いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
ベファーナ
c0005092_1585024.jpg1月6日、イタリアはEpifania(エピファニア)とかBefana(ベファーナ)とか呼ばれる祝日です。
辞書で引くと日本語では「救世主の御公現の祝日」となってますが詳細はこちらのwikiのページでってことで、実質的にはこの日を持って約1ヶ月続いたクリスマス・シーズンが終わります。

クリスマス(12月25日)を過ぎた瞬間から、というかその前からのとこもあるけど、お店にはベファーナ・グッズがいろいろ並べられます。
このエピファニアの日、今までイタ人から聞いてた話を総合すると、この日は「ベファーナというホウキに乗った魔女がやってきて靴下の中に、よい子にはプレゼントを、悪い子には石炭を入れていく」 日なのだそうです。

当然キリスト教関係の祝日なので、これってキリスト教国共通だと思ってたんですよ。なんですがこの話をドイツ人の友達にしたら、「なにそれ?聞いたことも無い。1月6日は東方三博士がキリストの誕生を祝いにプレゼントを持って行った日でしょ。」と笑われました。
あー、そーいやそんな話もあったかもー。
(上のwiki読むと、ドイツはプロテスタントが多いからこの話に繋がるのかも?)


c0005092_159970.jpgそれにしても、悪い子にはプレゼントの代わりに石炭 って発想がすごい。
何でも昔は本当にホンモノの石炭をもらった人とかいたようですが(あー、オレ石炭もらったよー なんて話をそれなりに聞くし)、最近では石炭の形したお菓子が多いみたい。
メルカートでいかにも不味そうな石炭の形したお菓子はよく見かけたけど、先日パスティッチェリア(お菓子屋)で美味しそうな石炭発見。これだったら欲しいかも~:)

ちなみに日本だと、クリスマスにサンタが靴下の中にプレゼントを入れていく ってなってるけど、それをイタ人に言うと「それは違うわよ、靴下にプレゼント入れるのはベファーナよ」とのこと。人によってはプレゼントくれるのはベファーナだけで、サンタはプレゼントは持ってこない という人も居たし、ベファーナはサンタの奥さんだって昔イタ人に聞いた覚えがあったんだけど、それを他のイタ人にすると「違うわよー」と大笑いされたり、実際何が本当なんだかよくわからない。

っていうかそもそもベファーナって、誰?何者??

どういう由来で発祥し、どういう生い立ちでどこに住んでて何のためにやってくるの?

と考え出したらムショウに知りたくなったけど、日本語でそういうこと書かれてるページが見つからない。イタ語のwikiを読めばいいんだろうけど、長いなぁ~(弱っ)
むかーし中学生の頃の自由研究で「サンタクロース」を調べたことがあったんだけど、誰かのお子さん、自由研究の宿題テーマに「ベファーナ」調べて教えてくれないかしら。って、日本じゃ知名度なさ過ぎてダメか。。TT
[PR]
by maccarello | 2009-01-06 02:29 | イタリアーナへの道

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧