いたりあ~なへの道
maccarello.exblog.jp
イタリアで車を買う その7 (最終回)
c0005092_4534050.jpgうっわー、、、
すっかり忘れてましたよ、このシリーズ。

最近どうも友達から、「で、結局車は手に入ったわけ?」と聞かれるな~ と思ってたら・・・、まだ終わってなかったし。。 ということで、一応これで最後です。

ちなみにこの写真の車は全然私の車とは関係ないです。妙に平べったい車だなー と思って撮っただけです。
関係あるとしたら、色が似てる ってことくらいかしら。:p

emoticon-0166-cake.gif     emoticon-0166-cake.gif     emoticon-0166-cake.gif


ちょいと時間が経っちゃったので、前回の記事はこちら
このシリーズの目次はこちら

車を運転するためには、この国でも当然保険をかける必要があります。
以前のビバ・コネクションの成功体験を活かし、こちらは前もって知り合いが長年使っているところを紹介してもらい、友達の担当者に契約する旨を伝えてあったので比較的スムーズ・・・

に行くはずが、ちょいともめたのが免許取得年月日。

こちらでは国際免許で運転してたんですが、国際免許でも保険かけられるかどうか不安だったので、前もって確認していたのですね。そしたらOKだと。
なので、これでも大丈夫だったのですが、保険をかけるときに、免許を取った年月日によって保険料が大きく変わるそうで、この日付の証明をコピーされます。過去の運転歴 ということなんでしょうが、この年月日というのは国際免許には書かれていません。
国際免許ってのは所詮本物の免許の翻訳という位置づけで、これ自体に免許の効力があるわけではないので、翻訳元の日本の免許に書かれていれば問題ないはずなのですが・・・

日本の公文書の年月日って、西暦じゃなくて年号で書かれてるんですよね。。。

これがねー、当たり前だけど通じない。
西暦に直して何年と言っても、数字はイタ人も読めますからね、免許にその数字が見当たらないのはわかるわけです。
どこに書かれてるの?と聞かれて、ここ と昭和○○年 と書かれた数字を指しても、これって19○○年ってこと?あなた一体何歳なの!?と驚かれたり。。
いくら日本人が若く見えるといっても、25歳近く実年齢と離れて見えたら怖いだろう・・・ - -;

これは日本固有の年号で、天皇が変わったときに名前が変わって1年に戻り、これを西暦に直すと何年で・・・と説明し、

 イタ人 「じゃぁ結局、西暦何年なの?」
 わたし 「××年」
 イタ人 「それはどこに書いてあるの?」
 わたし 「ここ」
 イタ人 「じゃぁ、これって19○○年ってこと?」
 わたし 「・・・。 だ・か・らぁ~」

と同じ話を数回ループした挙句に隣に居た人が、「もういいよ、××年って言ってるんだからそれで書類作っちゃえ」と言い出してなんとかこれで契約してもらえたのでした。

はぁ~。。。

しかし、なんで日本の公文書って年号で書かれてるんでしょうかねぇ。。
日本に居る時は何の不便も感じなかったし、そういう文化はアリだと思うけど、こんなところでこんな問題があったとは。。

でもこれ、友達の紹介で予め連絡してもらってなかったら、きっと年号でもめた時点で「これじゃ契約できないわ」とお払い箱だったと思うのですよね。(だってイタリアってそんな国) そう思うと、やっぱりこの国でコネは何より強いのだなぁ~ と、紹介してくれた友達に感謝。emoticon-0152-heart.gif

ということで晴れて全ての手続きを終え、その足で車を取りに行って手元に届いたのでした。emoticon-0137-clapping.gif

ちなみに保険料は年間でおよそ1,200ユーロ。日本円に直して15万円以上なので、初年度とは言え結構な額です。


なんだか車を買うと返事をしてから手に届くまでが長く、その間結構イライラしてたのですが、こうやってきちんと振り返ってみると時間こそかかったものの、全体的にかーなりラッキーemoticon-0152-heart.gif だったような気がします。コネにもいろいろ助けられて。
じゃぁなんであんなにイライラしてたんだろう・・・ と振り返ると、唯一苦労した戸籍の翻訳のせいじゃぁないかぁ。。。

元々時間も労力もかかることは覚悟してた中、総合的にはかなりスムーズに進んだというのに、あの「翻訳業者のいい加減さ」 というたった一つのことでこの数ヶ月をイライラした気分で過ごしていたことが、今となってはなんだかすごーくもったいなかった気がしちゃいます。なんというか、まだまだ悟りを開くまでには修行が足りんね と反省したのでした。

しかし、イタリアというカトリック総本山のある国に住むことが、仏教の教え(?)・悟り に近づく為の修行になってる気がするこの矛盾。。。
でもよく考えると、これは「悟り」ではなく「諦め」という言葉の方が正しい気がしなくも無いけど。:p
[PR]
by maccarello | 2008-11-29 05:27 | イタリアーナへの道 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://maccarello.exblog.jp/tb/10223586
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by がっちゃん at 2008-11-29 13:29 x
パンパカパーン おめでとうございます~!!!
で、改めてこの年号について考えて見ました。私は昭和生まれなので、平成になるまでは不便を全く感じていなかったんです。でも、いざ平成になってみると、昭和は何年までだっけか?ってことになって、もう貨幣の鋳造以外は、西暦でヨカローと思ったり。


>イタ人 「じゃぁ結局、西暦何年なの?」
>わたし 「××年」
>イタ人 「それはどこに書いてあるの?」
>わたし 「ここ」
>イタ人 「じゃぁ、これって19○○年ってこと?」
>わたし 「・・・。 だ・か・らぁ~」

さばぇさんすごすぎです。この会話に耐え忍び、(それまでの苦労に考えたらたいしたことなさそうですけれど)ついに手にされた車。今度、写真公開してくださいませぇ~

あと、下の記事のレスですが、あの青い蛍光灯に関しては、
私は、消毒殺菌のためかと思っていましたが、ある人によると、ヤク中患者が、あのトイレの中では、静脈が探せなくて、注射が打てないからだ。ってことだそうです。真偽はわかりませんが・・・
Commented by s_fiorenzo at 2008-11-30 00:53
いやぁ~1に忍耐2に忍耐、3・4がなくて5に忍耐。
コネがあってもこれだけの試練を乗り越えないだめなんですね~。
無事に車が手に入ってなによりでした。
あとは、安全運転でね♪
Commented by maccarello at 2008-12-02 04:53
がっちゃんさま:
ありがとうございます~♪
年号、確かに。あの昭和と平成が重なる数日間(でしたよね?)のせいで、あの辺りの西暦との計算がややこしいですよねぇ。
今は、西暦-2000+12 で計算したり、どっちも偶数 ってわかりやすいんですけど、あの切り換わりのところがわかりにくい。。

イタリア人って同じこと何度も繰り返して言うけれど、それはやっぱり彼らの間でもこうやって同じ会話が何度も繰り返されるからなのかなぁ?と、最近随分我慢強くなった気がする今日この頃。TT
車の写真は、そんなに立派なものでもないのでそのうち気が向いたら。:)

ところでトイレの青い光はそういう意味だったんですか?
静脈どころか汚い物が落ちてたりついてても見えなさそうで、ちょっと怖かったです。^^;

s_fiorenzoさま:
いやー、これでコネがなかったら と思うともう頭くらくらしちゃうので、やっぱり何事も meglio di niente ですね。:) ってなんか違う?
でも無事足ができて嬉しいです、ありがとうございます。:)
安全運転、心がけまーす。(イタリアなんかで死んだら、自分の骨とかなくされそうだしぃ~)
Commented by トーです at 2008-12-03 21:39 x
最終回で飾る写真が、ランボルギーニ ムルシエラゴとは、恐れ入りました。この車はインパクトありますねぇ。
日本での新車価格は役約3500万から4500万円らしい。俺の車の140倍か。140人に25万円ずつ寄付してもらえれば変えるぞーって。だれがお前に寄付するかーって。そう、そこに、問題があるね^^;

なぜに、あなたは、どこで、このような、分不相応な物を見て、写真まで撮ってきたの?

なぜあなたは助手席に座らなかったの?座った瞬間からあなたはセレブです。

なーんちゃってね:-)ブログの中身とはなんら関係ない話でした^^;
Commented by maccarello at 2008-12-04 02:39
トーさま:
これってもしかして子供の頃スーパーカー消しゴムでよく見たランボルギーニとか言うヤツ?とは思ったんだけど、ランボルギーニなんて家運タック(あらこの変換面白い)しか知らなくって、そのなんですか、ムシガエル?じゃなくて ムルシエラゴなんて名前が出てくるところがさすがっすねー。:)
で、そんなに高いんだ、この車。
間違ってぶつかってバッグの金具なんかでキズでもつけようものなら、大変だったかも~。
ちなみにこれは、ローマのちょいとハズレで見かけたので写真撮ってみた。
でもよく見てみるとこの車、ナンバープレートついてないですよねぇ?
なんで?
Commented by トーです at 2008-12-04 23:26 x
家運タック知ってますか。古^^;

ランボルギーニ、フェラーリ、ランチャ、マセラティ、イタリアには有名どころが多いね。

そっちへ行ったときマセラティに乗せてもらったことがあるけど、エンジン音が乗用車とはまったく違いました。加速もすごかった。お値段もすごかった^^;

ますます、話しそれちゃいますが、ものは次いでで^^;
先日フェアレディZの新型が出ました。「何でこの時期に」と問いかける記者が多かったみたいですが、個人的には「いいんじゃない。」って思います。
10年後のために、今の日本でやるべきことは技術の高さを世界中に示し続けることだと思います。

しかし、最近のフェアレディZは見る角度でポルシェに見える。
このグラマラスが「かっくいい。」と思う私はやっぱ古いのでしょうね^^;
フェアレディZってアメリカではプアマンズポルシェって言うんですって。貧乏人のポルシェ・・・・Zすら買えない私は何なのさ。
Commented by maccarello at 2008-12-06 03:58
トーさま:
家運タック知ってますよ って、スーパーカー消しゴムでだけど。:p

つーかいつの間にマセラッティなんて乗ったんですか?
どこで?なぜに?いいなー。

ふーん、Zの新しいの出たんですか。
友達がずーっといつかZ買う買う っていいながら、デザインがどうこうとかって理由でスカイラインのすんげー高いやつ買ってましたけど。
今ぐぐってみたら、確かにちょいとポルシェっぽいかも。
しかし、プア万図歩lるしぇってひどい言い方ですねー、失礼な。
つーかポルシェに比べたらそんなに安いの?
#買うなんて考えたことないから値段しらない。

でも個人的には、ポルシェ<Z<スカイライン の順で、スカイラインが一番好きですけどね。って安上がり?(スカイラインだって安くないっつーの)
ま、お肉も牛肉<豚肉<鶏肉 の順で鶏肉が一番好きですけどね。やっぱ安上がり?

イタリアのトスカーナ、マルケ、スペインのバルセロナと周って、8年ぶりに戻った日本は信州から。

by さばぇ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
たまには ↓ こちらを
ありがと~!:D
押していただけると
嬉しいです。:)
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
↑ こちらに非公開コメン..
by maccarello at 13:57
マジか! なんか、のり..
by ぴろり at 10:50
ぴろりくん: イマサラ..
by maccarello at 09:26
あー、なんかひまわりの種..
by ぴろり at 23:37
永ともさま: こんにち..
by さばぇ at 03:19
お気に入りブログ
お友達&お気入りブログ
人気ジャンル
ブログパーツ
  • 写真等の無断使用はしないでねん。
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧