いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
間違い電話
携帯がかなり一般的になってから、間違い電話って随分少なくなったなー と思います、日本では。
でもイタリアだと、結構かかってくる気がするんですよね、間違い電話。
というのもお年寄りなんかだと、携帯は持ってても、アドレス帳を使わないのか使えないのか、未だに紙モノのアドレス帳見ながら電話かけてたりします、友達に。

まぁ、それは日本でも一緒かもしれないし、そりゃぁたまには電話をかけ間違えることあるでしょう、人間ですからね。私だってたまにはあるし。
でもね、間違い電話を受けた時の相手の対応が、イタリアってなんだかなー と思うんですよね、よく。

一番多いのが、、、

 わたし 「プロント(もしもし)」
 相手  「キ エ? (ダレ?)

・・・ダレ? ってアンタ、、、
アンタこそ誰さ?


次に多いのが、

 わたし 「プロント(もしもし)」
 相手  「コン キ パルラ? (あなたダレと喋ってるの?)


・・・知らんがな。
私が聞きたいわ。。。

と。

しかもこの時点で相手はかなり不機嫌な声。

つか、間違ったの、アンタだし。。。
私に一体、何ができたと?

こういう時は一応穏やかに、「番号間違えてると思いますよ」って答えるようにしてるんですが、だいたいこの後の相手の対応ってのが、

 相手 「○×※△!(いわゆるスラング)、ブチッ(←電話切る音)」

というパターンが多いこと多いこと。

一方的にかけられた間違い電話でこんな対応取られては、私が「○×※△!」って言いたいわ。。015.gif

これ、声から判断するに若い子ってわけではなく、もういいオトナが多いんですよね。
しかも、おばちゃん系の声。
どっちかっていうと若い子の方が対応まとも。
顔が見えなきゃどーでもいいと思ってるのか、それともこういうシチュエーションでの対応としては至ってフツーの受け答えなんですかねぇ?・・って思ったほうが、精神衛生上いいかも?
[PR]
by maccarello | 2008-07-31 01:58 | イタリアーナへの道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧