いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
コルドバ(Cordoba)@スペイン
本日の世界遺産、メスキータ。

c0005092_054322.jpg


メスキータなんてね、行くまでなんのことだか全然知らなかったんですが、こんな紅白アーチで埋め尽くされた教会でした。

c0005092_0542167.jpg


ここは、キリスト教系(?)教会→イスラムのモスク→カトリック教会 と、時代によって宗教が変りつつ拡張工事されてきた建物らしく、中身はイスラムとカトリックの混在。
メスキータでもらった説明書には、イスラムとキリスト教の素晴らしい融合 みたいなことが書かれてたけど、私にはちょっと違和感。

c0005092_054406.jpg


中にはミフラーブ(一番右上の写真。イスラム教徒がお祈りするのに向かう(?)壁、通常メッカの方向を示すもの)もあるけど、中央には立派なカトリック系聖堂もある。
今現在これが両方使われているなら「素晴らしい融合」って思うけど、ミフラーブは入れなくなってたからおそらくただ残っているだけで、イスラム教徒がここに来てお祈りすることはないんだと思う。
なんとなく、こういうのを残しておくことで、カトリックの優位性を誇示しているように、私には感じられちゃったんですよねぇ。。
ショール(ブルカ?)を被ったアラブ系の女性が、前でしばらくじーっとミフラーブを見つめてたのが印象的でした。イスラム圏の人はここを見て、何を感じるんだろう。

一番右下はメスキータ目の前にあった駐車場。おお、ここもメスキータ色 と思ったけど、これは単に危険注意の色あわせだったのかも?


300年に渡って拡張されてるので、最初の部分と最後の方の部分はよく見ると色も違うし床も違うし天井も違う。

c0005092_0545398.jpg


しかも最後の方はお金がなかったそうで、赤い部分にレンガを使うわけでもなく色を塗り分けてただけだそうです。
元々赤い部分には3つのレンガを使ってたのが、時代と共にレンガ一個にチョークで(?)線を引いて3つ有るように見せかけ、更に後期には、赤く色塗って線引いてるだけ ってのが見えておかしい。

c0005092_055619.jpg


あ、ちなみにここメスキータは、ミサやってる時間だったら無料で入れます。
ミサ中は中央の聖堂部分には入れないけど、ここのパイプオルガンの音がなかなかまろやかで良かったので、それ聴きに入るのもよいかもです。


知らなかったけど、コルドバはちょうどパティオというお庭自慢コンテスト(?)の時だったらしく、綺麗な庭が色々見れました。

c0005092_0551950.jpg


そんでもってこれは観光名所の「花の小道」。

c0005092_0553357.jpg


アンダルシアと言えば「白い壁」ってイメージだったけど、たぶんこのコルドバが一番イメージに近かった気がする。

c0005092_0554681.jpg


そんでもって夕方になると、意味なくオヤジが広場にたむろする というのはイタリアと一緒でした。

c0005092_0555874.jpg


アンダルシアってスペインの中で最も治安の悪い地域って言われるらしいけど、イタリアもそうだけど、やっぱり南の方が人も親切だしのんび~りしててよい感じ。
それでも電車やバスがきっちり時間通りに運行され、モノゴトがきちんと機能しているところはさすがスペインってば先進国~♪ って感じましたけど。:p

ということで、アンダルシア地方はおしまい。
この後のマドリッドはプラド美術館とピカソのゲルニカがあるソフィア王妃芸術センターしか行ってないので、世界遺産制覇もできず、写真もほとんど無しなので省略。

スペイン・ネタだと反応が薄い気もするけど^^;、なんてったって写真が1,400枚もあるのでね、もうちょっとスペイン・ネタを続けさせていただきます~。
[PR]
by maccarello | 2009-06-06 01:16 | 世界制覇への道 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://maccarello.exblog.jp/tb/11691727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yossy at 2009-06-06 17:21 x
ここ、あたしの心の故郷でございます。(笑)なぜかコルドバ行くと、住んだこともないし、行った事だって2回なのに、毎回(初回から)帰ってきたような感覚を駅を出た瞬間に覚えるんですよね。。。なんなんでしょう。
8月に5日間夏休みがありそうなので、スペイン行こうと思ったら、ライアンエア運休日とか作っちゃっていけず。。。ハァ。。。
Commented by s_fiorenzo at 2009-06-06 22:12
アンダルシアで自動的に「♪あんだるしあにあこがれて~」と鳴り出すワタシの頭。
浮かぶ映像はマーシーなのに声はまっちで~す…

節約レンガの技、おもしろいですね~
予算が尽きても紅白にはしたい気持ちはわかりますが、
しろーとでも考えつきそうなワザが平気で採用されるあたり、ラテンスピリット(?)を感じます。
Commented by トーです at 2009-06-06 22:54 x
惜しい、実に惜しい写真がいっいだねぇ。と言いながら、このページを紹介する。たとえ鬼と呼ばれようが・・・^o^
ttp://cweb.canon.jp/ef/lineup/ts-e/ts-e17-f4l/image-sample.html
Commented by くま at 2009-06-07 01:27 x
写真見てるだけですごくいい気分。
メスキータなんてはじめて聞いたのだけど、色合やデザインがなんとも面白いと感じました。いいところだね、コルドバ。

スペインはまだ行った事はないのだけど、いろいろな写真を見ているととても魅力的に感じる。知り合いが旦那さんの仕事の関係であと半年はバルセロナにいます。スペインにいてくれる間に一度足を伸ばして見たくなりました。(そのあとはブラジルに異動らしい。)
Commented by maccarello at 2009-06-09 01:14
yossyさま:
あぁ、そういうところってありますよね~。
私の場合いいのか悪いのかそれがイタリアだったんですよねぇ。。
私もいつもライアン使ってたんですが、イベリア航空の子会社(?)みたいなとこでも結構安く出てるみたいですよ。ライアンよりはさすがにお高目だったけど、今から取れば安いのかも?スペインの会社だから色んな空港に飛んでるみたいですし、そちらも調べてみてもよいかもですよん。:)

s_fiorenzoさま:
この曲、同行者がずっと歌ってたんですが、私知らないんですよねぇ~。
マーシーってブルハの人?で、近藤雅彦(って漢字あってる?)が歌ってたんですか??
そうそう、このレンガ節約、学芸会のセットじゃないんだから・・ って感じでおかしいですよね。
「お金ないよ」「線でも引いとけ」「それでいっか」とめちゃくちゃ安易に決定されてた気がすんごーくします。
Commented by maccarello at 2009-06-09 01:15
トーさま:
惜しいってどの辺が惜しいかアドバイスして~。
このページの写真は実は行く前から見て知ってたんですよね。(一瞬レンズ買う気になって調べてた^^;)
でもね、この中ってすんごく暗いんですよ、実際。
新しい方は光が刺しててそれなりに明るい場所もあったけど、
この古い方はすごく暗くて、普通に撮ったら絶対ぶれる。
3脚とかないと、こんな写真は撮れないと思いますよー。
そんなもんない私は、近くの柱にカメラをくっつけて固定して人力で頑張りました。


くまさま:
そんなこと言っていただけると嬉しいざます。:)
スペイン、行き過ぎない程度に(?)ラテンで面白かったですよ。
英語も通じるし、モノゴト機能してるし、旅行しやすい国だと感じました。
で、お友達がいるならぜひ今がチャンスですよ!
ついでにぴーも連れてきて、ついでにここにも寄ってください。^^;
でもその後のブラジルってーのにも惹かれますね~♪(私の知り合いじゃないっつーの^^;)
Commented by トーです at 2009-06-09 04:49 x
おぉそんなに苦労して写真取ったんだ。ISOはいくつで撮ったの?
で黄色い壁の写真。窓枠の様なものが・・・意味あるポジションになって欲しかった。
おじさん二人の写真も、どちらかと言うとワンちゃんにピント合って欲しかったね。
鳥(フェニックス?)の彫刻?の写真。もっと寄って撮りたい。
花の小道と塔、うーむどっちが主役なの?それからC-PL使うと花が綺麗に撮れますよ。

なーんて、色々言ってますが、お互い素人。好きなように撮りましょう^o^

現地へ行って写真撮っただけでもすごい。

それから、1脚買ってはいかがでしょう。軽いし、構図ももっと自由になる。
ミニ3脚を胸にあてる方法もあるよ。
ttp://www.elecom.co.jp/digi-tech/contents/kihon/003.html
Commented by maccarello at 2009-06-10 01:06
トーさま:
ISOはたぶん800。1600だと画質劣化が激しいから。
壁の窓枠はねぇ、私も残念だったと思った。
これ、人の家の庭のドアなんですよね。^^;
家の人も居たし、勝手に閉めるのもなぁ~ と思ってそのまま撮ったんだけど。
オヤジの写真は犬にピントを合わせたつもりだったんだけどなー。
オヤジにあってる?^^;
これが一眼だったらもうちょっとしっかり差が出て、その場で撮り直しできたかも と思うとやはり一眼か?(調子いい)
鳥の彫刻ってどの写真だ?
花の小道はどっちも主役なの。
この道の花の先にメスキータの塔が見える という構図が、観光名所のゆえんらしい。
でも本当はどっちを優先させるべきだったんでしょう?
実は両方それぞれをメインにも撮ったんだけど、結果的に両方それなりに写ってるこれを採用。選択が間違ってる?
この3脚の使い方は、以前ちかてつさんに聞いたけど、だったらカメラごと体に当ててもよいのでは?
1脚なんてのもあるんだ。初耳~。
Commented by トーです at 2009-06-13 22:55 x
上から4番目の右って鳥じゃないの?!*o*
塔にはもうちょっと近寄って欲しかった。7:3で塔じゃないかなぁ。
小道が主役ならこれでOKと思います。で小道はもっと明るくして欲しい。

話は変わるが、結局超広角は買えなかったので、コンデジを改造して広角専用カメラを作った。まぁまぁのできだけど、撮り方では面白い絵が撮れるねぇ。次はチルト(あおり)レンズに挑戦するぞー。って何時になるやらね^o^今日、「死ぬまでに見たい世界の名建築1001」ちゅう本を見た。
すごかったけど、レンズ買うだけじゃだめだと気が付いた。買った後、其処え行って写真撮らないとだめなんだ^o^レンズ買ったらお金と元気がその時点でなくなるじゃん。ほにょにょにょーっT_T
Commented by maccarello at 2009-06-16 01:21
トーさま:
うーん、写真を指定されてもなお、なにが鳥だかわからん。^^;
その写真もメスキータの中のアーチ。
アーチの部分が鳥の羽に見えるってことかな?
でもイスラム教は偶像崇拝禁止だから、作った方に鳥の意図はないと思うぞ。
小道をこれ以上明るく撮ると、塔が明るすぎて見えなくなっちゃうんですよ。
逆に塔をキレイに写そうとすると、道が暗くなる。。。
こういうのってどーしたらいいんですか?

「死ぬまでに見たい世界の名建築1001」って気になるますね~。
でもなぜ1,000じゃなくて1001?^^;
レンズ買ったら撮りたくなっていく気になりますって。
買っちゃえ買っちゃえ~^o^

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
↑ こちらに非公開コメン..
by maccarello at 13:57
マジか! なんか、のり..
by ぴろり at 10:50
ぴろりくん: イマサラ..
by maccarello at 09:26
あー、なんかひまわりの種..
by ぴろり at 23:37
永ともさま: こんにち..
by さばぇ at 03:19
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧