いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
ベルバラ
c0005092_21425063.jpgベルバラのイタリア語版を入手しました。
イタリアでの題名は「Lady Oscar(レディー・オスカル)」です。
ベルバラは全巻持ってるし、同じベルバラ・マニアを自認する会社の先輩(ちなみに男)とマニアクイズをやっても勝てるほど好きなので(でもTV版は見たこと無い)、ここは一気に全巻オトナ買いでしょ と思ったけど、残念ながらお金もないけど在庫もなくて、6巻までです。6巻と言っても一冊が日本の漫画ほど厚くなく、おそらく全22巻くらいまであるので、かなり中途半端なところまで。


c0005092_23533346.jpg6巻最後の方はこの辺り。
この部分だけで、どのシーンかわかる人は居るでしょうか?^^
マリー・アントワネットが、「Non ce la faccio!」「Non riesco a vedere quello che scrivo!」とか言ってます。
日本語では、「もう無理です」「涙で文字が見えません」って感じだったと思うんだけど。

散々読んでるので内容はわかってるし、イタリア語の勉強になるかな と思って買ったんだけど、舞台が庶民じゃないので、どうも話し言葉が敬語(?)のようで、話してる相手がひとりでも、主語がvoi(2人称複数) になってます。
敬語は Lei(3人称単数) を使うと教わってたけど、voi も同じなんだろか?
それに合わせて、動詞もみんな2人称複数形なので、ちょっとややこしい・・・。
それと、ルイ16世のことが delfino となっていて、ん?イルカ?イルカみたいな体形だから? と思ったんだけど、辞書引いたらフランス皇太子の称号もイルカと同じ delfino なのだそうです。うーん 勉強になるなぁ。ってこんな世界の単語に強くなっても、使う機会ないんだけど。。。
しかも内容かなり把握してるから、絵からどんなセリフなのかが想像ついて、気が付いたらちゃんとセリフ読まずにどんどん読み進んでるし。
ということで、勉強という意味では早くも失敗の予感。。。TT
[PR]
by maccarello | 2006-03-06 21:28 | イタ語ぺらぺらへの道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧