いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
モストラ
c0005092_273956.jpgこの前ローマに行った時、以前こちらで紹介されてて気になっていたToccare il tempoというモストラ(展示会)を見てきました。

日本人のアーティストさん っていうのも興味あったし、こんな場所でやってる ってのも興味を惹かれたし、幸いとってもよい天気だったし。

実際観てみたら、ちょっと思っていたのとは違って、実は個人的にはちょっとびみょ~ な感じだったんですが、まー元々私はこの手のアートに造詣が深いわけでもないので、簡単に言うとよくわかんなかった って感じです。あはは。 (情けな~)




c0005092_28122.jpg
実は入場料払って中に入らなくても、外からだいたい観れます。
これは入場する前撮った写真。


c0005092_282517.jpg
最初、どれが遺跡でどれが作品なんだかわからなかったりして。

c0005092_285796.jpg
こっから観た時は、あの黒い大きなのは石でできてると思ったんですよね。特に右側。

c0005092_291193.jpg
それが近づいて、触ってみたら、石じゃなくて鉄(ブロンズ?)でした。

c0005092_292379.jpg
しかも叩いてみるとわりと軽い音がして、近くで見ると特に、何て言うかこう、重厚さに欠けた感じがしちゃったんですよね。。

c0005092_2174613.jpg
それがなんだか、残念ながらこの周りの千何百年の歴史から、浮いて見えてしまった というか。。

c0005092_2181536.jpg
なんだか異物感を感じてしまったというか、、、

c0005092_2184137.jpg
これが石でできてたら、また印象は違ったのかな~ などと思いつつ。。。

c0005092_2185491.jpg
ベージュの大理石の床は作品ではなくて遺跡です。って観りゃわかりますね、失礼しました。

c0005092_2192747.jpg
関係ないですが、この日は夏のように暑かったです。ダウン持ってったけどとても着れませんでした。

c0005092_219414.jpg
手前側のは石、奥のはブロンズ?

c0005092_2203123.jpg
個人的にはこれ自体は結構好き。でも違う場所にあったほうがもっと好きだったと思う。

c0005092_2205353.jpg
見る前はこれが一番気になってたんだけど、、、

c0005092_221415.jpg
結果的にはこれが好きでした。石好きだし。 
奥の作品には、子供達が群がって触ってくぐって遊んでました。

c0005092_2211571.jpg
これも石に見えたんですよね~。。


c0005092_2212637.jpg
同行者には否定されたけど、これって絶対顔ですよね?
[PR]
by maccarello | 2007-11-17 02:54 | イタリアーナへの道 | Comments(4)
Commented by kaioko at 2007-11-18 15:07
こんにちは。イタリアより帰国しました。
ローマも行きたかったよー。天候に恵まれたので良かったです。
この写真の空もとてもきれいですね。
イタリアも結構寒かったのですが、こちらに帰ってきたらもっと寒かった・・・。
こういう遺跡×現代美術という展覧会多いですね。シチリアでも多く見かけました。
遺跡やその上の青い空自体に力があるので、現代美術もよく見えてしまう感が否めないのですが・・・。
Commented by maccarello at 2007-11-20 02:28
お帰りなさいませ~。
お天気よかったようで何よりです。でもシチリアも寒かったのですね。
山の方はもう結構雪が降ってたりするようなんですが、このローマ行った時は、昼間はものすごーく暖かくてびっくりしました。

現代美術自体は嫌いではないのですが、遺跡って存在そのものがその歴史からくるものすごいパワーっていうかなんていうかを持ってるので、それに負けないくらいパワーのあるモノじゃないと難しいのかな~ なんて思いました。
なーんて、アートに関してはあんまりよくわかんないんですけどね。^^;
Commented by dicotomia at 2007-11-24 23:50
写真up、ありがとうございます♪
わーおー! ステキな写真じゃないですかー! 構図にも凝ってる!!
maccarelloさん、ホントに写真お上手ですね~。感服。
撮影のコツを伝授してほしいです。

そして、作品自体は・・・ うふふ、私は好きですねぇ♪
確かに遺跡内での展示は異質感が否めないですが、
今回の展覧会では逆にその感覚を狙っているのだと思われます。
今までにはフィレンツェやミラノ、ピエトラサンタなどの街中で展示会が開催されており、
それはそれでもっとステキなんですが。
ブロンズ作品より大理石の作品の方がいいというのは同感です!
Commented by maccarello at 2007-11-27 03:12
写真、お褒めいただきありがとうございます。
でも、被写体と天気がよかった ってだけで、腕はないんですよ~、残念ながら。。^^;

> 確かに遺跡内での展示は異質感が否めないですが、
> 今回の展覧会では逆にその感覚を狙っているのだと思われます。

そうですねぇ。その狙いはわかったのですが、、、
まぁこういうのは受け手次第ですよね。受け手の感性とか歴史観とか次第で解釈もかわるでしょうし、正解があるわけでもないですし。:)
特に野外だと、天気なんかによっても印象左右されそうな気がしますね。
だから余計面白いのかも。:)

この方、いろいろなところで展示会やられてるんですね。
他のはどんなんなのか、ちょっと観てみたい感じです。:)

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
↑ こちらに非公開コメン..
by maccarello at 13:57
マジか! なんか、のり..
by ぴろり at 10:50
ぴろりくん: イマサラ..
by maccarello at 09:26
あー、なんかひまわりの種..
by ぴろり at 23:37
永ともさま: こんにち..
by さばぇ at 03:19
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧