いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
地盤
c0005092_1472241.jpg日本では既にイタリア中部の地震についての報道はほとんどされてないと思いますけど、ここイタリアでは、特にイタリア中部の地方ニュースでは未だトップニュースにあがります。

というのも、未だ余震が続いてるから。
その上、中部イタリアはここ数日雨が多くて寒くって、ラクイラ辺りはまさに泣きっ面に蜂。。。

おまけに、震源地はだんだん私の住む町の方に近づいているような気がしてちょっと恐い。
でもこの辺のイタ人曰く、この辺アドリア海沿岸の町は砂の上に出来てるから、地震があっても動くのはアスファルトの下の砂だけでアスファルトの上は安全だよ とのこと。

・・・ホント?

アドリア海側の海辺は、海の波で海岸の砂を持っていかれがちで年々砂浜の面積が減っているとのこと。この辺り、写真のようにある日突然アスファルトの道がガボッと陥没しててびっくりすることがあるんだけど、これってもしや下の砂が流されてって土台が無くなったアスファルトが陥没してるってこと?

と思うと、地震なんかあったら余計恐いじゃん。。。

この辺り、海からちょっと内陸に行くとすぐ山なので、斜面に建っている建物も多いです。
こういうところに建っていて後から増築したような建物は、斜面下側だけが徐々に沈んでったりするそうで、元々あった建物と増築した建物を跨ぐようにガラスの板を渡し、それが割れた時が建物の限界 というのを測るそうで。。。

それって、地震が無くても恐くない?007.gif

イタリア人には、日本人は地震に慣れてるから恐くないだろ とよく言われるけど、日本は地震は多くてもそれなりに対策されてる(だろうし、自分でもできることはしてた)から という安心感がある上で、小さい地震はさほど恐くないだけであって、 ここまで無防備って時点で日本よりよっぽど恐い と思う今日この頃。
でもこれってもう、防災リュックとかでカバーできる範囲を超えてるような。。。




地震後の報道を見ていて、やっぱり日本とイタリアの違いを感じるところは色々ありました。
私が一番びっくりしたのは、地震があって被害の大きさがわかったほぼ直後から、アニマトーレ(?)という所謂ピエロのような子供達を笑わせる職業の人たちが現地入りしたこと。
地震で恐い想いをした子供達に、少しでも笑いを ということらしいけど、こういうのって日本では聞いた事ないので正直驚きました。
最初ニュースで見たときは、そんな不謹慎な・・・ と一瞬思っちゃったけど、でも、被害を受けた子供達にとってはきっとこういう人たちの存在が心強かったんだろうなぁと思います。
親も周りの大人達も悲観にくれ、日常から笑いが消えているのを見て、何が起こったかがよくわからない年頃の子供達なんかは、地震の恐怖に加えてその後のただ事ならない雰囲気からも恐怖を覚えてたんだろうと思うんですよね。
そういう時に少しでも気を紛らわせてくれるようなこういう人たちが現れてくれたのは、たぶんものすごく子供達の支えになったんだろうなぁ~ と。
こういう感覚って、日本人にはないなー と、ちょっと感動。

反面、地震の翌週行ったヴェネチアやフィレンツェ、震源地からはかなり離れてるあたりで、置いてある新聞見ながら地震の話をバールのおっちゃんなんかにしてみても、反応がかなり薄くてちょっとびっくり。
震源地の割と近くに住んでるからどーなったか心配でさー と言っても、この地震はどーもなんだか他人事 って雰囲気を感じたのは否めず。。。

例えば阪神大震災の後の日本って、あの地震はやっぱり日本全体での大ニュースであり、それなりに遠いところに住んでてもその話題で持ちきりだった覚えがあるし、少なくとも他人事という感覚では無かったと思うんだけど。。
私としても所詮自国ではないわけだけど、一時的にせよ自分が住まわせてもらってお世話になってる国 と思うと、やっぱり今回の被害の大きさには心が痛むんだけど、、、なんかそういう感覚が、イマイチ薄いような印象を受けたんですよね。。
全国版TVの討論番組でも未だに地震の話題が取り上げられるので、こういう反応はたまたまだったのかもしれないけど。。

でもイタリアってそもそもひとつの国になってまだ歴史が浅い。
なので未だにイタリアというひとつの国にというよりも、自分達の住む街や地域に対する愛着の方が強い というのは感じます。
イタリアの北と南とでは経済格差も大きく、人のキャラクターも大きく違い、お互いがお互いを認め合っていないような感じを受けることもあるし。
簡単に言うと、北イタリアの人はイタリア経済の足を引っ張ってるのは南イタリアだ と言い、南イタリアの人は北イタリアがおいしいところを持ってってしまってずるい と言い。。。
イタリアを南北二つにわけると、どうやら地震のあったアブルッツォ州からが南になるそうで、北の人からみたら、地震は南のことで他人事 って感じなのかなぁ と思うとなんだか悲しい。

この前ミラノの人に会って話してるときに地震の話題が出て、彼女曰く、イタリアは元々地震も多いし、アブルッツォは地震の被害が予想されていた。だから耐震対策をするために政府も補助金をかなり出していたはず。なのに、そのお金は一体どこに行ってしまったのやら・・・ とのこと。(要するに、お偉いさんやマフィアなどに流れたんだろう ということらしい。)

日本だって阪神大震災の後に耐震偽造問題がいろいろ明るみになったし、どこの国にもこういう問題はあるのかもしれないけど、そういう話を聞いてしまうといたたまれない。
そのせいで、どれだけの人の命が失われたか ということを、やっぱりそういう立場の人はきちんと考えて欲しいところ。(もちろん日本もだけど)
マフィアや政治腐敗の話になると奥が深くて一朝一夕でどうにかなる話ではないんだろうけど、今回の地震で集まった募金に対しても、本当にきちんと使われるか怪しいもんだ という話を聞いたりすると、、、なんだかやりきれない。。

これだけ大きな事があっても、「残念ながらイタリアってのはこーいう国なんだよ、 Pazienza (しょーがない)」ですませてしまうイタリア人の感覚は、どこまでも楽天的なのか、単なる思考停止なのか、結構本気でわからないです。。
[PR]
by maccarello | 2009-04-25 02:27 | イタリアーナへの道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧