いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
Lecce (レッチェ)
c0005092_23551465.jpg


「レッチェと言えばバロック」 と一般的には語られるようですが、私がバロックという単語から連想するのはただひとつ、バッハのみ。

うーん、我ながらなんて単純な・・・。

もうちょっと頑張ってもパッヘルベル。ってどっちもドイツ人じゃん。
えーと、イタリアだったらビバルディーもそうでしたっけ?みたいなレベルでして、多少なりとも興味のある音楽でもこのレベルなので、美術に疎い私にこのバロックを語れるだけの知識なんてもんはこれっぽっちもありません。

なので、レッチェ&バロックに興味を持ってここへたどり着いてしまった方へは、たとえばこんな■イタリア語dicotomiaさんの旅行記が写真も含めて充実してますので、こちらをお勧めいたします。
ってまー、我ながらなんて他力本願。。。



バロックについてちゃんとしたことはなーんもわかりませんが、バッハの2声、3声、4声にと旋律がしつこく絡み合う音楽性を元に想像するに、この 空間恐怖症ですか?というほどやっきになって空間を埋め農密度に飾りたてる というところがバロック芸術の特徴でしょうか?ってまー、我ながらなんてテキトーな解釈。(写真↓はサンタ・キアッラ教会)

c0005092_08777.jpg


そんでもってこういうところから感じるイタリア人の感性のルーツ。

イタリア人の家に行くとよく思うのですが、壁一面これでもかとばかりに絵だの写真だのお面(?)だのが飾られている家、結構あります。

音楽において休符というのは、ある意味音譜以上に重要な意味を持ったりするわけですが、そういう意味でイタリア人の家には休符(空間)がない と感じること多々あり。
壁、棚の上、棚の中、これでもかとばかりに色々飾り立て、置きまくってギャラリー化されてます。
賃貸の家でも壁が既にミニ・ギャラリー状態だったりするところも多いのですが、これってもしかしてルーツはバロック? (写真↓はドゥオーモ)

c0005092_084162.jpg


よく、ハードロックっ ていうかヘビメタ好きな人はバッハが好き なんて説を聞きますが、これでもかとばかりに音に音を重ね、どこまでも重く、ひたすら分厚く、時系列方向にも細かく音を詰め込みまくるヘビメタ、スラッシュメタルなんてジャンルも、こういうバロックに通じる部分があるんですかねぇ?
個人的にはこの両ジャンルからは、数学的な整然さ という共通点も感じるんですが、どーでしょ? (って誰に聞いてんの?)

イタリアでは未だにAC/DCだのメタリカだののTシャツを着てる人をよくみかけるんですが、イタリア人って結構メタル好きが多いんじゃないかと密かに思っていて、それもやっぱりこういうバロックな血から来ているのでわ?と思ってみたり。。。
とかいう私もこの手のジャンルはかなり好きな口ですが。:p (写真↓は道歩いてて適当にとったとこ)

c0005092_09048.jpg


そう考えるとですね、静寂恐怖症ですか?とばかりに相手の息継ぎの隙を埋めるようにお互い喋り倒すイタリア人の会話の特徴というのも、ルーツをたどるとこういうバロックから来てたりする?
イタリア人同士の会話ってよく2声3声と絡み合っていて、一見それぞれ違う旋律(主張)のように見えたり、何度も同じ旋律(内容)が繰り返されたりしてうわーっと盛り上がるけど、なんか最後はうまくカデンツでまとまったりしてるし。これってまさにフーガでは? (↓写真はサンタ・クローチェ教会)

c0005092_091864.jpg


ってまー、我ながらなんて勝手な解釈。
ここに書かれてることは何の根拠もありませんので、皆様どうぞ信用なさいませんように。


←たまにはこちらもよろしく~。
[PR]
by maccarello | 2008-05-22 01:02 | イタリアーナへの道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧