いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
セビーリャ(Sevilla)@スペイン
「セビリア」だと思ってたけど、実際の発音は「セビーリャ」とか「セビージャ」とかのが近いらしい。
でも「セビリアの理髪師」って日本語で書くし と思ったけど、これって元々イタリア語。
イタ語では「Sevilla」は「Siviglia」と書き、この発音を日本語にすると「セビリア」が一番近いのか ということで勝手に解決。

どうでもいいけど、街の名前 という固有名詞を、なんでその国独自に変えて呼ぶのか昔から疑問。
ローマが英語ではロームになったり、イギリスがイタ語でインギルテッラになったり。それ言ったらイギリスって呼び方するのも日本だけなんだろうけど。
一番びっくりしたのは、イースター島がイタ語では「イソラ・ディ・パスクワ(パスクワ島)」になること。まぁ、意味は同じなんでしょうが。

たとえば「明子」さんがイタリアに来たら名前が「キァッラ(イタ人にある名前でイタ語で明るいという意味)」になるか といったらそうではなく、「明子」さんはあくまで「アキコ」だろうし。
でも、ジョンが国によってヨハンになったりジョアンになったりするから同じノリ?

ってな話はどーでもいいとして、本日の世界遺産、セビーリャのカテドラル。

c0005092_051219.jpg


バチカンに次いで、世界で2番目に大きいカトリック大聖堂 とのこと。
だけど、2番目はうちだよ と同じくスペイン・トレドの大聖堂も言っているらしい。

中にはコロンブスのお墓がありました。(写真ボケてるけど)

c0005092_0511483.jpg


バカなのでやっぱり塔には登ってみます。

c0005092_0512613.jpg


この鐘塔、階段ではなくずーっとスロープで登ります。なにげに階段よりこっちの方がラクかも と思ったけど、3,4回角を曲がった時点で既に息切れしだした。。

カテドラルの隣にあるアルカサル。
アンダルシアでよく見聞きしたこのアルカサルって言葉。見ざる言わざる聴かざる歩かざる?とか思ってたけど、どうやらスペイン語で「城」、アラビア語で「宮殿」のことらしいです。
中の雰囲気はやっぱりイスラム。

c0005092_0513891.jpg


トイレの壁までイスラムチック。

c0005092_0515397.jpg


セビーリャには他に何があるかというと、スペイン広場。

c0005092_05264.jpg


スペインって、スペインなんちゃらって名前の場所が多い気がする。
ここスペインだからそうだろうねぇ とか思うんだけど。

セビーリャと言えば、白と山吹色の壁 だったけど、この薄紫色の花もよく見かけて綺麗だったんですが、これって何の花なんでしょう?

c0005092_0521785.jpg


落ちてた花びらはこんなんでした。

c0005092_0523022.jpg


知ってる人いたら教えてください。
[PR]
by maccarello | 2009-06-05 01:25 | 世界制覇への道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧