いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
ウィーン
ウィーンはもう10年以上前に行ったことがあったんだけど、その時は何故か1泊したのに通過しただけでまるで観光しなかったので、一度ちゃんと行ってみたいとこでした。

なのに、行くの決めたのが出発3日前くらいだったのもあり、なーんの下調べも無しで行くのがワタシ流・・・ とかってCMありませんでしたっけ?要するに「無計画」ってだけなんだけど、「~流」ってつけるだけでなんとなく意図的な意味合いを含んでかっこよく聞える気がする(気がするだけだけど)のが不思議だ。二刀流とか。これは違うか?
そんなことはどーでもいーんだけど、何も調べず行きの飛行機で数年前の「歩き方・中欧」を眺めつつ、王宮と宮殿行かれりゃいーかなー 程度だったんだけど、ちゃんと読んでいくうちにウィーンって見所満載なことに気づき、結局めちゃくちゃハードに観光してきました。




まずは街の中心にあるシュテファン寺院。
メトロ降りたら目の前に出てくるはずだったので、この階段を上がるなり感動の風景が!なーんて盛り上がりながら上がってみたら、、、

c0005092_23393082.jpg

修復中~。。。057.gif
写真に写ってないけど、ファザード側も修復中で絵が張られてました。。

上からの眺め。
c0005092_23394794.jpg

ウィーン、上からの眺めはあんまり大したことなく、普通の街 って感じでした。

ハプスブルグ家が住んでた王宮正面。
c0005092_23395864.jpg

中は博物館になっていて見学できます。
映画にもなったエリザベート皇妃が住んでた当時の部屋を再現したものなんかが見れます。

こっちは新王宮正面
c0005092_2340923.jpg


市庁舎
c0005092_23401942.jpg


市庁舎の目の前にあるブルク劇場
c0005092_23402994.jpg


日にち変わって翌朝行ったシェーンブルン宮殿。
c0005092_23403837.jpg

雪降ってて寒かったです。。
でもここは、マリア・テレジアや幼少期のマリー・アントワネットが住んでたとこだそーで、ベルバラ好きとしては外せないです。037.gif
オーディオ・ガイドで周るツアーで中が見れます。日本語もありました。

お次はベルヴェデーレ宮殿上宮。
c0005092_23404843.jpg


ベルヴェデーレ宮殿ってのは上宮、下宮の2つの宮殿が大きな庭を挟んで向かい合わせに建っていて、上宮は「オーストリア・ギャラリー」、下宮は「中世とバロック美術館」になってます。

上宮から見た下宮。(庭の奥)
c0005092_23405748.jpg


はじめ、時間がないからこれはムリ ってことだったんだけど、この上宮にはクリムトの「接吻」があることがわかり、やっぱり行くことに。(ミーハー)

こちらが下宮。
c0005092_2341826.jpg


ヨーロッパ三大オペラ劇場のひとつ、ウィーン国立オベラ座。
c0005092_23412178.jpg


1時間弱のツアーに入ると中が見学できます。舞台裏も見せてくれます。

c0005092_23413042.jpg


時間の関係で英語ツアーに入っちゃったけど、1日1回、15:00から日本語ツアーもありました。

c0005092_23414190.jpg


ここで今日の演目が「セビリアの理髪師」で、当日立ち見券が3~4ユーロ(500円くらい)で買えることを知り、ただでさえキツキツの予定に更にオペラ観劇予定をねじ込む私ら。

でもその前に美術史博物館見学。
c0005092_23415192.jpg


この写真の建物はその対面にある自然史博物館だけど、見た感じ同じっぽかったです。^^;
前の像はマリア・テレジア像。というのを後になって知る。あーアップの写真撮ってくればよかったー。

ここも、美術館入ると時間かかるし・・・ と最初私はあんまり乗り気じゃなかったんだけど、ブリューゲルの「バベルの塔」があることを知ってから急に優先度を上げる。(調子いい)
無料で借りられるダイジェスト版のオーディオ・ガイドには日本語がありました。

そんで持って再び寒い中30分くらい並んで、オペラの当日券買ってそのまま中へ。
c0005092_2342249.jpg


以前ミラノのスカラ座立ち見券で見たときは、椅子が空いてりゃ座っていい って感じで、結局座って見れたので、そんなもんかと思ってたんですが、、、ここは本当に立ち見、しかも人が多くてぎゅうぎゅう。おまけに2人とも「セビリアの理髪師」のあらすじ知らないし、イタリア語だからなんとかわかるかと思いきや、オペラなので何言ってるか半分も分からず。T_T
ということで、第一幕ですごすごと退散。。

更に日にち変わって、こちらは「歩き方・中欧」には載ってなかったんだけど、デザインがポップな公営住宅。
c0005092_23421289.jpg


本当は、フィガロ・ハウスやモーツァルトの像なんかも見たかったけど、時間が無くてここで終了~。
でも滞在48時間の割には充実してたかと。:) かーなり疲れましたけど。。。


余談だけど、ウィーンはイタリア人観光客が異様に多かったです。
もう、そこここでイタリア語が聞えてくる聞えてくる。。
イタリア人声でかい、いつでもどこでも喋ってる ってのがあるせいかもしれないけど、妙に耳につきました、イタリア語。
それだけならいーんだけど、混んでて前に進めない美術館なんかで後ろから「早く早く、あそこに行きたいのよ」とか言いながら押してきたり、急に逆行してきたり、写真撮るため流れを止めたり ってのも、決まってイタリア人グループ。。
ホテルなんかでも「そのパンどこにあるの?」とイタリア語で聞いてきたり、エレベーター乗ったら Buon giorno と言われたり。こっちはアジア人でここイタリアでもないんだから、イタリア語通じないかもしれない という疑問はわかないんだろうか。わかないんだろうな。。
という感じで、もうイタリアに住んでないのに何故か年明け早々イタリア・パワーにやられた感のある新年の始まりでした。。。
[PR]
by maccarello | 2010-01-07 23:59 | 世界制覇への道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧