いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
バーニャカウダ

今回日本に帰ってきてやたらと見聞きする「バーニャ・カウダ」という言葉。

「これってイタリア語で熱い風呂って意味なんでしょ?」「イタリアではよく食べた?」とかも、よく聞かれるんだけど、、、

なんですか?これ。。。056.gif

バーニャ・カウダ、どうやら Bagna Cauda と書くそうですが、Bagna はともかく、Cauda って何?辞書引いても載ってないし、これの男性形でひいても載ってないし。
それに熱い風呂だったら Bagno caldo(バンニョ・カルド)では?

初めのうちは「そんなもん知らん~」で終わらせてたけど、あまりによく聞かれるのでwikiってみたら、どうやらこれはピエモンテ州のお料理らしく、Bagna Cauda というのはピエモンテ語なのだとか。(wikiより)

っていうか、ピエモンテ語って、なに?
ナポリ語みたいなもん?それともただの方言?
あ、もしかして「~ネ」ってヤツ?:)

それより何より、イタリアに住んでても一度も耳にしなかったイタリアの一地方の料理名が、ホンの数ヶ月居ない間に日本中に広まってるという情報浸透力にびっくり。
イタリア人って自分の土地の料理が一番で、同じイタリアでも他の土地の料理に興味ない人多いから、この料理名を知ってるイタリア人よりこの料理名を知ってる日本人の方が、絶対多い気がするなぁ~。

ところで Bagno って単語は「風呂」とか「トイレ」、「風呂に入る」なんて意味なんですけど、私は「湯煎」を意味する Bagnomaria (バンニョマリア) って単語がかわいくてとても好き。
この単語を聞くと、マリアちゃんが一寸法師風にココット型に入って風呂に浮かんでる(しかも何故か日本風の湯船で頭にはタオル、お燗付き)図を思い浮かべてしまいます。037.gif
[PR]
by maccarello | 2010-03-21 01:02 | イタリアーナへの道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧