いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
宗教の話題
c0005092_16532942.jpgバッハのマタイ受難曲を聴いてきた。
そもそもキリスト教の知識ってあまり無いし、3時間もの長丁場だし、一緒に行った友達のひとりは落語家が出てくると思って観に来てるし(先週そんなのがあったらしい)、他の友達は「神の助けと髪の毛は多い方がいい。お後がよろしいようで・・」とか言ってるし で、もぅ、お前ら観に来る資格なーし! って感じ?
ヨーロッパで美術館や教会に行く度、次はキリスト教の勉強してから来よう と思うけど(宗教画の意味とかよくわかんないので)、未だ実行に移せた試し無し。今度こそ、、とちょっと思ってみた。

そういえばよく、外国人と話する時に宗教の話題はダブー みたいなこと聞くけど、私は結構イタリア人と宗教の話をした。しかもこの話題を振ってくるのは必ずイタリア人から。
初めてできた日本人の友達に、遠い名前しか知らないアジアの国の事を聞いてみたい という単なる好奇心 だとは思うんだけど、一度や二度じゃなかったので、あれ?宗教の話題ってタブーじゃなかったの?って初めはちょっとびっくりした。つかもしかして、タブーだと思ってるのは日本人だけなのか?

まず聞かれるのは「仏教徒なのか?」ということ。「違うよ、特にない」というと、だいたい「meno male(よかった)」という返事が返ってくる。初めは無宗教って言うと人間として失格者みたいに思われるんじゃないかと思ってどきどきしたけど、結構みんなほっとした感じになるのがちょっとびっくり。
イタリアはバチカンがあるから敬虔なクリスチャンが多いのかと思いきや、一応クリスチャンだけど教会なんて行かない という人が実は多かった。
しかも、バチカンがあるせいで他のEU諸国と比べて宗教による規制(中絶、離婚など)が厳しく、返って反感を持ってる人 というのも多いらしい。
一般的には、信じてないわけではないけれど、だからといって特に何かするわけでもない という感じ。そんなもんなのか。。。

で、大部分の日本人は無宗教だよ と言うと、その後よく聞かれたのは、「じゃぁ生まれた時や結婚の時は何するんだ?洗礼とかないのか?」ということ。
そんな時は、「日本人にとって宗教はセレモニーの時にだけ使われるもので、例えば生まれたときは神道、結婚式はキリスト教、死んだときは仏教 が多い」 と答えていた。
そうすると大抵「belissima! (素敵!)」という返事が返ってくる。。。
ぁん? 素敵か?と聞くと、「合理的で素敵じゃない!」とのこと。

だいたい若い人はこれで納得してくれるけど、歳いった人だとたまに納得しない。「例えば病気になって、医者にも見離された時はどうするんだ?自分達は(キリスト教の)神様に助けてくれとお願いする。日本人はどうするんだ?どれかの神に頼るのか?何に頼るんだ?」と聞かれ、うーん、、と返事に困っていたら、他のイタリア人の友達が「Tecnologia(テクノロジー)だろ」と答えた。
おぉ、いいとこついてるかも。
[PR]
by maccarello | 2005-09-25 23:29 | イタリアーナへの道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧