いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
トマトソース (Sugo pomodoro)
パスタ・ポモドーロ(トマトのパスタ)は何と言っても生トマトを使ったものが一番でしょう と、ずっと思ってました。今まで何度かお店でスーゴ・ポモドーロ(トマトソース)のパスタを食べたことはあったけど、やっぱり生トマトのがおいしい というのが私の中での結論だったんですよ。

なんですが、こちらに住みだして以来の行きつけのお店で、つい最近初めてスーゴ・ポモドーロのパスタを食べて以来、その考えが変わりました。
いいのか悪いのか、イタリアでいろいろ美味しいものを食べちゃうとなかなか食べ物に感動することも減ってくるんだけど、これはかなり衝撃。
すっごくシンプルなトマトソースだけのパスタなんだけど、どんなにお腹が一杯でもいくらでも食べられる、いくらでも食べたい っていうくらいおいしい。016.gif
何故今までこの店でこのメニューを食べなかったのか・・・ と深く後悔。(おおげさ)
それ以来このお店で食べる定番メニューになってたんですが、食べるたびに褒めちぎってたらお店のマンマが「簡単よ、今から作るから見にいらっしゃい」と厨房に呼んでくれて、作り方を教えてくれました。:)

と言っても所詮イタリア家庭料理のベースであるスーゴ・ポモドーロ、これといって特別なレシピでもなければ分量もかなりいい加減 ^^; なのですが、せっかくなのでご紹介。


材料:
 セロリ、人参、タマネギ、バジル、にんにく、トマト大量



c0005092_1572414.jpgセロリを買いに行ったら無かったので、日寄って sugo set として売られてるものを購入。
上記材料のトマト以外が揃って入ってます。

人参に入ってる黒い線は、paint で写真のサイズを小さくするときに間違えて書いちゃった線と思われますので気にしないでください。:p


c0005092_1574539.jpg
これを適当な大きさに切って、オリーブオイルでいためます。
途中で塩コショウを適当に振って。
火は中火。


c0005092_158693.jpg
大量のトマトを洗って切ります。
今回トマトは2キロ以上使ってます。


c0005092_1582571.jpg
切り方は適当にこんな感じ。
皮は湯剥きしないでそのまんま。
この写真はまだほんの一部で、実際はこの2-3倍投入してます。


c0005092_1584329.jpg
鍋にトマトを加えて中火のままいためます。
だんだんトマトの水分が出てくるので、そうしたら蓋をして1時間~1.5時間。
たまに全体をかき回すくらいでOK。


c0005092_159335.jpg
それを野菜漉し器で漉します。
なければたぶんザルで漉すのでOK。
初回はそれでやりました。^^;
でもそれなりに大変なので、今回は使われてないお宅から借りてきました。
これがあるとかーなりラクです。



c0005092_2213910.jpgはい、できあがり。:)

作ってる時からうすうす気づいてたんですけどね、私ったら別にお店やってるわけじゃないから、お店で作ってたのと同じ分量で作る必要なかったんですよね。。。
ということで大部分は瓶に詰めて冷凍庫行き。
ま、いろいろ使えるし。







c0005092_2361340.jpg
しかし、教わったのと同じように作ってみたはずなのに、やっぱりオリジナルほど美味しくはできない。。
うーん、何故? と思って教わりながら撮った写真を見直してみたら、オリジナルの方が野菜に比べてトマトの量が断然多い気がします。



c0005092_2363512.jpg
更に後から「これも余ってるから入れちゃえばいいのよ」とか言いながらミニトマトも投入してたし。
それにこの鍋、もう30年間使ってる って言ってました。
これにも味が染み込んでる気がするなぁ~。

料理はシンプルなものほど難しい とは言うけれど、やっぱりイタリア・マンマの味は、そうそう簡単には再現できないのかしらぁ~。。。


←ついでに(?)押してっていただけると嬉しいざます。:)
[PR]
by maccarello | 2008-12-13 04:21 | イタリアーナへの道 | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://maccarello.exblog.jp/tb/10325154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from しましま考 at 2008-12-18 18:25
タイトル : トマトソースを手作り1
トマトを使ってパスタソースを手作りしてみたいと思っていたところへ、 ちょうどイタリア在住の友人がトマトソースの作り方をブログにアップしてくれました(^0^) お~、グッドタイミング。 生トマトそのままのは作ったことがあるけど、今回のは煮込むやつ。 ミートソースの挽肉入れる前、みたいなのです^^ 「Sugo pomodoro」というそうで、ポモドーロはトマトですね。 スーゴがソース、らしいです。 さて、昼間トーに材料を買ってきてもらいました。 トマト大量、セロリ、バジルの...... more
Commented by bonito at 2008-12-13 07:16 x
これ、イタリアの片田舎の食堂での話でしょ。イタリアの食事に対する価値観はすごい。絶対うまいよね、こんなソースでアルデンテのパスタ食べたら。こんなふうにこれまでつちかったノウハウや伝統を、他の分野でも将来に向けても投資してくれていたら。。。
Commented by yayoi at 2008-12-13 11:41 x
そうなんやで!!
生のトマトでする方が美味しいとみんな思ってるけど、
ちゃうねんか。
私も沢山作ってるよ。
Commented by mizu at 2008-12-14 20:37 x
うわ。。美味しそう。。  でもやっぱりイタリアのトマトだから美味しい気がするのは私だけでしょうか。 日本のスーパーのトマトで作っても甘みが足りないというか、トマト缶やトマトペーストを入れないとコクが出ないというか・・。 あー、このパスタ食べたいです!
Commented by iwapee at 2008-12-15 12:21
おおお、うまそう~
ちょうどね、トマトを使ってパスタソースを手作りしてみたいなぁ、と思っていて、あなたに作り方をメールででも聞こうと思っていたのですよ。
なのでとてもタイムリ~。早速まねして作ってみます。
それで質問ですが、食べるときはこのままかけるだけ?
野菜を炒めるときの塩コショウだけですよね?調味必要?
Commented by maccarello at 2008-12-16 02:14
bonito くん:
へい。片田舎っつーか、うちのお隣さん。^^;
このお店のこれは本当にうまい。
ここまで来たら、ご馳走してあげよう。:)
そうだねぇ、このクオリティを他で活かせたら、EUのお荷物とか
言われることもなかっただろうにねぇ。。
でも食事みたく、その場ですぐ自分にご利益が跳ね返ってくるもの
でないと、ダメなのかもねぇ~、イタリア人には。。

yayoi さま:
ずーっと生トマトが一番だと思ってた自分が悲しいですよぉ~。
でもね、多くのお店のこれは、大しておいしくなかったんですよ。
それだったら生トマトの方が・・・ って感じで。
やっぱりこのマンマの腕なのかしら~。
この味を再現できたら、日本で商売できそうな気がしますもん。
って、メニュー一品だけじゃぁ商売にならないか。^^;
Commented by maccarello at 2008-12-16 02:20
mizu さま:
このお店のは本当においしい。(私のはまだまだだけど、、TT)
確かにトマト自体の味の違いはありますよね。
トマトに限らず日本のお野菜って味が薄い とは感じます。
しかもお値段もねぇ、、、こちらじゃトマト2キロ以上買っても大した
値段じゃないけど、日本で買うとすごそう。一個100円とかヘーキで
するし。。
日本だったら、缶詰+トマトペースト(なんていう名前でしたっけ?
あの濃縮還元トマトみたいなヤツ^^;)でいい感じにコクが出るかも?

iwapee:
おおお、なんとグッドタイミング!なんかが通じた?:)
でも、キミのとこのトーさんはパスタダメじゃなかったっけか?^^;
でもこれで訓練だ!
家で取れたトマトなんかで作ったら、絶対うまいと思うぞぉ~!
味付けはねぇ、私は特にしないです。
パスタゆでる時のお湯に入れる塩を多めにして、パスタに塩味をしっかり
つければ、特に後から塩コショウしなくてもOKかと。
あ、でもソース作る時(野菜炒める時)に塩はそれなりに使ってます。
塩が少ないと野菜からしっかり水分でなくてこげちゃうので。
ぜひお試しあれ!:)
Commented by citron at 2008-12-17 15:11 x
あまりに美味しそうで何だかお腹すいてきました^^;
今度早速このレシピ試します!
野菜の味が違うのは、やっぱりイタリアのほうが土に力があるんだと
思う。日本でもbioの野菜を買うと、すごくフルーティな甘さが
します。ちょっと高いけどね~
Commented by maccarello at 2008-12-22 21:21
Citronさま:
コメントの返事が遅れてごめんなさーい。
ぜひぜひ、チャレンジしてみてくださいねん。:)
土が違う っていうのはわかりますねー。あと太陽の光。
こっちは冬でも太陽が出てるとなんだかギラギラしてて、日が当たる
ところだけは暑いくらいです。暑いというより、熱い。^^;
そういう意味で、イタリアってとっても恵まれてるなーと思います。:)
Commented by きたやまだ at 2008-12-26 14:13 x
ごぶさたしてをりまする。
スパゲティはポモドーロに限ると信じているのですが私の作り方は、
1)かなり多目のオリーブ油を鍋に入れて弱火で火にかける。
2)包丁でつぶしたにんにくをひとかけら入れて香りを移し取り出す。
3)火を強くしトマトを投入。
4)乳化したら控えめに塩コショウで味付け。
ポイントはにんにくは刻まずにつぶすこと、火が弱いと乳化しないので強火にすること、トマトはフルーツトマトを使うととても美味しい、などです。
日本の皆さまお試しあれ。
Commented by maccarello at 2009-01-05 21:29
きたやまださま:
こちらこそどーもご無沙汰しとりやす。
そうそう、きたやまださん家で食べたポモドーロが美味しくて、私も生ポモドーロ信者になってたんですけどね、スーゴはスーゴで違う美味しさがありました。
で、こちらに来て学んだことですが、にんにく投入時期は、油を火にかける前 がよいようです。そうすると香りがとてもよく出ていい感じ。

フルーツトマト使うとおいしい は大賛成ですが、贅沢ですわぁ~。
だってあれってもんのすごーくお高くありません?
家でフルーツトマトが採れたらいいのになぁ~。

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
↑ こちらに非公開コメン..
by maccarello at 13:57
マジか! なんか、のり..
by ぴろり at 10:50
ぴろりくん: イマサラ..
by maccarello at 09:26
あー、なんかひまわりの種..
by ぴろり at 23:37
永ともさま: こんにち..
by さばぇ at 03:19
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧