いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
ローマ その2
c0005092_241416.jpgところで今回の観光には、イタリアで買ったこちらのガイドブックを持ち歩きました。
というのも、以前のローマ観光の際はお友達が持っていた日本の超メジャーなガイドブックを頼りにレストランを探して入ったのですが、これが残念ながらはっきり言ってかなりハズレだったのでした。
たいしておいしくないのに結構高くて、しかもお客さんが日本人ばかり・・・ って、メジャーな日本語ガイドブックに載っているので仕方ないと言えば仕方ないのですが、食べものがおいしい国にきて、満足な食事ができないのはちょっと いや、個人的にはかなり悲しいのです。
で、イタリアで売られてるイタ語の本なら大丈夫ではないか と思ってみたわけでした。

c0005092_243936.jpgこのガイドブック、海外のガイドブックにありがちな、文字ばかりで写真がほっとんどない という類のものとは違って、かなり写真も多いし地図もわかりやすく、観光名所が簡潔にまとめられていて、本自体も大して厚くないので持ち運びにもとても便利。1ページ目に飛び出すローマ市内地図まで付いてお値段たったの7.5ユーロ! と、全体的にとても買って正解だった気がして満足してます。
ひとつ難を言えば、全編イタ語なので、肝心の観光地説明文があまり読めないということ。
って、これは自分のレベルが低いのがいけないんですね、失礼しました。。 ま、この辺りは他の人の持ってる日本語ガイドに頼るということで。(弱っ)

c0005092_251273.jpgで、肝心のここで紹介されているレストランはどうだったか というと、かなり当たりではなかったかと思っております。
お値段別に載ってるリストの economiche のとこしか行ってませんが、ひとり15ユーロ前後でお腹一杯おいしくいただけて満足満足。もちろんワイン込みのお値段です。
でもたまに調子に乗ってがっつりセコンドまで頼んでしまうと、もうイタリアンなんか見るのも嫌ってなってしまうので要注意かも。
実はこの肉以来、中華率がどどんと上がった私たち。。

c0005092_25374.jpgそれでもデザートは別腹です。
とはいえ、さすがにチーズやクリーム系のデザートはキツくて、結局フルーツ。。
お店に入ったときはドルチェまで行くぞ という意気込みはあるんですが、結局攻撃的なアンティパストやプリモの量に負けて、ドルチェまでたどり着けたことがほとんどありませんでした。。TT
最初に飛ばしすぎると危険だ とは思うものの、お腹すいてるとついつい。。。 なんだか今回は、店選びは結構よかったけど、ペース配分で敗北した気がします。。TT
[PR]
by maccarello | 2007-01-23 01:03 | イタリアーナへの道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧