いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
ロンドン
ということでロンドン。
c0005092_054158.jpg


横浜で飲み屋やってる高校時代の同級生が、同じくロンドンでシェフとして働く同級生のとこ訪ねて行くってんで、それに便乗。
ロンドンに住む同級生とはおそらく高校卒業以来会ってないので、およそ20年弱振り。

ひょっえー。

見事に禿げてたりメタボだったりしてぇ~ という密かな期待は裏切られ、高校時代とほとんど変らぬ印象。でも他の同級生の誰々は今落ち武者だ とかいうぬししな情報で盛り上がったり。037.gif

ということで今回のロンドンは観光が目的じゃなかったんだけど、2日目の朝、時差を合わせ忘れた携帯の目覚まし使ってうっかりすごい早い時間に起きちゃって、どーせ彼ら2人はまだ寝てるだろう ってことでひとりでウエストミンスター寺院周辺観光。

c0005092_0541366.jpg

やっぱりゴシック建築ってかっこいー。

この日は早朝雨が降ってたんだけど、そのおかげか少ししたらすんごくいい天気。
先週から居る友達曰く、ロンドン来て初めて太陽を見た とのこと。
やっぱり普段の私の行いの賜物かしらね。ぷぷぷ。037.gif




今回着いたのはロンドンからバスで1時間ちょいのスタンステッドって空港。
ここんとこ色々イタリア以外の外国に行ったけど、全部EUなので特にパスポート・コントロールはなかったんだけど、イギリスは一応EU外なので出国の再にスタンプを押されてちょっと新鮮。

とは言えイギリスにとってEU諸国ってのはそれ以外の国とは扱いが違うようで、入国の際はEUとそれ以外で入国審査の窓口が違う。
私はもちろんEU外なわけですが、そちらの窓口に行くとEU窓口より列は短くラッキー。
と思うも束の間、どうも進みが異様に遅い。

EUの方を見るとどうやらほとんどノーコントロールでどんどん進んでるのに、こちらの窓口は一人に付き10分とか15分とかかかってる模様。
見てると中東系の人やアフリカ系の人が多かったけど、なんといっても私の場合日本のパスポートだし、別にやましいところも無いし、私の前の日本パスポートの人(イギリス在住っぽかったけど)があっさり通過してたので当然私もあっさり通過できる と思ってたんですけどね・・・。

これがねぇ、大変でした。
入国でこんなに手間取ったのは初めて。

入国審査の人は愛想の悪い太った黒人のおばちゃん。
パスポートと入国カードを出すと中身を散々見た挙句、愛想の無い口調で

 入 「泊まる場所は?」
 私 「これから探す。」
 入 「滞在期間は?」
 私 「3日。」
 入 「イギリスは初めて?」
 私 「2度目だけど、前に来たのは13年くらい前。」
 入 「パスポートにそのスタンプがないけど。」
 私 「・・・だって10年以上前だし、、(イギリスのパスポート有効期限って何年だよ?)

ここでまた散々パスポートをめくられ、

 入 「どこに行くの?」
 私 「ロンドン。(こっから入ったらふつーロンドンだろ。)
 入 「ロンドンで何するの?」
 私 「・・・観光。(ロンドンっつーたらふつー観光だろ。)

なんかこの辺りで、もしかして私ってば疑われてるの?と思いはじめたら、、、

 「どうして泊まる場所決まってないの?」
 「どうやって探すの?」
 「ロンドン行って何するの?」
 「滞在期間は?」

とまた同じような質問。
そして、

 入 「ロンドンに誰か友達は居るの?」
 私 「居る。」
 (ここでおばちゃんの目が光る)
 入 「イギリス人?日本人?」
 私 「日本人。」
 (おばちゃんの目が更に光る)
 入 「その人は何してるの?観光?仕事?」
 私 「働いてる。」
 (口調がだんだん高圧的に・・・、なんで?TT)
 入 「友達の連絡先は?」
 私 「・・・。(なんでそんなん必要さ。。)

電話番号なら持ってるけど・・・ と言いかけると、

 入 「VISAは?」
 私 「・・・はぁ? (日本人の観光入国にVISAなんかいらんだろ・・)
 入 「VISA」
 私 「ビ、ビザ?」
 入 「そうよ、VISAは?」
 私 「日本人だけど、、、VISA必要ないでしょ? (今何世紀だよ?)
 入 「必要よ」
 私 「(嘘だぁ) 日本人だよ?3ヶ月以内の観光はいらないはずだけど。」
 入 「いいえ、必要。」(きっぱり)

と、今までの人の入国カードをめくりだす。。
ぜってー嘘だね と思いつつ、ここで初めてEU内滞在期間が問題か?と思いつき、

「今イタリアに住んでて、滞在許可書も持ってるけど・・・」と出そうとすると、「必要ない」と。
そして、「今他の人呼ぶから待ってなさい」と。

げぇ~。。。
この時点で既に10分以上は経過。

ちょいと若目だけど細身で神経質そうで笑わなそうなおっさんがやってきて、おばちゃんが何か説明しおわると、

 「どこに行くんだ?」
 「ロンドンで何をするんだ?」
 「泊まる場所は?」
 「友達は居るのか?」
 「ロンドンの後はどこに帰るんだ?」

とまたしても同じ質問。

「一体どこに問題があるわけ?心配しなくてもイギリスになんて何の興味もありませんから不法滞在しようなんて思ってませんけど。」と突っかかりかけたけど、空港から市内までのバスに既に乗り遅れ、ここでもめるとその次の便にも遅れそうだったので、

「今イタリアに住んでて滞在許可書も持ってる。ロンドンに住む友達に会いに来ただけだけど・・・」と説明して在許可書を渡すと、それを確認しながら、

 「じゃぁなんで友達の家に泊まらないんだ?」と。

そんなことアンタの知ったことじゃないだろう・・・ と思いつつ、その友達とは20年近く会ってないから とか言ったらまた話がややこしくなりそうなので、「だってその友達男だから」とわけのわからない理由を言って2人の失笑を買う。
したっけなぜかこれが効いたようで、「じゃぁロンドンの後はイタリアに戻るんだな」と念を押され、帰りの飛行機の便確認して友達の名前書かされて(苗字しか覚えてなかったので当時のあだ名を書いちゃったけど:p)、やっと入国許可。

この時点で、もうこんな国、2度と来ないね と真剣に思いましたね。

でも後から友達に聞いたら、日本からまっすぐヒースロー入るのは問題ないけど、マイナーな空港使って入ろうとすると疑われやすいらしい。
初め、滞在期間3日ってところでひっかかってるのかと思い、友達に会いに来たって理由なら納得するだろう と思って「友達居る」と答えちゃったんだけど、どうやらこれも余計ややこしくなる要因だったらしい。
下手に知り合い居るって言って、しかもその人が働いてるとなると、そこをツテに不法労働を・・・と疑われるのだそうだ。

ってことを知ると、私の返事はことごとく裏目に出てたようで。
しかし、滞在許可書の提示を断りあっさり入国させてくれるイタリアの入国審査が緩すぎるのかもしれないけど、毎回これだとたまりませんなぁ~。025.gif


ムカムカしながら入国したら、ちょうど乗る予定のバス会社のパンフ持って立ってる係の人らしきお姉ちゃんが目の端に写ったのでとっさに、「すみません、このバスの乗り場ってどこ?」と聞いたら、

「あなたイタリア語話せるでしょ?」

とイタリア語の返事。
・・・なんでわかるの?とびっくりしてお姉ちゃんの顔みたら、「話せるでしょ?」と。
「い、一応・・、でもなんで?」と答えるたら、「今 ”Scusi” って言ったでしょ、聞き逃さなかったわよ」 と笑われた。
「Excuse me」と言ったつもりがイタ語で言ってたらしい。。。:(
どうやら彼女はイタ人らしく、イタ語でバス乗り場を笑顔で丁寧に説明してくれて、別れ際には「良い旅行を!」と笑顔で言ってくれました。

やっぱイタリア人って愛想がよくって親切だわぁ~。053.gif

あー、若い頃うっかりイギリス好きになんかならなくてよかったよ。
今までここで散々イタリアのグチ書いてきたことを反省。(調子良すぎ)

やっぱりイタリアってば最高~。010.gif

っていうのが今回の旅行の感想でした。(調子いぃ~)
[PR]
by maccarello | 2009-01-20 03:01 | 世界制覇への道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧