いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
イタリアで車を買う その5
c0005092_332780.jpgうぉっ、なにこの車、かわいい! と思って後ろに回ってみたら、2シーターの日産マーチ(イタ語名MICRA )。

こんなのいつの間に出てたの?
日本でも、普通に走ってるのかしら?
かわいい~ 053.gif

でも当然こんな新しいモデルの車を買うお金なんて無いので、この車を買ったわけでもないんですけどねぇ。。。残念。

072.gif  072.gif  072.gif


さて、しばらく間が空いてしまいましたが、次の関門は

2)IDカードをとる。  ・・・> このシリーズの目次はこちら

ですが、実は初めの時点ではこの関門については聞いていませんでした。
レジデンツァさえあれば、車は買える と聞いてたんですね。
なので申請から約3週間後にレジデンツァが取れた時点で、おおお、これでやっと車が手に入るぜ! と喜び、車を売ってくれる友達が名義変更の手続きを予約しに行ってくれました。ら、電話がかかってきて、IDカードがないと、名義変更できない と。

とりあえずその日は予約は諦め、翌日奥さんが役所に勤める知人や、彼女に話通してくれた知人に聞いてみるも、みんな「名義変更はレジデンツァだけでできるはずだ」の一点張り。

だってできないってACI(日本のJAFみたいなとこで名義変更の手続きもできるところ)で言われたって・・ と言っても、そんなことは絶対ない と。

でも手続きするところが直接言ってるんだから・・・ と思うも、黒いものもコネさえあれば白くなるこのイタリア、前回の恩恵も頭をよぎり037.gif、この知人に再度相談したら、オレが聞いてやる と電話をしてくれました。うぉーありがたい!
電話を聞いてたら知り合いっぽかったので、おお、これはいけるか?と期待してみたのですが、、、結局はやっぱりIDカードが必要 と。

ダメかぁ~。。。

役所に勤める知人の奥様曰く、これができるまでには3週間から1ヶ月はかかる とのこと。
色々手続きがあるらしく(どんな?)、こればかりはいくらコネがあっても、どうにもできないらしい。

ということで、ひたすら待つ日々。

でもま、こればかりは仕方ないし、ひたすら待つだけで1ヵ月後にできるなら いっか と。でも本当に1ヶ月でできるのかは非常に不安なので、たまに奥さんが役所に勤める知人に、まだかなぁ~ と聞きつつ、待っていたのですが、この待っている間に前回の必要書類を集める をやっていたので、私は非常に機嫌が悪かったわけですね。。。

で、約1ヵ月とちょっと後、出来た!と聞いた日に、ちょうど戸籍の訳の最終版を受け取ったので、翌日それを持ってIDカードを作りに行きました。

IDカード自体は、申請したその場で受け取れる と何人かに聞いていたんですよ。
ただ数年前にこのIDカードっていうのは紙モノからクレジットカードのような電子カードに変わっていて、その後に手続きした人の話では、3回も足を運んだ と聞いていたのですね。機会が壊れただの、プリンタが動かないだの という言い訳と共に。

なのでね、一応覚悟はしていきました。3回までなら通ってやるぜ! と。 066.gif

しかし幸いここもあっさり一回で突破。056.gif
その場で写真を撮り、指紋を撮って、待つこと10分ほど。

待ってる間に窓口の人が私のデータを見て、「長野ってオリンピックの?」と聞いてきました。
何をいきなり と思ったんだけど、私の本籍地って長野なんですよね。「長野は寒いのか?いいところか?」とか聞いてくるので、住んだことないけど面倒だったので「いいところだよ、寒いけど、リンゴがおいしい」とかテキトーなこと答えてました。
そしたら一通り話した後、「オレは外国は好きじゃない、行ったこともない。やっぱりイタリアが世界で一番いいところだ。そうは思わないか?」と。

こういうイタリア人って、多いんですよね。
イタリア料理以外を生まれてこの方一度も食べたこと無いのに、やっぱりイタリアンが一番だ、そうだろう? とか。比較対象ないのになんで一番ってわかるの?って思うんだけど。
それに他者を全否定した上でどれそれが1番 って言い方、一神教信者の特徴だよなー とか思いつつ、友達だったらそういう議論もしてみるところだけど、この後2度と会うことのないであろう役所の人相手に、更にまさに目の前でプリンターに通されているIDカードのことを思うとここは穏便に と、「イタリアは大好きだけど、日本も好きだし、他にも好きな国はたくさんあるよ。どの国にもいいところもあれば悪いところもあるし、そんなもんじゃない?」とどっちつかずに流しておく。

余談だけど、私出生地が埼玉で本籍地が長野なんだけど、どっちにも住んだことないんですよね。で、イタリアでもろもろの手続きをしようとしてよく書かされるのは、出生地(Luogo di nascita`)なんですが、書類を提出する場合は戸籍だったりします。そうすると本籍地が長野なわけですよ。
でもって、イタリア人からするとこの「出生地」と「本籍地」の2ヶ所っていうのは基本的に同じらしく(っていうか書類が別れてない?)、私の場合書類によってこの出生地の場所が埼玉だったり長野だったりしてます。
これって、大丈夫なのかなぁ? といつか問題になりそうで恐いんだけど、まぁイタリアだし、その二つは同じ場所よ って言えば通りそうな気もするけど。:p

ということで、この『関門2』も、時間はかかれど大した労力もなく突破できました。

そうそう、苦労して取った戸籍の訳をこの時役所に提出しようとして出したら・・・
こんなものは必要ない と言われました。
いやいや、IDカードにはいらないかもしれないけど、レジデンツァと取る時にね・・ と経緯を説明するも、「レジデンツァのことはよくわからない。オレに渡されても困る・・」と。

いやぁ、誰かレジデンツァわかる人に渡してくれるとかさ、してくれないのかな と思って食い下がってみたけど、そのままその書類を失くされる確率の方が高そうなので、だったらいいや とその書類はそのまま持ち帰りました。
で、後日改めて事情のわかってる知人の奥さんへ渡しに行ったのでした。
組織力って、ナニ?
[PR]
by maccarello | 2008-09-27 03:22 | イタリアーナへの道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧