いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
<   2006年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧
追っかけですか?
c0005092_23384925.jpgと聞かれたら、そうです と答えるべきなのかもしれないここ数年。(意味不明)
初台DOORSでライブ観てきました。

CDジャケットに、本日のメンバー全員のサインをいただきましたが、一部らくがき帳のようになってしまいました。。
[PR]
by maccarello | 2006-07-30 23:45 | 寄り道
仕事中の私用電話
プロディ伊首相、G8サミット集合写真に写りそこねる

ぷぷっ。

「ちょうど電話に出てました」 という理由でG8サミットの集合写真に写りそこねたらしい。


c0005092_22314932.jpg以前、サレルノ-ソレント間を結ぶアマルフィー海岸(ちなみに世界遺産、この絶景はホントお勧め)を通るバスに乗っていた時のこと、その海岸線の道は断崖絶壁沿いにあり、バスの窓から下を覗き込むとそこはすぐ海。道も狭くてバスがすれ違うのもこんな感じ。(←わかりづらいけど両側バス)。
万が一ここで事故ったら、命はないだろうなぁ~ とぼんやり思いながらバスに乗ってると、バスの運ちゃんケータイで電話を始めました。もちろん運転しながら。 しかも電話口から聞こえてくるのは興奮気味の女性の声。どー聞いてもこれって私用電話です。ってか痴話喧嘩? 今仕事中なんだよ・・ とかいいつつ、20分以上は優に話してました。

数ヶ月イタリアに住んだ後日本に帰る時、ローマの空港からお世話になった友達にまとめて携帯にメール(SMS)を送りました。時間はまだお昼前でみんな仕事中のはず・・・なのに。 返事のメールや電話がすかさず帰ってきました、ほとんど全ての人から。。。
就業時間中の私用メール/電話が禁止 なんて日本じゃもはや常識だけど、イタリア人にこーいう感覚はまるでないんだろうなぁ~。。。

という個人的な経験から察するに、プロディ首相が写真に写りそこねた時の電話は私用電話だった方に1000ルピー。:)
[PR]
by maccarello | 2006-07-28 23:36 | イタリアーナへの道
NIVEA
c0005092_0283296.jpgイタリアの海で不思議に思っていたことのひとつに、ニベアを塗ってる人が多い ということ。
日焼けして、シャワーを浴びた後に保湿の為に ってならなんとなくわかる気もするけど、海辺でニベア塗って日焼けしてます、イタリア人。それも別に日焼け用乳液ってヤツでもなく、ハンドクリームなどに使うふつーのニベア。

イタリアに長くいる日本人の友達に、「イタリア人ってニベア好き?」と聞いてみたら「ニベア信者多いよね」と言われました。
聞くとどうやら、日本人が お腹痛い→正露丸飲んどけ となるように(これって私だけ?)、肌に何か塗るならニベアでしょ という感じらしい。蚊に刺された時もニベア塗る人居るそうな。ってかそれって効くの?

確かに薬局やスーパーに行くと、日本では見たことないニベア製品が一杯並んでました。シャンプーやリンスもあったし。
そもそもニベアってどこの国のもの? と思ってホームページを調べてみたけどどこの国のものかわからず。でもこのページ、何ヶ国に対応してるの?ってくらいものすごい数の国向けにページがあって、それぞれ中身が違って面白い。国によって美白クリームらしきものがあったり(中国)、ファンデーションやアイシャドーなどの化粧品があったり(フランス)。
すごいな、ニベア。この徹底したローカライズにちょっと感動しました。
[PR]
by maccarello | 2006-07-27 01:18 | イタリアーナへの道
頭突きの波紋
ジダンとマテラッツィの処分が決まったけど、結局マテラッツィがジダンになんと言ったかは公にならず。各国のマスコミがこぞって分析し、読唇術の専門家まで引っ張り出してきたのには驚いたけど、素人も素人なりに色々想像していたようで、「~じゃない?」なんて話をいくつか聞きました。
そのなかで一番面白かったのが「はげたこ」。
こういう意味の英語でもイタ語でもなく、日本語で。
外人特有の怪しいイントネーションで「はげたこぉ~」とか言われたら、意味わからなくてもムカっとくるかもしれない。絶対違うと思うけど。

ところで、msn.itの公式ブログ内で思いあがったフランス人って題の記事を見つけた。
フランス人がミラノの歩道に書いたと思われる落書きの写真を取り上げ、読者に これってどう思う? みたいな問いかけをしている記事。
落書きの内容は、(たぶん)フランス語なのでよくわからないんだけど、たぶんホントのチャンピオンは俺達(フランス)だ みたいなことなんじゃないかと勝手に想像。

で、この記事に対するコメントを読むと、、
マテラッツィがこう言ったんじゃないか と言われてたようなジダンへの酷い言葉、フランス人に対する罵り、いつだってイタリアが一番だ! ってな自画自賛 が並ぶ。
日本だってこの程度の悪口を書いてるブログやコメントはあると思うけど、これが個人ではなくMSNの公式ブログってところにお国柄が伺えるというか、、、
なんだかこの記事自体が、フランス叩きのコメントを挑発してる感じで、ちょっとなんだかな~。
韓国人や中国人の日本人に対する悪愚痴(その逆も然り)もそうだけど、ひとつの出来事から「だから~人は・・」って国や国民全体への悪口に発展するのがなんだか恐い。
こういう小さなことの積み重ねで憎悪が募り、そこに政治的なよからぬ思惑が絡んでくると戦争に発展していくのかなぁ~ とぼんやり思ってみた。
[PR]
by maccarello | 2006-07-26 01:30 | イタリアーナへの道
マルタ共和国
c0005092_3211449.jpgちょっと訳あって、シチリアのちょい斜め下にあるマルタ共和国に興味を持ってます。

Webなんかで調べると、公用語はマルタ語と英語だけど、イタリアに近いのと大昔ローマ帝国に支配されていたこともあってか、イタリア語が結構通じる と書かれています。

実際マルタに行ってイタリア語使った方いませんか?
いたらどの程度通じるか教えてください~。
[PR]
by maccarello | 2006-07-24 03:20 | 世界制覇への道
水着
c0005092_2348187.jpgこの前 msn.it で見つけたアンケート。

「海での男性の水着で好きなのは?」ってことらしいですが、、

 boxer : いわゆるトランクス
 slip : いわゆるブリーフ
 tanga : Tバック

boxerが圧倒的に多いのがちょっと意外。
日本だと海で競泳用水着みたいの着てる人いたらかなり引くけど(って日本のビーチなんてもう10年以上行って無いからよくわからんけど)、イタリアの海ってトランクス型の水着の男性って少なかったような、、、 でもTバックが8%もいるのも結構引くなぁ。
この投票者の男女比を見てみたい感じ。
[PR]
by maccarello | 2006-07-19 23:42 | イタリアーナへの道
SerieAの処分
c0005092_258412.jpgイタリア・セリエAの八百長疑惑の処分が決まったようです。
ワールドカップで優勝したから恩赦で処分無し って噂もあったようだけど、結局4チーム中3チームはセリエBに降格で、次リーグでも勝ち点を減点されるペナルティが付くようです。
新聞によると、

ユベントス:
 セリエB 降格、次リーグでのペナルティ-30点、
 2004-05年と2005-06年のスクデット(優勝)剥奪

ACミラン:
 セリエA残留、次リーグでのペナルティ-15点、チャンピオンズリーグの出場権無し

フィオレンティーナ:
 セリエB降格、次リーグでのペナルティ-12点

ラッツィオ:
 セリエB降格、次リーグでのペナルティ-7点


ユーベはセリエC降格 とか言われてたので、それよりは甘かったのかな?
[PR]
by maccarello | 2006-07-16 02:20 | イタリアーナへの道
ビーズ
c0005092_334617.jpg以前凝って集めてしまったビーズをそろそろなんとかしないと・・ と思ってちまちま作ってみました。

ちなみに左側にあるのは指輪。
その他はピアス。

でも私こーいうのあんまりつけないのよね。^^;
[PR]
by maccarello | 2006-07-16 02:10 | 寄り道
深夜番組
最近気に入ってるTV番組が、たけしのコマネチ大学数学科って番組。
北野たけしと現役女子東大生2人組みとの数学対決番組なんだけど、たけしすごい。
着眼点ももちろんすばらしいけど、この人大学卒業して30年とか軽く経ってるだろうし、数学使うような職業でもなかったのに、微積や行列の公式とかすらすら出てきて問題解いちゃうところに感動。私なんて微積の計算方法はおろか、分数の割り算すら怪しいかもしれないのに。。TT

昔はこういう深夜にひっそりやってるけど妙に面白い深夜番組 ってのがたくさんあった覚えがあるけど(よく覚えてるのは、「悪いこと」や「サザンの勝手にナイト(確か副題が「あ!う○こついてる」だったような・・)なんかだけど、誰か観てた方います?^^;)、最近はそういうのとんとなくなってしまったなぁ。。。 そんな中で結構ヒットな番組です。
[PR]
by maccarello | 2006-07-14 01:50 | 寄り道
映画
c0005092_2241441.jpgもう結構前だけど、ロスト・イン・トランスレーションを見ました。
イタリアの友達に、この映画を観たけど日本って素敵な国ねぇ、行ってみたい~ なんて言ってる人が何人か居たのでずっと観たかったんだけど、う~ん、、、 ここで描かれる日本って、やっぱりちょっと外人がイメージする日本 って感じは否めず。

おまけにこの主人公2人にも共感できず。言葉も文化もまるで違う国にぽんっと置かれてしまった人の不安感や戸惑いってのはよく出てると思うし、わかるんだけど、だからってああいう展開になるのが・・・ 私にはちょっと理解不能。
以前タイや中国なんかに行ったとき、英語も日本語も通じず初めは焦ったけど、だからこそ海外旅行って楽しいんじゃん って思うんだけどなぁ、わたしは。 この映画の2人は観光旅行で来てる設定ではないから、その辺はちょっと違うのかな。

それはそれとして、この映画、イタリア人の友達から借りたのでイタ語吹き替えで観ました。
観る前は、3割わかったらよしとしよう(弱っ) と思ってたんだけど、思いのほかわかって嬉しかったです。この映画はさほどセリフ多くないし、日本語もちらちら出てくるし ってのもよかったんだと思いますが。 その後インサイド・マンもイタ語で観たんだけど、こちらは7割くらいかなぁ。ただラストのオチ(?)の理解がいまひとつクリアじゃないのが悲しいところ。
で、調子付いてローカルなイタリア映画を観てみると・・・ これがほっとんど聞き取れない。話の流れもわからないくらい聞き取れず、結局途中でギブアップ。
なんでこんなに違うんだろう と思ったけど、思うに、イタリア人が作ったイタリア映画はセリフが多すぎ。そして喋るの早過ぎ。さらにセリフがかぶりすぎ だからなのではないかと。。。
要するに、普通のイタリア人の会話っぽいから ということでしょうか。
まだまだ修行が足りん ってことですね。。。 がんばろう。
[PR]
by maccarello | 2006-07-13 23:55 | イタ語ぺらぺらへの道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧