いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
オリーブオイルのスコーン
c0005092_1927778.jpgこちらのブログこの記事を見てたら、とてもスコーンが食べたくなりました。
むかーし作った記憶によると、スコーンって確かとっても簡単だったはず と思ってネットで調べ作ってみました。

ただスコーンって、イギリスのお菓子なんですよね。
イタリアに居るのにイギリスの菓子作るのもあんまり面白くないし、実は家にもらいもののオリーブオイルを持て余してるので、バターの代わりにオリーブオイルを使ってみました。

実は以前 ってもう結構前ですが、とてもおいしいオリーブオイルを知り合いにもらったのですよ、5リットル。。
ワタシ、一人暮らしなんですがね。
5リットルなんてアンタ、使い切るのに何年かかるよ・・・
ってな反論にも一切耳を貸してもらえず、「いいからとにかく持って行け、多すぎるなら誰かに分ければいいじゃないか」 ということでとりあえず5リットルのオリーブオイルを貰って来たんですが、その後友達何人かにに分けたりしたんだけど、未だ残ってるんですよ、これ。。。
しかもこれもらった少し前に、他でこれまた美味しいオリーブオイルを1本買っていて、更にその数日前にスーパーでオリーブオイルを1リットル買ったばかりだったりして、まったくタイミング的についていない。。
こういうのって旬モノだし、早いとこ使わないと味も落ちるし と思いつつも、アブラだけにそのまま飲むわけにもいかず・・・。一応きちんと栓をしてるせいか、味はまだ美味しいんですけどね。

ということで、これの消費促進も兼ねてオリーブオイル・スコーンを試作してみたんですが、フツーにおいしかったです。 フツーに ってのは、花粉症で鼻詰まっててあんまりよく味がわからないんです。はぁ~、情けな~。。。
ただ、ほんのりした甘さがないのはやっぱりバターを使ってないからかなぁ。でもその分甘いジャムやホイップクリームにあう気がします。

これまた自己流テキトーなんですが、レシピ紹介。
[材料]
 小麦粉          200グラム
 Lievito(*)       大さじ1弱
 砂糖            大さじ1くらい
 塩             ちょっぴり
 オリーブオイル     大さじ4~5
 卵             1個
 牛乳           大さじ2~3

(*)Lievitoとはイースト菌です。
どうもこちらではベーキングパウダーは使われず、お菓子作りにもこれが使われるっぽい。分量見ると日本のBPよりも多めに使うようなのでこれだけ入れてるけど、BPだったらこの1/3くらいでいいと思います。

[作り方]
 ・小麦粉とLievito合わせてふるい、砂糖、塩も混ぜる。
 ・そこにオリーブオイル入れて、手でそぼそぼになるように混ぜる。
 ・真ん中くぼませて卵と牛乳入れて混ぜる。
 ・冷蔵庫で1時間くらい寝かせてから、200度のオーブンで15~20分くらい焼く。

ネットのレシピをいろいろ見てると、スコーンって型抜きして焼くようなんですが、冷蔵庫で寝かせても、とても柔らかくて型抜きどころの状態ではありませんでした。なのでスプーンですくってぼてっと鉄板に落として焼いたけど、まーありでしょ。牛乳が多すぎたのかなぁ?

ところでこのLievito、以前饅頭作ったときもそうだったけど、お菓子用のを使ってるのにどうも舌にピリピリとした刺激が残ります。なんだろう、使い方間違ってます?025.gif 解決策知ってる方いたら、どうか教えてください~。


←ありがとうございます~。
[PR]
by maccarello | 2008-04-28 19:37 | イタリアーナへの道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧