いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
<   2005年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧
ユーロ硬貨
c0005092_1202844.jpgこんな写真でわかるかなぁ。。。って感じなんだけど、これ全部1Euroコインです。
Euro コインの裏側は国によってデザインが全部違っています。
なのでちょっと集めてみました。
コインは全部国ごとに違うので本当は全部集めたかったんだけど、そうすると使えるお金が減ってしまうので^^; 貧乏人にはなかなか辛く、結局1Euroコインだけ集めてみました。

しかしこれが結構大変。ドイツやフランス、スペインといったイタリアに近い国のは結構よく見かけるんだけど、遠い国のはなかなか手に入らない。よく行くお店のおっちゃん達に散々集めてるの!とアピールし、お取り置きしてもらってやっと9カ国分集まった。
でもここ見ると、ユーロ硬貨の種類は全部で12カ国分、ってことは後3カ国じゃん。
ちなみに足りないのは、フィンランド、オランダ、ルクセンブルグの3種類。これらの1ユーロ硬貨持ってる人、1枚100円で売って!(って今のレートより安いやん。。)
[PR]
by maccarello | 2005-09-30 01:41 | 世界制覇への道 | Trackback | Comments(4)
Caffe`いろいろ
なんか急に寒くなってきたけど、寒くなるとおいしいコーヒーが飲みたいなぁ~ と思う。
イタリアと言えばエスプレッソ(イタリアではカフェ)とカップチーノが有名だけど、それ以外にも色々おいしいメニューがあったりするのでご紹介。


c0005092_148188.jpg私がよく飲んでたのはラッテ・マッキァート(ラッテ=ミルク、マッキァート=染み)。
ミルクにカフェを入れたもので、いわゆるコーヒー牛乳 ってやつですね。カップチーノも好きだけど、なんかちょっとお腹に重たくて、こっちの方がさっぱり飲めて好きだったので、後半はほとんどカップチーノを飲まなくなってしまった。



c0005092_1484750.jpg逆に カフェにミルクを入れたのは、カフェ・マッキァート(カフェ=エスプレッソ、マッキァート=染み)。カフェと同じこういう小さなカップで出てきます。
こんな小さなカップなのに、イタリア人(特におじいちゃんに多い気がする)はこれにスプーン2杯分、3杯分もの砂糖を入れて飲んでいる。スプーンでカチャカチャかき回してるけど、それってもう飽和状態超えてないか?それ以上かき回しても溶けないだろ・・ という感じ。


c0005092_1483897.jpg特にカフェなんかだと小さなカップに半分くらいの量しか入ってないので、そこにこれだけ砂糖を入れるんだから当然飲み終わった後はカップの下に溶け残った砂糖が溜まるんだけど、最後はそれをスプーンですくって食べています。 どっちかってーと、砂糖食べるためにカフェ入れてないか?という感じ。初めは うわっ、信じられない と思ってたけど、後半はしっかり私もやっていた。 ・・・だから太るんだよね。。。- -;


c0005092_148274.jpgそれ以外にもカフェ・マロッキーノ(マロッキーノ=モロッコ人) といってカップの内側にココアをつけてからカフェとミルクを入れ、途中にもココアを入れて、上にもココアたっぷり の甘めのやつとか、カフェ・シェケラートと言っていわゆるアイスコーヒーみたいなもんだけど、こうやってシェーカーで作ってくれるものもありました。さすがに夏は暑くってあんまりカフェを飲む気になれないけど、こういうのだとおいしくいただけます。

そういえば、イタリアではスターバックスを見たことがない。まぁ、これだけどこにでもBarがあれば、スタバの入り込む隙なんてない という気はするけれど、スタバの存在を知らない人が多いのにはちょっと驚いた。 国内にない(大都市にいけばあるのかも知れないけど)んだから当然と言えば当然なんだけど、スタバっていうのがあってね って話をしても、はぁ、それで?みたいな反応だったのがスタバがあんまり好きじゃない私にはちょっと心地よかったりして。うしし。 そういやIllyのBarが日本進出するって話を以前聞いたけど、それだったら行っちゃうな。(どこまでもイタリアびいきのわたくし)
[PR]
by maccarello | 2005-09-29 02:50 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(6)
Digital David
c0005092_492896.jpg今日たまたまトリビアうんちゃら って番組を見ていたら、ミケランジェロのダビデ像の目はハート型してる みたいなネタをやっていた。
実は私もこれ、美術館で見たときちょっとびっくりしました。で、目のアップの写真を撮ろうと思ったんだけど、ダビデ像って結構高いところにあるので、こんな角度からしか撮れないし、その時は光学12倍ズーム付きカメラをもっていなかったので、結局はっきりわかる写真撮れなくて残念だったのです。


c0005092_494137.jpgほんじゃぁなんで黒目の部分がハートかがわかったかと言うと、ダビデ像の横に Digital David と書かれたこーんな機械が置いてあって、ちょっと前に居るねーちゃんが邪魔で見難いんだけど、手元のトラックボールみたいな操作子2つをぐりぐり動かすと、ダビデ像の3D映像がいろんな方向にぐるぐる回転して、上から下から横から斜めから・・・ と自由自在に見れる上、ライティングも変えられて、お好きな部分のどアップも自由自在に見れるのでした。
それでつむじとか巻き毛をアップにして見ていた時、たまたま目をアップにしてみたらハート型しててびびったのでした。
しかし、このネタで7千円ももらえるんだったら、私も出してみればよかったなぁ。。。(ってこの番組見たの初めてだし・・・)
[PR]
by maccarello | 2005-09-28 23:58 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(4)
宗教の話題
c0005092_16532942.jpgバッハのマタイ受難曲を聴いてきた。
そもそもキリスト教の知識ってあまり無いし、3時間もの長丁場だし、一緒に行った友達のひとりは落語家が出てくると思って観に来てるし(先週そんなのがあったらしい)、他の友達は「神の助けと髪の毛は多い方がいい。お後がよろしいようで・・」とか言ってるし で、もぅ、お前ら観に来る資格なーし! って感じ?
ヨーロッパで美術館や教会に行く度、次はキリスト教の勉強してから来よう と思うけど(宗教画の意味とかよくわかんないので)、未だ実行に移せた試し無し。今度こそ、、とちょっと思ってみた。

そういえばよく、外国人と話する時に宗教の話題はダブー みたいなこと聞くけど、私は結構イタリア人と宗教の話をした。しかもこの話題を振ってくるのは必ずイタリア人から。
初めてできた日本人の友達に、遠い名前しか知らないアジアの国の事を聞いてみたい という単なる好奇心 だとは思うんだけど、一度や二度じゃなかったので、あれ?宗教の話題ってタブーじゃなかったの?って初めはちょっとびっくりした。つかもしかして、タブーだと思ってるのは日本人だけなのか?

まず聞かれるのは「仏教徒なのか?」ということ。「違うよ、特にない」というと、だいたい「meno male(よかった)」という返事が返ってくる。初めは無宗教って言うと人間として失格者みたいに思われるんじゃないかと思ってどきどきしたけど、結構みんなほっとした感じになるのがちょっとびっくり。
イタリアはバチカンがあるから敬虔なクリスチャンが多いのかと思いきや、一応クリスチャンだけど教会なんて行かない という人が実は多かった。
しかも、バチカンがあるせいで他のEU諸国と比べて宗教による規制(中絶、離婚など)が厳しく、返って反感を持ってる人 というのも多いらしい。
一般的には、信じてないわけではないけれど、だからといって特に何かするわけでもない という感じ。そんなもんなのか。。。

で、大部分の日本人は無宗教だよ と言うと、その後よく聞かれたのは、「じゃぁ生まれた時や結婚の時は何するんだ?洗礼とかないのか?」ということ。
そんな時は、「日本人にとって宗教はセレモニーの時にだけ使われるもので、例えば生まれたときは神道、結婚式はキリスト教、死んだときは仏教 が多い」 と答えていた。
そうすると大抵「belissima! (素敵!)」という返事が返ってくる。。。
ぁん? 素敵か?と聞くと、「合理的で素敵じゃない!」とのこと。

だいたい若い人はこれで納得してくれるけど、歳いった人だとたまに納得しない。「例えば病気になって、医者にも見離された時はどうするんだ?自分達は(キリスト教の)神様に助けてくれとお願いする。日本人はどうするんだ?どれかの神に頼るのか?何に頼るんだ?」と聞かれ、うーん、、と返事に困っていたら、他のイタリア人の友達が「Tecnologia(テクノロジー)だろ」と答えた。
おぉ、いいとこついてるかも。
[PR]
by maccarello | 2005-09-25 23:29 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(0)
荷物その2
c0005092_19192894.jpg今日、イタリアから送った残りの荷物が着いた。丁度1ヶ月くらいかな。船便だと2ヶ月と聞いていたけど、結構早くつくものですね。
前回航空便で送られてきたのとは違って、かなり綺麗な状態で着きました。船便の方が扱いが丁寧なのかな?
これを送った時、友達の子供(4歳)と一緒だったんだけど、30分以上待たされて飽きて来てたので、送る箱にお絵かきしな と言ったら、自分と私の名前を書いてくれた。読めないけど。
荷物が奥に運ばれていくのを見て 「Ciao pacco(荷物)」 と手を振ってたのがかわいかったなぁ。。。 
[PR]
by maccarello | 2005-09-24 19:33 | 留学への道 | Trackback | Comments(0)
ウニのトゲ
c0005092_1811837.jpg3ヶ月くらい前にでウニを踏んだ。。。
足の裏を見たら10本近くトゲが刺さってたんだけど、このトゲが全然抜けなくって、イタリア人の友達に「病院行った方がいいかなぁ?」と聞いたら「プフッ」っと失笑されたので、仕方ないから放っておいた。初めのうちはすごく痛かったけど、なんだかだんだん慣れてきて(?)忘れてたけど、妙に目立つ一本を針で突いてみたらするっと抜けた。おおっ。
でも他のはもう足の裏奥深くに入ってしまってるようで、うっすら見えるだけ。
っていうか、これって今更どうしようもないのかなぁ。。。
[PR]
by maccarello | 2005-09-23 18:34 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(3)
イタ語宴会
c0005092_145016.jpgこの前お友達のクラスのイタ語授業が最後だってことで、顔出しに行った。
最後だと言うのに宿題が出たから あれ? って思ったら、翌週の宴会の時にチェックして、1問間違える毎にビール1杯お預け とのこと、、、 ひと事だと思っていいねぇいいねぇ~ って言ってたら、あなたもよ と言われてしまった。。 き、厳しい・・・

ということで、みんなで宿題握り締めて宴会。
でも先生のMonica夫婦が来る前にフライングして飲み出しちゃったりして、既に酔っ払ってるのに居酒屋のテーブルで間違ったとこの説明を真顔で受けてる様はちょっとおかしかったかも。。。

こんな写真だけど、今日はひたすらビールでした。。。
[PR]
by maccarello | 2005-09-22 23:32 | 酒飲みへの道 | Trackback | Comments(0)
巻き舌
イタリア語って発音が日本語に似ているので日本人には比較的簡単 という説があるけど、確かに発音のことだけ考えると英語やフランス語等に比べ簡単な気はする。基本的にローマ字読みすればだいたいあってるし。
がしかし、やはり最大の難関は「r」の発音。いわゆる巻き舌 ってやつですね。
私はこの巻き舌というのができない。できないどころか、未だ「l」と「r」の違いが何度聞いてもわからない。。。散々いろんな人に、こーやるんだよ って教わったけど、できないものはできないのだ。下を丸めたり縦にしたり・・という舌芸がことごとくできない私には、この巻き舌ってやつは一生無理なのではないかと思ってしまう。

イタリアにも Sciogilingua っていうイワユル早口言葉のようなものがあって、例えば「tre tigri contro tre tigri」(3匹のトラ対3匹のトラ) とか、「trentatre` trentini entrarono a trento...」と r のオンパレードのやつが多い。結構覚えたもんだけど、実は私もこれらはちゃんと言えているらしい。なんだできるじゃん と思うんだけど、「mare(海)」と「male(悪い)」はそれぞれ正しく言えていないらしい。でもその違いが自分ではわからない。。。

困ったのは自分の名前。私の名前は r から始まるので、実はこれがきちんと言えない。初めて会った人に名乗ったとき、一度でわかってもらえたことがまずなかった。
発音的には「l」で始めた方が近いんだけど、日本ではラ行を「r」で書くので、言って伝わらない時に書いてみると、すんごい巻き舌で自分の名前を呼ばれちゃったりして、これってどうよ?って感じ。

そしてそんな私の最も苦手な単語が「ramarro(トカゲ)」。r から始まるのに加え、その後二つも r が重なる。こんな単語使うことも滅多にないけど、イタリア人の友達に言ってみろ、言ってみろ と散々からかわれ続けたもんだ。くっそー。
そして4月1日のエイプリルフール、イタリアではこっそり人の背中に文字を書いた紙を貼るそうで、私は「ramarro」と大きく書かれた紙を背中に貼られたもんだ。くっそー。。。

誰か大人になってから巻き舌習得した方、居たらいい練習方法を教えてください。(結構まじ)
[PR]
by maccarello | 2005-09-21 02:54 | イタ語ぺらぺらへの道 | Comments(5)
Toscanismo?
c0005092_12391763.jpg「La vita e` bella」 この映画はベッソンの「Leon」を抜いて私の最も好きな映画かもしれない。
久しぶりにこのDVDを観てみた。字幕無しで。 散々観た映画だから っていうのももちろんあると思うけど、なんと!半年前はほとんど聞き取れなかったイタリア語が聞き取れるではないですか! ちょっと感動。っていうかかなり感動。。。
実は先日、他のイタリア語の映画を字幕無しで観てみたら、期待するほど聞き取れなくて悲しかったのです。。。

以前ローマに旅行した時ローマのにぃちゃんと話していたら、フィレンツェから来たの?ピサから来たの? と聞かれたことがあった。なんで?と聞いたら、アクセントがトスカーナだから と言われた。 喋るだけでも精一杯なので、自分のアクセントがどうだかなんて気にしたことなかったしどう違うかもイマイチわかんないんだけど、やっぱり違うものなんだろうか。
この映画の監督・主演のRoberto Benigniはトスカーナ州アレッツォ(の近く?)の出身なので、やっぱり耳もトスカーナ弁に慣れてるってことなのかなぁ。

イタリアは方言が多く、イタリア人でも全然違うところに行くと相手が何を話してるかさっぱりわからないらしい。わからない って言ったって、同じ言語じゃん。私らよりはわかるだろ と思うんだけど、彼ら曰く 「Niente (全然)」 らしい。。。
そういえばナポリも方言がきつくて有名だけど、ナポリにはNapoletano(ナポリ語)・Italiano(イタリア語)の辞書というのがあるらしい。 ちょっと欲しかったかも。
[PR]
by maccarello | 2005-09-19 13:06 | イタ語ぺらぺらへの道 | Trackback(1) | Comments(3)
日焼けの美学?
c0005092_444740.jpgLivornoはもう涼しいそうなのに、なんだか季節感のない写真ですが、、、許して。
日本に帰ってきてからみんなに黒いだの、シゲル松崎みたいだの と言われてますが、これでもかなり白くなったんですけどねぇ。。。 確かに8月中旬頃まではかなり黒かったと思う。こんなに焼いたのは水泳部だった中学の時以来か、連日海に通ってた高校の時以来か、、、というくらい。
この歳なって、こんなに焼いちゃっていーんだろうか? と、確かに初めの頃は思っていたんですよ、私だって。
でも、日焼け止めぬっても、フツーに歩いてるだけでも焼けちゃうし。
イタリア人的には日焼けしてる方が美しいらしく、老若男女問わずみんな白い肌を真っ赤にしながらバンバンに焼いてはそれを見せあってるので、なんとなくつられて焼いちゃったわけですね。

イタリアで日焼けしてる方がいい と思われている理由のひとつに、日焼けしてる=バカンスを十分楽しんだ という方程式が成り立つらしく、ある種ステータスみたいな感じらしい。(これってなんだかインドの 太ってる=食べるものが十分あるお金持ち ってのに似てて、なんかやっぱりイタリアとインドって似てるなぁ とか思うんだけど。)
もうひとつの理由は、単純に 日に当る=健康にいい と未だ信じられているから。

日本人の女性は日焼けを嫌がる って話をすると、みんな 何故? と心底驚いて聞いてくる。
日本では白い方が美人だから というと 「鏡を見て日焼けした自分とそうじゃない自分とどっちが綺麗だと思う?日焼けしてる方だろ?」 と何の疑いも無しに言ってくる。
オゾン層破壊や、皮膚がんが云々 と言ってみたところで「オレはもう60年も海で焼いているけどガンになってない」の一言で終わり。。。

基本的に郷に入っては郷に従うほうだけど、ちょっと従いすぎてシミとシワが恐いかも・・ と今更怯える今日この頃。。。
[PR]
by maccarello | 2005-09-18 23:04 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(0)

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
↑ こちらに非公開コメン..
by maccarello at 13:57
マジか! なんか、のり..
by ぴろり at 10:50
ぴろりくん: イマサラ..
by maccarello at 09:26
あー、なんかひまわりの種..
by ぴろり at 23:37
永ともさま: こんにち..
by さばぇ at 03:19
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧