いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
カテゴリ:イタ語ぺらぺらへの道( 46 )
イタリア語検定
あれ? 
気づいたら申し込み終わってる?

と言ってもこの半年、結局ほとんど作文の練習しなかったしなぁ~。。
秋のイタ検で2、3級併願でもしてみようかな。

と、望みだけは高く持ってみる。(無責任な発言とも言うけど)
[PR]
by maccarello | 2007-02-02 21:26 | イタ語ぺらぺらへの道
Sono stata bocciata...
あまり書きたくなかったんですが、いいとこだけ出しておくのもズルイ感じがするので、、

この前受けたイタリア語検定3級の結果ですが、不合格でした。。

リスニングも筆記も合格基準点・平均点共にしっかり超えていて、合計点数も合格基準を
超えているのにぃぃ~、ううう。。。T_T
敗因はもちろん作文。
満点:20、合格基準点:12、平均点:9.6 のところを、私の点数はなんと7点。。。
あぁ、ダメダメですね。
おしいっ! ってレベルにすら達してないし。 ひゅるる~。。。
今回は結構書いたつもりだったんだけどなぁ~。
でも採点方式が減点法だとすると、書けば書くほど悪くなる ってやつですもんねぇ~。。
最低限の文字数で簡潔に ってのがポイント?
テストの時も考えたけど、こういう問題だったら箇条書きにすべきだったのか?

この結果をイタリア人のお友達に話したら、そんなん喋れりゃ書けなくてもいーのよ と軽く言われたけど、きちんと書けないってことは正しい文法を組み立てられない = 正しく喋れてない ってことよね。。。 やっぱダメじゃん。TT

ということで、情けないですが半年後に三度チャレンジすべく、これからは作文の練習でもしようと思いまするるる。。。
[PR]
by maccarello | 2006-11-23 21:11 | イタ語ぺらぺらへの道
イタ検その後
先日のイタリア語検定、早速日伊学院のサイトに解答速報が出てました。
恐くて見たくないけど見てみたい、、、 ということで一応チェックしてみました。
結果は・・・ リスニング:27勝1敗、筆記:30勝6敗 ということで、、、 どうなんだろ?^^;
確か4,5級の合格基準は各分野毎に6(7?)割以上の正解率だったと思うんだけど、3級も同じなのかな?だったらここまではなんとかいけているような気がします。おっしゃ!
しかし、問題は作文。自分の文章覚えてないし、採点方法も知らないので後は運任せなんだけど、模範解答をみると・・・ あー時制が~、あー冠詞が~ と、もう全然ダメな予感がしてきました。TT

c0005092_22451959.jpgところで毎回受ける度に思うんだけど、このイタ検の問題ってどーも緊張感にかけるというか、ぷふっ と笑ってしまう問題が多い気がします。
問題の質の話ではなく、話題の話です。
例えば今年の作文はこんな問題でした。
このような1~10のイラストのストーリーを文章で書きなさい というもの。
見にくいのであらすじを書いてみると、、、

 1.パオラとフランチェスコが先週結婚した
 2.結婚パーティーをして
 3.空き缶付いた車でハネムーンへ出発
 4.海の見える島(?)で2人、夕日を見ながらラブラブ
 5.新婦が海で泳いでる間新郎は砂浜で読書
 6.新婦海で溺れるが新郎助けられず。(たぶんカナヅチ)
 7.そこへボートに乗ったイケメン登場、新婦を助ける
 8.この二人、恋に落ちる
 9.二人そのままボートで行ってしまう
 10.ひとり取り残された新郎、砂浜で膝をかかえて泣いている

他の語学検定試験を知らないので比較できないけど、少なくとも10年以上前に受けたTOEICの問題はこんなにユルくなかった気がします。
イタリアらしい話題と言えばそーなんですけど、問題ってイタリア人が考えてるんでしょかねぇ?
[PR]
by maccarello | 2006-10-03 23:06 | イタ語ぺらぺらへの道
イタリア語検定
c0005092_23262531.jpg受けてきました、イタリア語検定3級。

今回は初めて青学で受験。
青学ってこんなに大きかったんですね~。
廊下には昔懐かしの黒板消し掃除機(って言うんですかね、これ↓)なんてあって、なんか懐かしい~雰囲気でした。


c0005092_2337950.jpgっていうかこれってまだ健在なんですね。
これ使って黒板消しがキレイになった覚えってないんですよねー。
だいたい吸い取り力弱いし。
窓の外で二つあわせてバンバン!って叩いたほうが全然きれいになったんですが、最近のは性能改善されてるんでしょうか?
見た目ハイテクにも見えないけど。

ってそんな話はどーでもよくって、肝心のテストなんですが、、、

なんでしょう。
どーしてテストっていうのはいつも、解答用紙が手元から離れた途端に頭が冴え(?)、あっ!っと間違ったところがボロボロわかるんですかねぇ~。。。TT
たぶん出来た順番としては、リスニング>筆記>作文≒ボロボロ って感じでしょうか。
結局作文は、なんの対策もしないまま挑んでしまいました。
問題もわかってないのに、どんな勉強したらいいもんなのかもわからないしなぁ~ と。。。
その代わり作文に30分は残そう と思って筆記をやったら、見直す時間が取れず。。
しかしそのまま作文に突き進んだわけですが、、、今年の作文は絵がたくさんあって、そのストーリーを書きなさい というもの。
問題の冊子には作文の下書きページがあるんですが、これが作文問題の裏。これってめちゃくちゃ使いにくいんですよね。(改善してくださ~い>イタリア語検定協会さん)
ページをめくりながら下書きするも、時間もなくなってくるし書きにくいし・・・ で、えーい、いきなり本書しちゃえー! ということで、書くことがまとまってないまま書き出してしまい、文字数も指定内に納まったかどうか怪しいところ。。
そしてこれまた、試験官さんの「終わりです」って言葉と共に、あーここスペル間違えてる~、あー時制もおかしい~ と気付くも直す時間も無く・・・。

ということで、結果は聞かないでください。TT


c0005092_23562025.jpgま、とりあえず終わったということで。:)
行く時にしっかり目をつけておいたProntoに入り、ビールでひとり打ち上げ。^^

つか今気がついたけど、これってたぶんどんなに遅くても3時台。
こんな時間にオンナひとりでこんなところでビール って、、、
もしかしてちょっと恥ずかしかった?
[PR]
by maccarello | 2006-10-01 23:58 | イタ語ぺらぺらへの道
気がつけば、、、
c0005092_3185585.jpg明後日ではないですか、イタリア語検定。。。

ちゃんと勉強してますよ。してるしてる。
ほーんのちょっとだけど。。。
って誰に言い訳してるんだか。

しかし、結構まずいかも・・・ と思ってます。^^;
ここ1週間ほど「イタリア語検定3級突破」という本で試験範囲の文法をざーっとさらってみたのですが、一気にやったらいろんな文法がこんがらがってきちゃって、なんだか余計わかんなくなってしまったような気がしています。。。 あれぇ~?

もひとつかなりまずいのが、今まで同じ意味の単語とか、同じ使い方ができる関係代名詞などは、じゃぁどっちか片方でいいじゃーん と、はなからひとつしか覚えてこなかったんですねぇ。。
例えば che と il quale など。この本読んで、おおお、そんなのもあったかもー という程度にしか覚えてなくて、ちょっと いや、かなり青ざめました。
そして、こういうところを突いてくるんですよねぇ、この手のテストって。。。TT

しかし唯一前回よりも絶対できる気がする!と思っているのがリスニング。
2年前にテスト受けた時は、は、速ぃ~;_; と青ざめていたこのリスニングが、なんとゆっくりに聞こえます。 と言っても知らない単語が出てくるとアウトなんですけどね。
しかしこの変化には自分でもびっくり。
考えられるのは、一番最近最もよく話をしていたイタリア人の友達が、ものすごーく早口だったおかげではないかと。
この友達はイタリア人からも「彼女は早口だからねぇ~」と言われるほど早口。
ふたりで話してる分にはまだ容赦してくれるけど、イタリア人相手に話しだすと、もう私なんて彼女が何言ってんだかさ~っぱり~♪ で、1割もわからないんじゃないか というくらい。
そのうち意識がどっか上の方に飛んじゃって、TVを見ているような感覚になったものです。^^;
しかし、どうやら彼女のおかげで鍛えられたような気がします。ありがとぉ~、ルイゼッラ。。

とはいえ、、、作文は全然自信ないのに実はまだ全く何もしてないです。。
今までは友達と一緒に受けに行ってたので、その後の打ち上げの為にテス受けてたようなとこもあったのですが、今回はひとりだしなぁ~。なんだか受けるの嫌になってきちゃったかも~^^;
[PR]
by maccarello | 2006-09-29 01:24 | イタ語ぺらぺらへの道
イタリア語検定
c0005092_2352794.jpgイタ検の受験票が送られてきました。
や、やばい。。。

実は申し込み後3日ほどは勉強してたんですが、その後すっかりさっぱり勉強してませんでした。。。 このままではまずいです。TT
あー明日からやります、ごめんなさい~ って誰に言ってんだか。。
[PR]
by maccarello | 2006-09-13 23:13 | イタ語ぺらぺらへの道
Novaレッスン5回目-最終日
ということで本日もまたNovaと歯医者の日。
Novaのサマー・キャンペーン・レッスンは5回目の本日にて終了でした。
Novaのレッスンは最後だけど、歯医者通いはまだまだ続きます。診察券の裏の予約日を書く欄は早くも埋まりそうな勢いです。これ全部埋まったら、治療代1回タダ ってキャンペーンでもやっててくれないかなぁ。。。TT

今日はまたしても生徒ひとりのマンツーマン・レッスン。らっきぃ~。
本日のお題はCondizionale(条件法って文法)でした。本当は苦手は接続法をやりたい気もしたけど、接続法は今度受けるイタ検3級の範囲外のようなのでまぁいいか。 条件法は今まで使ってはみていたものの、これってホントにあってるの? と全然自信がなく、ボソボソっと早口でごまかして使っていたところだったので^^;、ちゃんと覚えるいい機会になりました。

レッスン後はやはり、今後のレッスンの勧誘。
このレッスンを受ける前に聞いていたウワサなどからNovaに対する評価は(勝手に)低かった私ですが、実際やってみたら結構楽しいし言うほど悪くないのでは? と思うようになりました。ただ、今のところ一度習った文法を復習 という授業のみなので、知識ゼロの状態から始めたらどうか というのはなんとも言えませんが。(知識ゼロでも日本語一切禁止の授業らしいので)
しかし、カクカクシカジカで長期でやるつもりはないんですのよ~ とお断りしたところ、今なら入会金の5万円免除で20回49,800円ってキャンペーンもやってますよ と。これだと1レッスン当たり2,490円で結構お得そう。ぐらつくワタシ。うーん、営業上手。
っていうかさ。だったらサマー・キャンペーン申し込み前にこれ教えてくれたら、初めからこっちやることも考えたのに。。。 ってところが営業上手なんだけど。。。

しかしこの日、Novaサマー・キャンペーン料金全額分以上の金額を歯医者様に納めてきた身としては(保健外治療だもんで、、)、お得と言っても簡単に出せる金額ではございません。
っていうか、Novaよりも歯医者がキャンペーンやってくれることを切に望みます。。。
[PR]
by maccarello | 2006-08-28 23:55 | イタ語ぺらぺらへの道
Novaレッスン4回目
なんかすごい勢いでNovaに通ってるようですが、それはすごい勢いで歯医者に通ってるからなんですね。歯医者とNovaは徒歩3分なので、歯医者とNovaの予約はワンセットで入れてあるのです。

本日は初めて男の先生でした。
この髪型(っていうかたぶんスキンヘッドかハ○)はおそらく初回のレベルチェックの時の人だろうと思うのですが、出だしから思いっきりテンションが高くてびびりました。
そういえばレベルチェックの時もいかにもイタリア人っぽいノリのよさで楽しかったんだけど、この日は歯医者で歯を3本削られた後で弱ってたこともあり、このテンションにちょっとついていかれませんでした。ごめんよ、先生。

ということで、本日の授業はイマイチ身が入りませんでした。
先生のテンションのせいではなく歯のせいなんですけどね。。。とほほ。
[PR]
by maccarello | 2006-08-25 23:58 | イタ語ぺらぺらへの道
単語本
久しぶりに単語本を買ってみました。
今まで使っていた『使える・話せる・イタリア語単語』ってのは収録語数2000語だったんですが、そろそろもうちょっとたくさん入ってるやつも欲しいかも・・・と思っているところに6500語入ってるこの『プログレッシブ単語帳 日本語から引く知っておきたいイタリア語』を見つけたので買ってみました。
じゃぁ前の本に載ってる2000語全部覚えたんかい と言われると、そういうわけでもないんだけど、、、ま、まぁ気分転換ってことで。。^^;

実際6000語もいらなくて、4000語くらいのでちょうどいいかも と思ったけどそういうのは見つからず。でも前の単語本に比べて3倍以上の単語が収録されてるのに、本全体の大きさ・厚さは大して変わらないし、今回のもカテゴリー別にまとまっていて使いやすそうです。

せっかく買ったのでさっそく使ってみたい ということで、本日話題の惑星を調べてみました。

  水星・・・Mercurio
  金星・・・Venere
  地球・・・Terra
  火星・・・Marte
  木星・・・Giove
  土星・・・Saturno
  天王星・・・Urano
  海王星・・・Nettuno
  冥王星・・・Plutone

ちなみに地球と金星のみ女性名詞。 紛らわしいなぁ。。。
[PR]
by maccarello | 2006-08-24 23:56 | イタ語ぺらぺらへの道
Novaレッスン3回目
Novaのサマートライアル(あれ?毎回名前変わってる?)の3回目。

今日はこの文法 というのはなかったけど、1組の~ と およそ~くらい って言い方。

  un paio di ... 1組の~
  una decina ... およそ10
  una quindicina ... およそ15
      :
  un centinaio ... およそ100
  un migliaio ... およそ1000


おお、なんか昔習った気がするぞ。
でもいつも、circa(およそ)とかpiu` o meno(だいたい)とか使っててこーいうのは実地で一度も使った覚えがない。^ ^;

というわけで、これらを使った練習。
このお店には何がどれくらいある? 「えーと、服が30着・・ じゃなくて30着くらいの・・」と、手元に書いたばかりなのに実際使い慣れない言い方って口から出てこない。。TT

ところで今回までのレッスン3回とも先生は女性だけど毎回違う人。Novaの先生って女性が多いのかしらん?
その先生から最後の質問。「私はいくつに見える?」 その後「答に気をつけてね」 と。。
うひゃー。 実際40前後?と思ったけど外人ってふけて見えるし・・・ ということで「およそ30歳」と答えておきました。私っておとな~ :D
[PR]
by maccarello | 2006-08-23 23:36 | イタ語ぺらぺらへの道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧