いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
泳いできました :) in 青の洞窟
ローマ、ナポリカプリアマルフィーエルコラーノに行ってきました。
今回はのお客さまは全員ローマ以外は初めて&ナポリに行ってみたい ってことで、ナポリ行くならついでにカプリも、だったらついでにアマルフィーも って感じで、結局去年のMさん来イタ時のデジャブのようなコースに。。。(上のリンク先はそん時の旅行記)

c0005092_1282025.jpg


そーいや今アマルフィーが舞台の日本映画をやってるとかで、さぞや日本人たくさんかと思いきや、今回驚くほど日本人旅行者に会いませんでしたねぇ。
まだ夏休み前だし、この時期暑いし ってことなのか、本当に日本人観光客がイタリアから減っているのか。。

今回フェリーや船に何度かのったけど、天気はいいけど波が若干高めだったようで、揺れる揺れる。アマルフィー行きのフェリーでは船員さんに半ば無理矢理ビニール袋を渡されるくらいゲロゲロに酔いました。(かろうじて吐かなかったけど)
でもフェリーから見たポジターノの写真ってそーいや去年撮り損ねたな~ と思い、ふらふらしながらもがんばって外に出て、写真だけはなんとか撮りましたよ、ポジターノ。

c0005092_1291622.jpg


時間があればポジターノとエメラルドの洞窟も と思ったけど、昔行ったし、船酔いでルートやその後の時間調整を考える気力がなく、あっさり省略。。。

カプリ行った日も波が高めで、比較的波の静かな島から離れた方を通ってたせいか、普通2時間で全行程終了の島周遊コースが、青の洞窟着いた時点で既に2時間以上経過。
もう乗客みんな飽きてるのがミエミエ&気分悪くなって突っ伏しちゃう人や、涙目になって口元押えてる人とかいて結構悲惨。
他の船を見回しても、乗客の様子はリゾート地の優雅な周遊船というより、難破船や難民船の様相に近いような。。。
その上洞窟に入る小さなボートが、波が高いせいで洞窟に入れなかったり、出れなかったりで異様に時間がかかり、洞窟前で待つこと更に1時間。。。

途中、先に港に戻る船が、洞窟見ないですぐに戻りたい人はこっちに移って って言ったら、もう限界にきてる人たちが我先にそっちに移る移る。。結局私たちの乗ってた船の2/3は洞窟諦めて港に帰ってました。
あららぁ~。
でもそのおかげか、中に入ったらなかなか出られなくて、かーなり長時間いました、洞窟内に。
そして今回の旅行唯一の初体験として、青の洞窟内で泳がせてもらいました~058.gif

カプリに行くって言ったらイタ人友達に、多めにチップ払えば泳がせてもらえるから泳いで来い と言われてて、一応水着は着てたんですね。でも洞窟入った時点で疲れてたし、そーいうつもりもなかったんだけど、すぐ後ろで何かが落ちる音がして、誰か舟から落ちたかと思いきや泳いでる人でした。ということで、ついでに(?)私達も泳がせてもらっちゃいました。:)

もぐって水の中で目を開けると、周り一面きれーな青!!
どんなに水がキレイなやプールや蒼い海も、水中入っちゃうとそんなに青くは見えないけど、こちらはホントに青色LEDで光らせてるような、一面光るような青で、すんごーくキレイでした。これぞまさにめらびりお~ぞ!010.gif

一応証拠写真?なぞ。

c0005092_1294451.jpg


ってこれじゃぁ全然わからないでしょうが、まともに載せるに耐えられる画像じゃないのでねぇ。。
手を広げてるのは、ボートのオヤジが写真撮るあいだ舟こぎ棒(っていうの?)持ってたからで、落ちかけてるわけじゃぁありません。

洞窟内で泳いだ場合のチップだけど、私たちのボートの船頭さんが、先に泳いでた人乗せてたボートの船頭さんに「泳ぐ場合の相場はいくらだ?」とか聞いてて、そのやりとりによると、相場としてはひとり頭10ユーロくらいらしいです。
最終的に、スペシャル・サービスしたよね とは言われたものの、具体的な金額は要求されなかったけど、まぁ船頭さん同士の会話を聞いてたので、10ユーロ×泳いだ人数+α(泳がなかった人の分)でお支払いしました。
そう思うと、去年たった数分洞窟内周っただけでひとり10ユーロのチップ払えと言われたのは、やっぱり高すぎ。

今回は一緒に旅行 というよりも、行き先、ルート、移動手段や時間考えて、外食先や買い物先を探して、、 となんちゃってガイド状態で、ひとつくらい行ったことないとこへ とか、一度くらい和食、いやせめて中華を・・・ という私の希望はあっさり却下。TT
ローマ、ナポリ、カプリはつい1-2ヵ月前も観光で行ってて、その時と同じレストランに入ったら店のオヤジに顔覚えられてたほど、これと言って目新しいこともなく、暑さにやられて大して写真もないので、今回の旅行記はこれにて終了~。
[PR]
by maccarello | 2009-07-30 02:02 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://maccarello.exblog.jp/tb/12038557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 永とも at 2009-07-30 07:53 x
こんにちは 永遠のともだちあらため“永とも”です。
青の洞窟って泳いでいいんですね。知りませんでした〜!チップ大目でせいぜい1周多く廻ってくれるとか歌ってくれるとかだと思ってました。とっても楽しそう〜!!!
さばぇさんは船酔いは大丈夫だったのですか?あ、でも海に入った時点で平気ってことですね。

でも陸に戻られた方々は残念でしょうね。目の前まで来て引き返すなんて、考えられませーん。


Commented by maccarello at 2009-07-31 00:54
永ともさま:
私も友達に聞くまでは、まさかあんなところで泳がせてもらえるとは
知りませんでした。だってみんな泳いだら大変なことになりそーだし。^^;
今まで3回入りましたけど、混み具合によってサービスは随分違う
みたいですね。
一度はあんまり天気がよくなくて人が少なく、勝手に2週くらいして
写真撮ったりくれました。それでもひとり10ユーロなんてチップは
要求されなかったので、やっぱり去年の船頭はかなりぼったくり!
(って、払わなかったくせにまだ根に持ってるし。^^;)

水の中にもぐって洞窟の入り口の方見ると、もうなーんともいえない
きれーな色で、すんごくよかったです。:)
機会があったらぜひ体験してみてください!!
船酔いは、おかげ様でこの時は薬を飲んでたので大丈夫でした。
洞窟入らずに引き返した人はほとんどイタリア人でしたね~。
私も、ここまでがんばったのに、信じられない~ と思いましたけど、
国内だからまたいつでも来れる ってことなのか、へたれで根性が
ないだけなのか は・・・? ^^;;
Commented by がっちゃん at 2009-07-31 10:34 x
アマルフィーに日本人観光客が増えるのは来年以降かも。
今公開中なんですよ。ちょうど今週見てきたんですけれどね。
でも実際アマルフィっていうタイトルなのに、アマルフィよりローマの映像のほうが格段に長かったので、アマルフィはどうだろうなぁ~。

で、文句を言いたい!!!
証拠写真小さすぎます。その上加工してるでしょ。みえましぇーーーん
しかーーーしかなり筋肉質なボディとお見受けしました。
憧れるわん。フィットネスに行き始めて半年、筋肉量も増えず、体脂肪も減らずです。
Commented by トーです at 2009-07-31 23:43 x
本当に青いんだ。コバルトブルーってこの色のことかも。
水の中の写真は無いのか?サバはいるのか?だって魚へんに青だからね。鯖・・・^^;
しかし、なんとも、うらやましいねぇ。
Commented by s_fiorenzo at 2009-08-01 00:16
泳がせてもらえるんですね!すごい!!
あ、でも私カナヅチ…。
この小さな写真からでもきれいさがわかるってすばらすぃですね。
確かにこの水の中から光を見たら人魚姫の気分が味わえそう。
Commented by maccarello at 2009-08-01 01:03
がっちゃんさま:
そうか、今公開中なら観光客が増えるにはまだ早すぎですね。。
がっちゃんさんのレビューみて、とりあえず映画観てみたくなりました。:)
証拠写真、無修正でなんてとてもじゃないけど載せられませーん、だって犯罪になっちゃうもの。:p
うーん、確かに筋肉はそれなりにあるのかもしれない。以前イタリアで半年間、飲んで食って寝てばかりの生活をした後日本に帰り、ジムで体力テストやったら「アスリート一歩手前」って出たんですよね~。。それみて同じジムのイタ人(イタ語の先生)に、マジでむっとされたことあります、ずるい って。。
でもね、お腹周りは確実にいたりあ~な化してますよ。。別に体型は目指してないんだけどなぁ~。TT
Commented by maccarello at 2009-08-01 01:08
トーさま:
そうなんですよ。本当に青いんですよ。:)
水中写真はねぇ、実は撮れるカメラをひとりが持ってたんだけど、
洞窟内って真っ暗なんですよね。で、見つけ出せずに写真も撮れず。
でも水中写真撮っても、一面この真っ青 って絵だったかと。^^;
魚はいたんだと思うけど、鯖はどーでしょねぇ?^^;

ACCOさま:
そーなんですよ、泳げたんですよ!
でも足が付く浅さでは、、、なかったですねぇ~。。。
でも初めから泳ぐ気だったら、浮き輪持参という手もあるし!
とにかく私の言葉では表せないほどすんごーくきれいだったので、
ぜひチャレンジしてみていただきたいです!

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
↑ こちらに非公開コメン..
by maccarello at 13:57
マジか! なんか、のり..
by ぴろり at 10:50
ぴろりくん: イマサラ..
by maccarello at 09:26
あー、なんかひまわりの種..
by ぴろり at 23:37
永ともさま: こんにち..
by さばぇ at 03:19
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧