いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
イタリアにおけるエンジニアの地位
イタリアに住むまで知らなかったけど、イタリア人ってかーなり学歴重視で肩書き好き。

イタリアで語学学校に通い始めた頃、当然出会う人は皆知らない人なので、よく日本では何をしてたんだ?という質問をされました。
ロクに喋れないイタ語で難しいことは言えないので、ただ「エンジニアやってました」 と答えてたんですが(まぁウソじゃないし)、そうするとその場の空気が変わるのを感じたものでした。
初めは、あれ?なんか間違った?と思ってたんですが、その後必ず聞かれるのは、大学では何を専攻していたか ということ。イタ語で工学部はIngegnere (英語のエンジニア)なので、電子工学 と答えると、ほぼ100%の確率で頭の先から足元まで舐め~るように見られます。

後からわかったのは、イタリアでエンジニアというのは、医者(dottore=英語のドクター)と同様の地位なのだとか。

もうだいぶ前、友達とその友達数人でバールでだべっていて、友達が私を指して「この子イタリアで仕事探してるんだけど、何かない?」みたいな話になったとき。
私とは初対面だった女の子が鼻で ふっ と笑い(←ホントに”ふっ”って聞こえた)、「こんなイタリア語もロクに喋れない子雇うくらいだったら、会社は私を選ぶわよ」と。
その日は熱っぽい中ムリヤリ友達に連れ出され、その場に居るのがやっとでほとんど口を開いてなかったので、イタ語がほとんどわかってないと思って言ったのかもしれないけど、正直カチンときたものの、彼女が言うことは正論。
「まー、そーだよねー」と応えようとした時に友達が一言。

「でもこの子、エンジニアよ」 と。

したっけさっきの子、私のことを上から下までまさに舐め~~~るように3往復くらい眺め、「あなたが?本当にエンジニアなの?」と。その後はお決まりの「専攻は何?」という質問。一通りお決まりの質問攻めにあった後、「じゃぁ私には無理ね、ごめんなさい」と。

・・・なんなんだ、その態度の違いは。 015.gif

だいたいエンジニアの一言で片付けるけど、仕事する上で大切なのって、何を学んできたか ではなくて 何ができるか だと・・・、言われませんでしたっけ?日本では。
でもイタリアだとこういう話って一切でない。工学部出たイタ人も、自分はエンジニアだ と事あるごとに主張はするものの、実際の仕事はお粗末な人も多々居るわけですよ。

日本も昔は学歴社会があったし似たようなものだったのかもしれないけど、でもイタリアって日本のように学校によるレベルの差もあまり無いようだし、まさに何を専攻していたか という点のみ重視という感じ。それに前にも書いたように、大学卒業するのに10年近くかかってる人とか山のように居て、それで何が判断できるんだろう と。

それにねぇ、人の興味や得意分野ってそれこそ人それぞれだし、昔から語学が先生もサジ投げるほど苦手だった私からしたら、学歴なんかなくても、○ヶ国語喋れます ってほうが、よっぽど尊敬に値するんですよね、ホントに。。。
こういうのって、理系分野に長けてないイタリアだからこそなのかもしれないけど。
おそらく男女比を考えなければ、大学卒業者の半分近くが理系に分類されるのでは?という日本の常識から考えると、文学部だろうが工学部だろうが、それが何?って気がするんですけどねぇ。
だいたい私なんて大学卒業したのなんてあまりに昔で、やったことなんて全然覚えてないし。:p

それとこれは日本で働いてたときに会社の先輩と話してたことだけど、今の世の中、知識や情報なんてもんはネットだの本だの人からだのといくらでも取り出せるわけで、要は必要な時に必要な情報を、『どこからどうやって取り出せるか』 というポインタとその使い方を知ってるほうが重要だろう と。
私なんてもう脳内メモリーがお酒で溶けてて多くのことを記憶できないので、必然的にこういうポインタしか持てないわけなんですがね。。。
でもイタリア人のエンジニアって、色々知識はあるけれど、それを使えない人が(歳いった人には特に)多い って思うことがあります。
色々うんちく並べてくれるけど、うんちくはいいからその知識を総動員して問題を解決してくれ というと・・・、それは自分の仕事じゃない って感じで逃げたり。
いや、それがアンタの仕事でわ? と。

いいのか悪いのか、イタリアにもこういう状況を不満に思う人はいるようで、最近イタリアでは実力のある若いエンジニアはどんどん海外に出て行ってしまい、イタリアには残らないのだそうで。
それをみたイタリア人は『よくない傾向だ』とは言うものの、じゃぁ根本解決する気があるのか というと、そんな気はさらさら無いみたいだし。。。
実力社会が絶対的にいい とは思わないけど、でも実力ある人にとっては、それを評価してくれるところに行きたくなるのは、そりゃ仕方ないですわな。

日本だとプログラマやSEなんかのエンジニア職って、3K(キツい、給料安い、帰れない)と言われて誰も羨ましがらない なんて話を聞くと、エンジニア(=工学部卒)ってだけで半ば崇拝され高給もらえるイタリアというのは、ある意味エンジニア天国なんでしょうけどねぇ。。
日本のハード・ワークに疲れたエンジニアさんは、イタリアに新天地を求めてみるのも手かも?
あ、でも、外国人ってことで他のイタリア人より待遇も給料もものすごーく低くなるので、総合的にみたら全然おいしくないかも。ダメじゃん。。。056.gif
[PR]
by maccarello | 2008-07-29 02:18 | イタリアーナへの道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧