いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
顧客満足度
c0005092_2183411.jpg自分の名前を日本語で書いてくれ って言ってくるイタ人、結構います。
日本語で と言われると、とりあえずカタカナで書いてあげますが、それではどうも不満そうで「漢字」で書いて欲しいんだよね ってのが顔つきからわかります。
でもこれ、言われたことある人ならわかると思いますが、音と字の意味から名前を決めてる日本人の名前と違って、既に音だけある名前に漢字あてはめても、やっぱり変です。
こういうこと言ってくる人って刺青にしようと思ってる人が多いので、そんな一生消えないものに使われるかと思うと、とんちんかんな意味の当て字するのもなんだか気が引けて、頼まれると結構荷が重かったりしてました。

以前は「漢字というのはそれぞれ意味があって、同じ発音でも字によって意味も違うしものすごい数があって・・」といちいち説明してたけど、私のイタ語力のせいもあるかと思うけど、どうもうまく伝わりません。そのうち彼らの顔から「どうでもいいからとにかく書いてよ」って想いが伝わってきます。。

ところで、イタリアと言えばカプチーノが有名ですが、これ、イタリアでは朝しか飲みません。そういう事情を知らない外人がうっかり夕食後にカプチーノを頼んだりすると、相手によってはおもむろに「げっ」って顔されたりします。
またお酒も、ビールで始めたら最後までビール、白ワインならずっと白 と、日本のようにちゃんぽんで飲むのはかなり気持ち悪いようです。でもね、日本人としてはやっぱり駆けつけ一杯はビールではじめ、その後白ワイン、最後はやっぱり赤も飲みたいな~ となるわけです。
でもこういう風に頼むと、そんな飲み方するもんじゃない とかぐだぐだ言われて、なかなか持ってきてもらえないこととかあります。
そんなとき、「どーでもいいから持ってきてくんない?」と思ったりします。ちゃんぽんしないのはイタリアの常識かもしれないけど、顧客満足度的にはどうなんだろう と。客が飲みたいって言ってるんだからいいじゃん と。(いや、それなりにちゃんとした店ではそんなことしませんが、、)

で、これってきっと、名前を漢字で書いてくれって言って来る人も同じなのかな と思ったわけです。
別に日本人にとっておかしくても、彼らはとにかく漢字で書いて欲しいんだから、深く考えないで当て字しちゃえばいいのかな と。
そう思ってから、割と簡単に人の名前に当て字しちゃうようになりました。
でもいいのか悪いのか、一抹の不安はあったりするんですが、、、

ただ、こういうこと言って来る人に限って名前が当て字にしにくいんですよね。。
マルコ って言ったら「丸子」だろ。
ダリダ って、「誰だ」?
グレタ って、「グレた」じゃダメ?
ステファノ って、「捨不和野」でいい?

こういうの、勝手にいい意味の漢字に当てはめてくれるソフト開発したら、売れないかなぁ?
[PR]
by maccarello | 2007-07-31 20:22 | イタリアーナへの道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧