いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
Ljubljana@スロヴェニア
c0005092_23103796.jpg
またしても旅行ネタです。

早くこのネタを載せたかったんですが、なんだかんだと旅行尽くしでネタに溢れ、やっとネタが空きました。

もう4月のことなので、かれこれ2ヶ月くらい前になるんですが、これまた2泊3日の強行でスロヴェニア(Slovenia)に行ってきたのでした。


今回行ったのは首都Ljubljana(リュブリャーナ)と、国立公園近くのBled(ブレッド)という湖のある町。

この写真は首都リュブリャーナ。


c0005092_23105995.jpg

この旅行、かーなりよかったです。
旅行が というよりこの国が。

リュブリャーナとブレッド、2回に分けて一気に載せちゃいます。



ほんの2ヶ月前までは、スロベニア という言葉からなーんのイメージもわかなかったし、旧ユーゴスラビア ということで、なんとなく勝手に「暗い」「戦後まだ数十年で西欧より遅れてる」「物価が安い」などのイメージを持ってたのですが、行ってみてびっくり。
ものすごーく先進国です。おそらく日本並み。
c0005092_22574325.jpg

まず感動したのが、公共のトイレの綺麗さ!
ホテルやレストランは当たり前、駅や公共のトイレも日本のデパート並に綺麗です。
イタリアのように便座が付いてなかったり、使うのをためらうほどに汚れていたり ということはまるでなし。どこのトイレも安心して座れます。
トイレがキレイだからって何?って思われるかもしれませんが、よく「トイレは家の顔」と言われますが、これってそのまま国にも当てはまると思うんですよね。
トイレは国の顔、その国の全てを表しますよ!(鼻息荒い)
その証拠にイタリアのトイレの汚さといったら・・・(以下自粛)

c0005092_2304269.jpg

そして次に驚いたのは、言葉。
英語、ドイツ語、イタリア語 がフツーに通じます。
しかもそれは観光客相手の人が仕事の為に身に付けた という感じではなさそう。
駐車場のおっちゃんやメルカートのおばちゃん、たばこ屋のおねーちゃんまで、どうやらスロベニア語+上記3ヵ国語での対応は全然問題なさそう。
しかもこれ、若い人だけじゃありません。
もう50歳は絶対超えてるよね って人までが、相手によってこの4ヵ国語を普通に使い分けてます。泊った小さなB&Bのおばちゃん、絶対50歳は超えてると思うけど何ヶ国語喋れるのか聞いたら、スロベニア語、英語、イタ語、ドイツ語、オランダ語 の5ヶ国語だとか。すげー。いったいどういう教育されてるのか興味深々。

c0005092_2312228.jpg

確かに国がイタ語圏、ドイツ語圏と接してる というのはあるけど、多言語が普通に通じるのは別に国境沿いの街に限った話じゃないし、同じく多言語圏と国境を接してるイタリアがどうか と言ったら、、、英語すらほっとんど通じないわけですから、これは絶対地理的要因だけではないはず。

そして更に驚いたのが、みんな英語の発音がものすごーくキレイなクイーンズ・イングリッシュ。
「英語でいい?」「Sure, No problem!」って返されて、「私の発音がプロブレムですみません、、、」って感じ。
イタリアの「インフォるメーション」みたいな発音なんて、観光地でもなんでもない山の中にポツンとあるお店のお姉ちゃんもしてませんでした。

c0005092_2321099.jpg

そしてクロアチアもそうだったけど、街が「清潔」という意味でもきれい。
道にゴミやタバコの吸殻が大量に落ちてたり、公共のものが当然のように壊れてたり というどこぞの国のような光景は全く見ませんでした。

その上ハイテクでオシャレ。これは首都リュブリャーナで泊ったホテルのフロント。
たぶん新しいのでしょうが、キレイだけど無機質 というわけではなく、ポップでオシャレ。
c0005092_2351676.jpg


そしてこのホテルのエレベーター、部屋のカードキーをかざすとその部屋の階に着くしくみ。逆に言うと部屋のキーを持ってない人が簡単に部屋まで行かれないようになっていて、セキュリティー的にも素晴らしい。
でもこれ、別にすごく高いホテルってわけじゃありません。星3つでシングル1泊65ユーロ、部屋は特別広くないけど清潔でかわいく、その上なんとバスタブ付き!(←これポイント高い)

メルカートも整然としているし、売られてるものも、見るからに質が悪くて趣味も悪い ってものが大部分を占めるイタリアのメルカートとは違って、なんだかとても素敵。
c0005092_23184112.jpg


でもたまによくわからないのも売っている。。
おねーちゃんはかわいいけど、これはちょっと恐い。
c0005092_2354763.jpg


食べ物も、その場でクッキーやピザ作って売ってたり。
試食させてもらったけど、とても美味しい。
c0005092_236351.jpg


関係ないけど白菜と椎茸発見。
帰る日だったら絶対買ってた。
c0005092_2361636.jpg


お花屋さんも多い。
近くだったら絶対買ってた。
c0005092_2362944.jpg


でも洋服のセンスは、イタリアとあんまり変わらないかな。
こうやって下着がへーきで吊るされて売ってるところとか。
メルカートの中で平気で下着姿になって試着してるおばちゃんとか居たし。
c0005092_236449.jpg


お、こんなとこにもキティーちゃんが と思ったら、Hello baby になっていた。
c0005092_23121863.jpg


うーむ。。。

物価はイタリアの田舎並 というところかな。
予想ほど安くはないけど、国の発展具合を見たらそれも納得。
そう考えると、逆にイタリアは国が発展してないくせに物価高すぎ。


この後は国立公園近くのBled(ブレッド)という湖のある町に行って、これがもぉ~のすごくよかったのだけど、それはまた次回。
[PR]
by maccarello | 2008-06-20 00:41 | 世界制覇への道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧