いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
ティラミス
c0005092_2284490.jpg先日のパヴェシーニと並んで今凝っているのが、マスカルポーネ・チーズ。
あんまりチーズは好んで食べないのですが、これをしょっぱくないクラッカーのようなものにつけて食べたらおいしくてはまりました。

日本に居る頃はわりと高嶺(高値?)の花でなかなか買えなかったけど、こちらだと250グラム2ユーロくらいから売ってます。メーカーによって結構味が違うので、色んなメーカーのを買ってどこのが一番おいしいかを一人で勝手に調査中。ここのがおいしいよ ってのあったら教えてくださーい。

しかし先日、安売りに負けて500グラムのモノを買ってしまい、さすがにこれは多すぎただろう と、パヴェシーニもあることだしティラミス作ってみました。

ティラミスの作り方って、生クリームを入れたり入れなかったり、全卵使ったり、卵黄しか使わなかったり、卵白はメレンゲにして加えたり・・ と色々流派があるようですが、今回は生クリーム無し、メレンゲ入り で、砂糖はかーなり控えめ、マスカルポーネはかなり多め(消費が目的だし)で作ってみました。おかげでマスカルポーネの味が濃い割には、口当たりは比較的軽めにできたけど、きっとイタリア人にこの甘くなさはNGなんだろうなー。。。

ところでつい最近知ったんですが、このティラミスという名前の意味。
Tira mi su (私を上に引っ張って) から来てるんだそうです。(え?常識?)
と言っても物理的に引っ張って ってわけではなく(転んだ時は言葉通りに使えると思うけど)、「私の気分を盛り上げて」とか「私を元気付けて」みたいな感じで、「気分的に引き上げて」って意味で使われ、お菓子の名前はこっちの意味から来てるそうです。へぇ~・・・ ってこれも有名?
いやー、つい最近まで全然知らなかったんですけど、ネットで検索すると当然のように書かれていて、実は常識だったんですかね、これ?^^;

でもって、これを知って納得した「ティラミス」のアクセントの位置。
ティラミスの正しいアクセントは「ティラミ」と最後の「su`」にあって、ティラミスと日本風に頭にアクセントを置いて発音すると、こちらではかなりの確率で通じなかったりするんですねー。というのを身を持って悟ったのも実はわりと最近だったりして。情けな~。。

しかしティラミス、昔は大好きだったんだけど最近あの甘さと量にちょいと負け気味です。
気分は上がるけど、胃がずっしりどっしり下がった気になるっつーかで、最近お店ではとんと食べなくなってしまいました。しかも気分だけでなく体重も比例して上がりそうですし。。 こってりした甘さはともかくとして、せめてあの攻撃的な量を半分くらいにしてほしいなぁ~、イタリアのドルチェ。。
[PR]
by maccarello | 2008-01-15 02:47 | イタリアーナへの道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧