いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
Firenze
c0005092_2321674.jpg


以前フィレンツェのわりと近くに住んでたのでここももう散々来たところなんですけどね、ベネチアとは対照的に、フィレンツェは何十回、何百回来てもいいくらいに何故だか惹かれる街。

このドゥオーモ(大聖堂)も写真撮るたびいっつもこの角度で撮ってる気がするけど、以前よりもレンズが広角になったので下から上まで写って嬉しいぞ。

前にも書いたかもだけど、フィレンツェが、もっと言うとこのドゥオーモが、私の人生を変えた(狂わせた?) と言ってもおそらく過言ではないかと。
十数年前に初めてここに来て、こんなものさえ観なければ今頃は・・・

今頃は・・・、どこに居たんだろう。。。

その時イタリアの代わりに行こうとしてたインドだったりして。あはは。
ちょうどインドでテロだかがあって、外務省の渡航自粛かなんかが出て行き先をヨーロッパに変えたのでした。うーん、それはそれで残念だけど、結果的にはインドもイタリアも似たようなモノだったから、結局どう転んでも同じだったのかも。:p


c0005092_2342160.jpg


この週末はちょうどパスクワということで、前日の土曜夜とパスクワ当日の昼はドゥオーモ前や中でイベントがあってすんごい人だかり。その時の写真は既にこちらに概ねあるので省略。:p

うーん。
このドゥオーモは何度観ても素晴らしい。

c0005092_2344038.jpg


このファッチャータ(正面)も相当インパクトあるけど、やっぱり私的にはフィレンツェと言えばこのクーポラ。

c0005092_15504054.jpg


なぜかというと、フィレンツェってどこ?何があるの?ってなノリで来てしまったこの街で、最初にこのドゥオーモを見たのはこの後ろ(クーポラ)側だったから。
何このでかい建物!? という小学生並みの感想を抱きつつこの角を曲がったら、更にでかい建物が現れてびびったのを今でも覚えてます。

よく人から、なんでイタリアなの?って聞かれる度に答えに困るけど、一言で言うとフィレンツェのこのドゥオーモを観た瞬間にびっくりして(人生の)道を踏み外しちゃったから というのが一番しっくりくる答えのような気がするなぁ。


観光名所満喫ツアーとしてはやはりジョットの鐘楼かクーポラには上るわけですが、ジョットの鐘楼は以前上ったことがあるんですね(だってこっちの方が列が短かかった)。なので私としてはどーせ上るならクーポラがいいわけですが、ジョットの鐘楼の上からはこのクーポラ込みのフィレンツェ一望写真が撮れるということで、ジョットの鐘楼に上りたがる同行者。。
しかし、上るなら絶対クーポラの方がいいはずだ。なぜなら、

 1. クーポラの方がジョットの鐘楼よりも高い。
 2. ジョットの鐘楼に上っても、クーポラは近すぎて景色と一緒に写真撮るのは無理。
 3. クーポラだったらエレベーターが付いてるかもしれない。
 4. クーポラだったら上ってる途中にドゥオーモの中が上から見えるはず。
 5. そしたらクーポラ内側に描かれている天井画もよくみえるはず。

ということで、Ho vinto (私の勝ち)。

c0005092_2351430.jpg


3以降は何の根拠もなく言ったことだったんですがね:p、結果的には、やっぱりどっちかを選ぶなら私としてはクーポラがお勧め。
エレベーターはなかったけど、見事ドゥオーモの中と天井画が観れました。

c0005092_23526100.jpg


しかも、キリスト教世界の地獄には、子供の頃一番好きだった怪獣キングギドラが居ることもわかったし。

c0005092_234581.jpg


それにほら、ジョットの鐘楼の上は鳥かごみたいに安全柵で覆われててスリルが無い。

c0005092_2355143.jpg


ということでどっちかに上るなら、私はクーポラがお勧め。


でも街のシンボルに上ってしまうとそれ自体が見えなくて、何かが足りない気がするんですよね。
ということで、街全体を見渡すならやっぱりこちら、ミケランジェロ広場の方がよいかも。

c0005092_2342891.jpg


こーやってみると、ドゥオーモってでかいなぁ~。
縮尺間違えて作っちゃったジオラマみたい。

この日のフィレンツェはもう夏ですか?ってくらい太陽が強くて、半袖やノースリーブの人多し。

c0005092_2491584.jpg


ピアッツァではこんな集団自殺みたいな集団日焼け光景も観られるくらいだったので、ミケランジェロ広場へはぜひバスで・・・ と思ってたんだけど、この日はパスクワ・ダイヤでビール飲んでる間にバス終わってた。TT

ちなみにフィレンツェのドゥオーモとかジョットの鐘楼って何?って方、こちらがドゥオーモ全景、左手前に建ってる白い塔がジョットの鐘楼です。

c0005092_2344111.jpg


この写真観てて気付いたんだけど、このクーポラの曲線具合が私の琴線に触れるのかも。
ヴェネチアのサンマルコ寺院は丸すぎるのですよね、ちょっと。。
うん、そうかも。
これって誰の設計なんでしょうか?(自分で調べろってか)
[PR]
by maccarello | 2009-04-22 03:24 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://maccarello.exblog.jp/tb/11378641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by s_fiorenzo at 2009-04-24 00:05
Veneziaの細い道、あれどこにあったんでしょうねぇ?
フィレンツェはダビデ像を1時間以上見ていて、どこも登らなかったっけ。
また行きたいなぁ~

Commented by maccarello at 2009-04-24 02:08
あれ?
グーグルマップで「Amo de ca zusto」 で調べれば一発かと思ってたんだけど、、、
今やってみたら、パドバ辺りがひっかかった。あれぇ?
でも次回はベネチアの地図買って、ひたすら探して行ってみます。^^;

ダビデ像、今回は2回目だったんですが、前回大活躍だったらデジタル・ダビデが壊れてました。。^^;


っていうか、ヴェネチアに比べてフィレンツェに対する反応があまりに少なく、ちょいとびっくり。。。
フィレンツェって、ヴェネチアよりも断然ステキなところだと思いません?
#って思ってるのって私だけ?TT

Commented at 2009-04-25 21:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by maccarello at 2009-04-28 01:23
鍵コメさま:
そうなんですよ。
地名まで英語読みするからよくわからない。
まあ、東京もトキオとか言われるから似たようなもの?
ちなみにローマはローム。どっかの半導体会社かと思うでしょ。^^;
ところで知らなかったダビデの話ってなんですか?
リンク先はかなりステキっすねぇ。
私もこんな写真が撮れるようになりたい。。
Commented at 2009-04-28 22:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by maccarello at 2009-04-30 01:21
鍵コメさま:
あぁ、そういうことか。
いや、ダビデの秘密を何か知って、そのヒミツを「知らなかった」って噺家と。。じゃなくて話かと。。
ホンモノは2回ほど見ましたよー。
彫刻は全然わかんないんだけど、ホンモノはレプリカよりも力強くてリアルな気がします。
どこがどう と言われると、困るけど。。。
ちなみにホンモノのダビデは目の瞳がハートで、足の指の爪を深爪してます。(←レプリカは違った)

ブラーノは行ってみたかったんだけど、時間がなくて断念。
というのもあって、ベネチアはやっぱりもう一度行ってしまいそうだ。。

で、カメラのせいにしてはいけない と思ってたけど、私もやっぱりFZではなくEOSを使うべきと思うようになってきました。
この前同じ場所の写真を撮ったの見比べたら、やっぱりEOSが勝ちな気がしてきたの。。。


イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
↑ こちらに非公開コメン..
by maccarello at 13:57
マジか! なんか、のり..
by ぴろり at 10:50
ぴろりくん: イマサラ..
by maccarello at 09:26
あー、なんかひまわりの種..
by ぴろり at 23:37
永ともさま: こんにち..
by さばぇ at 03:19
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
人気ジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧