いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
カテゴリ:イタリアーナへの道( 451 )
バーニャカウダ

今回日本に帰ってきてやたらと見聞きする「バーニャ・カウダ」という言葉。

「これってイタリア語で熱い風呂って意味なんでしょ?」「イタリアではよく食べた?」とかも、よく聞かれるんだけど、、、

なんですか?これ。。。emoticon-0155-flower.gif

バーニャ・カウダ、どうやら Bagna Cauda と書くそうですが、Bagna はともかく、Cauda って何?辞書引いても載ってないし、これの男性形でひいても載ってないし。
それに熱い風呂だったら Bagno caldo(バンニョ・カルド)では?

初めのうちは「そんなもん知らん~」で終わらせてたけど、あまりによく聞かれるのでwikiってみたら、どうやらこれはピエモンテ州のお料理らしく、Bagna Cauda というのはピエモンテ語なのだとか。(wikiより)

っていうか、ピエモンテ語って、なに?
ナポリ語みたいなもん?それともただの方言?
あ、もしかして「~ネ」ってヤツ?:)

それより何より、イタリアに住んでても一度も耳にしなかったイタリアの一地方の料理名が、ホンの数ヶ月居ない間に日本中に広まってるという情報浸透力にびっくり。
イタリア人って自分の土地の料理が一番で、同じイタリアでも他の土地の料理に興味ない人多いから、この料理名を知ってるイタリア人よりこの料理名を知ってる日本人の方が、絶対多い気がするなぁ~。

ところで Bagno って単語は「風呂」とか「トイレ」、「風呂に入る」なんて意味なんですけど、私は「湯煎」を意味する Bagnomaria (バンニョマリア) って単語がかわいくてとても好き。
この単語を聞くと、マリアちゃんが一寸法師風にココット型に入って風呂に浮かんでる(しかも何故か日本風の湯船で頭にはタオル、お燗付き)図を思い浮かべてしまいます。emoticon-0136-giggle.gif
[PR]
by maccarello | 2010-03-21 01:02 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(6)
イタ検 解答
先日受けた、イタリア語検定の解答(日伊学院のページ)が出てたので答え合わせ。

ヒアリングで1問、筆記で6問間違え と、3年半前受けた前回とまるっきし同じ結果・・・。
これってさぁ、進歩してないってこと?

今回筆記で6問も間違えたのが結構ショック。
しかも、うわっ、これどーだっけ?と迷い、こーだからこれだろう と選んだやつがことごとく外れ。あーそれってちゃんと理解できてない ってことなんだろうなぁ。。

ということで、今回も作文次第。
でも、今回もすでにボロボロと冠詞の間違い、単語のスペル間違いなどなど思い当たることはたくさん。あーあーあー、たまにこういうのやるとお勉強になるとは言え、受験料7千円はお安くないし。。。
今回落ちたら、たぶん次はもう受けないです・・・emoticon-0106-crying.gif


ところで今回受けてびっくりしたこと。
試験時間の100分間、集中し続けることが非常に困難。。。
やっぱり歳のせいなのかなぁ?TT
試験の途中で集中力が切れ、というかものすごーく飽きてきちゃって、ちょっと休憩したい、コーヒー飲みたい という衝動が・・・。
3年半前は、そんなことなかったんだけどなぁ。
単に歳のせいなのか、イタリアで集中力が削ぎ落とされてしまったのか。。
万が一次受けるとしても、まずは試験時間集中できる気力と体力から かも。emoticon-0114-dull.gif
[PR]
by maccarello | 2010-03-10 00:38 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(7)
San Valentino
バレンタイン・デー発祥の地ヨーロッパでは、基本的に男性が女性に花やプレゼントなんかをあげる習慣はあっても、女性が男性にチョコレートっていうの当然なく、おそらくこれって日本だけではないかと。
っていうかこれって日本のチョコレート・メーカーが仕掛けた って聞いたことあるし、バレンタインとチョコレートを関連付けてるのも日本だけだろう と思っていたら、先日チョコレート屋さんの前で、「バレンタインだからチョコを贈りましょう♪」みたいな看板を見かけてちょっとびっくり。スペインではバレンタインにチョコを贈る習慣があるのかなぁ?あったとしても、男性から女性に って気がするけど。:p

ということでバレンタイン。

c0005092_254684.jpg


結果的にはカーニバルに押されてバルセロナに居ても全く盛り上がりを感じなかったんだけど^^;、なんとなく最初くらいは(?)何かチョコレート菓子でも作ってみようかなぁ~ と思っていた時に、La mimosa さんのページでめっちゃくちゃおいしそうなトルタ・カプレーゼの写真とレシピを見て、甘いものもチョコレートも嫌いなダンナさんに作ってみました。(つーかこれって拷問?)

18cm型のレシピのまま23cmの型で作ったら(だってこれしかなかったの)すんごーく薄っぺらくなっちゃって(あたりまえ)、完成予想図と随分違いますがそれは私のせいです。。。 見た目はイマイチだけど、味はおいしかったです。:)

しかし、カカオ85%と70%、無糖 と書かれたチョコを使って作ってみたけど、やっぱり全く甘くないわけではなく、予想通りほとんど私が消費することになってますが。:p

c0005092_2253568.jpg


日本人の男性で、甘いもの嫌い、食べると頭痛くなる とかいう人を他にも何人も知ってますけど、ヨーロッパの男性でそういうこと言ってる人って会ったことないし、どっちかっていうと甘いもの好きは男性の方が多い気がしてるんだけど、この違いは一体どこから来てるんだろう と結構不思議。
[PR]
by maccarello | 2010-02-16 02:42 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(12)
E` facile smettere di fumare
c0005092_140175.jpgもう1年以上前にイタリア人の友達が「今この本読んでるの~」と言って見せてくれた本。

本の題名は「タバコをやめるのは簡単」、副題は「その方法さえ知ってれば」って意味。
下の方に「世界中で1千万冊以上売れた」って書いてあるから、たぶん日本語版でも出てると思います。

この友達は今年春に結婚予定なんだけど、ダンナもその家族も全員非喫煙者、おまけにダンナの両親は彼女が喫煙者ということを知らない ということで、なんとか結婚までには止めないと・・・ というのが一緒にタバコ吸ってる時の口癖でした。^^;

そんな彼女が友達からプレゼントされたというこの本、最初のうちは「これ読んで頑張るわ!」とか言(いながら一緒にタバコ吸)ってたけど、彼女も典型的な本を読まないイタリア人、最後に本を1冊読んだのは高校生の頃・・・とか言ってたくらいなので、この本も一向に進まず、しまいにゃ「1日3行が限界」とか言い出す始末。。
こりゃぁ一生読まないな と密かに思ってたけど本人はその本が気になるらしく、「この本の女性向けがあるらしいからそれを買ってみようかと思う」とか、「この本の内容を講習会でやるらしいから参加してみようかと思う」なんて話をたまに言ってきては、「とにかくその本先に読んだら?」っと私に言われておしまい って状態が1年以上続き・・・。

そのうち私もこのことを忘れてたんだけど、去年末になっていきなり「あの本を全部一気に読んだ。そしてそれから1週間、タバコ吸ってないわよ!」とメールがきました。

決して強い意思があるとは思えないこの友達がタバコを止められた というその内容が気になる ということで、引越しでイタリア行ったついでに私も購入。:)

しばらく放っておいたけど、やっと数ページ読み出したところ・・・、

禁煙2週間経過~。emoticon-0137-clapping.gif

この本すごい! と言いたいところだったんだけど、、、

止めたきっかけは下痢発熱嘔吐してとてもじゃないけどタバコ吸いたいという気が起きなかった&スペインって普段吸ってたような軽いタバコが無い&免税店で買ってきたストックが切れた ってだけ。
で、なんとなくやめてみたら自分でもびっくりするくらいあっさり止められたので、そのまま止めてるだけで、その後この本を読むと余計タバコ吸いたくなりそうなので、数ページ読んだだけで放置されてます。^^;

しかし、タバコ止めると太る と言われるけど、ご他聞に洩れず私の体重も増加中。emoticon-0156-rain.gif
しかも、これ喫煙者ならわかると思うけど、タバコ吸うとお通じがよくなる。というか、吸わないとでない。。
元々週に2-3回だったけど、なんかここんとこそんな頻度でもでなけりゃ、お腹が張って非常に苦しい。これは明らかに便秘だろ って感じ。
それを解消するために、4つで2ユーロ弱もするお通じに効くヨーグルト Activia を1日1-2個食べてるけど、それでも苦しい。。。emoticon-0107-sweating.gif

一般的にタバコ止めるメリットのひとつとしてタバコ代の節約 を言われるけど、タバコ代がヨーグルト代に代わっただけ って気がしなくもない。スペインってヨーロッパの中では比較的タバコが安くて1箱3ユーロ(400円)弱、となると、本当にあんまり変ってない。
その上便秘による腹痛でずっと苦しんでる ときたら、なんか、タバコ吸ってるほうが健康的?って気がしなくもないけど、まぁせっかくなのでもう少し続けてみようかな。

で、最初の本を教えてくれたお友達、そーいやそれから吸ってない?と先日聞いてみたら、なんとびっくり、そのまま禁煙続いてるそうで。
絶対、もう復活してると思ってたのに。。

ということで、実はこの本効果あるのかもしれません。
今更続き読まない気がするので、誰か試してみてください~。emoticon-0155-flower.gif
[PR]
by maccarello | 2010-01-26 02:17 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(10)
外人な気分
風呂場で転んで洗面台の角に鼻打ちました。TT

鼻と言っても鼻の始まる辺り、目と目の間。
幸い洗面台の角が丸かったので切れることも無かったけど、角に押し付けられて皮膚が多少陥没。TT
かなり痛かったのでこりゃ腫れるな とは思ってたんですが、、、
時間が経つにつれ、鏡を見なくてもなんだか目と目の間がどんどん腫れているのがわかってきました。
なぜかというと、、、視界に自分の鼻がなんとなーくだけど見えるようになってきたから。
途中鏡見たら、やっぱり腫れててます。
でも赤くなったり青くなったりはしてないので、単に鼻がちょっと高くなった感じ??

前々から、鼻が高い外人は、常に視界に自分の鼻が見えているのか?
それは邪魔だとは思わないのか??

と疑問で、イタ人友達にもよく聞いてたんですが、みんな「見えるって言えば見えるかも」とか、「気にしたことないから邪魔かどうかわからない」 というなんだかイマイチよくわからない答えしか返ってこなかったんですが、ついに身を持って体験、疑問解決。

見えますよ、自分の鼻。
もちろんしっかり見えるわけじゃないけど、常に視界の真ん中になにかうっすらぼんやりしたものが見えてます。
そんで、邪魔ですよ、慣れてないからかもしれないけど。

ちょっと外人の鼻っぽくなった気がして密かに嬉しかったけど、数日経った今もかなり痛いし、翌日からは打ったところが青黒くなってきて、外人っていうよりDV被害者のようになっちゃったので、2度とこんな体験しないように気をつけようと思う今日この頃です。。
[PR]
by maccarello | 2009-11-25 04:11 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(5)
お葬式
c0005092_2265991.jpg立て続けにお葬式2件参列してきました。
どちらも直接の知り合いではなく、知人の親で、お歳も80歳越えてる方だったんですけどね。

ここ最近この辺り、妙に寒くて、昼なのに気温7度とか。
ちょっと山の方へ行くと、もう雪降ってるらしいです。
お歳いった方には、こういう気温の激しい変化はキツイのかもしれないですねぇ。。。

それにしても、こっちでお葬式に出席する頻度って、明らかに日本に居た時より多い気がする。
既に4、5回は参列してて、なんとなくミサの進行もわかってきたような。。。
初めの頃は、ミサの話を聞くでも無しにぼーっとしてると、みんな突然立ち上がったり、座ったり、みんな揃って言葉を唱えだしたり、急に周りの人と握手しだして、近くの人に握手を求められたりするのを、なんかもうどーしていいかわからずおろおろしてましたが^^;、最近ではなんとなーく進行具合がわかってきて、神父さんの口から「Pace(パーチェ=平和)」って言葉が聞こえると、あぁ、握手の時間ね とか、進行具合がわかってくるようになりました。

って、自慢にならないけど。。

こっちのお葬式でびっくりしたのは、参列者の服の色がカラフルなこと。
日本だったらお葬式に赤い服なんて絶対NGだけど、イタリアでは別に何色でも構わないらしい。
実際先日参列したお葬式、親が亡くなった知人本人が、赤いコート着てました。^^;
逆に、イタリア人からすると日本のお葬式で参列者がみんな黒一色 ってのが、不思議らしいです。

ちなみに上の写真、こちらでは、お葬式のお知らせをこうやってポスターみたく張り出します。
初めはなんだかよくわからなくて、花の絵とかついてるから、なんかおめでたいことなのかと思ってたけど、よくよく読んでみたらお葬式でした。。
逆に結婚式は、日本のお葬式の案内みたく電柱に2人の写真と日にちが書かれたものが方々に張り出されます。初めてこれ見たときは、こんな風に顔写真を方々に張られて、これってなんかの嫌がらせ?いじめ??とか思ったんだけど、そうではなくておめでたいことらしい。^^;

って、なんかまとまらないけど、外国の風習は難しいなぁ~ ということで。。。
[PR]
by maccarello | 2009-10-22 02:48 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(2)
Merenda
c0005092_5121059.jpgメレンダ`(Merenda)っていうのは日本語に訳すと「おやつ」になると思うんですけどね、イタリア語を習い始めた頃、割と早い時期にこの単語を習ったのを覚えてます。

普通初めのうちって、生活に密着した使用頻度の高い単語が出てい来るものだけど、『おやつ』なんて、日本語の会話であんまり出てこないよな単語がこんな時期に出てくるのも不思議~ と思った記憶があるんですよ。

だって日本語でおやつって、子供絡みで使うことはあっても普段の会話での出現頻度って少ないと思いません?
お菓子 ならわかりますけどね。でもおやつの時間のおやつって、使わないでしょ、いわゆるオトナの会話ではあんまり。
辞書で引くと「おやつ」と並んで「間食」って言葉も出てくるんですが、実際イメージとしては「おやつ」の方が近い気がします。
(この写真はちょっとイメージが違うよなー と思いつつ、まぁあまり深く考えないでください^^;)

そもそも「おやつ」ってーのは、子供って胃が小さいから一気にものをたくさん食べられなくて、少しずつ何度かに分けて食べないといけないから朝昼晩の間にもモノを食べる ってな話を子供の居る友達からきいて、自分が1日何食も食べてたころの記憶なんてもう既にないので、へぇ~そんなもんなんだー と新鮮に思った記憶があります。
でも少なくとも、小学校にあがってから学校で『おやつの時間』があった記憶はないので、小学生になったらもうそういう習慣は体にとって必要ないってことなんだろうなー と、思っていたんですけどね。

でも、イタリアに来て驚いたこと。

イタリア人って、大人になってからもおやつ食べてます、しかも毎日。

大のオトナが、10時半くらいと3時くらいに、仕事しながら、人によってはミーティング中にまで、モノ食べだします。

・・・なんで?

いや、なんで って、お腹が空いたから ってことなんでしょうけどね、我慢しようよ、オトナなんだから。仕事中とか、せめてミーティング中くらいはさぁ~ って思う気が、するんですけど、、ねぇ。。。

これがね、たまに とか、日によってお腹が空いた時は っていうのなら、わからないでもないんですけどね。
なんていうんでしょ、既に習慣になってる感じ。
お昼ご飯や夜ご飯 ってのと同列にこのメレンダがあって、もちろんこれ用にみんなお菓子やらフルーツを持ってきていて、時間になるとみんな当然のように食べだすんですよね。
もちろんイタリア人が全員 とは言わないけど、かーなり多い。私の周りだと、7割くらいはそうかも。
で、そういう人達の胃が子供並に小さいか というと、とてもそうは思えないんですけど、ねぇ。。。

っていうかさ、だから太るんじゃないの?

と、いつか口から出そうでそんな自分がちと恐ろしい。。:p
[PR]
by maccarello | 2009-10-20 05:28 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(7)
アッシジ
c0005092_061170.jpg


サンタ・マリア・デッリ・アンジェリ繋がりで(?)アッシジの写真でも って思ったけど、アッシジ行ったのなんてたぶんもう2年くらい前で、いつか載せようと思ってた写真は見つかったけど、なにを書きたくてこの写真を選んだのかが思い出せない。。(ダメじゃん)

ということで写真だけどどっと。(手抜き)

あ、でもこれだけは覚えてます。
アッシジの駅構内の表示板たち。

c0005092_064771.jpg


フォントがかわいい。
イタリアの駅ってそれなりに色々行きましたけど、こういうフォントの駅は初めてみました。:)

なんか惰性感漂いますが、写真だけ。。
[PR]
by maccarello | 2009-10-14 00:56 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(0)
Basilica di Santa Maria degli Angeli.
相変わらず夏休みのツケで忙しいのかと思いきや、休みボケが治った頭でよく考えてみたら、7月中にもらえるはずだった訳元のデータが遅れて9月になって私のスタートが遅れたからで、今こんなに忙しいのは私のせいじゃない気がしてきたけど、誰のせいでも締め切りは変わらないのでもうどーでもいーや。。。emoticon-0156-rain.gif

それにしても最近あまりにくだらないことしか載せてない気がするので、昔の写真を引っ張り出してみたりして。

アッシジを下った国道SS75沿いにある、前通るたびにいつも気になっていたこの教会。

c0005092_1565733.jpg


Basilica di Santa Maria degli Angeli (バジリカ・ディ・サンタ・マリア・デッリ・アンジェリ)。

この前(と言っても夏前だけど)やっと入ることができました。

久しぶりに写真多いよ。
[PR]
by maccarello | 2009-10-07 02:36 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(5)
シモーナ成長記録
c0005092_0544860.jpgなんでしょ。
そんなつもりはないのに、以前より確実に育ってます。。。
育ってる っていうか、既に一体化してきてる?


わたしモノ育てるの苦手なんですよね~ って人には、お勧めかもです。emoticon-0155-flower.gif


シモーナってだれ?って感じですが、せっかくなので名前つけてみました。
[PR]
by maccarello | 2009-10-03 00:57 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(10)

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
↑ こちらに非公開コメン..
by maccarello at 13:57
マジか! なんか、のり..
by ぴろり at 10:50
ぴろりくん: イマサラ..
by maccarello at 09:26
あー、なんかひまわりの種..
by ぴろり at 23:37
永ともさま: こんにち..
by さばぇ at 03:19
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
人気ジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧