いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
<   2006年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
なんとなく、デザイン変えてみた。
猫より犬のほうが好きだけど、この猫の表情がたまらない。 喉撫でたい~。
[PR]
by maccarello | 2006-04-29 04:09 | 寄り道 | Trackback | Comments(2)
c0005092_9482068.jpg友達のブログの記事中にあった、 『植民地支配を進める英国では「食事の快楽に溺れるようでは立派なリーダーになれない」との考え方があり、』 というくだりを読んで思ったこと。 

イタリア人は、なれないな。。。

よく言われることだけど、イタリア人の食に対するこだわり というか、関心の度合いはとても高い。女性に限らず男性までもが、目を輝かせて食べ物の話で感情豊かに盛り上がっている様は、ちょっと引いてしまうほど。。。
人から聞いた話だけど、イタリア人にとって「キリスト教 7つの大罪」の中でも最大の大罪とは「食べ過ぎ」なんだとか。
うーむ。。。 
やはり食欲は、物欲や色欲をも超えているのか。

これまた人から聞いた話なんですけど、イタリア人数十人が出張に行き、代表者が出張の流れを一通り説明した後質問を受け付けたら、最初の質問は「お昼ご飯はどこで食べたらいいでしょう?」 次の質問は「夕食はどうしたらいいんですか?」 というものだったそうな。小学校の遠足かいな?

とは言え、イタリアの食事のおいしさは、最大の罪をも犯してしまうほどの魅力に溢れているのも確か。こんなにおいしいものが目の前にありながらそれを堪能できないなら、立派なリーダーになんかならなくてもいいさ と、私だったら思ってしまうだろうなぁ。それもあっさり。
それなのに、世界三大料理にイタリア料理が入ってないのはなぜなんでしょう?
[PR]
by maccarello | 2006-04-28 10:48 | イタリアーナへの道 | Trackback(1) | Comments(4)
JRとFS
c0005092_9214997.jpgJRの脱線事故から一年ですが、この時私はLivornoに居て、イタリア人に日本で大きな事故があったってよ とか言われて知った気がします。
イタリアの新聞でも取り上げられてたと思ったけど、その頃はまだあまりちゃんとイタ語が読めなかったので(っていうか今だって新聞なんてまともに読めないけど。てへ。)、日本のNewsのサイトで詳細を知りました。

イタリア人も結構事故のことは知っていて、日本ですごい事故があったね なんて言ってきてくれる人も結構居たんですが、その後の会話の展開はだいたいこんな感じ。

 イ 「なんであんな事故になったの?」
 私 「スピードの出しすぎらしい。1分半遅れてたんだって」
 イ 「それで?」
 私 「いや、1分半遅れてたからそれを取り戻そうとしてスピード出しすぎて」
 イ 「?? 1時間半?」
 私 「1分半
 イ 「それが事故とどう関係あるの?」
 私 「いや、だから、遅れると大変だからそれを取り戻そうとしてスピードを・・・」
 イ 「????? あはははは!またジョーダン言って。」

多くの方々が亡くなった事故の話で笑うなんて大変失礼だとは思いますが、定常的に数十分~数時間電車が遅れてくる国の人には、やはりこの事故は理解できないようで、、、

確かに分刻みで物事が動く日本は、ちょっと行き過ぎのような気もします。
でもそれが普通に機能していると、サービスを受ける側もそれを当然のこととして要求するようになってしまい、サービスを提供する側もその期待に応えるのが当然 と思ってしまうのでしょう。お互いの相乗効果のような気がします。
イタリアの列車(FS)は遅れるのがデフォルトのようなものなので、誰も時間通りにくることをあてにもしてなきゃ期待もしてません。電車が遅れたからと言って駅員に食ってかかってるイタリア人 って見たことないし。それはそれで、何の改善にも繋がらずにどーなのよ って気もしなくも無いけど、、、

ほんの数秒遅れただけでも「ご迷惑おかけしました」というアナウンスが流れる日本の電車に対し、数時間遅れたところで詫びの言葉ひとつない というか、遅れたから、それで? という態度のイタリアの列車。
どちらがいいとは言えないけど、どっちも極端なんでしょうね。中間くらいがちょうどいいのかも。

と、なんの落ちもないけど、先日の高田馬場での線路盛り上がりの件。乗り合わせた人達は大変だったとは思うけど、外野は鉄道会社を責めるだけでなく、事故になる前に発見してくれてありがとう という気持ちも持てれば、お互いもうちょっと楽になる気もする今日この頃ですが、風邪が全然治りません。。。
[PR]
by maccarello | 2006-04-26 09:47 | イタリアーナへの道 | Trackback(1) | Comments(4)
進化の過程 その2
「新しい時代が始まる」 ということだそうです。
言いたいことはわかるけど、染色体の種類が変わってる気がする。。。

c0005092_10375294.jpg

[PR]
by maccarello | 2006-04-24 10:50 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(2)
パスクワ
c0005092_0505333.jpg今週末はパスクワ(イースター)だそうで。
パスクワと言えば、卵の形したチョコレートのウォーバ(=卵)ですが、スーパーでは巨大ウォーバなんかが売られていたりしてなかなかびびります。
私が見た最大のウォーバは1個190ユーロ。約3万円です。
ちなみにこの写真のは、確か80ユーロ位でした。
普通このウォーバって中が空洞で、中には子供用のおもちゃが入っているんですが、これだけでかいウォーバの中には何が入ってるんでしょう?
人とか犬とか入ってそうで恐いです。


c0005092_0511844.jpgまー、でかいのは単なるお遊びで実際買う人がどれくらいいるかは不明ですが、とりあえずスーパーの棚はウォーバで埋まっててなかなか圧巻。
去年は友達の子供たちがおもちゃに夢中になってる隙に、結構つまみ食いさせてもらってましたが、これが結構おいしいチョコレートが多かったです。誰かちょうだ~い。。。
[PR]
by maccarello | 2006-04-16 01:03 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(2)
進化の過程
c0005092_20502831.gifそーいやイタリアの選挙の結果、ベルルスコーニはどうなったんだ? と思ってイタリアのニュース・ページを探してたら、こんな広告が目に留まりました。

「で、あなたは今どの地点?」ってことらしいです。

イタリア人男性って確かに頭髪量のはなばなしい人の割合が少ない(一応遠まわしに言ってみる)ように感じたけど、こういう過程を通っているとは知らなかった。。。 なかなか勉強になりました。
[PR]
by maccarello | 2006-04-11 20:51 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(3)
日本語学習本
c0005092_1495195.jpgイタリア人のお友達が持ってた日本語の参考書(学習書?)を見せてもらいました。
けどこれ、すごく難しい気がします。

日本語によるイタリア語学習本がだいたい「Ciao」とか「Buongiorno」などの挨拶から始まるのに比べ、この本はいきなりひらがなとカタカナの五十音表が載ってて、その後すぐに「これは本です」になってます。
まぁ、確かに基本フレーズではあるけれど、例文にはいきなり漢字が普通に使われているし(以前女性週刊誌でボビー・オロゴンの弟が「アフリカで日本語勉強してたけど、日本語がアルファベットじゃないって日本に来て初めて知って驚いた」とか言ってるの読んだので、普通外国の日本語学習本って全部ローマ字で書かれているのかと思ってた。^^;)、後の方には敬語や謙譲語も載っているのでかなりしっかり学びたい人用だとは思うんだけど、その割には文法の説明がそれぞれ数行しかなくって、これだけで日本語を学ぶのはかなり厳しそう・・・。

例えばこのページ。

c0005092_1481579.jpg


「けれども」と「のに」が同時に書かれてるけど、それぞれに対する説明とか無いし。
だいたいこのページ、この本のまだ26ページ目です。

どういう人対象に書かれた本かわからないけど、これで独学するのはかなり大変そうだなぁ~ という印象。そう思うと日本にあるイタリア語の学習本って、よくできてるな~ と思ってしまいます。

しかしこういう本見て思ったのは、日本語って話せて聞けても文字を覚えないと本も読めなきゃ看板もわからないし、しかもそこまでやろうとするとひらがなカタカナだけでなく漢字も覚えないとダメだし と、すごい大変なのかもしれない。。。
イタリア語がいくら難しいと言っても、文字に関しては所詮アルファベット(21文字?)だけだしなぁ と思うと、日本好きのイタリア人に生まれなくてよかったなぁ とか思ってしまいましたとさ。
[PR]
by maccarello | 2006-04-01 02:19 | イタ語ぺらぺらへの道 | Trackback | Comments(7)

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
↑ こちらに非公開コメン..
by maccarello at 13:57
マジか! なんか、のり..
by ぴろり at 10:50
ぴろりくん: イマサラ..
by maccarello at 09:26
あー、なんかひまわりの種..
by ぴろり at 23:37
永ともさま: こんにち..
by さばぇ at 03:19
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
人気ジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧