いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
23-F La pelicula
c0005092_2102422.jpgスペインで先週封切られた、23-F La pelicula というスペイン映画を観てきました。

23-F というのは 23 Febrero で2月23日のこと。
訳すと「映画・2月23日」って感じでしょうか?

30年前、フランコ独裁政権が終わって民主化へ進み始めたスペインで、1981年2月23日、スペイン・マドリッドの代議院に治安警察部隊が押し入って拳銃を発泡、議会中だった代議員を全員人質にとり、1日立てこもったクーデター未遂事件があったそうで。
日本で言うところの、2・26事件のような感じらしいです。
(もっとちゃんとした情報はこちらのwikiで。^^;)

議会がTV中継中だったため、その様子がTVで流されたりしてたようで、先日のニュースでも当時の映像が流れてました。

今年はこの事件からちょうど30年 ということで(だかどうだかわからないけど)、このクーデター未遂事件の話 というか、この2月23日1日の話を描いた映画が作られて、先週封切られました。

始まったばかりだから、混んでるのかな~ と思いつつ近所の映画館に行くと、チケット売り場はかなりの人の列。
あーやっぱりー と思いながら、列に並んでチケットを買い、館内に入ると・・・

お客さん、5人くらいしか居ませんでした。。。

どうやらチケットの列に並んでた人たちは、他の映画がお目当てだったようで、結局映画始まっても、お客さんは10人ちょいくらい。

スペイン人、全然興味ないの?
それとも、この映画が駄作なの??

最近スペインの歴史本なんかをよく読んでるので(一応住んでる国だし^^;)、私としてはこの映画、結構面白かったと思うんだけどなぁ。

なーんて言っても、オリジナル音声がスペイン語。当然下に字幕も無し。T T
前に「空手キッド」をスペ語吹き替えで見たときは、8割方わかったので、今回もいけるか?と思ったけど、やっぱりオリジナル音声は早くて難しい~。。。
結局、5~6割わかったかわからないか みたいな感じで敗北感ばりばり。T_T
おまけに事件のこともよくわかってないから、登場人物の誰がどんな立場で、誰がどんだけ偉いのか みたいなことが、イマイチよくわからず。
登場人物でちゃんとわかったのは、フアン・カルロス国王とその一家だけ みたいな感じ?(弱~)

まぁそれにしても、驚くのはこんな事件がホンの30年前に起こったってこと。
あとは、最近のエジプト、リビアなんかもそうだけど、なんていうかこう、真剣に生きてるよなー という熱さを感じます。

イタリア人とスペイン人、根本的に違うなー と一番感じるのが、この真剣に生きてる熱さ。^^;
どっちがいいとか悪いとかではなく、この「真剣に生きてきましたっ!」っていう熱さが、どうもイタリア人には、感じられないんですよね。
ま、だからラクなのかもしれないけど。:p
[PR]
by maccarello | 2011-03-04 02:52 | エスパニョーラへの道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://maccarello.exblog.jp/tb/16004972
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
↑ こちらに非公開コメン..
by maccarello at 13:57
マジか! なんか、のり..
by ぴろり at 10:50
ぴろりくん: イマサラ..
by maccarello at 09:26
あー、なんかひまわりの種..
by ぴろり at 23:37
永ともさま: こんにち..
by さばぇ at 03:19
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧