いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
<   2005年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
エフェット・ベネチア
c0005092_29473.jpg7月の最後の1週間ほど、Effetto Venezia というお祭りがありました。
毎年恒例のものらしく、冬の頃からリボルネーゼは皆口を揃えて、この時期は居たほうがいいよ、あれは見なくちゃね みたいなこと言っていたので楽しみにしてたんだけど、丁度その時期1週間ローマに行ってしまった。。。


c0005092_29299.jpgと言っても最初と最後の週末は行かれたのでまぁよかったんだけど。
で、何のお祭りかと言うと、これが特に何ってわけでもないらしく、ベネチア地区と呼ばれるところに出店がずらーっと並んで、その近辺のBarやリストランテなんかはみんな夜遅くまで開いていて、日替わりで色々バンドやなんやらとイベントがあったり といういわゆる夏祭り という感じらしいです。



c0005092_210349.jpg初日には花火が上がったりしてなかなか豪華。イタリアの花火はしょぼいし丸くない(技術的にきれいな丸にできない) なんて話を聞いていて、確かにサンベネデットで見たときは、周りでブラボー!と声の上がる中、日本人だけが これってブラボーかぁ?なーんてつぶやいてしまうくらいしょぼくて丸くなかったけど、こちらの花火はかーなり派手で、今のって個数間違ってない?ってくらいバンバン上がったし、そこそこ綺麗な丸だったし、これにはブラボー!と叫べたかな。



c0005092_2102438.jpgで、今回このオープニングの出し物がなんと和太鼓でした。たまたま音だしチェック中に覗きに行ったら、ホントは関係者以外立ち入り禁止だったらしいんだけど、日本人ってだけで関係者と思われたらしく、あっさり中に入れて、っていうかトラックで送ってもらっちゃったりして、演奏者の方達とも話ができちゃったりしました。どうやらみんなカナダ在住の人たちらしく、日本人半分、カナダ系日本人(っていうの?)半分のグループでした。曲も民謡とかで、こんなとこで聴けるのがなんか不思議だったなぁ。。。
[PR]
by maccarello | 2005-07-31 02:06 | イタリアーナへの道 | Trackback(1) | Comments(0)
ゴミ箱
c0005092_228119.jpgイタリアのゴミの捨て方はどんなんかというと、道にこーいう自動車並みに大きなゴミ箱がでーん と置いてあって、そこに家庭で出たゴミを持ってきて捨てる というシステムです。日本のように、ゴミ出ししていいのは何曜日の何時から何時まで と決まっているわけではなく、好きなときにこのゴミ箱(一応ゴミ箱毎に分別されてる)に入れておけばOKという至って簡単なもの。蓋がついているので、ちゃんと蓋が機能してるものに関しては、そんなに臭ったりはしてないようです。


c0005092_2233559.jpgで、旅行で来てたときから思っていたことなんだけど、、、
このでかいゴミ箱にゴミ捨てて、それっていったいどうやって回収されてるんだ? だってこれって、見るからに重そうで人が持ち上げられるような代物でもないし、だからって日本みたいに人が手でゴミ回収車に入れられるような構造にもなってないし。。。


c0005092_2235460.jpgと思っていたら、住むようになってやっと謎が解決しました。
まずはこうやって回収車がゴミ箱に横付けされ、なんとそこから腕が伸びてきて、なんとなんとこのゴミ箱ごと持ち上げてしまうのでした。


c0005092_224224.jpgでもゴミ箱には結構重たい蓋がついてるのに、それは一体どーなるんだ?と思っていたら、、、なんとなんと一番上まで持ち上げて、、、


c0005092_2244235.jpg逆さまにひっくり返す時にちゃんと蓋が開くような仕組みになっているようです。
そんでもってゴミを車で回収したら、また元の場所にゴミ箱を置いて、回収車は去って行くのでした。。。

それにしても、こーんな大きくて重いものをこんな高さまで持ち上げてひっくり返す って発想が、日本ではありえない気がするなぁ。。。だってこんなのの傍通るのなんか恐いぞ。。。
そうそう、このゴミ箱には この中に人は入らないように みたいな注意書きがしてあるのもあります。というのも、寒い時にこの中で寝ちゃう人が居たらしく、そのまま捨てられちゃった という事故(なのか?) があったらしい、、、ていうか、こんなに深さあるものにフツー恐くて入れないよ。。。
[PR]
by maccarello | 2005-07-30 02:19 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(0)
サンベネデット・デル・トロント
c0005092_20114092.jpg以前勤めていた会社の子会社がある、San Benedetto del tronto ってとこまで行ってきました。ここは春にも一度行ったんだけど、その時は海はあるけどなんだかがらーんとしてて、観光客なんてひとりも見ないという感じだったけど、さすがに今回は観光客で大繁盛状態でした。
以前はがらーんとしてた砂浜にはビーチパラソルが立ち並び、まさにリゾートって感じ。 同じ海沿いの街とはいえ砂浜のないリボルノとは随分違うなぁ。。。



c0005092_20115619.jpgさすがにこの時期のこの辺りのホテルは飛び込みじゃ取れないだろうと思い、以前の同僚のイタリア人に安いホテルを探して予約してもらったんだけど、トイレ・バス付きで海から徒歩1分という近さでなんと一泊30ユーロ。。。リボルノだってこの時期ここまで安くは泊まれない気がするが、きっと裏で何か操作してくれたんだろう^ ^; 持つべきものは良き同僚、ありがとう。おまけにその後他の会社の人が夏の間だけ借りてるアパートが今ちょうど誰もいなくて空いてる というので、予定変更してそこに延泊させてもらいました。こちらも海まで徒歩30秒でしかもタダ。ありがとう、元同僚。。。


c0005092_20121231.jpgスイカ売ってる出店みたいなのはリボルノでも見るけど、ここにはスイカ・バー(と日本人が勝手に呼んでるだけだけど)みたいのがあって、ここでスイカ買って奥のテーブルで食べられます。イタリア人曰く、サンベネデットにもここしかないし、他の街でも見たことない とのこと。


c0005092_20122737.jpgで、屋台の後ろにはこーんなにスイカが積んであってちょっと圧巻! こっちのスイカって日本と違ってまん丸じゃなかったりします。日本と同じまん丸の種類もあって見かけるけど、長丸のは今回初めて食たけど、すごく甘くておいしかった。 スイカって食べる時に種とるのが面倒で普段はあまり食べないけど、今回2度も食べてしまった。。。
[PR]
by maccarello | 2005-07-27 20:10 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(6)
ジャミロ
c0005092_19511062.jpg最近野外ライブ観れる機会が多くて嬉しいぞ。 ということで?、この日はルッカまでジャミロクワイ観にいってきたんですが、今回はみんな踊りまくりだし写真撮るのも面倒になってあんまり写真がありません。。。
ジャミロは初めてみたけどめちゃくちゃよかったわ。ここ数年毎年ルッカのこのフェスティバルに来てるらしいけど、来年も観にこれるといいなぁ。。。
[PR]
by maccarello | 2005-07-15 19:46 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(0)
ピストイア・ブルース
c0005092_1383967.jpgピストイアっていうフィレンツェの近くの町でコンサートがあって、それがめちゃくちゃいいぞ とお友達が教えてくれたので連れて行ってもらいました。
行くまではどんなもんだか全然わかってなくて、イタリア人のバンドが出るんだとばかり思ってたんだけど、ちなみにどんなバンドが出るの?と聞いたら、Chuck Berryだと言うじゃぁないですか。よくよく聞いてみると、どうやら毎年行われているPISTOIA BLUESっていうフェスティバルで、日本で言うところのMount Fuji Jazz Fes.(ってもうないんだっけか?今はFuji Rock?)みたいなもんだったようです。


c0005092_139041.jpg金土日の3日間あって、座れる席で1日35ユーロ、2日通し券で50ユーロ。結構お手ごろなお値段でこれまたびっくり。でも連れてってくれたイタリア人は高い!と言ってたけど。。。
ピストイアは初めて行ったけど、Duomoのある広場が会場で、後ろ振り向くとこんなんだし、日本のこの手のフェスティバルの風景とはだいぶ違って面白かったです。Mount Fujiなんかと比べるとキャパは少ないけど、当日券であっさり入れるのもまたちょっと不思議。でも夏のこの時期、トスカーナの辺りはこの手のイベントが盛りだくさんらしく、来週はルッカにジャミロクワイが来るので見に行く予定。このルッカのイベントの最終日はJBらしく、実はこれも見たいぞ。


c0005092_1391737.jpgでもって初日のトリがChuck Berryで、その翌日はBB Kingだって言うじゃぁないですか、奥さん。
この2日目は用事が入ってたので泣く泣く諦めるはずだったんだけど、その予定が急にキャンセルになったので、2日目も一緒に連れて行ってもらいました。こっちのコンサートって終わるのが遅いので(夜中1時とか)、誰かに車で連れてってもらわないと帰れなくなっちゃうのでそこがちょっと不便。この2日間も帰って来たの朝4時だったし、、、(まぁ、帰る途中にオカマの立ちんぼ見学とかしに行ってたせいもあるんだけどね、、、)
以前Mount FujiだかでBB Kingを見たときは、もう歳だし見れるのも最後だろうと思っていたけど、こんなところで突然見れることになるとはラッキー。去年はどんな人が出たのと聞いてみたら、去年は特に大物は来なかったそうで、これまた今年でなんとラッキー。

そういや入り口でなんかチェックが行われてたのでカメラチェックかと思いきや、写真やビデオ、録音の規制はなんもないようで写真もビデオも撮り放題。じゃぁなんのチェックかというと麻薬のチェックだそうで、麻薬犬がうろうろしてました。ちなみに連れて行ってくれたお友達は去年吠えられたらしい。おぃおぃ。
[PR]
by maccarello | 2005-07-09 01:38 | イタリアーナへの道 | Comments(3)
乗馬
c0005092_134728.jpgお友達の馬に乗せてもらいました。
乗馬なんて、金もかかるし難しそうだし、一度やってはみたいけど私の中では高嶺の花的存在だったので、馬乗ってみたい?と聞かれた時には乗る乗る!と即答しちまいました。
しかし、乗る と言った所で私の乗馬経験と言えば、遥か昔 長津田のこどもの国で乗ったポニーくらい。そんなヤツがそんな簡単に馬に乗れるもんなんか?もしかしてこどもの国のポニー状態で、たずな持ってもらって歩くだけなのか?と思っていたけれど、柵の中だけど、小さめの馬だったけど、一人で乗ってぱからっぱからっ って走る状態まで体験させていただきました。



c0005092_1342533.jpgここってどういうところだかよくわかんないけど、どうやら自分の馬を預けて世話してもらってるところっぽく、結構いろんな種類の馬がいました。馬なんてあんまりじっくり見たことなかったけど、近くでずっとみてると、みんなすごくキレイでかわいい。
このお友達まだ乗馬初めて数ヶ月らしいけど、既に2頭馬持ってて、さらに週末にもう一頭買うらしい。日本の乗馬事情ってよくしらないけど、こうやって簡単に買っちゃうところがなんだか外国だなぁ とか変なところで感心してみたりして。
毎日通ってるそうで話題も馬のことが多いしかわいがってるし、本当に馬好きなんだなぁ というのが伝わってくるけれど、こういう人にうっかり、日本には馬の刺身があってこれがまたうまいんだ なんて言ってしまったらもう2度と乗せてくれないんだろうなぁ、、、気をつけよう。。。
[PR]
by maccarello | 2005-07-06 01:33 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(0)
ベネチア
c0005092_1284266.jpg日本からお友達が来たので一緒にベネチアまで行ってきました。
ベネチアは10数年前初めてイタリアに来た時に行った以来だったけど、やっぱりこの街も昔と比べてそう変わった印象を受けず、それが嬉しいようなちょっとつまらないような、、、でもなんだか以前にも増してテーマパークっぽい印象を受けた気もするなぁ。



c0005092_129052.jpg今回初めて本土(っていうのか?)以外の島(ムラーノ)に行ってみたけど、結局お店めぐりで終わってしまって、本土とどう違うのかもあまりよくわからないまま。。。ま、いいんだけどね。ベネチアングラスで有名な島だけあって、いわゆるお土産物とは違った素敵なものも結構あったけど、やっぱりかなりいいお値段で、無収入の身には目の毒かも・・・



c0005092_1291465.jpg2日目の夜はなんだかイベントがあったようで、道々にたくさんバンドが出ていて演奏してました。たぶんみんなアマチュアだと思うけど、これが結構みんな上手でした。(下手なのもあったけど) リボルノの生演奏でこういうレベルの聴いたことなかったので、イタリアのレベルってそんなんかと思ってしまっていたので、、、 ってごめんなさい、リボルノの人たち。。。


c0005092_129287.jpg全然どーでもいいけど、こんなの売ってる店見つけました。
思わず買ってしまいたくなったけど、もうすぐ帰るし・・と思いとどまっておきました。
結構なお値段だったけど、リボルノでこういうもの手に入る店知らないので、やっぱり日本人が多いところって色々流通してるし需要もあるんだろうなぁ~ とちと関心。フィレンツェでもこれくらい手に入るのかしら?
[PR]
by maccarello | 2005-07-05 01:22 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(0)

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
↑ こちらに非公開コメン..
by maccarello at 13:57
マジか! なんか、のり..
by ぴろり at 10:50
ぴろりくん: イマサラ..
by maccarello at 09:26
あー、なんかひまわりの種..
by ぴろり at 23:37
永ともさま: こんにち..
by さばぇ at 03:19
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧