。

なんと言ってもここ数年はユーロが高いので、感覚的には1ユーロ100円なんですが、実際は150円近くするわけです。1.5倍はかなりキツイです。
よく現地に行ったら日本円に換算して考えるのは間違ってる とか言われますが、日本の口座から円をユーロに変えて引き落として使っている身としては、嫌でも円換算して考えてしまいます。

ただ、イタリアの方が絶対安い と思うのは生鮮食品。野菜や果物類はモノにもよるけど日本の半分以下なんじゃないかなぁ~という感じ。そしてそれより安いと思うのはワイン!これはもう、日本の1/10くらいなんじゃないかと思うほど。

c0005092_285992.jpgちなみに私はあちらで5リットルのワインを買ったりしてましたが、これでお値段5ユーロ以下です。円換算しても750円以下。そしてお味もデイリーユースには全然OKレベルです。
1日1リットルとしても、単純計算で1ヵ月5,000円以下! 日本でいくら第2のビール(?)が安いとはいえ、1日500mlを2本飲んだら月約1万円です。 アルコール度数は約3倍で値段は半分!!これはもう、酒飲みにはたまりません!!!

ということで、
結論 : 酒飲みにはイタリアの方がエンゲル係数低く押さえられる。

ではないかと。

#物価=エンゲル係数=酒代 って生活がそもそも間違い という突っ込みはNG。。。
[PR]
by maccarello | 2006-08-16 02:25 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(3)

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
↑ こちらに非公開コメン..
by maccarello at 13:57
マジか! なんか、のり..
by ぴろり at 10:50
ぴろりくん: イマサラ..
by maccarello at 09:26
あー、なんかひまわりの種..
by ぴろり at 23:37
永ともさま: こんにち..
by さばぇ at 03:19
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧