いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
Vulcano(ヴルカーノ)@エオリア諸島
リパリ2日目は、お隣の島ブルカーノ島へ行くツアーに参加しました。

c0005092_1952055.jpg




リパリには港が2つあって、ひとつはシチリア本土から船が着くMarina Lunga(マリーナ・ルンガ)、もうひとつは旧市街の下にあるMarina corta(マリーナ・コルタ)で、他の島へのツアーはこっから出てるのが多かったです。
c0005092_195191.jpg


この周辺には近くの島へのツアーを取り扱ってるツアー会社が山のようにあって、どこでもツアー内容やお値段の相場は似たようなものでした。
今回私たちが入ったのは、お隣のヴルカーノ島だけに行く1日コースでひとり25ユーロ。
c0005092_1952351.jpg


お客さんは12~13人ほどの小さい船で、ヴルカーノ島の周りを周遊します。
途中何か所か洞窟や、ビーナスのプール(Piscina di Venere)と呼ばれる見どころを通りつつ、途中で何度か船を止めてBango(泳ぎ)タイム。
c0005092_1952546.jpg


やっぱり島は水がキレイ~。魚もたくさんいました。:)

が、例によってまたしてもグデグデに船酔いしていた私は(懲りてない)、2度ほど泳いだ後は、もういいから早く陸にあげてくれ~ とひとり日本語で訴えてましたが。。。

念願かなって(?)お昼過ぎに一度島へ上陸。
しばらく打ち上げられた魚のように倒れてから、ここにあるピッツェリアでお昼ご飯を食べます(昼ごはん代はツアー料金外)。
c0005092_1952898.jpg


ちなみに他にお店はありません。今思えば、パニーノでも持ち込んだらよかったのかも。

お昼休憩は2時間くらいだったかな?その後はまたしても船に戻り、周遊の続き。
もうここに置いて行ってくれていいです って感じでしたが、そうもいかないので船に戻り、また途中何か所かで停泊してはBagnoタイムがあります。イタリア人、どんだけ泳ぎ好き?

そしてその後、やっと今回のツアーのメインであるこちらへ。
c0005092_1961245.jpg


ヴルカーノ島にある泥温泉、Pozza dei Fanghi(ポッツァ・デイ・ファンギ)。
c0005092_1953021.jpg


名前のとおりヴルカーノも火山島なので(Vulcano=火山)、温泉がわき出ています。
ここは上陸するなりとっても硫黄くさい。

温泉横の地面の水たまりを見ていると、そこからぶくぶく泡が出てるのが見えるんですが、
c0005092_1955636.jpg


これ、地面から湧き出てます。
これに指を突っ込んでみては、あちっ!と飛び上がるイタリア人を何人も見ました。^^;

こちらの泥温泉に入るには別料金ですが、入湯料1.5ユーロ、その後のシャワー代1ユーロと、かーなり良心的なお値段です。
c0005092_195549.jpg


このツアー、これがメインと言っても過言ではないんですけどね、この頃すでに噴火寸前だった私は温泉に入らず。T_T

というのも、源泉だけあって体にはかなりキツイらしく、以前ネットで情報検索してた時に、ここにホンの5分ほど入った日本人ツアー客が、その後高熱で倒れ、成田で検疫行きになってた なんてのを読んだのもあり(まぁ、これだけが原因じゃないかもしれないですけど)、こんな弱ってる時に入って倒れても困るので、ここは泣く泣く引き下がっておきました。。。

c0005092_1955881.jpg


っていうかもう、ここに居るだけで硫黄の臭いがすごくて誘発されそうだったし、しかも入った人は翌日まで硫黄くさいし で、十分温泉気分は満喫できましたが。

帰る時に気づいたんだけど、ここだったら水につからなくても温泉効果が得られたのかも?
c0005092_196048.jpg


このすぐ横はもう普通にビーチなわけですが、
c0005092_196352.jpg


地盤が同じなので当然ここにも多少温泉はわき出ていて、泳ぐというより浸かってる人も多かったです。
c0005092_196727.jpg


岩の間から熱っいお湯が沸き出てるとこなんかもあり、そこに浸かってるとまさに露天風呂のようで極楽極楽。:)
c0005092_196883.jpg


ちょっと沖に出ると魚もたくさんいたんですが、それよりも海底からガスが噴き出ていて、その泡が海面に向かって柱のように何本も立っている眺めがもんのすごおおーく幻想的でキレイで感動的でした。
あああ、返す返すもこの時このカメラがあったらなぁ~T_T

一通り温泉を満喫した後はまた船に戻り、途中更にBagnoタイムを経て(もういいっつーの)リパリに戻ります。
朝10時出発で、戻ったのが夕方6時くらいだったかな?
25ユーロで1日楽しめたので、なかなかお得なツアーで利用して満足でした。:) (船酔いは別としてTT)
[PR]
by maccarello | 2011-10-12 21:52 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://maccarello.exblog.jp/tb/16948027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by e-karuta at 2011-10-14 20:13
一番最初の写真good job!
Commented by maccarello at 2011-10-15 20:01
かるた店長:
私らよりも明らかに年上な感じの人たちだったけどねぇ~:p

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
↑ こちらに非公開コメン..
by maccarello at 13:57
マジか! なんか、のり..
by ぴろり at 10:50
ぴろりくん: イマサラ..
by maccarello at 09:26
あー、なんかひまわりの種..
by ぴろり at 23:37
永ともさま: こんにち..
by さばぇ at 03:19
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧