いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
夏の楽しみ
夏になって周りが海だ海だ と騒ぎ始めると、密かに楽しみにしていることがあります。

それは・・・刺身が食べられるということ。

ボート持ってる知人達が海へ魚獲りに行くので、そのおこぼれをもらえる事があるわけです。うしし。
今年もそういう季節になったので密かにうきうきしていたら、この週末一緒にボートに乗せてもらって釣り体験してきました。

実は去年から言われてたんだけど、乗り物酔いのひどい私としてはなかなか食指が動かず。
ボートはいいから魚だけくれ とは言わないけど、たぶん顔には書いてあったと思う。
でも、海は好きだしボートに乗ってみたい気持ちはあったので、今回は酔い止めを飲んでいざ出航。

c0005092_127345.jpg普段住んでる街を、海から見る というのもなかなかいいもんでした。
この日はあいにく雲が多かったけど、雲がない日は南北100キロ先の街まで見えるそうです。
反対側をみると、視界には水平線以外なにも見えない というのもなかなか圧巻。
アドリア海側って遠浅で、水が緑色に見えるんですが、陸地から10キロ離れるとさすがに海は深くって青黒い。
もう泳げるかと思って水着着てきたけど、水温はまだ21度でちょっと冷たく残念。

さて、釣りは というと、舟を出してまでの釣りってーのはどんなもんなんだ と思っていたら、ボートの両端から釣り糸たらして走り回るだけ という、なんともプリミティブな方法でした。
見てると餌もついてないみたいだし、こんなんで釣れるのか?と思っていたら、実際釣れるから驚き。

9時から10時の間が最も釣れるそうで、「魚にサマータイムはないからな、魚にとっちゃぁまだ8時から9時、ちょうど朝食の時間だ、ほら食え食え」とか言ってましたが、餌もつけてないのに朝食だ はそりゃ詐欺だろ。


c0005092_12723100.jpg1時間半ほど走り回って、アジ5匹、サバ1匹の収穫。:)

アジと言えばタタキでしょ ってことで。
去年は家に切れる包丁がなくて(イタリアの包丁って驚くほど切れない)、切ったというより千切りました?みたいになってしまったけど、去年日本に帰ったとき、このときの為に包丁を買ってきていたのですね。ほほほ。037.gif

ちなみに日本に居た時に魚なんておろしたことなかったので、こちらへ来てから刺身食べたさに本見ながら覚えましたね、魚の3枚おろし。(自慢にならん)
しかし、日本の包丁のおかげでキレイに切れるは切れるんだけど、皮が上手にむけません。
皮剥くところで身がぐしゃぐしゃに・・・TT
その上どうしても骨の間に身が残ってしまう。。。これってなんかコツあるんですかねぇ?

c0005092_1273512.jpgということで、やっぱり見た目はあまりよくないんだけど、さすが釣りたて、味は抜群!
ちょっと生姜が多すぎた気もするが、まーいいか。
少し前、近所にできた寿司出す店に行ったら、なかなかいいお値段のうえに一緒に行った人みんな翌日お腹壊したんですが、それを考えると、見た目が悪くても鮮度だけは保証されてて安心なはず。しかも原価ゼロ円だし。

骨の部分の身がもったいないので、これは焼いて食べました。
サバも塩焼きにしてみました。(日本で魚焼き網買ってきてた)
あー、次はカレイやヒラメが釣れないかな~。010.gif (←無理)
[PR]
by maccarello | 2008-06-10 02:21 | イタリアーナへの道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧