いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
イタリアで車を買う その3
スマート並に小さいこの車。(ってこの写真前にも使ったので出がらしですが、、)

c0005092_1304421.jpg


これまた買ったのはこの車でもないのですが、本当はこれが欲しかったんですよね、ずっと。でもこの車もApe同様エンジンが現チャ。それゆえ車の免許が無くても乗れるそうで、免停くらった人とか、車運転するの危ない老人とかが乗るものだそうで、これ欲しい!と散々周りには言ってたんだけど、大笑いされるだけでダレにも本気にされず、これの物件話は周ってきませんでした。
まぁこれも、スピードがあまりに出ないのでファースト・カーにはちょっと ではあったんですがね、でもかわいいのですよ、とっても。 うーん、残念。。。

069.gif   069.gif   069.gif


いつもこの手の許可書絡みの手続きの時にいろいろ教えてもらってた人には今回あまり頼れそうもないので、今回の手続きに関しては人に頼らず自力でやるしかないっすか と思い、このレジデンツァ申請に必要な書類等を調べるために、役所に行きました。  ・・・> このシリーズの目次はこちら

考えてみりゃ、今までが恵まれすぎてた気もしますしね、いろいろ助けてもらって。
そもそもこういうことって本当は、イタリアに住む日本人のみなさんは自力でやってることでしょうし、甘えてばかりはいられません。

とりあえず役所行って、順番を待って話をすると、ぺろんっ と数枚の紙を渡され、ここに書かれてるモノを用意して、この申請用紙に記入して、また持ってきて とのこと。
この時点ではかなりの長期戦になるであろうことは覚悟してたので、その場で申請用紙と必要書類を知る事ができただけでもかなり儲けモノ と思っとりました。だってこの国、こういう 情報得るってだけ すらも、相当苦労することが多々あるので。。(不思議~)

自分の覚え書きの意味も含めて書いておくと、ここで必要な書類とは、

 ・ Permesso di soggiorno (滞在許可証)
 ・ パスポート
 ・ Codice fiscale (税務番号)
 ・ Certificato di nascita` (戸籍謄本を外務省で公印証明を受けたもの。イタリア語または英語)

#最後のヤツは、訳すと「出生証明」なんだけど、内容を聞くとどうやら戸籍謄本だった。

でもこれはコムーネ(役所)によって違うらしいので、実際この手続きを行おうとしてる方はご自分で確認してくださいませ。

さて、最初の3つは既にあるのでいいとして、この戸籍っつーのは日本から取り寄せる必要があって今すぐは無理だし、当然だけど全編イタ語で書かれたこの申請用紙をちゃんと読んで理解して記入するのにどれくらい時間がかかるやら・・・ 015.gif とウンザリしながらとりあえずその書類を持って家に帰ろうとしたとき、、、
車買うためにレジデンツァ取ろうと思って・・・ と話をしていた知人(前出の人とは別人)から電話。

この知人と私との共通の知人の奥さんが役所で働いてるから ということで、彼がこの奥さんに私のこと話してくれたそうで、「今すぐ役所のどこどこへ行け、奥さんが出てくるから」とのこと。
慌ててそこまで戻ってこの知人の奥さんに会い、彼女のオフィスに案内されたらこの奥さん、私がさっき受け取った申請書類にさらさら~と必要事項を全部書いてくれ、大家さんに聞かなきゃわかんないことも、役所のデータベースや同僚づてに調べてくれて(個人情報保護法ってなに?)、なんとその場で申請手続き完了~056.gif

足りない書類(戸籍)は後から持ってきてくれればいいから、とりあえず処理だけ進めておくわ ということで、なんとなんと、『関門1b』 を通り越し、『関門1c』 もあっけなく突破。。

・・・ なんてこったい。


この時はまさに、口あんぐり って感じで、外に出てからなんだかぼーぜんとしてしまいました。

いやぁ~、コネって、すごい。

今までイタリアのコネ社会ってどうなんよ と思ってたけど、こう恩恵に預かってしまうと、なんだかんだ言っても、コネで動いてる社会で強いのはコネクション。だったら使わない手はないじゃないか と考え方を改めたくもなるもんです。

後から同じ町に住むイタ人友達に聞いたところ、この町でレジデンツァ(住民登録)を取るにはイタリア人でも半年くらいかかる と言われているそうで、そんなの聞いちゃうと余計に、イタリア人でもない私がもしこのコネ無しでこれをやろうとしたら、この書類出して処理をしてもらうまでに一体どれだけ時間がかかったことやら・・・ と。
私が3週間弱でレジデンツァ取れた と言ったら、このイタ人友達もびっくりしておりました。

いやぁ~、まさに


 ビバ、コネクション!!


#嗚呼、こうやって、人間というのは汚れて行くのですね。。。TT


あぁ、そうそう、レジデンツァを取るにあたって、カラビニエーリ(警察)がそこにちゃんと住んでいるのか をチェックに家まで来るんですが、家にも当然見に来ました。
これと言って何をするでもなく、部屋にあがって部屋の中ちろっと見て、書類にサインさせられておしまい なんですが、このカラビニエーリのオヤジ、その後に手続きの延長のような感じで「日本語でアンナとミケーラってのはどー書くんだ?」と。

さすがイタリア。
公私混同、職権乱用 なんておかまいなし。
こんなこと、日本でやったら問題になりそうですけどね、別にイタリアではフツーだし、何か問題でも? って感じなんでしょうねぇ。。

レジデンツァがかかってますからね、もちろん書きましたけどね。037.gif
[PR]
by maccarello | 2008-09-13 03:54 | イタリアーナへの道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧